« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

9月の終わりは寒い朝

Img_4599 Img_4645_2






レディ・エマ・ハミルトンが、何ともいえない情緒を漂わせています。
今朝のベランダは、秋の冷え込みで、寒いくらい。
枝垂れもみじは、葉の先から紅葉が始まっていて。
明日から10月、温かいお茶が、ことのほか、美味しく感じられます。
Img_4640_2 Img_4550






昨日、ナーサリーから、クレマチスの苗がとどきました。
小さな新葉が、頑張っています。期待してるからね♪
先日到着した、オベリスクを立てる直径55センチのコンテナです。
ロイに隣に座ってもらいました。
昨日は、用土を購入してきました。
来春のバラの苗の最終選考?も終わって、注文も終えて。
少しずつ、準備が進みます。

雨の朝のロイ

Img_4587 Img_4546







朝から冷たい雨が降っています。
風も少し強いみたいです。
ハンギングバスケットの、ルリマツリの色が冴えてきました。
今日のお散歩は中止。
ロイは…、ベランダの窓際から空を見上げてたそがれています。
はぁ~~(ロイ)
Img_0169 Img_0172







食欲の秋ですね。
昨日の買出し、いつものスーパーは、大好きなイタリアンフェア。
美味しい素材を期待して、買い物にも力が入ります。

生ハム、これくらいあったら、好きなだけ食べられそう。
切り落としは、スープの出汁に…、美食の想像が広がったところで、お値段を見て、クールダウンです。
イタリアワインもたくさんならんで。
Img_0174 Img_0159







お花屋さんのコーナーは、楽しいハロウィンのディスプレイ。
そういえば、時々行く、南麻布のスーパーで、「ハロウィンの仮装で来店のお客様は、お買い上げ代金から一割引」とか、そんな看板が出たときを、思い出しました。
地元でしたら、そういうのも、楽しいですね。
並ぶお花に小菊が登場して。
今日の外出は、久しぶりに長袖になりそうです。

ジュビリー・セレブレーションが華やかに

Img_4510 Img_4534







陽射しの眩しい朝。
今日は、暑くなりそう。

普段でしたら、決してこんな色に写らないゼラニウムも、斜めに射し込む強い光を受けて、透けるようです。
ジュビリー・セレブレーションは、もう随分、咲き進んでしまいましたけれど。
このところの涼しさのおかげでしょうか、お花の数が増えてきて。

Img_4474 Img_4483






光の角度が変わると、見慣れた公園も別世界。
芝生も、復活して、足の短い?ロイ、埋まってます。

来春に向けてのバラを注文したり、クレマチスの苗が到着したり。
昨日は、オベリスクを立てるための、直径55センチ!、大きなコンテナが到着しました。
アブラハム・ダービーとスノーグースをからませる予定なのです。

楽しかったバースデイパーティー

Img_4457 Img_4461






人が集って帰っていって。
いつものように、一日の始まり。
定番の、川辺のお散歩コースがひどく静かに感じられて、昨夜の賑わいが、なんだか夢のようです。
そんななかでも、ロイは陽気、昨夜は楽しかったね!!、と元気満々です。

Img_0136  Img_0143_2








今年は、レストランのお休みの日と、私の誕生日が重なって、オーナーやスタッフの方も、プライベートで。
誰かが到着するたびに、お料理が増えていきました。
私は、簡単なイタリアン、タコとジャガイモの温サラダやフレッシュモッアレラで、カプレーゼみたいなものを。
みんな、シンプルでも、やたら香辛料に凝っていたり、お鮨まで握ってくださったりと、お料理も雰囲気もざっくばらん。
夜遅くまで騒いでいました。
毎度のごとく、おしゃべりと食べることに夢中で、撮りそこねたお料理もいっぱいです。
Img_0151 







お客様が、お帰りになって。
片付けも終わりました。
にぎやかなことが大好きなロイ、急に力が抜けてしまったみたいで。

昨日は、たくさんのコメントを戴いて、本当にありがとうございました。
嬉しくて、何度も何度も読み返しまして、心が温かくなりました。
毎日を、慈しみながら、流されがちな日々を、大切に過ごして行こうと深く胸に刻みました。

誕生日の今日、十五夜の昨日

Img_4409Img_4096 






日の出が、随分、遅くなってきました。
ロイとのお散歩へ出発。
空気が透明に感じる初秋の朝、愛犬ロイは、足取りも軽やか。

今日は、誕生日。
年齢を重ねて参りますと、誕生日なんて、今さら嬉しくもないなんておっしゃる方もいるけれど。
やっぱり、感慨深くて。

今日は、夕方から、お隣のレストランのオーナーやスタッフの方が我が家にいらして、バースデイパーティー&シフォンケーキの講習会。
Img_0122_2 Img_0127_2







昨日は、いつものスーパーに、今日のための買出しです。
お花屋さんのコーナーは、秋色満載のドライブーケで、色彩の洪水。
ブラッシュイエローのユリにススキを添えて、十五夜の宵をしみじみと。

朝のバラ、夜のバラ

Img_4372 Img_4346_2






二度も巡ってきた三連休、そして九月も、終わろうとしていますね。

曇りながら、朝の斜めの光を受ける、透けるようなジュビリー・セレブレーション。
光の祝福を、一身に受けているように輝いて。

昨夜は、久しぶりにエアコンをつけずに、窓を開けていました。
闇に、静かに浮かび上がるバラ。
漂う甘い香り。
窓の側で、眠ってしまいたくなって。
Img_4366 Img_4370






早朝は、少し雨が。
でも、お散歩決行。
公園の落ち葉の中には、秋の贈り物がありました。
でも、たぶん食用…、不可ですね。
定番の公園は、深夜の雨で、地面はちょっと、ぬかるんで。
ボール遊び、中止です。
ロイの意見は、聞き入れられませんでした。ロイ、「まぁ、仕方ないか。」

Img_4357



あのネコちゃんに、また出会いました。
懲りもせずに、お仕事中。

バラと冷たい外気の中で

Img_4314 Img_4317






外気にさらした腕や肩に、肌寒さを感じるような朝。
私の好きな感覚。
酷暑の後は、ことさらに浸っていたくなって。
バラも、この涼しさにいち早く反応して、色が随分、落ち着いてきました。
レディ・エマ・ハミルトンとジュビリー・セレブレーション。

隻眼、隻手となっても、戦いに明け暮れざるを得なかったトラファルガー海戦の英雄、ホレイショー・ネルソン。
彼の生涯にわたる大切な人、レディ・エマ・ハミルトン。
赴任先のナポリで出会った時、彼女は、イギリス大使夫人で。

どのような恋だったのでしょうか。

秋のバラは、そんなことに想いを馳せさせて。

Img_4290 Img_4304






今朝は、遠出のお散歩です。
公園に通じる、自宅のそばの2キロにもわたる遊歩道の植栽。
殆ど、壁のように茂っている巨大なローズマリーに、たくさん花が咲いていました。
小高い丘の上には、一足早い落ち葉の道が。

Img_0103_2 Img_0106_2








昨日、カメラが趣味のお友達の、作品が展示されている、横浜、馬車道のBANKARTに行ってきました。
旧第一勧業銀行の優美な建物が、展示会場。
作品から発せられるエネルギーに疲れるくらいで。
それでも、いつまでも見ていたいくらいでした。

お祭り、休日の一日

Img_4232 Img_4243






今朝は、しとしとと雨が降り始めました。

静かな雨。
秋霖という言葉が、記憶の底からよみがえってきます。
レディ・エマ・ハミルトンがの蕾。
ハンギングバスケットのゼラニウム。
夏の疲れが残るベランダも、ようやく植物たちが動き始めました。

Img_0097_2







昨日は、お誕生日が近いこともあって、都心のレストランで、美味しいランチを戴く機会が。
シャンパンの細かい泡立ちの向こうに、笑顔が見えて。
温かい時間が過ぎていきました。


Img_4206b Img_4157







夜、私の街は、恒例の秋のお祭り。
ここは、駅の複合ビルの中の広場です。
テナントの出店、屋台、バンドの演奏、そしてたくさんの人出。
賑やかに人が集まるところが大好きなロイ、もう嬉しくて目がグルグル。
みんなからなでてもらって、幸せ犬に。

 

秋の贈り物

Img_4152_2 Img_4127  






先日、東北に住む友人から、美味しい秋の贈り物が届きました。
最近、毎朝(いつも?)我が家の食卓を彩ってくれる素敵な食材。
届いた当初は、食べることに夢中で、写真を撮ることなんて忘れていて。
すべてがなくなる前に、かろうじてアップ(笑)

オレンジマザーズデイが、落ち着いた色に咲いてきました。

Img_0080 Img_0085 







昨日は、お友達にヘンリーヅタのからまる素敵なイタリアンレストランでの、ランチに誘っていただきました。
スタートのオードブルから美しくて美味しかったのに、食べることと、楽しいおしゃべりに夢中。
カメラにおさめることに気づいたのは、すべてがなくなってから。(毎度のこと?)
ワイン、ボトルが空くのが早くて。
メンバーは4人、空いたボトルの本数は…。

食後は、酔い覚ましに?、スーパーで、お買い物。何か美味しいものを作りたくなりました。
お花屋さんのコーナーは、いつも季節を感じる大好きなポイント。
女郎花のコンテナを撮っているときに、蝶々が。 

ベランダのシンボルツリー

Img_4083 Img_4048 






爽やかな秋の冷気は、また、ちょっとお休みしているようで。
外出の時の服装、気温にあわせると夏になって、暦に合わせると、汗ばんでしまいます。

ベランダのシボルツリー、トネリコ。
直径60センチの底面給水型コンテナに植えています。
この品種、丈夫で、素敵な木漏れ日を演出してくれるのですけれど、根張りが早くて、植え替え作業は、ガーデニングというよりは、まさに土木工事(汗)

お散歩の時の、橋の上からの光景です。
望遠レンズを携帯していなかったので、写りが小さいのですけれど。(クリックなさってくださいませ)
ネコが、真剣にカモを見つめていました。(ネコの心・・・カモーん)
結果は…、やはりネコの人生も厳しいようで。

Img_0063_2 残暑が厳しくても、街中のディスプレイは、秋、冬。
昨日、寒くなるのが待ち遠しくなるような、お買い物を少しだけ。
有栖川公園に程近い、瀟洒な建物の二階に、ゆっくりくつろげる、サロンのようなお洋服のお店があって。
都会の中の、小さなオアシス。
飾られていたレースの美しさにため息。

追伸
キャンプのアルバムを、アップしてみました。

この街のこと

Img_3978 Img_4022







この街に住み始めて三年が過ぎ、まもなく四年目。
ここは、意図的に「里山の風景」とか「雑木林」と呼ばれるものを、公園とか緑地という名前で、残しています。
ロイが我が家にやってきてから、住宅街に点在するそれらの場所を散策するのが、何よりの楽しみとなりました。
お散歩好き、アウトドア派のロイは、最高の相棒。

こうべを垂れる稲穂。
秋の実りの象徴。心がほっとする風景。
この季節を彩るヒガンバナ。
華やかな金属光沢を放つ、人里好むこの植物が、野草であることにいつも感じる軽い驚き。
Img_4012 Img_4028_







昨日は、ロイのシャンプーを決行!
お風呂場で、大奮戦。
夜は久しぶりに、ロイのブリーダーの方と、電話でお話。
ロイの成長を、喜んでくださって。
また安城に伺いたくなりました。
ロイ、一緒に行きたいね。

街中へ、カメラを持って

Img_0031

 
 
  
陽射しのない分、涼しい朝。
開け放たれたベランダの窓際で、お散歩を終えたロイはウトウト…。
遠くから、工事の音が聞こえてきます。

先日、遅れ馳せながら、コンパクトデジタルカメラを買いました。
早速持って、いつものスーパーに買出しへ。

建物の隙間で、ミズヒキが、風に揺れて秋を奏でていました。

鮮やかな色のカボチャ、豊かな実りを感じさせるトウモロコシ。
宝石のように輝く、美味しそうなブドウ。
それらが目に飛び込んできて、お料理の意欲、メキメキ急上昇!
買出しの私は、パワフル。

Img_0039_2

Img_0036_2

 
 
 
 
 
  
 
 
 
Img_0027_2モーリス・ユトリロが咲きました。
ベランダも、そろそろ秋冬に向けて、模様替えしないと。
今日の画像は、すべてコンパクトデジタルカメラで。
今までは、デジタル一眼レフ。
(お店の画像は、事前に撮影の許可を、戴いてます。)

道ばたの秋

Img_3893 Img_3908 

 
 
 
 
 
お休み中は、厳しい残暑でしたけれど、今朝のお散歩では、たくさんの「秋」に出会いました。

銀杏です。
中は、美しい翡翠色。
茶碗蒸に焼きこみご飯、お吸い物には、きのこ類がいいかしら、なんて。
風になびくススキの穂。
見ていると、おとぎ話の世界に入っていってしまいそうに。

Img_3906 Img_3924 


 
 
 
 
ひんやりした石段。
ロイと私の足音が、静まり返った空間に響いて。
今朝は、ちょっと涼しいね、ロイ。

ジュビリー・セレブレーション、真夏より、少し大きな花が咲きました。

コーネリアが咲いて

Img_3846涼しさがちょっと遠のき気味の日々。
また、水遣りに、気が抜けなくなりました。
あの酷暑をくぐりぬけた、と思っていたブルネラなどが、急速に元気がなくなって。
伸びてきた陽射しが暑すぎるのではと、場所を移動。
この季節のベランダは、隅々まで、夏の名残の
                       ある、強い光が降り注ぎます。

コーネリアが、花を咲かせました。
ガーデンチェアに、もたれかかるように。
しなやかな枝を持つ、可憐なお姫様。
  Img_3809
Img_3784

 
 
 
 
 
 
今朝は、駅の裏の公園へ。
広い公園は、これから始まるボール遊びを予測させて、ロイはわくわく。

奥行きを感じさせる樹木の配置。
藤棚からは、大きな鞘が。なんて大きなマメ科の植物。

ゆっくりと帰路に。
いつものレストランのゴールデンセレブレーションが、綺麗に咲いていました。
大苗のときから、最近まで、我が家でお預かりしていた、ティーのような香りのする素敵なバラ。
お店の開店までは、まだまだ。
一番がっかりしているのは、ロイです。

Img_3818Img_3844

ロイと男の子たち

Img_3777_2 Img_3772_2 

 




酷暑から解放されたせいか、バラのオレンジマザーズデイが、素敵な色になってきました。
ベランダにあるオリーブは、珍しい株立ちのネバディロ・ブロンコ。
毎年、可愛い実をつけてくれますが、オリーブは、自家受粉が弱いので、収穫量も、カワイくて…。

昨夜は、久しぶりに、楽しいお食事の機会に恵まれて。
素敵な会話、美味しいお料理にワイン。
ついついワインが進みすぎて。帰宅して熟睡。
今朝は、ちょっぴり寝坊です。

Img_3755 Img_3756  

 

 
Img_3745_2

きのうの夕方のお散歩のロイです。
公園には、なじみの男の子たちが遊んでいました。
サッカーをするロイ。
素早い動きでボールをキャッチするので、なかなかの評判なのです。 

遊び疲れると、ベンチでゲームをしているみんなの足元にゴロリ。
あ~、幸せ。

満開のウィリアム・シェイクスピア2000

Img_3696 Img_3671  

 
 
 
 
  

 昨日は、蝉の鳴き声も聞こえて、夏が戻ってきたようでしたけれど。
空の雲や吹き渡る風、夜の虫の音に季節が進んでいることを感じます。

満開のウィリアム・シェイクスピア2000です。
小ぶりながら、この工芸品のような美しさに、目をそらすことが出来なくなってしまいます。

ジュビリー・セレブレーションが、開き始めました。
エリザベス女王即位50周年を記念しての命名であることは、知られるところ。
次々と蕾をあげてくれて、健気な感じが。
  
Img_3637 Img_3647  
 
 
 
 
 
 

朝の原っぱは、最高~♪
念入りに、ごろごろ。
子供たちには、なぜか大好評のロイの通称「ねこ踊り」。
帰宅したら、毎度、お風呂場直行!

ベランダの植物たち、最近

Img_3565 Img_3598 






少しずつお日様の出ている時間が短くなって。
夕方、ぼんやりしていると、すぐに薄闇が迫ってきます。

開き始めたウィリアム・シェイクスピア2000です。
夏のバラの延長のようなものですので、小さな花。
けれど律儀にクォーターロゼット咲きです。
お隣は、ガーデン・チェアに絡まり始めたコーネリアの蕾。
彼女は見切り品の鉢苗での購入で、なかなかシュートもでなくて私を心配させていましたけれど。
やっと小さな蕾をつけました。 
 
Img_3613 Img_3616 

 
 
 
 
 
陽射しが斜めになってきたので、名誉挽回、色づき始めたコロカシア・ブラックマジック。

カメラのファインダーに進出してきたロイ。
「私のお散歩、まだかしら」
お散歩、今朝はこれからなのです。

朝の空気を楽しみながら

 Img_3483 Img_3526 

 
 
 
 
 
 
 
ケイトウの色が鮮やかです。
ひんやりした空気、鳥の鳴き声も真夏の朝とは違うようで。
お散歩も、ゆっくりと楽しめるようになりました。

昨日は、簡単にスペインのチョリソーソーセージをだし代わりに、野菜をたくさん煮込んだスープを作ってみました。
秋になって初めて。
毎年のことながら、夏にあれほど美味しく感じたナスやトマト、キュウリやレタスの魅力が薄れて。
里芋やレンコン、にんじんなどの根菜をいただきたくなります。
体も、少しずつ秋モード。
コトコトと調理する、煮込み料理の楽しい季節の始まり。

Img_3548 Img_3557_2







ベランダのサトイモ(コロカシア・ブラックマジック)は、新しくあがってきた葉の巻が、バラのよう。
ウィリアム・シェイクスピア2000は、のんびりと開くことを決め込んだようです。

秋の初めに

Img_3464 Img_3467 



 

 
 

灼熱のような夏が過ぎたら、今度はお日様の光が恋しくなる雨続き。
この雨の時期を通り過ぎたら、爽やかな秋が待っているのでしょうね。

スーパーやお花屋さんは、季節をちょっと先取りで感じさせてくれる身近な場所。
秋刀魚や秋鮭、梨にりんご、里芋などが、お手頃なお値段になって私を誘います。
威勢のいいお店の方の声。
店先のお花は落ち着いた色彩になって、ワレモコウに女郎等々。
 

Img_3477 

今朝のベランダ。
左は、ツボサンゴのプリンス・オブ・シルバー。
そして、ギボウシのグレート・エクスペクテーションズ、毎度、大仰な名前。
バラの蕾は、ウィリアム・シェイクスピア2000。

小降りの雨の中を、ロイとそそくさとお散歩。
どんなお天気でも、お散歩は最高!のロイ。

今朝のバラ

Img_3427 Img_3410






朝露をたたえた公園の芝生、というより原っぱ。
ロイは、冷たくて気持ちがいいのか、毎度思い切り寝転がります。
斜面になっているので、下に滑っていきますが…。ごろごろ。

ロイの視線の先になにやら、可愛いお客様。

Img_3460 Img_3448

 
 

 

 
 
昨日のアブラハム・ダービーは、その日の夕方が美しさのピークでした。
今朝は、形も乱れ気味。
オレンジマザーズデイは、たくさん蕾を上げ始めました。
秋の長雨のシーズン到来のようですね。

いつもの朝

Img_3404 Img_2995




 

アブラハム・ダービーが、ゆっくりと開こうとしています。
カタログで出会った時の第一印象よりも、育ててみてとりわけ強く惹かれるようになったバラ。
今では、バラを新しく選ぶ時の、好みの基準になりました。

ロイは、まだよくわかっていないようです。
すっかり気に入っていた渓流に出るキャンプ地の階段、いつものお散歩で、階段があると、駆け下りたり登ったり。
ハインラインの「夏への扉」の猫のピートのように、キャンプ地に通じる扉を探すロイ。
どこにいっても、いつもの風景。
ロイ、思い出を語り合えたらいいのにね。

キャンプ、楽しかったね

Img_3247 Img_3220 




 
 
 
 
キャンプは、お天気にも恵まれて、無事に現地に到着。
渓流沿いを、早速お散歩です。
川からの風が冷たくて、ロイ、足取りも軽快♪
ここでもロイは子供たちに囲まれて。
お友達も、たくさんできました。なでられたり、触られたり。

Img_3113 Img_3183 
 
 

 

 
 
 
お食事の準備です。
「何をつくるの?」、ロイは、好奇心満々。
総勢8人の、大量の食材の一部です。鶏はダッチオーブンで、じんわりロースト。
いい匂いが辺りにたちこめて。
夜遅くまで、ワインにビール、最後はデザートまで、宴会は果てしなく。
パワフルなロイも、私の座っている椅子の下でウトウト…。

Img_3368
楽しいことは、過ぎていくのが早くて。
帰る準備を眺めるロイ。
「あ~あ、なくなちゃった、何もかも」

今は、自宅のハウスでぐっすり眠るロイ。
今夜は、全部目を閉じています。

キャンプへ

Img_3080 Img_3051 

 
 
 
 
 

これから、キャンプに出発です。
台風上陸でひやひやしたけれど、今朝は晴天!

でも、東京は最高気温35℃の予想、ちょっと気懸かり。
植物たちには、念入りに水やり、小型のコンテナは日陰に移動です。
画像は、開き始めたオレンジマザーズデイ、葉はアブラハム・ダービー。


Img_3089   ドライブ用のクレートが出されると、ロイは早々旅行気分。
「早く行きましょう!」

明日の更新は、遅くなりますね。

それでは、行って参りま~す。

台風通過中

Img_3033 このブログを書いている時は、首都圏を直撃して、まだ台風は北関東を通過中です。
速度が遅くて、強い雨が長引きそう。

画像は、強風で、根元から折れてしまったコロカシア・ブラックマジック(単なるサトイモ化してますが…)

再びお散歩は中止のロイ。
彼は状況を理解するのが早くて、ごねたりしないのですけど。
「いいんだ、わかってる、中止だよね」という諦観の念を帯びた大きな瞳に、胸がちょっぴりチクリ。

台風接近!

Img_2994  Img_3020

 

 
 
 
 

台風が近づいてきていて、昨夜あたりから猛烈な湿度!
強い雨が降ったり止んだり。
風雨の間隙をぬって、やっとお散歩にいきました。

露を帯びたエノコログサ、彼らはこんなお天気も気にしていないようです。
再び蕾が上がってきたモーリス・ユトリロ。
今夜は、バラのコンテナ達は、避難させることになりそう。 
 
Img_2998  昨日は中止だったから、今日はお散歩を決行?してもらったロイ。
自宅裏の川は、増水して激しい流れ。

 
 
 
 
 

ベランダを彩るフォリッジプランツ

Img_2963 Img_2966 









Img_2974_2  今朝は雨。
お散歩は中止で、愛犬ロイは、あ~あという顔で、ベランダの窓から外を見ています。

一年中、安定した美しさを見せてくれる、フォリッジプランツは、ベランダのような狭いスペースでは、花と同じくらい大切で。

鮮やかな赤色を帯びているのは、コルディリネのサンダンス(たぶん流通名)。

ホスタ(ギボウシ)、斑入りのはパトリオット、そしてスピルトゥミルク。
米国のホスタは、ネーミングが、パトリオット(本来の意味は愛国者ですね)もそうだけど、ミニットマンとかサンダーボルト、ビッグダディなど物騒かつ無骨な感じが…。
バラの名前とは、随分雰囲気が違って(笑)

ギボウシは、日陰を美しくする強い味方のはずですけれど、私のベランダでは、あまり育たなくて。
比較的光量が少なくても育つ、葉の美しいものを、いつも探しています。

Img_2977 最近のお気に入りは、プルモナリア。
少しコレクションしています。
早春の花も綺麗。

散歩道、季節の移り変わり

Img_2944_2

Img_2949 

公園の植栽や、道端の野草が、生き生きと個性を持って語りかけてくるように感じられるようになったきっかけは、子供が幼い頃に買い与えた絵本「道ばたの四季」(福音館)を、読んでからでした。
私の中で、それらが名前を持つようになって、「雑草」という言葉が消えていって。

自宅近くの遊歩道に、たくさん植えられているローズマリー。
この水色の花は、ベネンデンブルーでしょうか。
セトクレアセアの花。
この花や葉を見ていると、ツユクサ科であることに一人合点して。
 
  Img_2953    

 ロイ、朝の光の中で、今日も元気。
台風が近づいていて、土曜日からのキャンプが心配。
ロイ、初めてのアウトドア体験の予定。

公園の待宵草

Img_2860 Img_2866

 
 
 
 
 
 
 

蝉の鳴き声が、力なく響く涼しい朝、お散歩の途中、待宵草が咲いているのを、見つけました。
砂地の土壌の、海辺の街に育った私には、非常にポピュラーな野草でしたけれど、東京近辺では、あまり見かけないような。
マツヨイグサ属は、月見草とも呼ばれますけれど、花の色も白の別種の名称であることを知ったのは、この花を、小学生の頃押し花にして、夏休みの宿題として提出した時でした。

この林のような公園は、駅のすぐ真裏につながっています。
ジョギングや、駅へ向かう人々と、すれ違います。
今年の夏は、蝉がにぎやかでした。
あちらこちらに、その名残が…。

 
Img_2842 Img_2903_4  

 
 

   

 

 
サトイモ科のコロカシア・ブラックマジック。
陽射しが入り込まなくなる夏のベランダでは、光量が足りなくて葉の色が染まらず、ただのサトイモに。

ロイ、走る!

Img_2763

Img_2808

 

 
 
朝早く、ちょっと遠出のお散歩。
山鳩(キジバト)の、のんびりした鳴き声が聞こえてくる、鬱蒼とした公園に向かう道。
頬をなでるひんやりとした、心地よい風。

ひっそりと、萩の花が咲いていました。

広い広い公園。
遠くの方から、テニスのボールの音が響いてきます。

待ってましたボール遊び、ロイ、絶好調!
走る、走る。パワー全開!最高スピード!
空中を飛んでイマス。

すっかり疲れた帰り道には、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ、アブラゼミの合唱が始まっていました。
お腹が空いたね、ロイ。


Img_2783_4 Img_2782_5  

 
 
Img_2806
  
追伸
あ~疲れたぁ。

冷たい朝

Img_2697_5 Img_2692_4

   
   
   

九月に入って初めての朝は、肌寒いほど涼しくて。
まるで季節が、暦を読んで、合わせているようです。
  
道端に風船かずらを見つけました。
ハートの模様の入るかわいい種子。
英名もバルーン・バイン同じなのですね。
花の少なくなる真夏に、明るい彩りを添えてくれるミソハギ科サルスベリ。
百日紅の当て字の感じも、うなづけます。
 
Img_2686

 画像は、ウナギスタイル?で爆睡するロイです。
お恥ずかしい~。


  
 
 
Img_2679_2
柔軟性に富んだ体?
ちょっと目つきが悪いです。
実は彼、半眼閉じて眠る癖が…。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!