« ロイ、走る! | トップページ | 散歩道、季節の移り変わり »

公園の待宵草

Img_2860 Img_2866

 
 
 
 
 
 
 

蝉の鳴き声が、力なく響く涼しい朝、お散歩の途中、待宵草が咲いているのを、見つけました。
砂地の土壌の、海辺の街に育った私には、非常にポピュラーな野草でしたけれど、東京近辺では、あまり見かけないような。
マツヨイグサ属は、月見草とも呼ばれますけれど、花の色も白の別種の名称であることを知ったのは、この花を、小学生の頃押し花にして、夏休みの宿題として提出した時でした。

この林のような公園は、駅のすぐ真裏につながっています。
ジョギングや、駅へ向かう人々と、すれ違います。
今年の夏は、蝉がにぎやかでした。
あちらこちらに、その名残が…。

 
Img_2842 Img_2903_4  

 
 

   

 

 
サトイモ科のコロカシア・ブラックマジック。
陽射しが入り込まなくなる夏のベランダでは、光量が足りなくて葉の色が染まらず、ただのサトイモに。

« ロイ、走る! | トップページ | 散歩道、季節の移り変わり »

その他の植物」カテゴリの記事

コメント

待宵草は我が家の庭にもいつの間にか根付いています。
可愛いので抜くことができずに花の終わりまで待つと、また何処からとも無く顔をのぞかせます。
ず~っと宵待草と信じて疑いませんでした。
お恥ずかしい(/o\)
待てど暮らせど来ぬ人を。。。の歌詞が染み付いていたかしら。笑
50年を目前に1つ正すことができましたよ。
ありがとう!

サフラン さま。
小学生の時の、夏休みの宿題の成果が、こんなところで使えるとは思ってもみませんでした(笑)
宵待草は、マツヨイグサ属に対する文学上の呼称みたいです。
竹久夢二の作詞で、すっかり有名になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイ、走る! | トップページ | 散歩道、季節の移り変わり »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!