« 息が白くなる朝に | トップページ | 朝の光を受けて »

学校帰りの子供達と

Img_8682a













18日(日曜日)は、東京では、木枯らし1号が吹いたそうですね。
冬が、一息に近づいたような気がいたします。
シルエットが写っておりますバラは、モーリス・ユトリロ。
このところ、下から2本もシュートが出てきたり、たくさんのサイドシュートもでて、躍進著しいバラ。
成育が遅かったのを、今頃挽回しようとしているようです。
輸入苗なので、今頃の気候が嬉しいのでしょうか。
Img_0780 Img_8678






丸く深いカップ&ソーサーになっているのは、ジュビリーセレブレーションです。
もう少し開きますと、芍薬のような迫力。
夏も頑張りますし、秋はいっそう見事になって、本当に優等生。
ただ、我が家では、このバラだけが、ハダニの被害がありました。
アブラハム・ダービーは、とてもエレガントに咲き始めました。
Img_8693_2













寒さで、寄せ植えのヒペリカムが紅葉しています。
このコンテナも、順調に活着したみたいです。
左奥に見えておりますグリーンは、様々なアイビーの寄せ植え。
夏に、かなりの種類が、ダメになってしまいました。
イギリスや北米の、繊細で優雅な品種たち。
Img_0782 Img_0784







昨日の、夕方のお散歩の時の写真です。
学校帰りの子供たちが、公園のロイを見つけて、長い間、一緒に遊んでくれました。
幸せロイさん♪
「ロイのブログ見たよ」と言ってくれる子も。ありがとう。

« 息が白くなる朝に | トップページ | 朝の光を受けて »

愛犬」カテゴリの記事

コメント

愛犬ロイとベランダ、ガーデニングはとても楽しみに拝見いたしています。今日の空のスナップは、すばらしいですね、いつも、季節感が伝わってまいります。またバラの栽培も,すばらしい成果を挙げて、ブログを見るのが楽しみです。 モーリスユトリロ、などパリの画家の名前がつけられているのも、興味があります。私の忙しい、合間の、安らぎを、与えてくれるロイちゃんのブログにかんしゃです。 ふーくー

冬間近のすこし寒そうな青空・・ロマンティックですね。
東京ではまだまだバラがきれいで、紅葉と相まって華やかな秋。
寄せ植えも素敵で、楽しく眺めさせていただきました。
ロイちゃんは、美しい町を散歩できて幸せですね。
落ち葉の道・・なんて綺麗なんでしょう!!

ふーくー さま。
ようこそお越しくださいました。
お忙しくていらっしゃる中、ご覧戴きまして、ありがとうございます。
来年は、つるバラとクレマチスを試してみるつもりで、もう苗を注文いたしまして、続々と、到着しております。
また、さらに楽しみながら、頑張ってみるつもりです。
嬉しいコメントを、ありがとうございました。

トーシャ さま。
いらっしゃいませ、ようこそです。
急な寒さで、一気に季節が進んだ感じがいたします。
こちらは、新宿から30分ほどの郊外の街なのですけれど、公園が多く、お散歩には最高なんです。
落ち葉の道、柔らかくて、ロイは、歩くのが大好きなんですよ。
バラは、もう一回くらいは、咲きそうです。

寄せ植えがなじんできてとてもよい雰囲気になってきましたね。
これから楽しみにしています。

今日はロイちゃん沢山遊んで貰ってよかったですね。

バロック さま。
寒くなりましたね。
コメント、ありがとうございます。
葉物の寄せ植えを、お褒め頂き、嬉しくも恥ずかしいです。

ロイは、下校時の女の子たちに、いつも遊んでもらっていて、彼の何より幸せな時間です(笑)

季節の変わり目、どうぞご自愛くださいね。

都会の中の素敵な散歩道、いいですね。
ロイちゃんも貴女も健康的ですね。
こちら、田舎なのに適当な散歩道ないのです・・・

ところで もうバラの植え替えをしていますか?
土はどうされていますか?
私は昨年は赤玉土と腐葉土だったのですが。乾きが早いようです。

バラの後の土は肥料たっぷりですよね。確かに。

さくら さま。
この街は、高度成長期に武蔵野の森を切り拓いて作られましたニュータウン(今では、オールドニュータウン?)です。
それで、計画的に、公園が配置されているんです。
森の一部が、そのまま残されたような公園も。

植え替えは、終わらせています。
土は、バラは、新しいバイオゴールドの培養土に、バイオポストという有機土壌改良材を混ぜています。
土の団粒化が保たれるようなので。
鉢底石は、赤玉土の大粒をネットにくるんで、使用しています。
以前のマンションでは、土は、自分でブレンドしていたのですけれれど、とにかく場所が必要ですので、タクトのバイオゴールドを見つけてからは、止めました。

リサイクルするときは、大目のバイオポストに、水はけを良くするために、ランの培養土を少し加えて使っています。
腐葉土や良質の牛糞も使うこともありますが、牛糞は、塩分の問題があり、最近は、あまり積極的には使ってないです。

バラは、やや乾かし気味のほうが、よく育つように思えますが、さすがに真夏は、毎晩葉水をして、水をやっていました。
夜温をさげるため、ベランダの壁やガラスも水で濡らしていました。
今年は、バラを、口径は8号ですけれど、やや深めの鉢に変えてみました。
夏を、ちょっと意識しています。
結果は、来年の秋ですね(苦笑)

長々書いてしまいましたけれど、答えになっていましたでしょうか。

ありがとうございます。
とっても 納得できます!
バオイゴールドの土に腐葉土と思っていたのですが
根切り虫が 喜びそうで迷ってました。
バイオポストのようなものを探してみます。
鉢はRichellのバラ用の深いものを使っています。

すみません・・また質問なんですが・・
スリット鉢って土がこぼれてきませんか?
ベランダではこぼれるの困りますね。

以前、住んでいた愛知県のニュータウンは20年ぶりに
行ってみたら 木が大きくなっていて 森?林?の中の
住宅のようで驚きました。

さくら さま。
いぜんは、愛知県に御住まいでいらしたのですね。
私事ですけれど、愛知は、法事で行きましたり、また、ロイは、安城市のブリーダーの元で生まれましたので、縁の多い場所なんです。

スリット鉢の件、私は、メーター200円くらいで売っております寒冷紗を購入いたしまして、それを、鉢底より大きめに切り取り(あのスリットが、立ち上がりで隠れるくらい)、中に敷きこんで使っております。
鉢底石も、台所用排水ネットなどに小分けしていれて、使っていまして。
これで、随分、土が流れ出なくなるように思います。

これは、バラの栽培で著名な方からお聞きしたのですけれど、ご参考までに申し上げておきますね。
大型のコンテナの場合などは特に、鉢底石、もしくは、発泡スチロールを並べた上に寒冷紗を敷くと、土が沈み込んだり、流れ出たりしなくて良いとのことでした。

お役に立てれば良いのですけれど。
文章、わかりづらいところがありましたら、遠慮なくおっしゃってくださいね。

ギャルに囲まれ
幸せそぅなロイ王子

武ぴ さま。
いらしゃいませ~。
今日も、かわいい女の子にたくさん(7人)囲まれて、嬉しそうだったんです。
寒くなってきて、ロイ、おかげさまでますます元気です♪
武ぴさまも、お元気ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息が白くなる朝に | トップページ | 朝の光を受けて »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!