« 冬も元気! | トップページ | 連休の最終日に »

バラの思い出

Img_1847













暖冬、暖冬といいながらも、一月も半ばになってまいりますと、さすがに東京も、冬将軍の支配下に入った感じが致します。
結婚して、初めて東京に住み始めた時、冬でも花が咲いていることに、驚きました。
私は、東北の地方都市で育ちましたので。
仕事で、いつも東京にきていましたけれど、都心のビルとホテルとの往復に、季節感はありませんでした。

母はバラが好きでしたけれど、幼い頃の私は、トゲの多いこの植物が、ちょっと苦手でした。
父の転勤で育った、砂丘の街の自宅近くの丘には、ヘビイチゴ、ノイバラ、ハマナスなどが自生していて、私は、また、トゲの中をかいくぐって遊ぶことに。
葉がバラに似ていると思いながらも、当時は、よもやこれらがバラ、もしくはバラ科の植物だなんて、思ってもみませんでした。
Img_1827ハマナスは、子供心にも、野草とは信じられないほど美しく感じて。
摘もうとしたときの、あの、指先に伝わる独特の痛みと感触は、今でも鮮烈に覚えています。

ガーデンチェアのそばで枝垂れているのは、ジュビリー・セレブレーション。
曇り空の中に浮かんでいるのは、レディエマ・ハミルトンです。

Img_1832_2ロイ、どいて。
ガラス戸によりかかる癖のあるロイ。
室内に入る時、いつも、ちょっと困ってしまいます。

 

« 冬も元気! | トップページ | 連休の最終日に »

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissiさんの園芸好きは、お母さまの背中を見て育ったんだ。
お小さい時からバラやハマナスのトゲの痛さを感じながら過ごして来たんですね。

筋金入りの園芸好きで、それでベランダの植物が活き活きしてるのが判った。

ロイちゃんの定位置なんですね。良くなじんでいます。

バロック さま。
母は、本当に植物が好きで。
父の転勤先の狭い団地暮らしの時も、花と緑でいっぱいの生活でした。
影響は、あると思います。

ロイ、あそこに寄りかかっていると、体が冷えてしまうはずなのに、毎度、あの感じなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199822/17688330

この記事へのトラックバック一覧です: バラの思い出:

« 冬も元気! | トップページ | 連休の最終日に »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!