« グッタリでした | トップページ | 石灰硫黄合剤を »

バラの蕾がゆるんで

Img_1639










暖かな日が少し続きましたね。
三月中旬の陽気だったみたいで。
バラ(レディエマ・ハミルトン)の蕾が、敏感に反応して、いくつかゆるみ始めました。

Img_1604_2日が暮れるのも、少し遅くなって。
ようやく、冬も半ば近くに到達ですね。
冬枯れの公園は、相変わらずですけれど、モノトーンの色彩の中に、ロイの白いお尻が、とても鮮やか?に感じられマシタ。

コーギーは、お尻の毛が特に長くてフワフワなんです。
本人も、お尻の美観と清潔は気にしてるみたいで?、お散歩の後は、足とともにお尻も洗ってもらうのが、大好き。
でも、油断してると、音なしの構えで、なかなか強烈なガスが…(汗)
Img_1573 Img_1562






昨年の、六月上旬の様子です。
画像は、ポンポン咲きのようになっている、モーリスユトリロ。
色彩鮮やか~。
お隣は、ロベリア。
大好きなブルーなのですけれど、ベランダで夏越しは、かなり苦しいのが、残念です。
 

« グッタリでした | トップページ | 石灰硫黄合剤を »

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissi様、こんばんは。


暖かい日が続きましたね。
薔薇さん達も再びの寒さにきっとびっくりすることでしょう。


ロイ君の美しいお尻はチャーミングポイントですね。


舞台に乗るバレエはなかなか普段のレッスンだけでは補えず、感性磨きも大事なことと、実感してます。

寒がりやなのでここ何日かの暖かさ、助かっています。

確かに日が暮れるの少し遅くなってきましたね。
夜明けは、お寝坊~~なので全くわからず、sissiさんのレポートだけが頼りです(笑)

暖かいのにバラも反応ってスゴイですね。

バレエインペリアル さま。
こんなに暖かいと、寒さの揺り戻しがきたら、例年より辛く感じそうです。
バラも、寒暖の差に振り回されている感じです。

コーギーの魅力は、お尻だと私も思います~。

インペリアル様のレベルになりますと、本当に、NHKでやっていた、スーパーバレエレッスンのような、直接舞台につながるような指導が、欲しいところですよね。
どなたか、個人レッスンしてくれる良い先生、いらっしゃるといいのですけれど。
でも、時間の捻出も大変になりますね。う~ん。

バロック さま。
いつも楽しいコメントを、ありがとうございます。

それにしても、バロックさまって、何時に起きられるのでしょうか(汗)
謎ですわ~(笑)

植物って、本当に敏感に温度に反応するんですね。
私も驚かされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199822/17637523

この記事へのトラックバック一覧です: バラの蕾がゆるんで:

« グッタリでした | トップページ | 石灰硫黄合剤を »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!