« 空気が、暖かくなってきて | トップページ | ロイ4歳の朝 »

鳥のさえずりの朝に♪

Img_6489













朝、ベランダのガラス戸を開けると、鳥のさえずりが、にぎやかに飛び込んでくるようになりました♪
ふかふかした暖かそうな土の畑。
手前は、小松菜?
この広い畑、自宅マンションのお隣のお屋敷の一部。
でも駅から、徒歩五分のところなんです。
先日の梅の画像も、こちらの庭先。
いつも植木屋さんが入って、綺麗にしていらっしゃいます。
Img_6491_2










大きなレイズベッドのあるガソリンスタンドの沈丁花。
里の母が、香りのある植物が好きなので実家にもいくつかあって、沈丁花は、馴染み深い花なんです。
Img_2060















この場所が気に入ってくれたみたいで、元気に咲いてくれているプリムラマラコイデス・ウインティーなのですれど。
少しわかりにくいのですが、手前に、銅葉の植物が、顔を覗かせているの、見えるでしょうか。
一昨年植えた、リグラリア・ブリットマリークロフォード、ツワブキの仲間です。
半日陰くらいでもいいということでしたし、あの大きな銅葉に憧れて、苗を植えてみたのですけれど、大ハズレ。
日照がかなりないと、銅色はでなくて、ただのツワブキ、もとい、フキにdash
場所が合わないのか、葉も、殆ど繁りませんでしたweep
今回、ウインティーを植え込むとき、リグラリアも抜いたはずだったのですが、まだ、ご健在だったみたいでcoldsweats01
とりあえず、暖かく見守ることに(ーー;)
Img_2046











昨年、大型コンテナに植え替えたアブラハム・ダービーです。
こんな風に、もう3センチおきくらいに芽が出ているんです。
これが全部立派な枝になって、花が咲いたら~note
と、皮算用している昨今です。
ダーリンではなく、ダービー、頑張ってheart04
Img_2032











昨年、小さな苗をうえつけた、クレマチス、パテンス八重系のアークティック・クイーンです。
品のある白い花に憧れて植えつけたのですけれど、下からもいくつか芽が出始めて、株立ちになってくれるみたいです。
幸先いい~。
Img_2039











こちらは、柔らかな浅緑の葉もきれいな、クレマチス、インテグフォリア系アルバの芽。
頭の中は、期待で爛漫の春なんですが、果たして、どうなることやらです。
Img_6487










今朝も、仲良しの女の子にかわいがってもらって、ウキウキのロイ。
やってしまいました。
ゴロゴロ~♪
気持ちイ~イ(ロイ談)

« 空気が、暖かくなってきて | トップページ | ロイ4歳の朝 »

その他の植物」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissi様おはようございます。


次から次へとニューヒロイン達が登場…春はいいですね。
植物の知識がない私ですが、楽しみに拝見させて頂いてます。


畑の写真にはびっくりしてしまいました。
sissi様の近くにも畑があったのですね!


舞台をこなすには気持ちの切り替えが必要でそれはこちらでも叩きこまれてます…。


私のスローガンですが作品に対して、クールヘッド、先生、仲間達に対してウォームハートと気をつけてますが企業のマニュアルみたいですね。


昨晩のオーディションはロシアの先生によるもの…難しかったです。ロシアメソッドは物凄く久しぶりでしたので、くらくらしました。


結果発表は約一ヶ月後ですが、結果はどうあれ、自分がわかり、本場に触れられ良かったです。

sissiさん、こんばんは~。
すごいですね。
都会で、こんなに広い畑を持っていらっしゃるお宅があるなんて・・・。
植木屋さんが入る本格的なお庭もありつつ、畑もあるなんて、夢みたいです。

沈丁花、もう咲いているのですね。
いい香りが漂ってきそうです。
お母様がお好きなお花とは、sissiさんも愛着いっぱいですね。

ウィンティー、たくさん咲いて綺麗ですね。
あ~、わたしも植えたかったなぁ・・・。
リグラリアは、大きな銅葉がわたしも注目の植物ですが、うまく育たなかったのですか?
それは残念・・・。
でも、処分されるのはもったいないなぁ・・・。
根が残っていたとは、きっと丈夫なんですね。

ロイ君、嬉しくなるとゴロゴロするんですね~。
かわいい~♪

沈丁花の香りは上品で私も大好きなんです。
この花の色以外はないのでしょうか?
ふとそんなことを思ってしまいました。

クレマチスに株立があるとは知りませんでした。
つる性とばかり思っていましたので。
きれいなお花が今から楽しみです。

sissiさんのベランダは私の知らないことばかりですが
バラの苗もお店を決めていらしゃるのですか?

沈丁花が咲き始めましたね。
この花は咲いているとすぐにわかってしまいます。
ウチの方では随分少なくなりました。

畑の写真見ますとホッとします。近くにこんないい風景が見られて羨ましいです。

バレエインペリアル さま。
いつも、コメントをありがとうございます。
そうなんです、すぐお隣の地主の方のお屋敷です。
ベランダの植物たち、少しずつ春模様です。

ロシアのメソッドは、相当、辛いみたいですね。
例の、G先生も、新国立時代、ロシアの先生で、「体が壊れるかと思った」とおっしゃっていましたからcoldsweats01

オーディション、果報は、寝て待てではないですけれど、良い経験をなさったのですね。

みーさま。
いらしゃいませ。
この畑は、お隣の、地主の方のお庭で。
それにしても、駅徒歩5分の立地にため息ものなんです。

リグラリア、アハsweat01、やっぱりもったいなかったかな。
極小スペースベランダガーデナーは、時に、植物に見切りをつけるのも早かったりもするんですがcoldsweats01
しばらく、成長を見守りますね。
どうも、ウチのベランダは、ツワブキとかギボウシとか、日本の植物の日陰の定番が、うまく育たない感じなんですよ。

里の母は、植物香り重視派で。
沈丁花、金木犀、ライラック、ガーデニアなどの花木がたくさんあるんです。
沈丁花の香りをかぐと、時間が遡る感じがします。

ロイ、そうなんです。
なんだか、感極まると、あんなことするんです。
後が、大変なんです~sweat01

shizumama さま。
ようこそです。
沈丁花、確か、白いお花もありますよ。
葉に、斑入りのものもあって、咲いていない時期でも、葉の美しさを楽しめるものも。
沈丁花など、香りのある花木が好きな母の影響で、この香りには、思い出がたくさんあります。

クレマチス、インテグフォリア系などは、つる性にならないものがあります。
私は、中でも、比較的、背の低いものを選んで、植えてみました。
アルバは、バラの足元に植えたのですが、どうなるかな、という感じです。

株立ちの表現は、地中から、何本か株が上がってくる意味で(主幹一本立ちではなくて)、使ってみました。(つる性ではないということではなくて。)
パテンス八重系は、楽しみにしているクレマチスの一つなんです。

バラの苗、はい、決めています。
良い苗がくると、生育が違うので、信頼のおけるところで。
そして、同時に良いアドバイザーのいてくださるところで購入しています。
もしかして、shizumamaさま、バラをお育てなられる予定でいらっしゃるのでしょうか。

バロック さま。
この畑、今風に申し上げると、ポタジェでしょうか。
それにしても広いですよね。
ここ自宅のすぐ隣なんですcoldsweats01
すぐそばに、駅ビルなんかがあるのに、信じられません。

沈丁花、こちらは、結構、まだ、あちこちに植えられているようです。
香りに、懐かしさでいっぱいになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気が、暖かくなってきて | トップページ | ロイ4歳の朝 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!