« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

雨の日、お散歩を決行!

Img_7822













昨日の夕方から、雨が降っています。
今朝は、お散歩がお休みの予定でしたが、家人が、なぜか決行を宣言dash
雨が小降りになったのを見計らって、外へsweat02

この雨で、桜の見ごろは終わってしまうのかな。
Img_7827_2










川は、増水していました。
いつになく激しい流れ。
Img_7833













「いや~、雨でも、お散歩っていいもんですね。癖になりそうnote」ロイ談。
雨でも風でも、お散歩大好きなのねcoldsweats01
Img_7852













インテグフォリア系のクレマチス、アルバが、随分、伸びてきました。
濃い緑の多いこのコンテナの中で、明るいグリーンが、思ったより綺麗で。
これなら、花が咲いてなくても、楽しめるかな(^^♪
Img_7841










ツボサンゴです。
名前は、忘れてししまったのですけれど、明るい斑入りが気に入って昨年、おぎはら植物園さんから取り寄せました。
でも、初年度は、殆ど緑の葉でがっかり。
今年、寒さで傷んでいた葉を取り除いておいたら、念願の綺麗な葉が~note
小さいながら真っ赤な花を咲かせます。
今シーズンは、葉の対比の美しさが、期待できそう。
Img_7845










毎度働き者の、ゼラニウムで、華やぎを。
ベランダでは、特に季節感がなくなってきたけど、「どんな時でも、咲いていてくれるpunch」、狭いスペースでは、これ、なかなか重要ですcoldsweats01 
斑入りの変わり葉も、随分と、大きくなってきました。 

花の季節の始まりに

Img_2235















今日は、あいにくの曇り空でした。
雨で散ってしまう前にと、お花見がてら、ちょっぴり遠出のお散歩に出発しました。
写真は、公園へ続く遊歩道。
下を走っている車道に植えてあるソメイヨシノの花が溢れてきて。
わ~、お花に手が届く♪
Img_2240_2











道端は、ヒイラギナンテンの花がたくさん咲いていました。
香りがあるんですね。
Img_2263















早春の雑木林は、芽吹きが始まったばかり。
でも、山ツツジは、もう、蕾をつけているものも。
Img_7709












スミレは、品種によって、咲いていたり、蕾も持っていなかったり。
Img_7713













少し肌寒いのに、カメラを片手に歩く人と、たくさんすれ違いました。
うっそうとした雰囲気の写真ですが、実は住宅地なので、画面左手の斜面を降りると、片側2車線の幹線道路、右手の生垣の向こうは、マンションの駐車場デス(^^ゞ
Img_7727













公園への道。
桜のトンネルなのですが、曇り空なので、残念ながら、写真では、今ひとつbearing
Img_7758













公園に到着です。
ケヤキが、芽吹き始めていました。
芝も、緑になり始めて。
Img_7765










「写真ばっかり撮ってないで、早くボールで遊びましょう」

たくさん遊んで、春の始まりの写真をたくさん撮って帰ってきました。
また、時間のあるときにでも、アルバムにしてみたいな、と。
Img_7801













かわって今日の我が家のベランダです。
プルモナリア・サムライ。
本当は、もう少しブルーが強い花だった印象があるのですけれど、今年は紫がかっています。
おくの葉は、ツボサンゴ、プリンス・オブ・シルバー。
Img_7813_2













このピンク、本当にかわいいなと思います。
明るい葉の色の、プルモナリア・デビッドワード。
我が家は、今、プルモナリアが、次々と咲き始めています。
Img_7810













冬の寒さで見苦しくなって、切り詰めていたビンカ・マジョールも、新しい葉が揃ってきました。
ベランダも、ようやく緑が多くなってきました。
これで、あとは、枝垂れモミジが芽吹いてくれれば、春本番の感じに。
まだ、少し、かかるかな。         

アジアインターナショナルドッグショーへ行って来ます

Img_7453













おはようございます。

今日は、ボクのブリーダーさんを応援しに、有明で開催されるアジアインターナショナルドッグショー(FCI)にいってきます。

帰宅後リポートをアップする予定です。

以上、ロイがお伝えしました。


Img_7609













大変遅くなりました。
東京ビッグサイトで開催された、FCIアジアインターナショナルドッグショーを見るべく、朝の八時に自宅を出発。
でも途中、道を間違えるというハプニングで、専用駐車場に入りそこない一時、駐車場難民にcoldsweats01
Img_7557













トラブルを乗り越えて会場へ。
ここは、エントリーしたワンちゃんたちの控えの間。
準備に余念がありません。
Img_7559










出番待ち?
恐ろしく綺麗に整えられていて、なにやら高貴な雰囲気。
なんだか、頭が下がったりして…。
「ツ~ン」とおすまし。
Img_7536













最後の仕上げに忙しい専属のトリマーさん。
この大きさですと、スタンダードプードル?
迫力~、でした。
Img_7543













ハンドラーの腕の見せ所のショー。
駆け回る姿が、軽やかでした。
Img_7539_2Img_7571






会場で出会った、カワイイワンコ達。
ビアデッド・コリーにビション・フリーゼかなhappy01
Img_7574Img_7527






ロイは、いつも電話でしかお話できないフード担当のお姉さんに会って大喜び。
同じ場所で、昨年夏、一緒にキャンプしたお友達にも会いました。
キャンプのことは、アルバムに載せてあるので、よろしかったら、見てくださいね。
Img_7579_3














広い会場を歩き回ると、疲れてしまって、フードメーカーが用意してくれている専用サロンでひと休み。
Img_2215















「ね~、まだ?」
「朝ごはん、軽かったから、お腹すいてきちゃったのよ(^^ゞ」
Img_2208















飲食店の入っている、お隣のウイングに移動です。
まだ、早春で、お花はそれほどではありませんでしたが、トピアリーや、リーフ類の組み合わせが素敵な一画。
Img_2207Img_7555        







人口の、お池。
なぜか西洋タンポポが、結構たくさん、道端に繁っていました。
Img_7547













ランチしている間、ロイもお水を飲んでひと休み。
この後は、会場内の出店をみたり、ドッグダンスをみたりと、ショーだけではなく、いろいろ盛りだくさんで、楽しみました。
Img_2225















一路、自宅へ。
道路の両脇の桜が満開。
この、濃い目のピンク。
品種は、何と言うのでしょうか。

毎年、行っているこのドッグショー、また、来年まで、さようならです。

ベランダの植物、悲喜こもごも

Img_7437













東京は、桜が満開になりました。
郊外の我が家周囲もご覧の通りですcherryblossom
隣の電車の駅まで続く花のトンネル。
カメラを片手に歩き回る人が絶えません。
爛漫の春の始まりですね。
Img_7450













ロイ、今朝も燃えてオリマス(^^ゞ
ハート型の白いお尻を強調してみましたcoldsweats01
Img_7442










日中、暖かくなって、ロイが走るには、少し暑くなってきましたが、まだまだ、元気です。
Img_7466













ブルネラ・ジャックフロストです。
最も好きな葉の美しい植物のひとつ。
今、ハドスペンクリームの苗の到着を待っています。
夏にへこたれつつも、なんとか頑張っています。
今が、一番、生育旺盛な季節。
Img_7475













ギボウシ、グレート・エクスペクテイションズの、冬の見張り番として混植したプルモナリア・デビッドワードでしたけれど、どうも、こちらのほうが、めきめき成長。
本末転倒になってきました。
愛らしいピンクの花が咲きます。
Img_7462













そしてこちらは、プルモナリア・ダイアナクレア。
これも夏越しが大変とされながらも、順調に生育。
ただいま、お花が満開なのです、が…sweat02
お気づきでしょうか、実は、プリムラマラコイディスのウインティーが消えておりましてweep
ウインティー、気温が上がってくる前は、順調だったのですけれど、陽射しが強くなってきたら、急速に弱って(半日陰なんですが)、バイ○ルと奮発しても、ダメでした、ハ~、涙。
もともと、湿潤な環境が好きときいていたので、水遣りも気を遣っていたのですが。

どうも我が家のベランダは、湿度の低い気候を好む植物が、良く育つような感じです。
このコンテナには、ギボウシのパトリオットなども植えてあるのですけれど、殆ど大きくなりませんで。
以前アップしたリグラリアも、かなり湿潤な場所が好きのようで。
我が家では、息も絶え絶えな理由がわかりました。
特に、コンテナで、葉を美しく保つのは、困難だそうです。

コンテナ、奥は、ブルネラ・ジャックフロストの白花種、ミスター・モースです。
気を取り直して、こちらに期待シマス。
Img_7489













元気の出る写真を最後に。
アブラハム・ダービーの蕾です。
この他にも、いくつか出てきました。

もうすぐ、四月なんですね。
 

春風の中で

Img_7377













少し冷え込んだ朝です。
昨日は、暖かな陽射しと心地よい風の吹く、お散歩日よりでした。
桜も、一気に開いたようですcherryblossom
青空ではないのが残念。
桜のトンネルです。
こ街の、桜のポイントをお散歩する季節がやってきました。
Img_7416













こちらは、ベランダの植物です。
クレマチスのカートマニー・ジョニー、あと一息のところで停滞していて、なかなか咲かないんです~。
今にも、ぱかんと開きそうな蕾がたわわで、期待は高まるばかりなんですけれど。
何せ、このクレマチス、我が家では初開花なんです。
Img_7426













small garden」という素敵な園芸ブログを書いていらっしゃるみーさんのところで、カワイイと思って購入した、マーガレット・ダンプ。(これは、商品名なのか流通名なのか、みーさんのところとは、違うお名前)
ベランダの奥にいて日照が足りないのか、レモンイエローのニュアンスがでませんweep
Img_2127















昨日は、春風に誘われて、ロイと少し長いお散歩。
いつもの公園で、こんな素敵な植物を見つけました。
お隣の、枯葉の大きさからわかるとおりに、まるで高山植物のように小さいのですけれど、目の覚めるようなブルーでした。
写真では、ちょっと紫が強く出てしまって。
調べてみましたら(検索先)、山地に自生するシソ科キランソウ属のオウギカズラという植物でした。

この公園は、すぐ向こうが、四車線の大きな幹線道路の走る、駅近の公園。
それなのに、山地に自生する植物が生えているなんて。
武蔵野の丘陵だった名残でしょうか。
Img_2133











たくさん遊んで、コーギースタイルで、ひと休み。
草原で転げまわって、土煙を上げて走って、真っ黒~。
Img_2138















そして、喉が渇いて水道のところに走っていくと…。
歓声とともに迎えてもらっ て、いつものシーン。
ロイ、嬉しいね。 

アブラハム・ダービーに蕾♪

Img_7254













昨日は、一日中肌寒くて、雨が降ったり止んだりでしたけれど。
バラ友Yさまにお誘いいただいて、銀座で「ターシャ・チューダー展」を見て参りました。
その話題は、後ほどに。

いつもの川沿いの桜並木、花のトンネルになるのには、もう少しかかりそう。
この並木、何キロくらいあるのかは、わからないのですけれど、なんと、隣の電車の駅まで続いていますcherryblossom
Img_7275_2










公園の階段で、お友達に会ったロイ。
春は、朝、いろんな人に会うようになります。
なんといっても、陽射しで明るいのがいいですねsun
Img_7280













そして、私にとって、胸の躍る大ニュース。
ちょっとわかりにくいのですけれどcoldsweats01、アブラハム・ダービーが、早々、蕾を持ってくれました。
嬉しい~~happy02
舞い上がりsign01
Img_7302













ついでなので、アブラハム・ダービー、二輪揃いぶみshine
随分、開ききってしまって。
色も、似通ってきました。
いつまで咲かせていようかな、う~ん。
Img_7314_2













大好きな、ブルネラに、新しい品種を購入しました。
以前から気になっていた、ルッキング・グラスとミスター・モース。
写真は、ルッキング・グラスです。
忘れな草そっくりの愛らしいブルーの花。(忘れな草もブルネラも確かムラサキ科ですね。)
なかなか綺麗な色で、撮れないなぁsweat01
ミスター・モースは、ジャックフロストの葉に、ブルーではなく、白花が咲く新しい品種です。
無事に、育つといいな。
Img_2105 Img_2097







ターシャ・チューダー展は、雨降りの平日に伺ったのに、すごい混み様でしたsweat02
さほど広くない会場なのに、全部見て回るのに、一時間半近くかかったでしょうか。
彼女の人気に、改めて、驚きました。
絵本作家でもある彼女の、美しい水彩画の原画に、特に惹かれました。

ランチは、Yさまのご案内で、銀座の和食のお店で。
丁寧に作られたお料理の数々、本当に美味しく、感動~。
Yさま、ありがとうございました。
楽しい時間でした~happy01   

26日午前11時まで、ココログがシステムメンテナンスのため、コメントの受付、更新が出来ませんでした。
お知らせが遅れて、ごめんなさい。

街中も春模様

Img_7201













今日は、朝から陽射しがなくて、ちょっと薄暗いスタート。
でも、昨日の暖かさで、この街も桜が咲き始めていました。
毎朝、ベランダを覗くたびに、植物たちがググッと大きくなっていて、お手入れにも気合の入るこの時期。
じょうろでの水遣りもそろそろ限度で、ついにホースの登場です。
(ベランダに水道がないので、なかなか大変sweat01
Img_7215













公園は、雪柳が満開でした。
この公園の最も華やぐ季節。
Img_7219










植物や花の香りが大好きなロイです。
きっと、人間にはわからない匂いをかいでいるのですね。
そうそう、昨年の秋、ロイといっしょに歩き回った私の街の紅葉のアルバムを作ってみました。
よかったら、ご覧になってみてくださいね。
案内人(犬)は、ロイです。
Img_7228













ギボウシに次ぐ、シェードガーデンの定番のツボサンゴ、ことヒューケラも、私のベランダでは、今ひとつの植物です。
写真は、名前を忘れてしまいましたが、斑入りの葉に赤い花が咲く品種。
花茎が持ち上がってきました。

我が家のベランダ、比較的、湿度の低い環境を好む植物が、よく育つ感じがします。
Img_7238













枝垂れモミジの足元に植えてある、プルモナリア・シルバラド。
今の気候があっているのか、ぐんぐん大きくなってきました。
夏に、葉を減らさなければ、もっと株が育つスピードが上がるはずなのですが。
灼熱のベランダでは、生き抜いていただくのが精一杯。
ここには、他に、ブルーエンサイン、ラズベリースプラッシュなどがいて蕾を持っています。

春めいた日曜日に

Img_7111_3













今日は、朝から陽射しが眩しいですね。
鳥のさえずりが、賑やかnote
メジロさんも、元気に遊びにきています。
東京は、桜の開花宣言が出ましたが、我が家の側の川沿いの遊歩道は、あと少しみたいです。
今日の暖かさで、咲くかな。
グレー一色だった桜並木、彩りが出てきました。
Img_7122_2













植栽されているツツジも随分、緑になってきて。
ロイも、春の暖かな空気を満喫。
Img_7159













プルモナリアで、一番乗りで咲いてくれたのは、ダイアナクレア。
咲き進むと、色が変化してきます。
好きな植物です。
Img_7187













どちらのお宅もそうなのだと思いますけれど、この季節、見る度に植物が成長していて、本当に楽しいですね。
バラも、新芽が、ワシワシ伸びている品種もあって、まだ、病気も虫もでない季節なので、ゆったり気分で観察できます(笑)
写真は、再来年の期待の星?、クリスマスローズ、斑入りのニゲルの苗。
大きな葉がにょっきりとbud
夏越しのための体力を、しっかりと養っておいてもらわないとpunch
Img_7150













今朝、植物に水遣りをしていたら、このアブラハム・ダービーの香りが流れてきて、本当に清々しい気分になりました。
バラは、一輪咲いているだけでも、存在感がありますね~。
Img_7133










ロイ、今日も、土煙を舞い上げて、ボール遊びに燃えてオリマス。

陽射しが輝くように強くなって、植物が綺麗に見えるようになりましたねshine 

アブラハム・ダービー、色彩の違いに

Img_6992













先日まで硬かったソメイヨシノの蕾が、随分、緩んでいました。
この街の開花も、もうすぐみたいですcherryblossom
青空の中の優しいピンクが、何とも言えません。
爛漫の春が、目前happy01
Img_7035










ロイも、春をの香りに、あちらこちら、鼻をクンクン。
こんな題の童話がありましたね。
Img_7088














下の小さな写真は、昨日のアブラハム・ダービーの蕾。
あまり大きいものではなかったからでしょうか、最初の蕾に較べて、あっという間に咲いてしまいました。
最初の大き目の花の時とは違って、今度は、ややアプリがかった色。
本来のダービーの色に近いのかな。
アブラハム・ダービーは、最も、惹かれるバラです。
Img_6967






こちらは、昨日の朝。
まだ、僅かに開いただけだったのですけれど。
Img_7073













こちらは、冬花の一番花の今朝。
同じ木に咲いているのに、色が全く違うのに、不思議になってしまいます。
リビングから見ていると、違う品種のよう。
Img_7063










陽射しを浴びて、綺麗なライムグリーンの芽を伸ばしているのは、インテグフォリア系のクレマチス、アルバ。
ツルからつんと芽がでているのは、ジャックマニー系のピンクファンタジーです。
今日の暖かさで、また大きくなるかなbud     

雨上がり

Img_6937













昨日、一日中降っていた雨も、ひとまず上がりましたcloud
皆様、一斉に、犬のお散歩。
そういえば、この街は、動物病院がたくさんあります。
犬を飼っていらっしゃる方が、多いのかな。
Img_6942













昨日の、鬱屈したエネルギーを爆発させるように、気合の入った走りのロイさん。
Img_6943_2










走って走って、走りまくりdash

Img_6951













ツボサンゴ・プリンス・オブ・シルバー。
品種によっては、花茎が上がってきました。
脇からのぞいている細長い葉は、プルモナリア・サムライ。
プルモナリアも、どの品種も蕾を持ち始めて一斉に開花するのを、待つばかりconfident
Img_6967













二つ目の、アブラハム・ダービーの蕾。
この蕾は、前回ほどのお花は望めそうもないけれど、それでも、バラが咲いてくれるって、期待でいっぱいになってしまいます。

木曜日がお休みだったので、明日がもう週末だなんて早いな、という気分です。

今日は雨

Img_6930













今朝は、久しぶりにまとまった雨が降っています。
愛犬のロイは、「あ~あ」という顔をして、ベランダの空気を嗅いでいます(オチコミ~。)

プルモナリア・ダイアナクレアが開き始めました。
一年ぶりのご対面。
この時期が、最高にフォトジェニックです。
だんだん暑くなると、弱って葉の数も減って、息も絶え絶えになってくるのですけれど。
この葉の美しさが、好きです。
Img_6902













大苗とは思えない、いかつい枝から(^^ゞ、赤みがかった大きな芽を伸ばしていますのが、初登場、シャンテ・ロゼ・ミサトです。
樹勢が、強そうな感じ。
ラティスに移ったときの活躍を期待して。
Img_6920













たびたび登場しているエオニウム。
冬成育型その通りに、グングン大きくなって、花のようにも見える葉の直径は、20センチを肥えました、いえ、越えましたcoldsweats01
この色とフォルムに惹かれて、昨年、都心のカフェに併設されていたお花屋さんで見かけて、衝動買いしたのでしたけれど。
なので、育て方も、ベランダの環境に合うかどうかもわからずに連れ帰ってきたのでした。

ベランダは、リビングの一部でもあるので、割りにコンテナのデザインにも気を遣う私なのですが、この未知数の植物には、買った当時の、味も素っ気もない黒いプラ鉢のまんまでした(-_-;)
しかし、この成長ぶりに心動かされて格上げshine
ついにお洒落なコンテナに植え替えてもらえることになりました。
大枚をはたき、英国W社のコンテナにお引越し、ついでに多肉の寄せ植えにして、ベランダ西側の主賓の位置に昇格することに。

でも植え替えは、4月になってからね、もうちょっと待ってね。
写真は、プラ鉢ごと新しいコンテナに入っているエオニウム(^^ゞ
Img_6701










今日は、お散歩が中止なので、先日、子供達と遊んだ、ロイを。
小さな男の子が、あんよの練習です。
親友の女に子も、その練習に付き合ってあげているんですが。
おぼつかない足取りの二人に、ボール遊びも忘れて、心配して見守るロイです。
Img_6706










「ロイちゃん、いい子ね」な~んて言って頂いて、かわいがってもらってご機嫌のロイ。
小さな子供達と遊ぶ時は、最近、保護者の気分のようです。    

一足早い、春の華やぎ

Img_6860













今年の三月は、暖かい日が続いていますね。
ベランダのゼラニウムも、本来のボール状になって咲くようになってきました。
花色も冴えてきました~confident
植物たちの成長にワクワクして、ベランダに出るのはいいのですけれど、秋から冬にかけて、増えすぎたコンテナを、整理しなくてという現実が見えてオリマスcoldsweats01
ちょっと季節感のある植物が欲しいなぁ~なんて思って作ったコンテナがいくつか。
もう足の踏み場もないので、なんとかしなくてはsweat01
Img_6852













ポチポチと、緑の点が増えてきた公園です。
今日は、写真でもわかりますね。
ロイのコートの色は、緑の中に似合うので、早くそんな季節が来ないかなnote
冬枯れの原っぱでは、同系色dash
Img_6834










愛らしいスミレが咲いていました。
綺麗な青みがかった紫。
「スミレ色の瞳」という表現がありますけれど、欧米には、確かに、そんな魅力的な瞳を持つ方がいらっしゃるのですね、吸い込まれな色。
Img_6877













昨日の暖かさで、すっかり開いたアブラハム・ダービーです。
濃い目のピンク、中心は、もう少し濃い琥珀色。
本来のアブラハム・ダービーではないかもしれないのですけれど、ため息がでます。
花径10センチほど、それほど大きくはないのですけれど。
まだ、やや冬枯れのベランダに、忽然と現れた華やかなスポット。
掃き溜めに舞い降りたツル、はオーバーかなcoldsweats01
Img_6882













正面から。
う~ん、中心の琥珀色というか蜂蜜色が、なかなかうまく出ません。
こんな色のダービーもあるのですね。
今朝は曇り、まだしばらく、見ていられるでしょうか。   

アブラハム・ダービーの目覚め

Img_6805_2













日に日に植物たちの活動が生き生きと盛んになって、その変化を見るのが、とても楽しみな、今日この頃bud
昨年(11月)からの持ち越しの、アブラハム・ダービーの蕾が開き始めました。
長い眠りから、ゆっくりと覚めたお姫様のようですshine
素晴らしい香りが、ベランダに僅かに漂い始めました。
バラの花見るの、なんだか、ものすごく新鮮です~(^^♪
やや濃い目のピンク、ぎっしりと詰まった花びら。
オベリスクの上から、重たげに枝垂れていて。
「おはよう、久しぶりね」、と、声をかけたくなるような…。
そこだけゴージャス~happy02
Img_6751 Img_6676






左が、昨日17日の画像、右側が一昨日16日です。
昨日で、一気に弾みがつきました。
午前中、水遣りなど、ベランダ仕事に精を出している私の傍らで、開き始めるのが見えるようなスピードでした。
全開したら、どんな姿なのでしょうかconfident
ベランダに、一足早い華やぎ。
ありがたくて、しばらく拝んでいたいくらいですcatface
Img_6804_2













綺麗な、明るいグリーンのレディ・オブ・メギンチの大苗。
赤みのない爽やかなグリーンは、ひときわ目立ちます。
大苗たちも、多少の差はあれ、グングン葉が展開して、毎朝ベランダに出るのが楽しみnote
Img_6777_2










川辺の遊歩道の桜の蕾もぷっくりとcherryblossom
花の季節になったら、この街の桜の綺麗な場所を、ロイといっしょに、たくさん見て回るのが、毎年の定番です。
Img_6794










今朝のロイです。
近寄らなくても、公園の原っぱの緑が、確認できるくらいになってきました。
早朝が、明るくなったのも、嬉しいですね。      

暖かい日が続いて

Img_6714













暖かい日が続きますね。
このまま四月に入ってくれると嬉しいのですけれど。
やっぱり、寒の戻り、ありますよね~。

遠景で撮ると、まだまだ冬枯れの公園なのですけれど、随分、緑が多くなてきました。
ロイは、今朝も、張り切ってボール遊び。
今まで、あまりに不細工なのでcoldsweats01、ロイが、ボールに飛び込む瞬間のバックスタイルは、アップしなかったんですけれど。
(ウチの家族は「ガマ尻だ~」なんて言うんですが。)
はい、お尻、こんな風になって、ボールに飛びつきます。
これからは、こんな写真も、載せていこうかな、ロイ、ごめんね~(^^)
Img_6732













気温が上がって、ゼラニウムも、蕾をたくさん付けてきました。
寒さに耐えていたトネリコの緑も、随分綺麗になりました。
Img_6734













我が家の春をつげてくれる花、プルモナリア(ダイアナクレア)も、花茎が伸びてきて、あと少しで花が開きそうです。
他の品種(シルバラッド、ブルーエンサイン、サムライ、ラズベリースプラッシュ等)にも蕾があがってきていて、楽しみ。
Img_6759










初登場のナエマです。
真夏が来る前に、大型のコンテナに移して、二つ目のオベリスク仕立てになる予定のバラ。
だから、我が家のリビングには、出番待ちの大型コンテナが、ド~ンと鎮座してるんです(^^ゞ
Img_2067 Img_2084_2







昨日は、日本橋の百貨店で開かれた、バラの講習会に、バラ友のYさまと、行ってまいりました。
それでなんで食べ物の画像なのかと申しますと、講習会終わった後の、ランチが、一番の楽しみだったりいたします~restaurantwine
いえ、先生の講義も、毎回、時間の経つのも忘れて、熱心に拝聴しておりますがsweat01
その後、Yさまのお宅で、美味しいお茶とお菓子をいただきながら、バラ談義。
都心の高層マンションのベランダは、芽吹いたバラでいっぱい。
クロッカスやパンジー、水仙などを、可愛らしいアレンジで沢山咲かせていらっしゃいました。
Yさま、お邪魔いたしました。

バラに蕾が~♪

Img_6626













朝が、暖かくなりましたね。
昨日は、愛犬ロイの誕生日にあたりまして、温かいコメントを、ありがとうございました。
大好きな公園の原っぱに通じる階段、よっこらしょっとdash
Img_6641













昨夜、外出から帰って、「気温が上がったし、ベランダのみんなは、どうなってるかなぁ~♪」と見回ったら。
sign03、まさか、これは、蕾?
こんなに早く?
思わず鉢を室内の明るいところに持ち込んで検分。

フレグラント・ヒルに蕾がついてる~~happy02

伸びているシュートの先、すべてについていて、今のところ、全部で3つ。
それにしても、HTって、初めて育てるのですけれど、こんなに早く蕾がつくものなのでしょうか~。
Img_6662













クレマチス、フォステリー系のカートマニージョニーも、あと一息で開きそうです。
白い小さな花が、たくさん咲いたら…とconfident
クレマチス、この気温の高さで、どの品種も、ぐ~んと伸びて、少し誘引してあげました。
Img_6681













こちらは、昨年から持ち越しの蕾のアブラハム・ダービーです。
一枚だけ花びらが開きました。
なかなか、気をもたせます。
なんだか、ちょっと色が褪せているような感じもcoldsweats01
どんな色で咲くのか、少々、心配になってきました。
今日は、これから、バラの講習会。
先生のお話を、しっかりと伺ってこなくては。

ロイ4歳の朝

Img_6586













おはようございます。
今日は、ボクの4歳の誕生日です。
ロイままが張り切っていたのですが、ココログの具合が悪く、文章が消えちゃいました(クスン)レッスンから帰ったら、また書いてくれるそうです(何時になることやら、不安ダニャ)
Ippu040417_3b Will040417_1b  







ボクは、愛知県の安城で生まれました。
ちなみに、左は、お母さん(美犬!)、右はお父さん(生き写しという人も・・・)。
まだ、ぼくを授乳中だったので、なるべくびっくりさせないように、フラッシュは使わなかったので、あまりいい画像ではないのですが(^_^;)。 Img_6579














今日も元気!
後は、筆者が帰ってくるまで、しばらくお待ちください。

(ロイ談)
長らく、失礼いたしました。
先ほど、帰宅いたしました。(ロイ、ごめんねsweat01
朝、文章が全部消えた時は、凍ってしまいました~weep

Img_6606













今日は、暑いくらいの陽射しでしたね。
写真は、今朝のベランダの大苗の様子です。
今日の暖かさで、どうなっているかなと、先ほど(夜9時くらい)見たら、なんと蕾を持っているものが~note
明日、写真をアップいたしますね。
Img_6612
 








葉牡丹の優しいピンクが、まるでバラのよう。
この葉牡丹、我が家では、今ひとつの人気だったのですが、このピンクに、見直されてきました。

どうもココログが調子が悪くて、お見苦しくてごめんなさい。

鳥のさえずりの朝に♪

Img_6489













朝、ベランダのガラス戸を開けると、鳥のさえずりが、にぎやかに飛び込んでくるようになりました♪
ふかふかした暖かそうな土の畑。
手前は、小松菜?
この広い畑、自宅マンションのお隣のお屋敷の一部。
でも駅から、徒歩五分のところなんです。
先日の梅の画像も、こちらの庭先。
いつも植木屋さんが入って、綺麗にしていらっしゃいます。
Img_6491_2










大きなレイズベッドのあるガソリンスタンドの沈丁花。
里の母が、香りのある植物が好きなので実家にもいくつかあって、沈丁花は、馴染み深い花なんです。
Img_2060















この場所が気に入ってくれたみたいで、元気に咲いてくれているプリムラマラコイデス・ウインティーなのですれど。
少しわかりにくいのですが、手前に、銅葉の植物が、顔を覗かせているの、見えるでしょうか。
一昨年植えた、リグラリア・ブリットマリークロフォード、ツワブキの仲間です。
半日陰くらいでもいいということでしたし、あの大きな銅葉に憧れて、苗を植えてみたのですけれど、大ハズレ。
日照がかなりないと、銅色はでなくて、ただのツワブキ、もとい、フキにdash
場所が合わないのか、葉も、殆ど繁りませんでしたweep
今回、ウインティーを植え込むとき、リグラリアも抜いたはずだったのですが、まだ、ご健在だったみたいでcoldsweats01
とりあえず、暖かく見守ることに(ーー;)
Img_2046











昨年、大型コンテナに植え替えたアブラハム・ダービーです。
こんな風に、もう3センチおきくらいに芽が出ているんです。
これが全部立派な枝になって、花が咲いたら~note
と、皮算用している昨今です。
ダーリンではなく、ダービー、頑張ってheart04
Img_2032











昨年、小さな苗をうえつけた、クレマチス、パテンス八重系のアークティック・クイーンです。
品のある白い花に憧れて植えつけたのですけれど、下からもいくつか芽が出始めて、株立ちになってくれるみたいです。
幸先いい~。
Img_2039











こちらは、柔らかな浅緑の葉もきれいな、クレマチス、インテグフォリア系アルバの芽。
頭の中は、期待で爛漫の春なんですが、果たして、どうなることやらです。
Img_6487










今朝も、仲良しの女の子にかわいがってもらって、ウキウキのロイ。
やってしまいました。
ゴロゴロ~♪
気持ちイ~イ(ロイ談)

空気が、暖かくなってきて

Img_6444a














朝の空気が、随分、温んだ感じがします。
最近、ベランダ訪問&滞在時間の減ってきているメジロさんですけれど、それでも、思い出したようにやってきま~す。
先日、メジロさんの落し物や錆で少し傷んできたガーデンチェアやテーブルを、磨きましたshine
Img_6456













ベランダは、芽吹きのラッシュ。
なかでもクレマチスは、よく目立ちますね。
日に日に、ツ~ンと伸びてbud
ジャックマニー系のルージュカーディナルです。
狭い空間を、立体的に使うにはツル性植物、というわけで、昨年、クレマチスの苗を8品種も購入してしまいましたcoldsweats01
バラも、ショートクライマーとして作る予定のものが5種類。
今シーズンは、空間有効利用にトライです(^^ゞ
Img_6484













アブラハム・ダービー、やっと少し開いてきました~happy02
今日も、暖かい南風が吹いて、気温が上がるみたいなので、さらに開くかなnote
Img_6453










地面から春の匂い~、と、思い切り体をこすりつけて、転がりたくなるロイ。
このねじれたポーズは、その前段階sweat02
ロイ、やめて~~!

   

プルモナリアに蕾が出来て、ケヤキの思い出

Img_6441













我が家のベランダから見える、大きなケヤキ(ニレ科ケヤキ属)。
私にとってケヤキは、とても縁が深く、また大好きな木なんです。
今、住んでいるこの街も、街路樹、公園にたくさん植えられていて、四季を通じて、整った樹形が、青い空に映えます。
11月4日の「秋を探して」に公園の大きなケヤキの紅葉を載せています。
よろしかったら、ご覧になってみてくださいね。
そして、小、中、高と育った私のふるさととも言える街は、ケヤキが市の木でした。
通った高校の玄関には、巨木があって、そのケヤキの下に、何度たたずんだことでしょうか。
Img_6422













昨日、初めて、プルモナリアに、蕾が上がっているのを発見しました~note
写真は、ロンギフォーリア・ダイアナクレアです。
我が家のベランダで、真っ先に咲く春を告げる花です。
この品種が、一番早いようです。
早く咲かないかなぁ~happy01
Img_6405













バラの大苗たちのも、新芽が大きくなってきました。
写真手前は、ERの「レディオブ・メギンチ」。
赤みのない、浅緑色が新鮮。
お隣は、「フレグラント・ヒル」、赤みのある濃い色の芽を、勢いよく伸ばしています。
ともに、ベランダの、開花が楽しみなニューフェイス。
Img_6415










ダークネクタリーでなくなった、我が家のクリスマスローズ。
今朝は、曇りがちのせいか、比較的色が綺麗にとれました。
控えている蕾も少なくなって、下からは、葉がたくさん上がってきました。
そろそろ終わりに近づいてきましたね。
Img_6382










ロイ、進行方向に、大きな鳥を発見。
進んでいいのか、どうしようか迷っていました(^^ゞ
鳥さんは、悠然とお食事中。
ムクドリかな。

今日も暖かい日に

Img_6264













朝の、鳥たちのさえずりが、賑やかになってきましたnote
今日の東京は、今年一番の気温の上昇が予想されているみたいです。
芳しい香気を漂わせている梅もピークを過ぎて、ソメイヨシノの開花に、注目が移っていきますね。
Img_6286_2










気温の上昇で、ロイも溶けてオリマス。
(関係ないかsweat01
パパの竹刀の素振りに付き合う、同じマンションの女の子と、また、一緒に。
嬉しさのあまりグニャ~~ンdash
もっと撫でて~~tulip
幸せ~。
Img_6277










遊んでもらって、撫でてもらって。
今日は、朝から、幸せなロイ。
帰宅してからも、上機嫌。
Img_6359













今日の陽気で、残っていたスノーグースの蕾も、殆ど咲いてしまいそうです。
後ろに見えている芽は、混植しているジャックマニー系のクレマチス、ピンクファンタジー。
株立ちになりやすいので、オベリスクの上から、枝垂れるような感じにしたいな、と計画中。
Img_6356






頑固な?アブラハム・ダービーの蕾です。
今日は、暖かくなるんだから、少しは開くよね。(つめより!)
あと二個ある蕾、咲くのかなぁ。
長く伸びたシュートの先についているので、待ちきれず、すっきりと剪定したくなるときもcoldsweats01
 
 

クリスマスローズのネクタリーが

Img_6236













今朝から、雨が降り出しています。
写真は、早朝の、降る直前に、川辺の遊歩道から。
この雨が、きっと芽吹きを促してくれるのでしょうね。
時が止まってしまったかのような緩やかな変化のベランダも、先日から弾みがついて、今日は、明日はと、ついつい眺めてしまいます。
Img_6216_2













昨日、久しぶりにクリスマスローズを覗き込んでみましたら、ん?
ダークネクタリーが、ないeye
ネクタリーが、やや筒状気味の小花弁になってる~happy02
アネモネ咲きというのでしょうか。
先日からの気温の上昇のせい??
Img_4027













こちらは、2月11日の写真。
ちょっと、光の加減で、発色が違うのですけれど。
セミダブルですけれど、こうしてみると、花弁の枚数も多い気も。
クリスマスローズが、こんな変化を遂げるとは、思ってもみませんでした。
こういうことも、魅力の一つなのですね、きっとshine
Img_6244










今朝は、暗くて、雨も降ってきたので、そそくさとお散歩を済ませて帰ってきたロイ。
公園は、春の匂いでいっぱいみたいで、最近、地面の匂い嗅ぎに余念がないんです。

   

気温が上昇!

Img_6093













昨日から今日、気温がグ~ンと上がりました。
温度の力は素晴らしくて、バラやクレマチスの芽が、いきなり伸びていました\(^o^)/
陽だまりのベランダで、感動のあまり見入っていたら、ブログアップ、遅れてしまいましてsweat01
写真は、ご近所で咲いていた桜。
花期と花色などから、カワヅザクラと思われるのですけれど…sweat02
春を感じます、うっとりcherryblossom
Img_6083










ぽちぽちと、雪柳も花が開いてきました。
春ですねconfident

Img_6119










今朝のロイ、疾走正面顔。
珍しく、お耳が垂れてます。
この茶色の地面が、緑に染まってくるのも、もうすぐでしょうか。
四月になったら、ロイの大親友の男の子が、転勤先から戻ってきます。
仔犬の時からの仲良し。
ロイ、嬉しいね。
Img_6148














クレマチス、インテグフォリア系アルバの展葉が始まりました。
つる性のクレマチスも、昨年植えつけたばかりの苗なのに、地中からも、たくさん芽が出始めて、ちょっと楽しみbud
Img_6177_2













淡いライムグリーンのプリムラマラコイディスのウィンティーも満開に。
そうそう、いつも我が家に居座っていたメジロさん、ご近所の梅が満開になり始めたら、ベランダ滞在時間が、短くなってきました。
蜜柑も、以前の勢いでは、減らなくなりました。
良いことなんですけれど、ちょっと、寂しいかな。
と言いながら、今、ベランダで遊んでおりますがcoldsweats01

ベランダの植物事情 2

Img_6025













今日から、随分、暖かくなるみたですね。
天気予報で、「今日は、コートのいらない陽気です」なんていわれると、夕方は冷え込むから、念のため冬に近いスタイルで、と思っていても、ちょっとひるんでしまいます(^^ゞ
今日の外出、勇気を奮って軽装かなぁ。

我が家のベランダからは、大きなメタセコイアと、ケヤキの木が見えます。
それらの木が芽吹き始めるのが、私の中での、春本格到来のイメージ。
今日の写真は、メタセコイアの方。
かなり大きいでしょう。
これが個人宅のお庭の木なんですsweat02
まだ、冬バージョンですね。
Img_6050













ベランダの陽だまりの中のスノーグース、ポチポチと芽吹いてきましたbud

Img_6073










咲いているのもあります。
ベランダに並んでいる大苗も、「割り箸のオブジェ」状態から変化しつつあるも、今年の私は、新緑の時期が、待ち切れない感じです。
新しいバラを、ベランダとしては、たくさん購入したんです。
早く、お花が見たい~happy02
Img_1964















冬に地上部がなくなるギボウシの見張り番に混植してあるプルモナリア。デビッドワード。
マーブル模様の美しい葉がでてきました。
これから春の終わりまでが、成長期。
Img_6014













だんだん、暖かくなって、ロイには、不向きな季節かな。
今日は、往く冬を惜しんで?思い切り走りました~。

ベランダの植物事情いろいろ

Img_5999













啓蟄も過ぎて、日に日に春らしくなりますね。
このトネリコは、大型の底面給水コンテナに植えてあるのですけれど、最近、どんどん水を欲しがるようになりました。
水位計が、あっという間に下がるのです。
活動を、開始してるのですね。
人間の私はといえば、春の装いは、まだちょっと寒いかなぁ~(^^ゞ
Img_5984_2 Img_5986






道端では、ホトケノザが元気良く繁茂し始めていました。
冬枯れの風景に少しずつ緑の色が加えられていくみたいですね。
公園につながる遊歩道のロイです。
後ろのグリーンは大株のローズマリーです。
クリックしていただくとわかるかな。
ここの遊歩道は、やたら巨大化したハーブの植え込みが多くて、お料理用に、少々戴いてもいいかしらん、と思ってしまうくらいsweat01
Img_1954















直径60センチ近い、大型のロゥボウルに植え込んでいるゼラニウムは、あふれんばかりになってきました。
バラの植え替え時にでた用土を再利用しているのですけれど、ゴージャスなバラの肥料分が、まだた~ぷりと残っていたと見えて、花茎の太さが、思い切りたくましいですcoldsweats01
ちなみに、こちらは、植えてまもないころの、10月22日の画像です。
こんな可愛かったのね。
は~、まだ、青々したベランダ。
Img_1957











クレマチス、フォステリー系のカートマニージョニーです。
昨年植えつけた、まだ小さな苗ですけれど、蕾がたくさんつきました。
白い小さな花が一面につく予定なんです(^^ゞ
Img_1971











この冬、一気に成長したエオニウム。
あまり寒さには強くないはずなのに、暖冬でもない今年の冬を、らくらく乗り切りました。
対して、耐寒性が0℃のコルディリネ・アイチアカが、二月の終わりの何度目かの零下の時に、突然、力尽きました。
生きているけど、葉が痛んだので、暖かくなったら、仕立て直しですweep
 

暖かな陽射しを感じて

Img_5913













陽射しが、朝でも強い暖かさを感じるようになりましたね。
お散歩の時も、すっかり明るくなりました。
ロイは、乾いた公園の枯れ草の中を、砂埃、枯れ草を舞い上げて走って、ご丁寧に、毎度、転げまわるので、あっという間に、薄黒い犬に変身です(+_+)
Img_5932_3













朝早いのに、今朝はお友達に会いましたnote
同じマンションの女の子です。
竹刀の素振りをするパパにお付き合いしていたみたいでした。
「こんなに朝早いのに、どうしたの?、会えて最高に嬉しいよ、遊んで~」
もう目がキラキラshine
耳が、感激のあまり垂れ下がってオリマス(^^ゞ
Img_5933_3 Img_5934






何やらお話中。
たくさん撫でてもらって、大満足。
幸せ犬に~heart04
Img_5947













陽射しが暖かさを増しみたい、と感じるのは、植物の方が、もちろん、早いですね。
写真は、今シーズンから、初めてトライするHTローズの「フレグラント・ヒル」です。
小振りな大苗でしたけれど、植えつけた当初から元気で、我が家のバラたちの中で、トップの勢いで、葉が展開しています。
寺西菊雄先生が作出なさったこのバラは、新潟県長岡市の国営越後丘陵公園で開催された、国際香りのばら新品種コンクールで金賞を受賞していますので、その香りが、今から楽しみ~shine
Img_5962










クレマチス、ジャックマニー系ルージュ・カーディナルです。
随分、芽が伸びてきましたbud
この陽気で、植物たちは、日ごとに変わっていって、ベランダを見て回るのが、楽しみに。
Img_5970_2










毎回、私に、まだかまだかと催促されているアブラハム・ダービーです。
心なしか、うなだれているようにも(^^ゞ
濃い緑の照り葉と、真っ赤なステムの対比が綺麗かな。         

早春のベランダから

Img_5866













みなさま、おはようございますnote
今朝も、パワフルに元気、上機嫌。
公園は、まだまだ冬枯れだけど、地面は暖かくなって、昨夜の雨で、なんだかしっとりしています。
Img_5859_2










遊歩道の芝の部分も、なんだか少し緑が見えてきました。
写真は、お散歩、スタートしたばかりのロイ。
冴えない表情(ーー;)
実は、昨日の夕方、小さい子供達と(特に)お母様方に、公園での疾走シーンを誉められて、すっかり上得意。
ご要望に応えて?、何度も走ったので、今朝はいつもより寝坊をして、珍しく寝起きの悪い顔してるんですcoldsweats01
「こんな顔、撮らないで」って感じです。
Img_5877













ゼラニウムのコンテナは、緑のグラデーションの爆発みたいになってきました(^^ゞ
特に、濃いピンクのゼラニウムは、朱赤のものより、葉も大きく育ち寒さに強い気がいたします。
Img_5888













初登場?、大型コンテナに移植予定、スリット鉢に仮植えされているERのシスター・エリザベスです。
細い枝振りなのに、やたら元気。
最近の暖かさで、グ~ンと伸びてきました。
Img_5883 Img_5898






たくさん咲いてくれているクリスマスローズ。
そして、道路に脱出をはかっている、アブラハム・ダービーの蕾の一つ。
咲いたら、どこに脱出してしてもいいよん(^^ゞ
アブラハム・ダービー、昨年、大型コンテナ(直径55センチ)に移したのですけれど、今年は、どんな風に咲いてくれるか、期待と不安なんです。

桃の節句に 2

Img_5812













暖かな陽射しのある日が続いています。
写真は、川沿いの遊歩道の桜の芽。
これからは、開花の待ち遠しい季節になりますね。
Img_5806










春の初めの地面は、色々な匂いがするらしくて、最近のロイは、匂いかぎに余念がありません(^^ゞ
どうも、お尻の登場が多いですね。
Img_5837 Img_5850






なかなか緩んでこないなぁ~。
頑固~(;一_一)
アブラハム・ダービーの蕾です。
早々咲いて、ブログネタに、貢献していただきたいところなのですけれどcoldsweats01
お隣は、アイビーの寄せ植え。
繊細な性質の、北米やイギリスのアイビーですが、こちらも無事冬を越えて、成長開始です。
今年は、コンテナの整理も兼ねて、トネリコの足元に植え替えの予定なんです。
Img_1929















昨日は、親しくさせていただいる、サロンをかねたセレクトショップのオーナーからお招きを戴いて、楽しいおひな祭りパーティー。
ブルームーン、ジュリアなどの、大きな盛り花越しにお雛様を。
サロンは、たくさんのお花で飾られて、馥郁とした香りでいっぱい。
Img_1938















「お酒はたくさん用意していますから、遠慮なさらないでね」、な~んて嬉しいお言葉に甘えさせていただいて、シャンパン、白ワイン、吟醸酒、そして白酒等など…wine
最初にいただいたビンテージシャンパンは、な、なんと1988年のもの。
琥珀色の液体と、細かい泡、なんともいえない香りが、私をひととき夢の世界へ~happy02

写真のアレンジの紫色の花、これスイートピーなんです。
とても深い、ビロードのような紫で。
今は、こんな色も、あるんですね。
あまり色が出ていなにのですけれど、トーンを落とした感じのバラも素敵でした。
お花は、他にもたくさん飾ってあるのですけれど、この辺で。
Img_1936











用意をしている時の写真を、少しだけ。
大好きな、西麻布の梅好さんの散らし寿司をいただきながら、気のおけない素敵な方々とのおしゃべりはいつまでも続いて。
時の経つのを忘れる、素敵なひとときでした。
F・Oさま、本当に、ありがとうございました。
忘れられない時間になりました。

追記、画像掲載は、オーナーの方の許可を戴いております。

桃の節句に

Img_5724













今日は、桃の節句ですね。
夜明け、随分、早くなってきました。
今日は、いつも素敵な服を作ったり、選んでくださるサロンのマダムからのお誘いで、お雛祭りパーティーへ。
もう70歳は過ぎていらしゃるのに、魅力的で優雅でいらして、こんな風に年齢を重ねたいと、思ってしまうような方なんです。
Img_5804_2Img_5726_2






まずは、花より団子で、鶯餅と桜餅(道明寺)を(^^ゞ
昨日の、食料品買出しの際、あまりに美味しそうで、ついフラフラと、吸い寄せられるように…dash
お隣は、朝のお散歩コースでの、満開の梅。
旧暦でお祝いしないと、さすがに自然で咲く桃は、無理ですね~。
Img_5746













寒かった冬を表しているような、赤く染まったゼラニウムの葉。
もう、葉全体が真っ赤なものも。
ここまで染まった年は、初めてです。
Img_5742










美しいリーフの代表かな、ブルネラ・ジャックフロストです。
ブルネラやヒューケラ、それに小花のつく自然風の雰囲気の植物は、ある程度大株になってこそ、その取り合わせの魅力が伝わるのですけれど、ベランダのコンテナ栽培では、なかなかそれが叶わないのが、残念です。
Img_5745










プルモナリア・ダイアナクレア、暖かくなってきたら、俄然、大きくなり始めました。
夏越しが苦しそうで、息も絶え絶えという感じですが。
奥には、ギボウシが植えてあるのですけれど、これがなぜか、ウチのベランダでは、全く大きくなりません。
乾燥気味のベランダは、合わない感じで。
諦めきれずに、何度もトライしています。今年は、少しは大きくなってくれないかなぁ~。
Img_5731_2










今日は、また、小さいサイズのロイ。
何か、春の香りがしたのかな。
今年も、たくさんお花見に行こうね。       

早春の有栖川公園と

Img_1902















三月に入って、昨日、今日と、暖かい日が続いている東京ですsun
写真は、広尾駅徒歩2分ほどの場所にある有栖川公園の様子です。
梅は満開でしたけれど、まだまだ冬枯れの雰囲気。
六本木ヒルズからも徒歩圏内、でも都心の喧騒を忘れてしまうようなこの辺りは、好きな場所です。
写真、左手奥木立の向こうの建物はドイツ大使館かな。
各国の大使館、駐在員の多いこの界隈、大袈裟でなく歩く人の3分の1か、もしかしたら半分近くは、外国の方です。
習い事の関係で、よく通る場所。もう何年になるでしょうか。
Img_1890















ここだけ見ていると、どこかの雑木林に紛れ込んでしまったような錯覚がおきます。
この公園を、季節ごとに定点観測をしてみようと思いました。
公園のお隣が、秋篠宮妃のご出産で、よく報道されていた病院です。
大使館が多いせいか、また時節柄、大型一眼レフなどでの撮影は、速攻、警察の方が走ってくる雰囲気で、ためらわれます。
個人宅でも警備の方が常駐しているお宅もcoldsweats01
国賓来日で警備が厳しいときなど、髭面の知り合いのシェフなどは、不審者と間違われました(^^ゞ
(ここでお店を開いているのにsweat02
Img_1879











昨日は、最近、すかりお気に入りになっている、上の有栖川公園にもほど近い、元麻布のレストランで、お友達二人とランチ。
このところ、こんな楽しい機会が続いていて、嬉しい~happy02
皆、ワーキングマザーだったり、お子さんが小さかったりで、なかなか大変。
でも、私以外は、皆様、ここからすぐのところにお住まい、いいなぁ~shine
Img_5689













今朝のロイです。
公園で、大好きなお友達と一緒になりました。
早朝だとみんなに会えないけれど、だから日曜日は好きさ、という感じで。
すっかり一体化。
お互い話す言葉は違うのに、子供達とロイは、何やらいつも分かり合っている感じです。
「ふ~ん、ねえねえ、それで…」
Img_5695 Img_5696






嬉しくなると、これが出ちゃいます。
「わ~、ロイのネコ踊り~!」
毎度、子供達の歓声note
砂を払って。
おうちに帰ったら、また、お風呂場直行だね。
Img_5705













ミニオベリスクのコーネリア越しに見るゼラニウム。
コーネリアは、ついに、この青々とした葉のまま、冬を越してしまいましたsweat01
一緒に植えてある、テキセンシス系のクレマチス、プリンセス・ダイアナも、葉をつけたまま越冬完遂。
暖冬でもなかったのに、驚き。
Img_5708 Img_5717






プリムラマラコイディスのウィンティーは、僅かに香りを漂わせるようになりました。
アブラハム・ダービー、あと少し、気温が高い日が続いてくれれば、開き始めそう。 

今日から三月♪

Img_5656a













今日から、暦上は、いよいよ春の三月。
特別変わったことはなくても、なんだか心が弾みます~shine
おぎはら植物園さんからは、春のカタログが届いていましたclover
今年は、新しい品種のブルネラを、買おうかな~note

最近、ベランダは、なんだかメジロさんのテリトリーと化して、ガラス戸を開けるのにも、お伺いをたてるような雰囲気。
写真をとっているのに、すぐそばの物干しポールに留まって、いかにも「邪魔だな~」という顔をしているメジロさんです。
Img_5661_2






















スノーグースが、随分、咲いてきました。
この淡いピンク、なんだか早春のイメージhappy02
今年の春から、初めての本格的な開花待ちなのですけれど、この可憐な感じに、もう一株くらい欲しいかな、と。
とりあえず、今年どれくらいベランダで咲いてくれるか、期待~。
Img_1869















斑入りのニゲルの小さな株。
根元に、新しい葉が伸びてくる兆候が~note
葉物好きの私としては、大きくなるのを楽しみにしているクリスマスローズ。
花は、わずかな期間で終わってしまうけれど、葉は通年楽しませてくれるんです。
Img_1875_2













 

昨日は、お友達のおうちで、ワイン、シャンパン&ランチrestaurant
楽しくて、美味しくて~。
お料理は、都心のレストランからの取り寄せ。
鴨のコンフィ、玉ねぎのキッシュ、リエット、お魚のムース等など。
用意してくださったチーズ各種、マリネ。
ひととき、浮世の憂さを忘れて?、食べてしゃべって。
パワー充填~punch
Img_5638_2










ロイ、元気だね。
昨日は、お留守番、ありがとう。
でも、今日も、お友達と、ランチだったりする私coldsweats01
体重、赤信号かな…。
美味しいものの前では、理性なんて~。
いってまいります。 

   

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!