« 早春の、小さなお花達 | トップページ | 春のハイキング ロイと少年達の冒険編 »

ケヤキが芽吹き始めて

Img_8215













朝は、あまり陽射しがなかったけれど、お昼も近くなった今は、柔らかな陽射しが降り注ぐようになりました。
公園のケヤキ(右側の木)は、まだ僅かな芽吹きだけど。
Img_8231













ベランダから見える剪定の入らない、自然樹形のこのケヤキは、もう新緑が見え始めました。
この木の左上に見える、枝の中ほどについた黒っぽい点のようなものが、おわかりにでしょうか。
これ、結構大きな鳥の巣なんですchick
冬、葉を落とした時にだけ見える、なかなか立派な鳥さんのおうちです。
なんていう鳥さんのご自宅かは、わからないのですがsweat02
Img_8242_3













久しぶりの登場のジュビリー・セブレーション。
これも、年明けまで咲かせていたのですけれど、元気に繁ってきました。
今年も、頑張ってね。
必ずや、たくさん咲くようにpunch(と、プレッシャーを、かけたりcoldsweats01
Img_8261










ニューフェイスの斑入りのオダマキも順調に活着したような。
夏に強いとはいえないし、乾燥にも弱そうだけど、このベランダで、どうなるかな(^^ゞ
温暖化のせいか、昨今の課題は夏越しですね。
Img_8264










枝垂れモミジも、ようやく葉が顔を覗かせはじめました。
落葉樹は、葉を落としてしまうと、本当に冬枯れ~。
Img_8174










ちょっと、枯葉が残ってますねsweat01
我が家のギボウシのなかでは、比較的生育のいいスピルトゥ・ミルクです。
割りに新しい品種。
このブログを書いている時、ナーサリーから、注文しておいた苗が届きました。
ベランダも、少しバラ以外の新顔が、増えてきています。

« 早春の、小さなお花達 | トップページ | 春のハイキング ロイと少年達の冒険編 »

その他の植物」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissi様、こんばんは。


ケヤキの木、F市の並木道を思い出します。懐かしいです。

東京は意外に緑が多く馴染みやすい土地でした。
都会人ほど、緑を求めてる気がします。


スビルトゥ・ミルクの芽が可愛いらしいです。
立派に育ってほしいと私も願ってしまいます。


今日は教えとコンテンポラリーワークショップで一日踊ってました。

やはり、名古屋は芸どころかなと感じます。


マダム世代の方達のやる気には毎回圧倒されますが既にバーレッスンで、かなり盛り上がる皆さんに感謝してます。

堂々としたケヤキですね。この樹の芽吹きが好きです。
乗り降りする駅の広場にも植えてありますが、樹によって芽吹きが遅かったりするのがあって面白いですよ。
枝垂れモミジももう少しすると、葉が開いて、紅葉と違ったモミジの魅力があります。
ジュビリー・セブレーションも沢山の花を咲かせるようで楽しみです。

ケヤキも好きな樹木で大らかさや伸びやかさを感じられて
見上げると背筋まで伸びるように思います。
鳥さん いいところに巣をかけましたね。
さぞかし絶景でしょう。

斑入りのオダマキはもう咲いているのですね。早くないですか?
わたしも大好きな花ですがピンクと紫以外もあるのでしょうか?

ギボウシの成長過程はとても楽しみです。ぜひ見せてくださいね。

sissiさん、こんにちは。
ちょっと風邪を引いたり、バタバタして、なかなかおじゃますることが出来ませんでした。
申し訳ありません。

この大きなケヤキは、以前にも見せていただいた木ですよね。
今、新芽の出る時期で、とても綺麗ですね。
鳥の巣もあるのですね。
この立派なケヤキに守られて、どんな鳥さんが巣を作っているのでしょう。
見てみたい気がしますね。
sissiさんのベランダも、春の芽吹きがいっぱいで、毎日がお楽しみですね。

ところで、以前の桜並木の街ですが、K市だったのですね。
似ているなと思いました。
実は、わたしはK市に住んでいたのですよ。
3箇所のうちの1箇所です。
並木道、見せていただいて、とっても嬉しいです。
ありがとうございました。

バレエインペリアル さま。
こんばんは、お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

F市のケヤキもいいですね~。
東京は、意外に緑が多いですよね。

昨日は、お疲れ様でした。
インペリアルさまのスタジオは、熱心な方が多くて、盛り上がっていらっしゃるんですね。
先生の(インペリアル様の)熱意が、生徒さんたちに伝わるのだと思います。
私も、一度、レッスン、受けてみたいな。

バロック さま。
お返事が、遅くなりまして、失礼をいたしました。
バロックさまも、ケヤキがお好きなのですね。
芽吹きの柔らかな魅力、伸びやかな樹形の美しさ、本当に、素敵な木だと、私も思います。

枝垂れモミジの芽吹きが、今日あたりから顕著でした。
ジュビリーに期待しているんですけれど。
今年は、うまく夏越し出来たらいいなと、思っています。

shizumama さま。
ケヤキ、本当に、素敵な木で、私も大好きです。
おしゃられる通り、あの伸びやかな樹形が、心まで晴れ晴れとさせてくれますね。
そうそう結構、大きな巣で、なかなかの豪邸なんです。
あのケヤキの後ろは、すぐに駅なので、眺めと利便性に富んだ一等地の?(笑)、巣ですよね。

オダマキは、日本に自生する、山野草として好まれている、ミヤマオダマキと、ヨーロッパ原産の園芸種が多いセイヨウオダマキに分かれるみたいですね。

セイヨウオダマキは、赤に黄色とか、黒に近い紫とか、バラエティーに富んでいて、華やかです。
こっちの方が、丈夫だそうですよ。

日本のミヤマオダマキのグループは、可憐な感じがしますよね。
私も普通にオダマキというと、やはりこちらのイメージがあります。

斑入りのオダマキ。これ、開花株を購入したので早いんですcoldsweats01
ごめんなさい、自然開花ではないと思いますsweat01

ギボウシは、現在、三種類植えてあります。
うち、一種類は、僅かながら、地上部を残して、休眠しないで、今年の冬を乗り切ってしまいました。
ギボウシ、これからも、随時、アップしていきますね。

みー さま。
お風邪、大丈夫ですか。
色々、大変でいらしたので、お疲れでいらっしゃることと、お察しします。
そして、お気遣い、ありがとうございます。

ケヤキ、立派なんです。
公共の土地に植えてあるわけではないので、伸びやかな自然樹形が気に入っています。
このケヤキの向こうは、すぐ駅でして。
ベランダからの、ローケーションは良いとはいえないのですけれど、このケヤキのおかげで、随分、季節が感じられる景観になってくれています。
鳥さんの巣、子育て期になると、豊かな葉っぱに守られて、見えないのが、私も、ちょっと残念なんです(^^ゞ

わ~、みーさん、K市にお住まいだったのですねnote
12月5日にアップしている「リーフシャワーの街へ」の紅葉は、K市なんですよ。
ここで、私は、買出しと、習い事をしてるんです。
みーさんと一緒に歩いて、思い出話を伺ってみたいわ~。
これからも、ちょくちょくアップしていきますねhappy01


またまた、おじゃまします。
「リーフシャワーの街へ」見せていただきました~♪
そうそう!
K市は、春は桜、秋はイチョウがとっても素晴らしい街ですよね。
○十年ぶりに見せていただいて、感激です♪
懐かしいなぁ・・・。
sissiさんは、この街で、お買い物や習い事をされているのですね。
○十年前とは、街もすっかり変わったことと思いますが、並木道の木々は変わりませんね。
また、見せていただくのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

みー さま。
早速、見てくださったのですねhappy01
素敵な、感想を、ありがとうございます。
学生時代をすごした街って、特別な思いがありますよね。
私と夫は、学生時代に知り合ったんので、当時、二人が住んでいた街の話題になると、ひどく懐かしくなり、盛り上がります(^^ゞ
みーさんがお住まいだったK市、建物は変わっても、樹木などはそのまま…、植物って、いいですね。
この街には、週に3回くらいは来ています。
こんどは、街の裏通りなんかも、アップしてみますね。
そういえば、みーさんのいらした頃、「ブランコ通り」なんて名称の路地、ありましたか?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春の、小さなお花達 | トップページ | 春のハイキング ロイと少年達の冒険編 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!