« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

「昭和の日」の一日

Img_0266













今日の東京は、夏日のなる予定だそうです。
久しぶりに、朝から陽射しがsun
ご近所の梅の木、こんなに大きな実がなっていました。
この爽やかなグリーン、なんだかもう初夏の気分になりますね。
Img_0281_2













何がなんだかわからない画像になってしまっていますがsweat02、ベランダを引いて撮ってみました。
この画面手前には、大きなトネリコの木があります。
ベランダの全長は、7.8メートルほど、右手のガラス戸は、奥から手前まで、すべてリビングに面しております。
だんだん通路が狭くなって、痩せないと通れないかも…coldsweats01
Img_2620















昨日は、ロイと行ったことのない公園に遠出のお散歩。
外出好きのロイ、いそいそ車に乗り込みます。

ここは、水が豊かな都立の公園。
澄んだ水をたたえた、でもぬるりとして有機質の豊富そうな大きな池がありました。
蛙の鳴き声が、あちらこちらから。
子供達は、みんな網をもってオタマジャクシ取り(^^ゞ
Img_0174










足元は湿地になっています。
こんな風に、板を渡した通路を歩いていきました。
ロイ、落っこちないでね。(実は、はしゃぎすきて、落っこちました(;一_一))
Img_0185










釣れたかなhappy01
ザリガニ釣りをやっていました。
Img_0193













鬱蒼とした林の中では、キツツキのトトトトトッという音が響きます。
Img_0195










おお、ウルイ、ならぬ野生のギボウシ。
新緑の林は、ひんやりとした空気。
Img_2656















頂上は、こんな広場になっていました。
気分は、北海道の高原の佇むロイです。
Img_0234













帰り道は、竹林の中を通って。
育ち過ぎた竹の子~happy02
こうして竹林って出来ていくのですね。
こんな風景は、初めて見ました。
巨大竹の子の林、違うってヽ(^o^)丿
Img_2681











関東たんぽぽがたくさん咲いていました。
小さなバッタが一休み中(^^)
Img_2601a















帰りは、ホームセンターに寄って、園芸用品のお買い物。
ロイは、どこでも毎度嬉しそうについて来て上機嫌。
初めてカートに乗ったとき、自分が歩かなくても、回りの景色が流れるのが不思議だったみたいで。
カートの中で、足踏みしていました(笑)

今日は、これからベランダでお水やりで~す。

ベランダの働き者、ゼラニウム

Img_0064













昨日から天気予報を見て、今日こそは、朝から快晴sunを期待して、五時起きしたのに、相変わらずの曇り空~。
でも、鳥のさえずりが賑やかです。
Img_0070










ロイは、ひんやりした空気がお好み。
バラは、蕾が緩み始めたものの、やっぱり停滞中でした。
今日は、「咲いてるhappy02」という感動の朝を期待したのですけれど…。
Img_0096













我が家のベランダで、最も働き者の植物、それはゼラニウム(ゾーナルゼラニウム)。
樹木、葉物、バラがメインのベランダ、バラ以外の花は、あまり主張の強くないものに決めているのですが、例外は、このゼラニウムです。
逆光なので、綺麗に撮れなくて、ゼラニウムさんに申し訳ないのですが。

狭い空間のベランダで、バラの咲いていない緑一色の時期の、さし色の役割をになっています。
真冬も咲き続けるツワモノ。
手前のバラは、レディ・エマ・ハミルトンです。
Img_0087













直径60センチほどのローボウルに変り葉のものを混植して。
この大きなローボウル、テラコッタのように見えますが、実は、本物そっくりの樹脂製coldsweats01
ベランダは、やはり重量が気になるところです。
私の住む東京郊外のこの街は、地植えのゼラニウムでも、通年咲いています。
拙ベランダは…、真夏は、さすがに青息吐息の風情(^^ゞ
Img_0144













ちょっと暗く写ってしまいましたけれど。
枝垂れモミジの葉がフルオープン。
柔らかな葉が心地よい、ベランダの癒しの樹木かな。
華やかなバラの時期も待ち遠しいのですが、こういうしっとりとした空間を作ってくれる植物も大好きです。   

クレマチスが咲き始めて パトリオットの危機

Img_0021













天気予報では、東京は、ゴールデンウィーク中は、天気が良くて、夏日の日もあり、というとのこと、いきなり初夏の陽気がやってくるようです。
今朝のロイです。
今日も、パワフルなスタートnote
Img_0027













クレマチスの一番花。
「おお、咲いた!」と思ったのも束の間。
ん、予定していた花の色と違うわsweat02sweat02
もっと薄い、くすんだ紅色の予定だったので。
ここには、三種類植え込んでいるので、もしかして、ビチセラ系のキエブの方かな、と。
ちょっと色合わせの予定が、計算違いかもcoldsweats01
とりあえず、咲いてくれたので、良しとしましょうか~。
Img_0053













ジャングルになってしまったお恥ずかしい、フォリッジコンテナです。
真上から撮っているので、ますますジャングル化が強調されてオリマス。
このコンテナ、奥行き30センチあるのですが、今年、プルモナリア・ダイアナクレアが大成長(ーー;)
気温の低い時期が長かったからでしょうか。
以前までは、奥のコーナーの一角に植えられて、なかなか大きくならなかったのに。
そして…、プルモナリアの真ん中に、ちょっと違う斑入りの葉があえいでいるの、確認できますでしょうか(;一_一)
やっとこ出てきたギボウシのパトリオットです。
やはり、これは、プルモナリアの葉をカットするしかないみたいで。
プルモナリアは、ベランダでは、夏になれば小型化してしまうのですが、それでも、パトリオットの危機かもsweat01
Img_0039_2













気温の低い日が続いて、バラの蕾は、停滞気味。
咲くことに、エネルギーを回さなくてもよさそうと思ったのか、奥のオベリスクのアブラハム・ダービーは、下からシュートが二本も伸びてきました。
Img_0023













フレグラント・ヒルもこのままでストップ。
陽射しを待っています。
   

ご近所のど根性バラ

Img_9920













我が家の近くには、こんなところでよくもまぁ咲いて、と感動してしまう、ど根性バラのある場所が、二ヶ所ほどあります。
今日は、とりわけ根性のあるバラの一ヶ所の方を、ご紹介したいと思います。

今朝の写真です。
大きな花や蕾を、たわわに付けているこのバラ、品種名を、私は同定できないのですけれど、おわかりの方がいらしたら、教えていただけますでしょうか。
毎年、たくさんの花を咲かせています。
何もされてないはずなのに、ウドンコなど全く見えませんcoldsweats01
Img_9910













少し引いた写真です。
植えられている場所は、斜面の土地で、左側の水色のネットフェンスのお宅と、右側のちらりと見える白いフェンスの土地は、高低差3メートル近くはあるでしょうか。
右側は病院なのですが、バラは、どちらの所有かわからない間の場所に植えてあります。
Img_9930_2























道路から、身を乗り出して望遠で撮っているのですが(^^ゞ
株元は、まさにバラは《木》、であることを納得してしまう迫力のある様子sweat02
写真では、なかなか伝えきれないのが残念です。
植えてある地面は、固そうな砂利の土地で、雑草すらまばらにしか生えていません。
方角は、左の個人宅を基準に東側になるでしょうか。
この写真には写っていないのですが、手前には、カクテルかな、と思われるバラも咲いてます。

それにしても、ベランダで、バイ○ゴールドの高価なバラの肥料をあげ、時に元気のない時はバ○タルを奮発して、まさに「咲いて頂く」といった、下にもおかないもてなしぶりの我が家のバラに較べて、なんと健気なことでしょうか(ーー;)
バラって、丈夫なのですね。
Img_9905_2










左側のお宅の垣根に咲いていたモッコウバラです。
毎年、楽しみに見ています。
Img_9952_2










今朝のロイです。
階段を昇れば、光あふれる原っぱの公園。
緑が、本当に綺麗な季節ですね。

新緑の季節に、花を待ちながら

Img_2553















晴れの日が続かない東京です。
昨日は、いつも食料買出しや習い事で足を伸ばす街の新緑の様子を、カメラに収めてみました。
下は、四月一日の様子、すっかり緑が豊かになりましたshine
青空ではないのが、ちょっと残念。
大きく縦長の樹形は、イチョウです。
Img_2327















この頃は、まだ裸のままですね。
イチョウやケヤキの緑が揃うと、初夏も近づく雰囲気なのですけれど。
今年は、すっきり晴れた日に恵まれなくて、半袖の登場もまだなんです。
Img_9876










昨日、陽射しが少しあったので、開きはじめるかな、と期待したのですけれど、停滞中のフレグラント・ヒルです。
待機が長いせいか、花弁の外側が、緑がかってきてしまいました、とほほ…。
でも、ちらりと見えるピンクがエレガントな色~happy02
は~、待ち遠しいdash
Img_9890_2













こちらは、優美な曲線を描くクレマチス、ジャックマニー系ルーシーの蕾です。
今年から初トライ。
アンティークな色合いの花が咲く予定なんです。
でも、なにより、この優しげな草姿を、すっかり気に入ってしまいました。
なんだか女性的confident
Img_9891













こちらは、お隣のロコーコラ。
最初から、ぐんぐん、めきめきパワフルなクレマチス。
あとひといきで、クレマチスも、どれかは、開き始めそうです。
お日様の光、早く~~。
Img_2574











昨日の夕方は、お散歩には心地よい陽気でしたhappy01
ロイも、思わず芝生の上でごろごろ。
どちらが頭か、わかんないですね(^^ゞ
Img_2576











お友達とも、たくさん駆けっこをしました。
お友達のママにも、たくさん撫でてもらいました。
おかげさまで上機嫌のロイでした。
Img_2585a


















この日は、優しい女の子のお友達が、たくさんいました。
帰宅して、体と足を拭いてもらって、ブラッシング。
ハウスでまどろんでるロイ、幸せそうでした(^^)       

昨日の突風で

Img_9774













公園も、緑の芝に覆われてきて、初夏がすぐにもやってきそうな気もするのですが…。
昨日の東京は風が強くて、マンション6階の我が家は、時折り吹く突風で、対応におおわらわでしたtyphoon
Img_9817













初登場になるのかな、アラン・ティッチマーシュです。
強風のため、下へ。
Img_9824













オベリスクのアブラハム・ダービーは、長くて太いシュートには、ご覧のように紐を。
あ、葉っぱにちょっとウドンコが~sweat01
今年は、ちょこちょこ発生している我が家。
HTのフレグラント・ヒルがかかりやすいので、影響しているのかなぁ。

その他、下に降ろすスペースの取れないコンテナは、室内に避難。
写真、撮っておけばよかったのですが。
そうこう作業に追われているときに、ふと、見ると…。
大きな蕾のついたレディ・オブ・メギンチのシュートが、強風にあおられ、折れてプラ~ンweep
え~、大ショック。
Img_9799













気をとりなおして、と。
ちょっと濃いピンクが見えてきた、シャンテ・ロゼ・ミサトです。
すくすく大きくなって、今のところ、優等生。
さて、これからお水やりと点検を兼ねてベランダへ。   

緑の美しい季節ですね

Img_9762













晴れの日が続きませんね。
今日も雨になるようです。
でも、街は新緑の季節、緑がとっても綺麗です。
ベランダから見えるメタセコイアも、この通り、なんだか嬉しくなってきます。
Img_9730













遊歩道に、こぼれ種で咲いているポピーをバックに。
四月も、終わりに近づいてきましたね。
Img_9744










今朝は、《緑》シリーズ。
曇っているせいか、綺麗に写ります。
これは、オリーブの花の蕾。
品種は、ネバディロ・ブロンコ。
花粉のとっても多い品種です。
Img_9747













英国や北米で作出された、一般には、流通していないアイビーの寄せ植え。
お隣は、クレマチス、ロコーコラ。
この品種は、殆ど日照のないベランダ壁際でも、たくさんの蕾をあげる優秀選手。
ツルも、すごい勢いででます。
ピンチをあまりしなくても、自分で勝手に分岐してくれる手間いらずcoldsweats01
Img_9741













花が一段落した、名無しのオダマキ。
日照が、殆どない場所のせいか、せっかくの斑が、ぼやけてきたように思えます。
今年は、冷涼な時期が長いせいか、虫も少なく、プルモナリアやブルネラがよく成長しています。   

蕾を見つめて

Img_9686













東京は、昨日からやっと陽射しに恵まれました。
こうなると、開きそうなバラの蕾から目が離せなくなります。

公園のハナミズキが満開です。
白いお花のも、素敵ですね。
Img_9665a











ご近所のネコちゃん、川辺の土手で一仕事を済ませたみたいで、よいしょっとdash
クリックしてご覧いただくと、ピーンと伸びた、後足がなんだかカワイイんです。
Img_9676










で、ロイも、公園に通じる階段を、どっこいしょ。
ロイ、夏に向けて体重を少し落としている最中です。
暑さに弱いコーギーは、夏は、体脂肪を少し落としてあげないと、辛いのです。
ロイの体重は、いつもすぐ落ちるのに、私は…coldsweats01 沈黙。
Img_9695













昨日の暖かさで、ちょっと開いたかな、なんて期待して外出先から飛んで帰ってきたのに。
し~ん、朝と殆ど変わらなくてthink
ちょっとぐらい、開くそぶりを見せてくれてもいいのに~sweat01
Img_9714













アブラハム・ダービーも、あと一息。
ダービーは、この蕾だけが、やたら先行しています。
他のは、緑のまま。
Img_9704













クレマチス、カートマニー・ジョニーをまた。
遠目にみていると、葉っぱが見えなくて、白一色。
ぎっしりと咲いています。
花もちもよくて。
ライムグリーンのニュアンスが消えて、開き切ると、花弁が少し、細長くなるみたいです。
白いお花の魅力を、最近、再認識しています。

   

多肉植物の寄せ植えを

Img_9589













うっすらと青空が見える朝でした。
ひんやりとして、病害虫の少ないこの温度帯、好きなんですけれど。
さすがに陽射しが恋しくなってきました。
Img_9609













一年間、買った時のままのプラ鉢生活に甘んじていたブラック・エオニウムは、ついに多肉の寄せ植えのメインになりましたshine
多肉植物の寄せ植え、初めてで、何を、どんな風に合わせればいいのかも、漠然としていたのですが、まぁ、面白そうな感じのを、適当に。
一応、奥峰子先生の「多肉植物で楽しむタペストリーガーデン」なんて著作を、以前から読んで、ざっと勉強はしていたのですがcoldsweats01
まだ、顔と名前が一致しないので、名札を付けたままにしております。
うまく育つといいのですが…think
Img_9643













気温の低い日が続いても、ベランダは、ぐんぐん育つ植物で、今年もジャングルに。
でも、そろそろ拙ベランダも、一番花の華やかな話題の欲しいところです。
ただいま、スリット鉢で、大型コンテナ行きのバラを育成中。
Img_9656













バラに較べると、ひっそりしておりますが(^^ゞ
Polemonium reptans 'Stairway to Heaven'のペールブルーの花が咲いています。
カタカナで書くの、さすがにめげてきまして、今朝は、アルファベットで。
寄せ植えの一部なのですが、ナーサリーから到着したのが、あまりに小さな苗だったので、見栄えが良くなるの、来年でしょうか。

このブログ書いている最中、少し陽射しが出てきましたhappy01   

公園での出来事 遺跡発見?

Img_9543













おはようございます。
なかなか青空に恵まれませんね。
今朝は、いつもの公園で、不思議な物を、見つけました。ロイ談
Img_9548_2










ん?、これは何?、ストーンサークル?
まさか(^^ゞ
ロイ、検分に余念がありません。
Img_9549_2










むむむ、チェックチェック。

公園の原っぱに、まるで遺跡のように石が並んでいました。
Img_9550










子供達の、ユーモラスないたずらでしょうか(^^)
ロイは、気になって仕方がないようです。
ひとつひとつ、丁寧に調べていきます。
大好きな子供達の匂いが残っているのかな。
Img_9551










とうとう最後まで、検分。
お疲れ様~、ロイ、どうだった?

この、街の子供達は、外で遊ぶのが大好き。
ゲームでさえも、公園のベンチで楽しんでいます。
石を並べて、どんな遊びを考え出したのでしょうか。
Img_9554













今日のベランダです。
ガーデンピックに誘引しているクレマチスは、もう収拾がつかないくらいなってきました。
ちょっと誘引をさぼると大変sweat01
Img_9553










フレグラント・ヒルは、あと一息のところで停滞。
焦らされております(^^ゞ
Img_9571













ホスタ、グレートエクスペクテイションズの葉も大きくなってきて。
目指せ大株なのですが、ホスタとは、相性の悪い私です(ーー;)
混植してあるのは、成長著しいプルモナリア・デビッドワード。
お隣は、マーガレット・チェルシーガール。
買ってきた時のプラ鉢のままですがcoldsweats01

   

ハート型のオリーブの葉を見つけて♪

Img_9451_2













今日も曇り空。
なんだか、はっきりしないお天気ですね。
バラの蕾も停滞していますけれど、ご近所の八重桜は満開。
ぎっしりと花がついていましたnote
これでバックが青空だったらよかったのにな。
Img_9463










肌寒くても、季節は春、ロイは、昨日、獣医さんのところで、予防接種と健康診断を受けました。
(ロイ、いい子ねって言われたくって、必死でおりこうにしていました。プッdash
血液検査、予防接種、フィラリアやノミ・ダニよけのフロントライン等など、この時期の出費、ちょっと辛いんです。
でも獣医さんのところに、「人間にとっては一年に一度でも、犬にとっては七年に一度なんです」というようなポスターが貼ってあって。
これを読んだ時、ジーンとなってしまいweep、毎年、必ず受けさせようと思いました。
Img_9484_2













赤花のツボサンゴの色が綺麗です。
今年は、たくさん花茎があがりました。
バックに、満開のカートマニー・ジョニーを背負って(^^ゞ
Img_9486













四葉のクローバーを見つけるように、オリーブには、時々こうしたハート型の葉が出ます。
なんだか良いことがありそうな気がするんです(^^)
Img_9510a














すっかり葉が開いた枝垂れモミジ。
我が家のは、この若葉の時期だけが、薄紅色なんです。
お隣は、わさわさ繁ってるクリスマスローズの葉sweat02
Img_9518













マーガレット・チェルシーガールです。
昨日購入した新入りさん。
このシルバーグレイの葉が素敵で、以前から欲しいと思っていました。
バラが増えてきたのと、ゼラニウムが鮮やかな色なので、ベランダ後方に置く花は、あまり主張の強くないものにしています。
右側の大きな葉はクリスマスローズ。
なんだか、マーガレットが可憐に見えますね(^^ゞ
Img_9506










これも新入りの、ポレモニウム・ブリーズドアンジェ。
空色の可憐な花が咲きます。(予定sweat02
「天使のため息?」になるのでしょうか。
ポレモニウム、品種名が毎度大仰ですcoldsweats01
以前購入した品種名は、「ステアウェイトゥへブン」、「天国への階段」ってとこでしょうか(^^ゞ
左側の銀色の葉は、ブルネラ・ルッキンググラス
Img_2539















写真は、神楽坂のセッションハウス。
昨日は、いつもブログにコメントをしてくれる友人、バレエインペリアルさんの、コンテンポラリーの舞台を観にいきました。
コンドルズと競演したり、頑張っている友人。
東京から引っ越してから、なかなか会えなかったので、本当に懐かしかったです。
プロの迫力。ダンサーって、美しいですね。
私も、努力しようと思いました~。

雨模様の合間に

Img_9406













四月も半ば過ぎとは、思えないお天気が続きますね。
半袖でもいいかなという時もあったのに、最近は、薄手のセーターなんかが欲しくなる私です。

そんな中でも、季節は進んで行っているみたいですね。
川辺の遊歩道も、すっかり葉桜です。
この雨は、木々の芽吹きに、弾みをつけたみたいですね。
Img_9409













今日は、お散歩の途中で、同じマンションの仲良しのロッキーちゃんに会いましたnote
遠くからロイを見つけて走ってくるロッキーちゃん。
ウエスティなんですけれど、なんだかウサギみたいですね、カワイイheart04
Img_9424_2 Img_9428






線香花火みたいな蕾がぽんぽんと。
この気温で、なかなか大きくなってくれませんけれど。
左はナエマ、お隣はアブラハム・ダービー。
Img_9432Img_9441






シャンテ・ロゼ・ミサトに右は、ささやかな蕾のコーネリア。
今年は、どうかなぁ(ーー;)
Img_9415













久しぶりに走って、ご機嫌のロイです。
久しぶりって、一日休んだだけなんですけれどね(^^ゞ
「みなさん、雨がちょっとあがりましたね♪、どうぞよい休日を!」
ロイ談。      

雨の日の四月のベランダから

Img_9374













朝から本降りの雨ですrain
ロイは、ショックのあまり?寝込んでしまってマス。(たんなるふて寝)
ベランダから見えるメタセコイア、緑がたくさん見えてきました。
Img_9389













今朝の、リビングから見て左手の、コーネリア越しのベランダです。
この緑が光に透ける様子が大好きで。
たくさんの緑の中に、花のある雰囲気を作ろうと思っています。
Img_9363













クレマチス、ジャックマニー系のロコーコラです。
蕾がたくさんあがってきました。
その他にも二種類植えてあるのですけれど、花期の違いか、日照の短さに対する適応の違いか、このクレマチスが、一番たくさんつけています。
白い花が咲きます。
Img_9369













オベリスクのアブラハム・ダービー。
この写真を撮った後に、猛烈な突風が吹き始めて、あわててバラのコンテナを下ろしたり、シュートが折れそうにしなってるダービーに紐を回したりで、奮闘でした。
ダービー、房咲きになりそうな蕾のたくさんついたシュートがいっぱいあって。
ここで折れたりしないで~sweat01

アジサイ、アナベル昇格物語

Img_9312













枝垂れモミジの葉が随分、出揃ってきました。
この時期の、植物の成長は、著しいですねbud
夕方と、次の日の朝では、もう大きさが違っていたりしますね。
それでも、寒暖の差が結構あって、私は、風邪がよくなったり悪くなったりですthink
Img_9286










付け足しのロイです。
気温が上がってきたので、毎日のフードを少し減らしました。
足の短いコーギー、太り過ぎは禁物sweat02
そろそろ、健康診断の季節です。
Img_2523_2















昨年の猛暑で、殆ど消えたと思っていたアジサイのアナベル。
根性の復活を果たしましたshine
頑張ったね~。(ひとごとのように(^^ゞ)
ベランダを飾る戦力として、あんまり当てにしてなかったので、適当なコンテナに植えてあったのですが。
しかし、小振りになりながらも必死で?生還したことに、いたく感動した家人から、格上げの嘆願があり(冗談デス)、豪華コンテナに移動して、初夏を飾るベランダの主役級なっていただくことに。
Img_9354_2













で、こんな風に。
英国製W社のコンテナに植え替えbell
う~ん、見栄えも大事、しみじみ…。
手前のヒューケラ・キャラメルは、冬に地上部がなくなった時の彩り兼(土の乾きの)見張り番です。
昨年の冬に買った苗なので、まだ貧相ですがsweat01

植え替えた後に、私は熱が上がってきて、そのままぱったり。
予定していた多肉植物の植え替えは延期でした~。
ベランダに土がこぼれたままで、お恥ずかしい~coldsweats01
今日は、お掃除しなくちゃ。
Img_9318













新しくきた葉物、ブルネラ・ハドスペンクリーム。
どうも、私は、このシリーズに弱いみたいで。
これでブルネラは、ジャックフロスト、ミスターモース、ルッキンググラス、そしてこのハドスペンクリームと四種類。
花も可憐なんです。
ブルネラの花は、こちらから。
Img_9323










我が家の一番花になる予定の、フレグラント・ヒルなのですが。
ちょっとガクが開いたまま、停滞中。
気温が上がらないからかな。

気温といえば、今年は、我が家は、アブラムシが、殆ど発生していません。
アラン・ティッチマーシュに僅かに出たのみ。
今年は、遅いのでしょうか。   

カートマニー・ジョニーが満開♪

Img_9227_2













今朝は、曇り空。
お天気は、下り坂みたいですね。
公園のツツジが咲きはじめました。
Img_9205










昨日の夕方は、ロイにとっては、走り回るには少々暑かったので、今朝はお疲れ気味かな。
Img_9243













クレマチス、カートマニー・ジョニーが満開になりましたhappy01
こぼれるように咲いているのが、今はゼラニウムくらいしかないベランダに、爽やかさを添えてくれています。
見とれてしまいます~shine
自画自賛~、になるのかな(^^ゞ
Img_9245













寄ってみました。
バラの大型コンテナの縁取りに、このジョーニーくんを植えてみようかななんて計画中です。
Img_9276













プルモナリアも二番花が咲き始めているのですが。
このダイアナクレア、最初に咲いたときと、色が違います。
気温のせでしょうか。
もともとは、こちらの色が、定番のイメージなんですが。
最初に咲いた日の過去ログは、こちらです。
Img_9260 Img_9262






昨日届いた多肉植物たち。
なんとなく面白いものを選んだだけなので、まとまりがないんですけれど。
色々なフォルムが面白くて。
しかし、これも集め始めると、キリがないような感じが…coldsweats01
物欲は無限?なんですが、スペースと予算は、かなり有限。
ベランダに迎える植物を選ぶのは、最近、かなり悩みますsweat01   

葉っぱがわさわさ

Img_9140













久しぶりに朝から青空。
葉桜になり始めの、川沿いの桜です。
昨夜の私は、珍しく風邪っぽくて、夕方過ぎから、PCに向かうこともできず、うつらうつらとひたすら眠ってしまいました。
今朝は、復活happy01
Img_9148










陽射しが嬉しそうなロイ。
今日は、鳥さんのさえずりもにぎやかです。
Img_2504_2















ベランダの西側の一画です。
手前は、シャンテ・ロゼ・ミサト、奥のオベリスクが、アブラハム・ダービー、下の方にはモーリス・ユトリロ、パティオ・ローズのセレッソなどがあるんですが、こうなると、何がなにやらsweat02
Img_9192













アイビーの寄せ植え、新しい葉がたくさん出てきました。
これも、今年は仕立て直しを考えないと。
Img_2518















今年購入したクリスマスローズのその後です。
花が小振りなのに、意外に大きな葉なのに驚いています。
下は、小さな苗でやってきた斑入りのニゲル。
うまく夏が越せるかな。
Img_2511















今年の気候が気に入ったのか、ブルンネラが元気です。
いつになく大きな葉をつけて、葉物の美しさパワーアップのジャックフロスト。

今日は、アジサイのアナベルの新しいコンテナが到着。
生き延びてくれたお礼に?、ちょっと見場をよくしてあげようかな、と(^^ゞ

      

今日も雨の朝

Img_9091













遅れ馳せながら菜種梅雨でもやってきたかのように、雨の日が続きますね。
川辺の遊歩道も、花の時期が過ぎて、ちょっと地味になった感じでしょうか。
Img_9098_3













今朝も、お散歩で、ちょっぴり濡れました。
でも、毎度、へっちゃらです。
公園の原っぱの緑も、濃くなってきたでしょう。
なんであちらこちらの緑がはげて、まばらかというと、子供達が、サッカーをするからなんですcoldsweats01
Img_9103_2










雪柳が終わったら、後ろから八重の山吹が、花を咲かせていました。
曇りの日に、鮮やかな黄色が、目にしみます。
Img_9114













葉物だけを植えている、フォリッジコンテナ。
雨の日は、緑が、しっとりとして見えて、綺麗ですね。
リグラリア・ブリットマリークロフォードとブルンネラ・ミスターモース。
Img_9125













こちらは、これから植えつける予定の、ブルンネラ・ルッキンググラス。
うぶ毛がカワイイ新しい葉。
バックが、通常の葉。
こうして写真に撮ると、なんだか金属光沢がありますね。
Img_9132













オベリスク、上の方を写したアブラハム・ダービーです。
蕾が、昨年よりたくさんつきました。
毎朝、毎夕眺めては、全部咲いた姿を、思い描いてしまいます(^^ゞ
バラの蕾って、なんでこんなに嬉しいんでしょうねhappy01

昨日行ってきた、バラの講習会。
今日は、ブラインドになりそうな余分なシュートを摘むことに。
Yさま、昨日は、楽しい時間をありがとうございました。
あのデザートワイン、絶品でした~shine      

フレグラント・ヒルが開き始めて

Img_9075













今日は、寒い一日になりそうな朝ですね。
トリさんのさえずりも聞こえません。寂しい。

それでも、ベランダから見えるメタセコイアの芽吹きが綺麗です。
私は、スギが冬に落葉するなんて、メタセコイアを見るまでは、知りませんでした。
随分、昔からある種のようで、中生代白亜紀に生まれたそうです。
絶滅した種とされていましたが、1940年代に中国で発見されて、今に至るとか。
ちょっとロマンですね。
Img_9085










寄ってみると、柔らかな若葉が綺麗です。


Img_9045













お散歩してる時、雨が強くなって、ぼしょぼしょに(^^ゞ
今日は、お友達とも会えなくて、少々情けない顔のロイ。
Img_9057













寄せ植えにしようかなと取り寄せた、ポレモニウム・ステアウェイトゥへブンです。
(カタカナでは、毎度、書き辛いわ~(ーー;))
淡いブルーの花が咲きました。
まだポリポットのままでしてsweat01
Img_9064













今日の真打shine
フレグラント・ヒルです。
ゆっくりとガクが開き始めました~happy01
さすが一輪を楽しむHT、なにやら蕾の形からして端正な感じがします。
どんな香りなのか、それも楽しみnote

朝の出来事

Img_9018













少し雲が多いですが、柔らかな陽射しが、気持ちの良い朝ですね。
ゼラニウム越しのベランダからの景色です。
右手にうっすらと写っているのは、浅緑の芽吹きが見えるようになったメタセコイア。
本格的な新緑の、シーズン到来を教えてくれる木のひとつなんです。
Img_8990













ロイです。
公園でお散歩中、仲良しのお宅のガレージから、車が出てくるのを見つけました。
なぜ、こんなに目がキラ~ンshine、なのかと思ったら…。
Img_8993










「あ、ロイだ~」
そこのお宅の子供達が登場。
これからディズニーランドに行くそうです。
みんなウキウキnote
ロイがご挨拶しているのは、子供達のパパ。
ロイ、こういうところ、卒がありません(^^ゞ
Img_8996










「じゃあね、いってくるからね」
「うん、気をつけてね」
と名残惜しそうなロイ。
Img_9014













ベランダには、小さなお花畑が出現デス。
最近、何度か登場しているカートマニー・ジョニー。
Img_9015













全景は、こんな感じで、今シーズンからなので、まだまだ小さいのですけれど。
それでも、びっしりとお花が。嬉しいな。
蕾が、ひとつ残らず咲きそろうの、意外に時間がかかりそう。
真ん中は、ルージュ・カーディナルとアークティック・クイーンです。
Img_9021













エアコンの室外機の上のクレマティス。
時々ピンチして分岐を促しているんですけど。
なんとか、じわじわと壁面を覆い始めました。
夏至前後は、朝の僅かな時間しか日が当たらなくなるのですが、果たしてどれくらい花が咲くか、実験なんです。      

冷たい雨が上がって

Img_8878













昨夜は、冷たい雨が降って、冬に逆戻りしたような寒さでしたね。
それでも、今朝は、デデッポッポと土鳩が鳴いて、遠くからはウグイスのさえずりが聞こえてきました。

いつもの公園の定点観測。
剪定されて、情けない姿になっていたケヤキも、柔らかな新緑が見え始めました。
Img_8863










ロイも、相変わらず、匂いかぎに余念がありません。
Img_8922_2













芽吹き始めた枝垂れモミジ越しの、ベランダ東側。
リビングの中から見ると、曇りの日は、しっとりとした緑に目を奪われます。
それにしても、気温の高い日が続くと、あっという間に、緑がわさわさしてくるのですね。
まるで魔法のような気がするときがあります。
ゼラニウムのハンギングバスケットの手前にある緑は、レディ・エマ・ハミルトン。
私の、お粗末な剪定でも、比較的綺麗な樹形を保ってくれる、ありがたいバラcoldsweats01
Img_8903













今シーズン大苗からのシャンテ・ロゼ・ミサトです。
最初から元気で、安心して見ていられるバラなんですね。
蕾が房咲きになりそうです。
一番花が終わったら、大型コンテナに移植。
ラティスで、ショートクライマーにする予定なんです。
Img_8899_2










昨年の猛暑で、殆ど、お亡くなりになったかな、と思われていたくらい息も絶え絶えだったアジサイのアナベル。
小振りになりつつも、生還を果たしましたshine
って、殆ど見捨てていたんですが(^^ゞ
もうちょっと、見栄え良くしてあげようかなsweat01
Img_8937













お花屋さんのセール品になっていた、名前もわからないエケベリアですが、小さな花を咲かせました。
あんまりパッとしませんけれど。
大型底面給水コンテナのトネリコの足元は、乾燥気味のせいか、アイビーや多肉がなかなか元気です。
今年は、多肉植物を、集めたいな。      

雨の日のお散歩

Img_8795













また、雨ですね。
今朝のお散歩は、中止のはずだったのに、家人の一言で、決行dash
ロイは…、もちろん、喜んでついてきましたcoldsweats01
公園は、緑が本当に綺麗で。
木々の芽吹きは、見ていて飽きることがありませんね。
Img_8762










ブルブルsign04
雨の滴を払ってオリマス。
エリマキトカゲみたいですね(^^ゞ
Img_8812













お花畑のようになってきました。
クレマチスのカートマニー・ジョニーです。
満開まで、あと一息。
シンプルな小さなお花が、咲き乱れる感じって、大好きです。
拙ベランダのコンテナ栽培では、なかなか出しづらい雰囲気。
バックが暗いコンクリートフェンスの手すりのベランダを、明るくしてくれるようです。
我が家は、あまりに小さい花は、壁(手すり)の色に吸い込まれてしまいます。
Img_8850













大きく育つかな、と思うと、葉が傷んだりして、なかなか思うように大きく育たないプルモナリアなんですが、このブルーエンサインも、なかなか育ってくれません~。
葉に斑は入らないけれど、このコバルトブルーの花が気に入っています。
Img_8825













育たないか、と思うと、予想外に育ってしまっているのはプルモナリア・ダイアナクレア。
どうせ大株になんて、なかなかならないでしょと、たかをくくっていたら、こんな風に。
おかげで、そばに植えてあるギボウシのパトリオットが、危うくなってきましたsweat02
Img_8853













小さな葉をつけたまま冬越したグレートエクスペクテイションズの展葉です。
この葉の色のグラデーション、葉物好きにはたまりません。
お隣は、プルモナリア・デビッドワードです。
Img_8805a_2












突然ですが、娘が載せてとうるさいので、はいcoldsweats01
シャンパンイチゴゼリーです。
イチゴシロップから、すべて自作。
いくらたくさん食べたいからって、こんに大きなボルドーワイン用のグラスを使わなくてもsweat01
      

春の小さなお花達 2

Img_8683













昨日の春の嵐は、猛烈でしたね。
早朝、青空が見えていました。
Img_8732













この冷たい空気のおかげで、ブルンネラやプルモナリアが旺盛に葉を増やして元気です。
このまま夏越しできたら、最高なんだけど。(儚い望み~~gawk
ブルンネラ・ジャックフロストの爽やかなブルーの花。
Img_8740













やっと咲き揃ってきました。
白花種の、ミスター・モース。
Img_8731













真っ赤なツボサンゴの花。
ブルンネラもツボサンゴも、花も葉も綺麗で、大好きです。
バックに見えているのは、ジャックフロストのコンテナです。
Img_8728













家人から、「咲かない、咲かない」と、評判の悪い見切り品の苗だったコーネリア。
ブッシュだったのを、昨年、ミニオベリスクに絡ませて、大切に育ててきました。
そうしたら、やたら太いシュートがsweat02
これはもう、いい加減なところでピンチしないと。
なにやら、葉にも照りがcoldsweats01
今シーズン咲かないと、立場危うしbomb
Img_8687_2










公園に、植えっぱなしのはずなのに、毎年咲く元気に水仙があります。
こういう手間要らずの植物って、有難いですね。
花の香りが好きなロイ、盛んに匂いかぎ。
Img_8702










昨日の鬱屈を晴らすように、今日は、走りました~happy01   

春の嵐の朝に

Img_8625













花散らしの雨どころか、春の嵐の朝ですね。
早朝、薄暗いリビングの照明のスイッチを入れたら、ガラス戸に向かって、うずくまって、たそがれているロイを発見して、仰天してしまいましたcoldsweats01
ワカッテルのね(^^ゞ
Img_8670_2










写真を撮るために、戸を開けると、この通りsweat02
未練たらしく空を見上げたまんま動きません。
ブログアップしている間、ず~とこのままsweat01
ため息が、聞こえてきそうです。
どよ~ん。
Img_8617













気を取り直して、薄闇のベランダを。
コロカシア・ブラックマジックが、小さいながら、新しい葉を覗かせ始めました。
このコンテナは、四隅にプルモナリア・サムライ、ツボサンゴが植えてあります。
ちょっとこの角度では、今ひとつの写りで。
奥に見えるのは、プルモナリア・ダイアナクレア。
このリビングに近いベランダの奥は、夏至前後は、殆ど日陰になってしまうので、葉物だけのコンテナが並びます。
Img_8655













この冷涼な時期は、ゼラニウムの大好きな気候。
花もちがよくて、蕾が次々と上がってきます。
Img_8629_2













我が家で、おそらく一番最初に開くバラになりそうな、フレグラント・ヒルです。
まだ、小さな大苗なのですが、さすがにHT、蕾が大きくなると共に、花首が、ぐっとたくましくなってきました。
Img_8660













クレマチス、カートマニー・ジョニーです。
咲き揃うまで、まだ少しかかりそう。
こんな薄暗い日は、白い花やライムグリーンの葉が、空間を明るくしてくれますね。
今日は、一日中、荒れたお天気になりそうですね。 

桜が、まだまだ咲いていて

Img_8572













今日は、午後からお天気下り坂。
桜、意外にまだ良く咲いているのですけれど、さすがに今日の雨で本当におしまいかなぁ。
今年は、花期が長かったですね。
Img_8580













昨日の大冒険?の疲れも見せず元気なロイです。
ぺんぺん草のそばに佇むロイcoldsweats01
Img_8593













ベランダの室外機に設置してあるラティスに絡ませている、クレマチス。
ジャックマニー系のロコーコラも、蕾を見せながら、壁面を覆い始めました。
ベランダは、また、緑豊かになってきました。
ジャングル化も、いよいよ近くなってきましたsweat02
Img_8595













寄せ植えにしようと注文した苗です。
意外に小さくて、大きくなって、他の植物とバランスが取れるようになるまで、時間がかかりそう。
ハナシノブ科で、ポレモニウム・ステアウェイトゥへブンという、なんとも有難い名前が付いていました(^^ゞ
芽だしの、ピンクが入った葉が綺麗なんですnote
花は、淡いブルーの予定。
Img_8611













オダマキが、少し顔を上げてきたのでパチリcamera
なかなか凝った花の形。
意外に、フォトジェニックではないの。
Img_8615













枝垂れモミジが、鮮やかな薄紅色の芽吹きを見せ始めてくれました。
リビングから見るベランダも、活気を呈してきて。
バラの、勢いのある輝く緑に、元気が出る今日この頃です。  

春のハイキング ロイと少年達の冒険編

Img_2492















お待たせいたしました。
ブログアップが、すっかり遅くなってしまいました~。
ロイと少年達の冒険につきあって、バテてしまってまして(^^ゞ
スミマセン。

ここは、自宅から車で10分ほどの、都立の公園です。
この山、雑木林が、丸ごと公園。
ここが今日のロイのお友達の二人と一匹の探検?の舞台でした~coldsweats01
Img_8349_2













冒険への旅に?、いざ出発の二人と一匹。
冷たい朝の空気が、気持ちがよかったです。
Img_2437















カキドオシ(シソ科)の群生。
綺麗でした。

Img_8330













「モグラの穴が!」
果敢にモグラの穴をつつく二人sweat02
モグラさん、逃げた後でした。
Img_8322_2










雑木林は、美しい新緑の季節。
疲れを忘れて(この時はcoldsweats01)、歩きました。
Img_8319













三人は、探検モードが盛り上がり。
ロイは、足取り軽やか~。
本当に嬉しそうに、二人についていきます。
Img_8455













頂上の広場は、サッカーやお弁当開きを楽しむ人がちらほら。
Img_2462















三人(二人と一匹)も、ここでお弁当を食べてひと休み。
「ね~、早く遊びましょう♪」とロイ。
Img_8384 Img_8385






そして、お決まりの、ボール遊び。
今日も、たくさん走りましたhappy01
さんざん山登りした後なのに、いやはや、みんな元気sweat01
Img_8546













帰り道、こんなものを発見しました。
この真っ黒い塊り。
孵ったばかりのオタマジャクシです。
Img_2391















当然、子供達は、目を輝かせてこうなりましてcoldsweats01

ここは、菖蒲やセリなどが生えている湿地帯。
ヤゴやメダカなんかもいるみたいでした。
Img_2394_2











小さなオタマジャクシが、こんな風に。

Img_8548_2













すっかり大漁coldsweats01
もう二人は、大興奮でした。

帰りの車の中で、オタマジャクシの飼い方で盛り上がる子供達。
なんだか、私も、子供の頃に帰った気分でした。
それにしても、すごいオタマジャクシの数でした。

ケヤキが芽吹き始めて

Img_8215













朝は、あまり陽射しがなかったけれど、お昼も近くなった今は、柔らかな陽射しが降り注ぐようになりました。
公園のケヤキ(右側の木)は、まだ僅かな芽吹きだけど。
Img_8231













ベランダから見える剪定の入らない、自然樹形のこのケヤキは、もう新緑が見え始めました。
この木の左上に見える、枝の中ほどについた黒っぽい点のようなものが、おわかりにでしょうか。
これ、結構大きな鳥の巣なんですchick
冬、葉を落とした時にだけ見える、なかなか立派な鳥さんのおうちです。
なんていう鳥さんのご自宅かは、わからないのですがsweat02
Img_8242_3













久しぶりの登場のジュビリー・セブレーション。
これも、年明けまで咲かせていたのですけれど、元気に繁ってきました。
今年も、頑張ってね。
必ずや、たくさん咲くようにpunch(と、プレッシャーを、かけたりcoldsweats01
Img_8261










ニューフェイスの斑入りのオダマキも順調に活着したような。
夏に強いとはいえないし、乾燥にも弱そうだけど、このベランダで、どうなるかな(^^ゞ
温暖化のせいか、昨今の課題は夏越しですね。
Img_8264










枝垂れモミジも、ようやく葉が顔を覗かせはじめました。
落葉樹は、葉を落としてしまうと、本当に冬枯れ~。
Img_8174










ちょっと、枯葉が残ってますねsweat01
我が家のギボウシのなかでは、比較的生育のいいスピルトゥ・ミルクです。
割りに新しい品種。
このブログを書いている時、ナーサリーから、注文しておいた苗が届きました。
ベランダも、少しバラ以外の新顔が、増えてきています。

早春の、小さなお花達

Img_8108













柔らかな雲の形に、見とれてしまう朝。
ひんやりとした、冷気が気持ちのいい季節になりましたね。
Img_8104










昨日は、ロイの新しい車用のシートを注文。
春のお出かけの準備も着々ですnote
気温が上がってくるので、少し涼しいタイプのものに。
ロイ、快適にドライブにつきあえるかな。
Img_8140













クレマチスノカートマニー・ジョニーが咲きはじめました~happy01
このパセリのような常緑の葉も気に入っているのですが、ライムグリーンの蕾から開く白いお花も表情がありますね。
Img_8132













ブルンネラ・ジャックフロストの花です。
ちょっとまだ、情けないくらい僅かですがcoldsweats01
Img_8143













こちらは、今年購入した、ジャックフロストの白花種ミスター・モース。
爽やかな感じです。
Img_8135













ベランダで、唯一、ビビッドな花色の植物、ゼラニウム。
蕾が、たくさん上がってきました。
緑が多いベランダのアクセント。
Img_8161_2










オベリスクのアブラハム・ダービー、ちょっと遊んで、枝垂れさせたままです。
どんな風になるのかな。お試し。

多肉植物の魅力に

Img_8023













公園の緑が綺麗になってきました。
いつもの場所の、定点観測。
Img_8029










おっと、一応、ロイも、写しておかないとcoldsweats01

季節もよくなってくると、ロイとドライブに行きたくなります。
以前使っていたソフトタイプのキャリーケース、ちょっと窮屈になってきたので、昨日、何か良いものがないかと、お買い物がてら、見に行ってきました。
今年は、どこに行く?、ロイ。
素敵な、旅の相棒。
Img_8071_2













久々登場するレディ・エマ・ハミルトンです。
2月ごろまで花を咲かせていたせいか、芽吹きは遅かったのですけれど、あっという間に、ワサワサ。
後ろにゼラニウムのコンテナがあるので、ちょっと見づらいですね。
今年も、たくさん咲くといいな。
Img_8077










一時は、さようならしたつもりだった、リグラリア・ブリットマリー・クロフォード。
復活してきましたsweat02
出だし新葉は、カタログで見る通りの素敵な銅葉なのですが、大きくなってくると、左側の葉のように、緑になってきます。
最初、品種がまちがったのではと、ナーサリーに問い合わせたら、こういう品種なんだとか…。
それでも、ツワブキの中では、葉の色が一番暗いんです、とのことでしたが。
アクセントカラーにする予定だったののに、なんだか今ひとつ(ーー;)
Img_8049













豪華コンテナに格上げ?ま間近の、ブラック・エオニウムです。
今の気候が合っているのか、日に日に巨大化。
今は、葉の直径が20センチ、縦の厚みが15センチもにもなってきました。
やたら、存在感が~coldsweats01
Img_2352












このブラック・エオニウムをメインに、多肉の寄せ植えを作ってみたいな、と、いつものガーデニングのお店に、行ってきました。
欲しい培養土や、肥料を買って。
Img_2356















お目当ての多肉植物のコーナーへ。
綺麗~lovely
以前は、多肉植物って、あまり好きではなかったのですが、すっかり好みが変わってしまいました。
これ、エケベリア・フロスティかなぁ。
Garden Schopのぽんさんのブログでお見かけして、欲しかったんです。
ぽんさんのお庭、センスの良い植物が、美しく配置されたとても素敵。
Img_2344 Img_2340







その他、面白いフォルムのものがいっぱい。
もうすぐ、もっと色々入荷しますよ、とのことで、はやる心とお財布を、抑えたのでした(^^ゞ   

桜の盛りを

Img_2327















雲が多いお天気ですけれど、今日も陽射しが眩しいですね。
我が家のベランダからの絶景です、と言いたいところですがcoldsweats01
定番の買出しに行く街の、駅前の通りの桜並木ですcherryblossom
遠くの方まで、遥かに続く桜~。
建物の5階からの撮影ですcamera
この街は、メインストリート縦横に、大きな桜の木の並木が走っています。
間に見える、裸の樹木は、イチョウ。
Img_2335a















このシーズンは、わざわざ見に来られる方が、たくさんで。
必然、特に土日は、近隣のフレンチやイタリアンのレストランは、出遅れると、予約が不可能になるみたいです。
休日の人出はすごくて、交通規制もsweat02
この赤っぽい通路は、自転車専用道路。
人のための広い歩道は、画面左手奥になります。
桜は、歩道と、自転車専用道路の間に広くとられたスペースに、様々な植物とともに植えられています。
桜の老化が始まる前は、シートを敷いて、皆さん、宴会を楽しまれていたのですが。
今は、地面が踏み固められてしまうと、桜に負担がかかるので、遠慮してください、とのことです。
Img_7982













今朝の、ベランダです。
一番元気な大苗のシャンテ・ロゼ・ミサトに、小さな蕾が出てきましたhappy02
嬉しい~。
Img_7994










あまりお日様の光が長く射さないところにいるのですけれど、意外に花をたくさん付けてくれる、マーガレット・ダンプ(どうも、名前の響きがねぇ(ーー;))
Img_7974_2











プルモナリア・ラズベリースプラッシュが、咲きそうです。
モミジの足元に植えてあるのですけれど、肥料を控えめにしていたせいか、花が小さいですsweat02
肥料たくさんあげると、モミジが育ち過ぎてしまうのですけれど。
もう少し、奮発した方が、いいかなぁcoldsweats01
Img_7966_3 Img_8007






ニューフェイスのオダマキです。
品種は、ちょっとわからなくて。
この斑入りの葉に惹かれて買ってしまいました。
どなたか、品種のわかる方、いらっしゃらないでしょうか(^^ゞ
Img_7935










「春は、なんだか、匂いが気になって」
ロイも、春を満喫してるみたい。
なんだか、楽しそうでした。   

今朝は青空!

Img_7862













空気が冷たいけれど、気持ちのいい青空が広がりましたsun
遊歩道の緑も、ワサワサと。
桜は、やっぱり青空に映えますねcherryblossom
Img_7905













フレグラント・ヒルの蕾も、大きくなってきました。
HTを、無農薬で育てているのですが、このバラだけうどんこ病が発生sweat02
活力剤の葉水の嵐にして、ようやく乗り切りつつあります。
おかげで、葉がツヤツヤshine
初めてのHT、VIP待遇ですcoldsweats01
Img_7915













クレマチス、カートマニー・ジョニーが、開花まで、あと一息。
それにしても、神秘的なほど美しいライムグリーンの蕾heart04
鈴なりになっている蕾の、咲き揃うのが、待ち遠しいです。
Img_7924










これは、プルモナリア・ブルーエンサインなんですが。
場所がよくないのか、管理が悪かったのか、どうも株の育ちが悪くて。
花も、昨年より小さめ。
色は、本当は、もっと濃い鮮やかなコバルトなんですが~sweat01
Img_7914










枝垂れモミジの芽もふくらんできました。
このモミジの葉が出揃うと、ベランダは、春本番の雰囲気になります。
Img_7889










「今朝は、お天気だけど、空気が冷たくて、最高ですね」
気温が下がると、嬉しそうなロイ。
冷涼な気候が、好みだもんねhappy01

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!