« ぽつぽつとバラが咲き始めて | トップページ | 雨だけど… »

つるバラの美しいお宅へ

Img_2803















昨日は、薄曇り。
時折、柔らかな陽射しが降り注いで、バラを楽しむには、とてもいい一日。
NHk出版で出している「バラ大百科」の≪ロココ≫のコーナーの写真で知られていらっしゃいますK邸へ、美しいお庭を拝見しに伺いました。
都心であることを忘れてしまうような、閑静な住宅街の一画。
バラとご自宅の見事な調和に、思わず佇んで。
Img_2793















アプローチでは、K家のスター、愛犬のQちゃんがお出迎え。
Img_2794











Qちゃん、ハ~イ!
かわいいhappy02
Img_2825















見上げれば、降るようなバラが視界いっぱいに…。
ジャスミンの香りと、バラの香りと。

バラは、ロココ、マダム・アルフレッド・キャリエール、ソンブロイユ。
そして、新雪、スノーグース。
お庭の基本カラーは白の柔らかなグラデーション。
Img_2843















画面、右側では、ハゴロモジャスミン(ジャスミナム・ポリアンタム)が咲いて。
その下では、柏葉アジサイが、蕾をつけ始めていました。

南仏風の雰囲気のあるお宅には、バラが本当に似合っていて。
地面の奥行きは3~40センチほどでしょうか。
その制約に多い中で、これほどの洗練されたお庭を作られたセンスに、感動してしまいました。
バラの足元には、アカンサス・モリス、マーガレット、ヒメツルソバ、イングリッシュデイジー、リクニスなどの宿根草が、お庭に深みと落ち着きをもたらしていました。
Img_2810















様々な「白」の共演。
微妙なテクスチャーとトーンの違いの重ね合わせ。
この日は、コンパクトデジタルカメラしか持参しなかったのですが、一眼レフと望遠レンズを持ってこなかったことを、心底、後悔いたしました。
美しさの半分も伝えきれておりません。
Img_2844











ちょっと、視点を変えてhappy01
Qちゃん、芸を披露中。
おいしいおやつのために、一生懸命。
この日は、撮影も入っていらっしゃいました。
クリックして、Qちゃんの目をご覧くださいね(^^ゞ
Img_2835















こちらは、葡萄、ピオーネの葉の涼しげなグリーンのフィルター。
その下は、まだ蕾の、ピエール・ドゥ・ロンサール。
窓辺を葡萄が飾るなんて。
有島武郎の「一房の葡萄」の世界に浸れそうです。
蛇足ですけれど、あのお話で初めて「洋紅色」という言葉を知りました。
Img_2861















室内から。
光を透したバラの葉の美しさに見とれて。
Img_2868_2















引いて反対側から。
どこから撮りましても、本当に、フォトジェニックなお宅です。
Img_2824















玄関のアプローチを。
つるバラロココが枝垂れてきて。
クレマチスや多肉植物などがセンスよく配置されていらっしゃいました。

あまりの素敵さに、70枚近い写真を撮っていたのに、自分でも驚いてしまいました。
K様、お忙しい中、本当にありがとうございました。
Qちゃん、またね~♪

« ぽつぽつとバラが咲き始めて | トップページ | 雨だけど… »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

sissiさん、K様のお庭をご覧に行かれたのですね。
わたしも、あちこちの雑誌では、よくお写真を拝見し、ブログも見せていただいていますが、ほんとに素敵なお宅ですよね。
実際にご覧になった感動が伝わってきます。
白バラ、とても綺麗です。
光を透かした緑の葉っぱも、美しいですね。
Qちゃんも、可愛らしいこと!

どこを切り取っても外国のようなおしゃれなおうち、取材も多く、sissiさんが70枚も写真を撮られたのが頷けます。
センスの良さに脱帽ですね。

みー さま。
感想をいただき、ありがとうございます。
Kさまのお宅は、白藤が満開の時もお邪魔したのですが、そのときは、ブログアップを控えておりましたが、この度は「どうぞ」とおっしゃっていただけたので、思わず特集を組んでしまいましたhappy01

みーさんも、彼のブログをお読みになっていらしたのですね。
初めて知りました~(^^)
拙いレポートでしたが、少しでも感動と美しさをお伝えできたのでしたら、嬉しいです♪

Qちゃんは、本当に可愛くて、私も、すっかりファンです。
本当に、どこから撮っても素敵な、雰囲気のあるおうちで、絵になるんです。
私は、彼のお庭から、空間を立体的に使う大切さ、美しさを学ばせていただきまして。
それまでは、蔓性のものって、どちらかというと育てるのは、敬遠していたのですが(手に負えなくなるような気がして)、クレマチスなどにトライするようになりました。
我が家も、狭い狭いとぼやいてないで、もっと工夫しなくては、改めて反省なんですcoldsweats01

sissiさん、こんばんは。
なんだかとっても素敵にレポートしてくださって、ありがとう。
でも、Qちゃん意外は誉め過ぎ誉め過ぎ。

みーさんも、ブログを見てくださってありがとう。

kajiny さま。
先日は、ありがとうございました。
お返事が、遅れてしまいまして、ごめんなさい。

バラの撮影には、ぴったりのお天気にめぐり合えて、本当にラッキーでした。
誉めすぎなんかでは、ないでよ~(^^)
本当に素敵でいらっしゃいますのでhappy01

これから、葡萄の葉の下で、ピエール・ドゥ・ロンサールが咲いたら、さらに雰囲気がでるのでしょうね、うっとり~。

素晴らしいレポートを見せていただいて幸せです。
sissiさんのバラへの強い憧れもよくわかりました。
明日こそ・・の『あすなろ』の気持ちでとっても前向きに研鑽に励んで
いらっしゃる様子、、ブログから熱く伝わってきます。
これからもきれいなsissiさんのバラを咲かせてくださいね。

shizumama さま。
コメントをたくさん、ありがとうございます。
実家にいた頃は、綺麗だな、と思いつつも、さほど興味もなかったバラなのに、今では、その美しさと大型にも小型にもできる多様性に、すっかり魅せられてしまっております。

このK邸は、土の部分は全部あわせても、一坪ほど。
この極めて限られた条件下で、これほど美しいお庭を作られていらっしゃって、感動してしまうのです。
私も、ベランダだから狭くて、とか文句を言っている前に、工夫しなくてはと自省いたしました。
研鑽なんて、もったいないお言葉です。
私なりに、心安らぐ、そして美しい空間をつくりたいと、四苦八苦?、試行錯誤を繰り返している感じですcoldsweats01

こちらのことは あちらこちらで知っていましたがほんとうに素晴らしいですね。
場所の使いかたが驚くばかりです。蔓なんですね。
お写真の撮り方(選び方)も 素晴らしい様子がわかります。
白バラもいろいろで うっとりしました。 ありがとうございました。

さくら さま。
わ~、過去ログを見てくださったなんて、ありがとうございます。
K低は、本当に、正直のところ、ここまで地植え部分の地面の奥行きがないとは、思いませんでした。
土作りは、随分、ご研究なさっていらっしゃるようです。
微妙にトーンの違う「白」の組み合わせに感動しました。

写真、さくらさんから褒めていただけるなんて、恥ずかしくも嬉しいです(^o^)/
コメントを、ありがとうございました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぽつぽつとバラが咲き始めて | トップページ | 雨だけど… »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!