« 初夏の兆しを感じて | トップページ | 雨の朝 »

花に誘われて 関西旅リポート その③最終回

Img_3558















最終回に辿り着くまで、すっかり遅くなってしまいましたsweat01
さて、5月17日の旅の最後は、一人、京都に向かいました。
新大阪から、新快速というJRに乗りますと、停車駅は一つか二つくらいで、あっという間に京都駅に着いてしまいました。
そこから、やや大阪よりに戻ること二つ目の駅、向日町に、目指す「まつおえんげい」さんは、あります。
前日、ジュンさんが、詳しいルートをメールしてくれました。
ジュンさん、ありがとうございました。

写真は、向日町駅のホーム。
Img_3559_2











この地名、最初は、何て読むのかわかりませんでした(^^ゞ
この洛西の街は、大きな竹林が続いていて、筍の産地だそうです。
東京で、一本2000円近くもする京都産の筍が、こちらでは500円くらいだそうで、羨ましいかぎりです。
京都のお野菜は、おいしいですね♪
Img_3475















大きなニュータウンを越えて、まつおえんげいさんに到着。
高台に位置しているのか、陽射しの強い暑い日でしたが、吹き渡る風は冷たくて、快適でした。
周囲も、こんな風に、草花とバラで美しく覆われて、温かな雰囲気。
なんだかほっとして。
Img_3484















創業は明治に遡る、老舗でいらっしゃるそうです。
日当たりと風通しの良い敷地には、あふれるばかりのバラがありました。
バラ苗は、丁寧に専用培養土でスリット鉢に植え替えられて、皆、元気。
管理のよさと、植物に対する愛情が、伝わってきました。
Img_3489















色鮮やかなヴェルシーニ。
思わず、写してしまいました。
Img_3506_2















バラは、カテゴリー別にきちんと並んでいて、スタッフの方は、お客様の質問に、それは丁寧に応えていらっしゃいました。
Img_3518















アルバータインが、小さな小屋を覆っていまいした。
四枚目に写っていましたガラスの温室以外は、すべてスタッフの方々の手作りだそうです。
前日にも増して良いお天気で、色がとんでいましてお恥ずかしいのですが。
Img_3535















バラのほかにも、宿根草や一年草、季節柄、アジサイなどの立派な開花株もならんでいました。
草花の苗も良い状態のものばかり。
開店は9時、私は10時には到着したのですけれど、もう、たくさんのお客様で賑わっていました。
Img_3537















夢中になって写真を撮ったり、バラを見てまわったりしたら、喉が渇いてお腹が空いて(^^ゞ
敷地内には、「LOG HOUSE」という名前の、軽食と飲み物をいただけるお店がありました。
こんな風に、テラスの席も。
Img_3538_2















ここから、店内へ。
ここもお客様でいっぱい。
順番待ちでした。
Img_3540















涼しい風を感じながら、テラスで頂く冷たい飲み物やランチは美味しくて、居心地がよくて…。
ふと、帰りの新幹線のことも忘れてしまいそうでした。
Img_3547















キーウイの葉が、素敵な木陰を作っているお店の入り口付近です。
このキーウイは、社長の松尾さんのお父様が植えられたそうで、おそらくは、日本で一番古いキーウイの木になるそうです。
毎年、200個くらいの実がたわわになって、さきほどの「LOG HOUSE]で、フレッシュジュースとして出されるとか。
その頃にも、お邪魔してみたくなりました(^^)

前回のその②でアップしました、ストロベリー・ヒルは、我が家のベランダの状況を説明して、松尾さんにお薦めいただいて、期待いっぱいで我が家に到着でした。
写真を撮ることも、ブログにアップしますことも、快く承諾していただき、また、お忙しい中、質問に対する丁寧なご説明もいただきました。
「まつおえんげい」のみなさま、本当に、ありがとうございました。

また必ず伺おう、そう思いながら、お店を後にして、私の園芸の旅は、終わりました…。

たくさんの写真、拙い文章による説明におつきあいくださったことに、心からの感謝を申し上げます。
ホント、長かったですねcoldsweats01
      

« 初夏の兆しを感じて | トップページ | 雨の朝 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
関西への旅は楽しくて盛りたくさんの 収穫があったようですね。
楽しく拝見しています。

私 大阪に来て落ち着きましたので 近くていい園芸店を物色中なんです。
かっては岐阜から枚方、三田まで園芸店に行ったものでした。 が
今はそんなことできません。

ここはなかなかの品揃えで 行ってみたいです。 うちからは枚方のほうが近いかな。(クリフトンナーセリー)
向日町は竹林を探して降りたことがあります。

sissi様こんばんは。


まつおえんげいさんへの訪問日記、楽しく拝見させて頂きました。美しい薔薇の写真、素敵です。


京都は良いところですね(*^^*)


最近は暑かったですが明日は気温が下がるみたいですね(汗)


体調管理が大事な時期です。
sissi様もお気をつけてお過ごしください。レッスンも頑張ってください!


相変わらず私の方は怖い先生に注意されてばかりですが、ゲストの外人男性振付師が来訪されてるので、先生は少し控え目になりました。

わ~!
まつおえんげいさん、ほんとに素敵なところですね。
わたし、お友達に話はいつも聞いてるんですが、行ったことないのですよ。
今度是非行ってみたいです。
sissiさん、この日はお一人で寂しかったと思いますが、足を伸ばされて良かったですね。
今度いらっしゃる時には、ご一緒出来るといいですね。

関西旅リポート、とても楽しく拝見しました。
ありがとうございました。
また、是非いらしてくださいね。
再会を楽しみにしています。

さくら さま。
ご覧戴きまして、ありがとうございます。
お返事が、遅くなりまして、ごめんなさい。

結婚して、初めての、家族と一緒ではないひとり旅でして、しかも、園芸三昧、かなり舞い上がってしまいました(苦笑)

さくらさん、クリフトンナーセリーが近いなんて、いいなぁ♪
関西は、やはり、園芸に関しては、充実していますね。
まつおえんげいさん、私もそうなのですけれど、いろいろご家族のことで大変でいらっしゃると思いますけれど、機会がありましたら、是非、いらしてみてください。
品数も豊富でしたが、何より、気持ちのよいお店でした。

竹林、ニュータウンができて、随分、少なくなったと伺ったのですけれど、見事ですね。
あの独特の雰囲気。
さくらさん、こんどご一緒する機会がありましたら、みーさんもお誘いして、筍の季節の向日町、行ってみませんか(笑)


バレエインペリアル さま。
お返事がおそくなってしまって、ごめんなさい。
疲れが、どっと出てしかったのか、家族を送り出した後は、起き上がることができませんでした。
こんなこと、久しぶりです。
旅行後も、何かと忙しかったからかも。

そうそう、インペリアルさまにとっても、京都は、様々な意味で、良い街ですよね(^・^)

リハ、ゲストの来日のおかげで、ちょっと一息つけますね。
いくら暖簾に腕押しのかまえでも、疲れますものねcoldsweats01

みー さま。
お返事が、遅くなってしまいまして、本当に、申し訳ないです。
みーさんは、いつもすぐにお返事くださるのに、ごめんなさい。
ちょっと、疲れが出たみたいで、今日は珍しく、何も用事が入っていなかったので、どっと寝込んでしまいました。

みーさん、今度、是非、まつおえんげいさん、ご一緒したいです(^o^)/
さくらさんにも申し上げたのですが、品数も豊富ですが、何より気持ちのよいお店でした(^^)

その節は、楽しい時間をありがとうございました。
写真を整理しながら、ひととき思い出に浸ってしまったりして(^・^)
また、機会がありましたら、ぜひ伺わせてください。
今度は、一泊くらいで、気軽に行ってみようかなと(笑)

まつおえんげいさん、ほんとにいいお店ですよね。
陽春園さんやまつおえんげいさんには
仕事でも大変お世話になってます。
なのでこの関西リポート、とても親近感わきました。

yamamox さま。
ご無沙汰してしまって、ごめんなさいsweat01
コメントを、ありがとうございます。

yamamoxさまは、お仕事でよくおいでになるのですね。
そういえば、ブログで、拝見したような。
本当にいいお店ですね。
私も、すっかり気に入ってしまって、一年に一度くらいは、お伺いしたいなと思っているくらいなんです。

拙い関西リポートを、読んでいただきまして、本当にありがとうございましたconfident
まつおえんげいさんや、陽春園さんで、もしかしたら、yamamoxさまをお見かけすることもあるかもしれないですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の兆しを感じて | トップページ | 雨の朝 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!