« ベランダ園芸について思うこと | トップページ | ブルネラいろいろ »

夏のバラについて

Img_3856













朝から、暑くなってきました。
ベランダの植物にとっても、毎年のことながら、過酷な時期が目の前。
今年は、せめて、猛暑ではないといいな。
Img_3855













あら、どっこいしょ、ではなくて、意外に軽やかに駆け上って行くんですよ(^^)
どっこしょは、私かな^^;
Img_3863













咲いているもの、開く寸前の蕾、待機中のもの、レディ・エマ・ハミルトンです。
Img_3862













もう、この気温になると、カップ咲きは放棄して、こんな風に、ややあっさりした感じに。
来月あたりに咲いたりすると、殆ど、半八重のお花に変身です。

品種にもよるのだとは思うのですけれど、我が家で育てている、数少ないバラを見ていると、イングリッシュローズは、割りに、夏はあっさり、あのタグの美花とは似てもにつかない花になってしまう気がします。
もっとも、夏は良花が見られないということで、株の体力保持のために摘蕾してしまう方もいらっしゃいますが、私は、葉を落としたりして弱っていない限り、咲かせてしまいます。
(ベランダは、スペースの都合上、たくさんバラを植えられるわけではないので、我が家に来たバラは、夏もきっちりとお仕事して(咲いて)いただいてますcoldsweats01
Img_3876













それだけを基準に選んだわけではないのですけれど、夏の花も、花弁数を減らさないで咲く根性のあるバラ、というふれ込みで昨年大苗でやってきた、シャンテ・ロゼ・ミサト。
Img_3897













う~ん、小振りながら、夏花とは思えません。
デルバールって、まだ、ほんの一部しか育てたことはないのですが、夏も綺麗に咲かせる品種が、多いのかな。
先日縁あって来た、ローズ・デ・キャトル・ヴァンも、この暑さなのに、見事でした。
その時の記事は、こちらから。

バラの根性は、これからが本番かな。
あ、私も、暑くても、お世話、頑張らないとsweat01   

« ベランダ園芸について思うこと | トップページ | ブルネラいろいろ »

愛犬」カテゴリの記事

コメント

最近 お友達の庭で レディ・エマ・ハミルトンを眼にする機会がありました
オレンジは・・・と敬遠していたのですが 
オースチンの写真よりも 何倍も美しく品のある色でびっくりでした
たとえカップが浅くとも 綺麗に咲いていますね
うちのパットオースチンは 夏も良く咲きますが 
朝だけで 昼には暑さで花弁が傷んでしまいます 朝顔並みですよ
エマは この色目のイングリッシュローズでは 一番優秀なんじゃないですか
サマーソングは花だけじゃなく 枯れこむらしいですしね
どこがサマーソングだ!って 友達が嘆いてます

ミサトさん うちは遅くって やっと2番花の蕾が上がってます
うちでも sissi さんちみたいにカップが深く咲いてくれるかな
楽しみです

ロイちゃん おしりが可愛いわ 
凄い急な階段ですね(@_@)  元気だこと
パワーを分けて欲しいくらい
私は もう夏バテ気味です(-_-;)

sissiさん、仕事がお陰様で一段落しました。
ハードディスク交換のために、明日とあさっての途中までオフラインになるので、その前に遊びに来ました。

前日の記事ですが、ベランダ園芸については私もいろいろ思うことがあります。
インテリア的にまとめてしまっても、私の場合「あ、これ欲しい」と思うと手に入れて、結局のところ原形をとどめなくなると思います(笑)。
それにやっぱり緑がワンサカあるのがいいです~。

sissiさんがお使いのシマトネリコ、こちらの近辺では街路樹に使われてたりします。

sissiさんのバルコニーを拝見して、とても刺激を受けているんですよ(脳内園芸中)。

(連投すみませんm(__)m)

夏のバラといえば、私がちょっと嬉しかったのはルイ14世です。

黒バラと言われて、春や秋の濃色の写真がもっぱらカタログを飾っています。このバラ、真夏にはとても爽やかで清潔感に満ちた赤に咲くことがわかりました。その抜けるような赤がとても好きです。花弁は減り、一重の一歩手前のようになり、1日だけの命なのですが …。

デルバールのバラ、私は持っていませんが行動範囲内の京阪園芸では人気のようにお見受けします。

ぽん さま。
早速のコメントをありがとうございます。
レディ・エマは、当時、ベランダ全体にバランスなんて深く考えずに(そもそもこんなに増えるとは、いえ増やすとは思っていなくて^^;)、初めて購入したバラなんです。
特に、秋の終わりの色が美しくて、気に入っています。
あ、それと、剪定で、樹形が作りやすいことも。

そちらは、相当な酷暑が続いているみたいで。
バラが朝顔並みは、ちょっと、トホホですね。
サマーソングは、やはり冷涼な気候を好むみたいですね。
先日、軽井沢レイクガーデンに行ってきたのですけれど、そこで、複雑で、ニュアンスに富んだ色合いで咲いているのに一目ぼれしました、が、購入は、見送りました。
バラの師匠のA先生も、「性格の悪い日焼け美人だと…」(^^ゞ

ミサトさん、咲いたら、アップしてくださいませんか。
ぽんさんのところ、たくさんバラがおありなのに、ブログの登場回数が少ないような(^^)

ロイは、相変わらず元気です。
ぽんさん、オープンガーデンからずっとお忙しくて…。
その後も色々あって…。
ちょっとお疲れ気味なのでは。
お近かったら、私のスタミナ料理?をお持ちしたいくらいですcoldsweats01

YoYo さま。
わ~、二件も、ありがとうございます♪
嬉しいです。
パソコン、オフラインになるの、仕方がないとはいえ、辛いところですね。

私は、結婚してから、ずっとベランダガーデナーの道一直線で(-_-;)
園芸に、はまればはまるほど、ベランダガーデンの難しさ、特殊性を痛感しています。
インテリア的にまとめることに、揺れるところは、同じですよ~(^^ゞ
もともとマニアックなところがある私は、欲望とガーデンの美観を保つ(ストイックなキモチ)との間で、常に大揺れです(笑)

そうそう緑は、たくさんあるのがいいですよね。
木漏れ日や、光に透ける葉なんかが好きな私は、ついついジャングル化してしまいます。

ルイ14世、いい色ですよね。
夏は、そんなに素敵な赤になるんですね。
それなのに一日花か~。
まぁ、夏は、仕方ないですね。

京阪園芸、バラ界で有名なOさんのいらっしゃるところですね。
あそこは、フランスのバラを結構取り扱っていらして。
私は、最近、ゴジャール社のバラに、興味をもっています。
といっても、あと一品種か二品種が、購入できるスペースの限度なんですが(ーー;)

梅雨もまだ明けてないのに、毎日暑いですね。
今日、テレビで、今年も猛暑になると言ってましたよ。
ゲンナリですねwobbly

ミサトちゃん、暑くても花びらがしっかりして綺麗ですね。
夏にも強いという振れ込みとは、頼もしいです。

夏の園芸作業は大変ですね。
夕方、日が落ちてから始めても、汗だくになりましたcoldsweats02

みー さま。
いらっしゃいませ~♪
暑いですねsweat02
夏の園芸作業、本当に大変ですよね。
私は、普段は無頓着で、日焼け止めも塗らず、すっぴんで庭仕事するんで…。
バレエやる人間にはあるまじき日焼けで、レオタード姿のスタジオで、大変目立っております(^^ゞ

え~、今年は、猛暑なんですか!
今年の関東は、さんざん日照不足で寒かったのに。
今度は、猛暑とは。
もうちょっと中庸をいって欲しいです~(ーー;)

ミサトちゃん、今年の猛暑で、真価を発揮してもらいたいところです(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベランダ園芸について思うこと | トップページ | ブルネラいろいろ »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!