« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

11月の終わり 黒ポット苗を少しずつ植え込んでいます

Img_2609












今日も、快晴sun、朝に陽射しがあると、何とはなしに気分が明るくなります♪
定点観測、公園の落葉樹は、もう随分葉を落として、最近、夕方はあっという間に暗くなりますね。
Img_2610









ケヤキの落ち葉の中に、例のごとく子供達の忘れ物…soccermaple
Img_2611












「おや、これは何?」

Img_2612












「ね、、○○ちゃんの忘れ物みたい」
と言っているらしいのですが、言葉が通じなくて残念です(^-^;A
Img_2696












以前作ったベランダの寄せ植えは、随分、なじんできました。
この右手のビオラ、見元さんのエンペラーEXシリーズは、複雑な色味が好きなのですが、今年は、あまり育苗がうまくいかないとかで出回っている数が少ないらしく、このソフィア一種類しか手に入れることができませんでした。
Img_2622












ポットのままの苗は、少しずつですが、植え込みを始めました(^^ゞ
斑入りのバコパ(ステラ)は、スコパリア・ブルーメロンのお隣に、手前の黒い葉はビオラのラブラドリカ。
Img_2645












これは、ビバーナム・フレンチホワイトです。
日陰気味でも大丈夫という振れこみでしたので、来年秋のカワイイ実を期待して定植bud
奥は、夏越しして、すっかりヘロヘロになってしまった多肉の寄せ植えです。
これもなんとかしないとsweat01

種苗会社から、来春以降に向けてのカタログが送られてきますが、魅力的な小低木があったりすると、なかなか諦めるのが大変で(;´▽`A``
今、気になるタロイモ科の球根があるのですが、一球がいいお値段sweat02
ウウ、どうしようかな~(ーー;)

今日は、ブログお休みいたします

Img_2310












おはようございます。
今日は、ちょっとブログをお休みいたします。
写真は、地元で愛されている美味しいパティスリーのお店。
女性誌などにも載って、すっかり有名になりましたが。
Img_2344












現在は、映画のロケに使われてしまっていて、お店が不定期でお休みが多くなっているのが残念です。
外のデッキでは、犬もOK。(店内にもイートインコーナーがあります)
お茶と共に、購入したケーキや焼き菓子を戴くことができます。

ガーデンテーブルの上は植物でいっぱい

Img_2566












今日は、朝から結構強い雨が降っていたので、久々、朝のお散歩は中止になりましたrain
ロイの、つまらなそうな顔を見るのが、ちょっと辛いかな(^^ゞ
ベランダから見える大きな木の一つ、メタセコイアも、すっかり色づきました。
Img_2550












今日も陽射しがないので、ちょっとうまく撮れないのですが、今のガーデンテーブルの様子ですf(^-^; ポリポリ
出番を待つ苗や、コンテナに植え込んだ植物の寄せ植えなどでいっぱいになっています。
左は、先日作った寄せ植えですが、こう暗いと何がなんだかわからないですね~(^-^;A
昨年は、ここは、つる仕立てにする予定のバラの苗置き場になっていましたが、今年は、ちょっと賑やかです。
Img_2561












なかなか買うチャンスに恵まれなかったカレンデュラ・コーヒークリーム。
この品種は、本当に、今までのキンセンカのイメージを払拭させましたね。
Img_5256














これまた、暗く写ってしまいましたが、大好物を食べている際中のロイです。
ロイの好物、それはカツオブシですfish
私が、出汁をひき始めると、キッチンの入り口で直立不動?で待機。
思いっきりいい子にして、待っています(⌒o⌒;A
以前は、毎度出るこの出汁がらのカツオブシの再利用に四苦八苦していましたが、ロイがきてから、本当に楽になりました(笑)
あんまり必死で食べているので、つい写真に撮ってしまいました(^^ゞ

バラの植え替えが終わって 新しいバラ用のコンテナ使ってみました

Img_2483












今朝は曇り空ですcloud
日の出が遅くなっているので、陽射しがないと本当に暗いですね。
昨日は、晴れて暖かな一日だったので、重い腰をあげてバラの植え替えを終わらせました。(あ~、やっと一息dash
ずらりと並んだ植え込みを待つ黒ポットもsweat02、寄せ植えを一つ作って、少しは減らしました(^-^;A
ベランダでは、どうしても中腰で作業をするので、腰が~sweat01
それでも春に向かっての準備が少し前進すると、嬉しくなります(^^)/
Img_2480












バラは、この時期、どっとテンションが落ちて(^^ゞ、水遣りと植え替え以外は、見るだけって感じになってきます。
Img_2525












そんな中、ナエマが綺麗に開き始めました。
秋の終わりのディープカップのナエマ、ちょっと見とれますshine
Img_5238














我が家は、小型のコンテナは、すべてテラコッタにしています。
(小型のものを樹脂にすると軽すぎて、マンション6階dash強風で台から転落してしまうのと、夏場の土中温度上昇を緩和するためです。)
ただ大型コンテナは、軽量化のため樹脂製です。
写真のバック、ガラスの向こうに、ぼんやり写っているコンテナは、全部、本物そっくりさんの樹脂(^^)
この度、日本の気候に合った、バラの生育に適した輸入もののテラコッタのコンテナ発売されたと伺ったので、早速、購入、植え込んで見ることにしました。
これは、日本側が、製造元に、形状などを希望して出来上がったオリジナルだそうです。
Img_5239 Img_5241







排水をよくするために、ちょうど、日本の菊鉢のような感じで、水抜きのための穴が横にも開いています。
また、底は、真ん中が持ち上がり緩やかにカーブがついていて、水はけがよさそうです。
(従来は、底はフラット、鉢穴は中央の大きいものだけでした)
Img_5242_2 Img_5244







穴が多く、湾曲しているので、鉢底ネットの他に、目の細かい寒冷紗を敷きました。
これは、用土が流れ出しにくくなって大変よく、昨年、バラに詳しい方から教えていただきました。
これに、ネットに包んだ鉢底石を、私は、若干厚めに敷きます。
Img_5247














植え替え完了bud
バラは昨年、新苗でしたローズ・デ・キャトル・ヴァンです。
来年、どうなるかな、うまく育ちますように。
今日の写真に較べると、眩しいくらいの明るさですね(⌒o⌒;A
後は残るは、黒ポットだけ。
また頑張るぞ~(^o^)/

我が家、風邪が流行っています 

Img_2462












昨日の夕方から、濃い灰色の雲が広がって、冷たい雨が降り始めましたが、今朝は晴れて、陽射しが降り注ぎましたsun
Img_2476












久しぶりに冬の花材にビオラを選らびましたが、見元さんのビオラは、やはり華やかで発色が綺麗ですね。

昨日から、夫が風邪を引いてしまい、これで家族全員、程度の差はあるのですが、みな風邪気味、風邪引きという一家総罹患(こんな言葉、あるのかな^^;)sweat02
まだ、寒さに体が慣れていないせいでしょうか。
私の回りも、風邪を引かれた方、風邪気味の方、多いです。
どうぞ、気をつけられてくださいね。
Img_2466












少しずつ色彩が乏しくなってくる季節。
パティオローズのアリカンテが、まだまだ頑張っています。
挿し木苗なのに、プロが作りこんだものって、すごいなぁ~(^^)
Img_2469_2












この寒さで、巨大化しはじめたのが、ブルネラ・ミスターモース、ジャックフロストの白花種です。
ここは、場所があっていたのか、真夏でも、葉の数がさほど減らず、ダメージが少なかったんです。
この手前に、タイツリソウ・ゴールドハートを植えようと、通販で取り寄せていたのですが、こう大きくなると、植え込むの変更かなぁ(^-^;A
左上に豆粒ほどにジャックフロストが写っているのですが(^^ゞ、こちらは、大ダメージ。
浅めのコンテナに植えていたので、暑さで土中温度が上昇したせいかなと。
コンテナを変えてみることにしています。
Img_2458_2












ロイは、風邪も引かず元気です。
このひたすら陽気な顔を見ていると、元気になれるんです(^ー^)

ネメシアが結構咲き続けます ロイとネコちゃん

Img_2445












11月も、残すところあと少しになってきたなぁとカレンダーを眺めながら思う今日この頃です。
年賀状の作成は、毎年、夫の仕事と決まっているのですが、忙しいことを理由に?、ここ数年、暮れも押し迫った大晦日一歩手前に作り上げている始末でした。
お節料理作りやお掃除に、目の回るほど忙しい私は、書く暇もなく、私の年賀状が友人に届くのは、松の内がやっとという情けない状態が続いていました( ̄□ ̄;)
今年は、何かにつけ控えめな妻(ウソです^^;)のイメージを破り、思い切り夫にクレームをつけましたら、先日からプリンターフル稼働、できました年賀状dash
やればできるんじゃない(;一_一)
今年は人並みに、元旦到着を頑張るぞ~(^^)/

秋の終わりから春を彩る花は、ビオラやパンジー、ガーデンシクラメン、ゼラニウムくらいしか思い浮かばなかったのですが、先月、たいした期待もしないで購入したネメシア(流通名インプレシア)が、意外に寒さの中、健闘しています。
写真ではよく見えないのですが、花びらの底部に蜂蜜色が入り、なかなか複雑な色味です。
手前の斑入りもネメシアですが、こちらは咲く気配はなさそうです。
真冬はどうなるかわからないのですが、初冬くらいまでは咲き続けそう。
この時期、こんな色味のお花は少ないので、すっかり気に入ってしまいました。
Img_2439_2












ナエマ、寒さにの中、この蕾は綺麗に開きそうです。
Img_2421_2












まだ暗い早朝、いつものお散歩ルートで、なにやら上の方から視線が…。
なじみ?のネコちゃんでした。
Img_2423












なにせ暗くてよく写せなかったのですが、また見合っていました。
「降りてきて遊ばない?」
そんなことを言っているようですね。
ロイ、いつもながら、ネコちゃんが好き。
Img_2431












付け足しです。
切れるような冷たい空気の中、今日も元気に走りました~(^^♪

植物自由区 片山陽介氏の個展に行ってきました

Img_5236_2














11月23日の日曜日、京王フローラルガーデン アンジェで開かれた植物自由区の片山陽介さんの、寄せ植えの個展に行ってきました。
よく晴れた暖かいお天気で、お出かけにはぴったりsun
ここは、少し前までは、「京王百花園」と名前がつけられた庭園だったのですが、りニューアルされて、名称も変わりました。
我が家からは、それほど遠くはないのに、ここに訪れるのは、今回が初めて。
先月の新宿御苑といい、あまり身近だと、いつでも行けると思って、かえって行かないものですね。
Img_5169














個展は、22~23日の、二日間の渡って開催されました。
こちらで個展を開かれるのは、もう4回目だそうで、もっと早くから、伺っておけばよかったと思わせるほど、作品は素晴らしいものでした。
コンセプトは「自賛自Show]、地産地消になぞらえたもので、まずは、自分が美しいと気に入った感覚を大切に、ということでした。
Img_5116














作品は、全部で29点。
非常に見応えがありました。
約一時間に渡って、植物に関する片山さんのご説明の時間があったのですが、大変興味深く、気が付けば、もう、終わる時刻になっていました。
Img_5115_2














この時期は、花材がそれほどないので、ビオラがメインということでしたが、こういう組み合わせを考えるのに、5分とかからないそうです\(◎o◎)/!
「感覚で…」とおっしゃるのですが、素人には、ため息のでる世界です(ーー;)
バックの斑入りのユーフォルビア、欲しかったなぁ。
Img_5157














思わずお持ち帰りしたくなった美しいフォルムの多肉の寄せ植え。
Img_5158_2














一点一点のパーツは、時間をかけて作りこんであるものを寄せ植えしてあるので、迫力があります。
夏越しして、ヘロヘロになっている我が家の情けない寄せ植えをてこ入れしなければ、思いました(⌒o⌒;A
Img_5125_2














ベランダは、極端に一方からしか光が入らないので、背景に背の高い植物を持ってくることの多い寄せ植えは、コンテナを頻繁に回さなければいけないなど管理が面倒なのと。
また、リビング側から見て、光の関係で色彩が映えないなどの理由で、しばらく止めていたのですが、工夫して再トライしてみたくなりました~(^^)/

今回は、葉の美しい野菜を多用しているのが、作品全般の特徴でした。
Img_5142














いいなぁ~。
お正月に飾りたいな、なんて思いながら。
コンパクトデジタルカメラで写しているのですが、全体のフォルムを重視して撮ろうとすると、植物の個々の質感や、調和の美しさが伝わらず、寄って撮影すると、全体の美しさが見えないとで、四苦八苦でした。
はい、腕がよくないんです(^-^;A
Img_5143














少し寄ってみました。
葉の形、テクスチャー、樹形や草姿を考えた取り合わせ、勉強になりました。
Img_5153














紅葉しているハツユキカズラが、素敵なアクセントに。
Img_5166














作品は、ハンギングバスケットも何点かあったのですが、中でもこれは、笑ってしまうほど野菜だけで出来ていました。
ビオラは、野菜だけでは味気ないので、ということでした(笑)
手前は春菊で、右手奥は水菜、など等。
Img_5170














外に出てみると、降り注ぐ秋の終わりの陽射しの中、絵を描いていらっしゃる方がたくさんいました。
Img_5173














小径を分け入ると、視界が開けて、ポタジェ、畑が出てきました。
奥に見えるのは、バラのコーナーです。
なんだかピーターラビットが出てきそうです。
Img_5174














周りのレンガの囲いが、古びた感じで、味わいがありました。
Img_5201














バラは、ハイブリッドティー、フロリバンダ、クライミング(LCI)、イングリッシュローズなどが、比較的コンパクトにまとまっていました。
株は相当古いのか、根元はごつくて迫力!
意外にたくさん咲いていました。
我が家などは殆ど咲いていないのに、お手入れと地植えの強さでしょうか。
羨ましい~happy02
左手が、ギ・ドゥ・モーパッサン、右手の赤みのある花は、ノックアウトです。
ノックアウト、さすがに名前の通り、他のバラが黒点で結構葉を落としているのに、つやつやピカピカの葉がフサフサしていましたshine
Img_5200














とにかく光が強すぎて、色がとんでしまうので、撮るのが大変でしたが、アップのバラも少々。
ギ・ドゥ・モーパッサンです。
フロリバンダですが大きな花で、傍にあるイングリッシュローズのセント・セシリアは殆どボーリングしていましたが、花びらが厚いのでしょうか、こちらは皆、綺麗に咲いていました。
Img_5216














これもたくさん咲いていました。
フレンチ・レースです。
Img_5223














パゴーラにも何種類かのつるバラが絡ませてありました。
写真は、ラヴィーニアです。
Img_5196














ここはコニファーのコーナーの道。
Img_5198














抜けると東屋がありました。
左の紅葉している樹木は、スギ科のラクウショウです。
メタセコイアとよく似ていますが、葉が、メタセコイアは対生、ラクウショウは互生になっているそうです。

追記
ラクウショウに関して、みーさんも記事にされていますので、ご覧ください。
みーさんのラクウショウの記事は、こちらから。

Img_5226














紺碧の空に、ゴールデンアカシア(ロビニア・フリーシア)の葉の色が綺麗でした。
Img_5232














花の季節に、また来てみようと思いました。

空に向かってそびえるパンパスグラスが伸びやかでした。
Img_5230














この日は、本当に暖かく、小道の脇に植えられているユリオプス・デージーなどの花々には、蝶が舞っていました。
Img_2418












いきなり生活感溢れる写真で申し訳ないのですが(^-^;A
毎年開かれる、片山さんの個展に伴って行われる苗の販売は、さすがに彼のセレクトだけあって、素敵なものばかり、皆さんは、朝イチでいらしてたくさんゲットしていかれるそうです。
私も、来年は朝イチ組に参入するぞ~(^o^)/

で、黒ポットの苗が増えた増えたとプレッシャーがかかっているのに…、素敵な植物を見てしまうと、理性が…紙切れのように軽く吹っ飛びます。
またぞろ、凝り性もなくお買い物<(;~▽~)
見元さんのビオラ、銅葉のからし菜、カレンデュラ・コーヒークリーム、ロペジア、など等。
これから、植え付け、頑張ります。
最近、こればっかりsweat01
Img_2376












たくさんの写真が並んだ、やたら長い記事を、最後までご覧いただき、ありがとうございました(*^o^*)

最後の付け足しは、ロイが、今朝見つけたサルノコシカケの匂いをかいでいるところです。
連休最後ですね。
関東の方は、お天気は下り坂のようです。

京王フローラルガーデン アンジェに行ってきます

Img_2336












今朝は富士山がよく見えましたfuji
朝、起きてきてリビングの温度計を見ると、21.8℃、室内の気温も随分下がってきて、暖房を入れる日も、近そうです。
Img_2324












ロイは、草原が好き。
おかげで、ノミやダニがつかないように、獣医さんから戴くフロントラインは、欠かせません。
結構いいお値段なんです、これがcoldsweats01

今日は、京王フローラルガーデンアンジェで、植物自由区の片山陽介さんの個展があるので、これから行ってこようと思います。
片山さんのHPは、いつも珍しい植物があって、あれもこれもと欲しくなって、物欲を抑えるのが、なかなか大変(^^)
この秋は、ピンクのジャスミンや斑入りのクリームホワイトのランタナを購入してしまいました。
Img_2333












レディ・エマ・ハミルトン、寒くてなかなか開かないです。
でも、この時期の花の色、大好きなんです。
それでは、行ってまいりま~す。

小さな冬の寄せ植えを作りました

Img_2198












今日は、朝から少しバタバタして、アップがすっかり遅くなってしまいました。
写真も、珍しくお昼間に撮ったものです。
合間に、大型ボールの真ん中に置いているコンテナの植え替えを、急ぎしてみました。
この時期、バラの植え替えに伴い用土が大量に出るので、こういう時には、もってこいです。
この写真では、うまく写ってはいないのですけれど、手前の黄金葉のデザートスカイは、コンテナから枝垂れていい雰囲気になってきました。
Img_2288












斑入りのヘリクサム、パンジー、コクリュウのシンプルな組み合わせです。
あんまり寄せ植えのセンス、ないんです(^^ゞ
Img_2227












見元さんのパンジー、エンペラーEXシリーズのソフィアです。
このシリーズ、複雑で、華やかな色味が美しいですねshine
上の写真、左側のピンクの強いものは、同じく見元さんのキャンディドレスというフリルのあるタイプです。
パンジー植えるの、久しぶりです。
Img_2217












バラの講習に参加して戴いたパティオローズのアリカンテは、今のところ、元気に次々と花をつけています。
来年の夏が、どうなるか課題です。
Img_2187












落ち葉が目立つ、公園の芝生。
昨日ロイが、この場所でボールを追って疾走していたら、舞い上がる落ち葉を見て、子供達が即興で歌を作って、合唱していました。
内容は…。
「ロイが走れば落ち葉も走る♪、ロイが走れば落ち葉も踊る♪」
子供達が賑やかに歌っていると、ロイも走るのを止めて、みんなの傍で一休み。
のどかな光景でしたhappy01

初めて霜がおりました 苗のお買い物の続き

Img_2135












今朝、公園に今年初めて霜がおりていました。
風が北風に変わって、陽射しがあっても空気のが冷たく、外出の時は、すっかり冬支度になりました。
Img_2134












ロイは、サクサクと霜を踏むのが大好きです。
Img_2151












乾いた空気の中で、澄んだ空が広がっていました。
この空の色、冬ですね~、寒っsweat01
バラはナエマです。
Img_2171












ベランダは、レディ・エマ・ハミルトンの蕾が膨らみ始めていました。
Img_2158












先日のお買い物の続きです。
またまた買ってしまいました。
(もう、これで打ち止めです、はい(⌒o⌒;A)
前回は秋咲きでしたが、今回は冬咲きの原種シクラメン、コウムです。
Img_2162












もう、蕾が見え始めていました。
これは、コウムのなかの銀葉に緑の縁取りの葉をもつ、コウム・タイルバーン・エリザベスという品種で、花がバイカラー咲きだそうです。
どんなお花が咲くのか、ちょっとドキドキeye
Img_2163












こちらは斑入りのヘリクサムみたいで、ホワイトフェアリーなんて書いてありましたが、流通名だと思います。
ボール状になる品種だそうです。
この葉の明るさで、寄せ植えの相手にいいかなぁと思って買ってしまいました(^^ゞ
Img_2157












ずっと気になって、でも植え場所を考えて買わないでいた黒葉のビオラ、ラブラドリカです。
どこに植えるか…、模索中dash

明日から三連休ですね。
ズラリと歩ポットが並んで、いよいよ追い詰められている私です(^-^;A

冬に向けての苗をお買い物しました

Img_2103












今朝も冷えこんだ分、真っ青な青空が広がっていました。
昨日は健診後半戦だったのですけれど、引き続き今日は歯医者さんに行かなくてはいけない日でして、体のメンテ関係が続きます~、ふ~(;´▽`A``
優しくて苦痛のない治療をしてくださる、腕のいい先生でいらっしゃるのですが、やっぱり苦手です、歯医者さんのあの雰囲気(ーー;)
横浜の大学病院まで、行ってきます。
(これからバタバタですdash
Img_2100












公園の芝生は、殆ど茶色になってきて、落ち葉が目立つようになりました。
早朝は、手がかじかんでくるほどの寒さでした。
Img_2129












ベランダでは、ナエマが比較的開きそうな蕾が多く、健闘しているかな。
それにしても、今年初めて通年育ててみましたが、秋は本当に花弁が多くてディープカップ咲きになるのですね。
ボーリングしてしまった花を、試しに手で開いてみたら(無理に開かせてみた(⌒o⌒;A)、行けども行けど花びらで、感動してしまいました。
Img_2107












昨日、健診で外出した帰りに、いつもの園芸のお店へ。
ちょっと少し冬の寄せ植え用に花苗を~、ぐらいの軽い気持ちでいったのですが、帰りは、重い荷物を持って帰るはめになっていました(^^ゞ
今回は、配送していただかず、満員電車の中を根性持ち帰りsweat01

見元さんのビオラ。
今年は、ポットごとバラの大型コンテナの縁に挿し込んでみようかなとも思っています。
Img_2112












斑入りのバコパ(ステラ)です。
花つきは普通のものより良くないらしいのですが、この明るい葉の美しさが気に入ってお持ち帰りしました。
そのほか、もう少々こまごま買ってきたのですけれど、また、追々アップしていきたいと思っています。

昨夜は、冷え込みました

Img_2080












昨夜は、最低気温5℃の予想だったので、寒さに弱いトロフィラタイプのフクシアを室内に初めて取り込みました。
写真は、ベランダから見えるいつものケヤキ。
すっかり紅葉が進みました。
Img_2072












急に冷えみが強くなったので、さすがにロイも「今日は、お散歩、早めに切り上げませんか」とサイン。
最も、昨日の夕方、子供達と公園を一時間も走り回ったので、疲れ気味なのかもしれないのですけれど(^^)
子供達のお母様のお一人から「遊んでくださってありがとうございます」とお礼を言っていただき、かえって恐縮してしまったのでしたsweat01
遊んでもらってるのは、ロイの方で~す(^^)/
Img_2082












昨年の今頃のブログを見ると、まだ、バラがボツボツ咲いているのですが、今年は、蕾はあるものの咲く気配なし。
いよいよブログネタに窮する季節の到来です、ハハf(^-^; ポリポリ
写真は、斑入りのクリームホワイトのランタナです。
ハンギングバスケットの寄せ植えの花材の一部なのですが、こちらの作成も、すっかり滞っておりますsweat02

今日は、健康診断の後半戦で都心へ。
絶食がないのが、なにより嬉しいです(^-^;A

りんどう、やっと咲いているところを撮りました

Img_2046












昨日は、暖かい一日でした。
少しずつ、バラのコンテナの植え替え作業などを進めているのですが、いやなかなかはかどりませんで(^^ゞ

写真は、サワギキョウに間違えられて我が家にやってきた、リンドウです。
もう一週間くらい前から咲いていたのですが、写真に撮りそびれていました。
朝はこのように、きっちりと閉じて、あたかも開花したことなんてないのでは、と思ってしまうくらいしっかりと閉じてしまっています。
Img_5110














やっと撮りました、お昼間のリンドウさん(^-^;A
このリンドウ、ササリンドウかなと思われるのですが、はっきりとした品種はわかりません。
園芸品種より、花の色は淡くて可憐な感じがしますね。
Img_2055












ついで、ぼちぼちとベランダの咲いている植物を。
ぷっくりとしたナエマの蕾。
今も、そんなにたくさん咲いてるわけではないのですが、植え替え作業などをしている時に、何ともいえない良い香りが流れてきて、作業が楽しくなります、ではなくて、香りを楽しもうと作業の手を止めてしまいます(⌒o⌒;A
Img_2059












未だ定職につかない、ではなく定植していない見元さんのビオラ、黒ポットの中で元気に咲き始めました~、コラコラσ(^_^;)
Img_2039












付け足し、今日のロイです。
今月は、三連休が二回もあるのですね。
一気に庭仕事の遅れを取り戻す予定で~す(^^)/

週の初めに、変化の緩慢なベランダから

Img_2003












朝の寒さが、日に日に増してきますね。
ロイの息も真っ白です。
私の住む街の駅の広場にも、クリスマスのイルミネーションに彩られたオブジェが出現しましたxmas
ぼちぼちと、年賀状や今年のお節料理の計画なんかが、頭をよぎるようになっています。
街の中を、クリスマスソングが流れたりし始めると、毎度、なんだか追い立てられているように感じてしまいます。
早いな~、一年が…。
Img_2016












でも、ベランダは、気温がどんどん下がっていくので、変化の緩やかな、変わり映えのしないシーズンに突入です。
バラは花もちがいいけれど、蕾もなかなか大きくなりませんね(^^ゞ
モーリス・ユトリロは、咲き進んで優しい色になりました。
今年一番綺麗な花のような気がします。
中の絞りは、赤というよりローズピンクかな。
Img_2023












思い出したように花を咲かせているスノー・グース。
もともと、枝数の少ない株だったけれど、今、根元からのシュートは二本しかないのが、気がかりです。
まあ、上部には葉や枝はわんさかあるのですが…。
Img_2028_2












先日講習会で戴いたバラ。
ポールセンローズのパティオヒットシリーズ、アリカンテというバラだそうです。
これ以上バラは増やさないつもりだったけれど、せっかく戴いたし、もう少し大きなコンテナに植え替えてあげることにしました。
カテゴリーも新しく設けて、我が家で本格スタートです。

恵比寿ガーデンプレイスへ、バラの講習会に行ってきました

Img_5059














昨日は、恵比寿ガーデンプレイスで開かれた、バラの講習会に行ってまいりました。
恵比寿は、乗り換えなどで毎度お世話になっている割には、ガーデンプレイスに伺ったのは、本当に久しぶりでした。
オープン当時、かなりの話題を呼んだガーデンプレイスですが、その後六本木ヒルズ、新丸ビル、ミッドタウンなど次々と話題のスポットがオープンして、苦戦を強いられているようです。
写真は入り口の風景。
ポットマムの混色の取り合わせが、とても素敵でした。
最近、菊の魅力に気づいた私なんです。
Img_5065














大きなクリスマスツリーがもう飾ってありました。
素敵なオーナメントは、バカラ・パシフィックジャパンの協力みたいです。
Img_5070














コニファーのトピアリーと、足元の葉ボタンの植え込みがお洒落でした。
左手は、恵比寿三越。
植栽は、どれも、とても手入れが行き届いていて、頻繁に清掃が入り、意気込みが感じられました。
Img_5066














トピアリーの足元の葉ボタンの取り合わせ。
質感、色の違う葉ボタンを合わせると、こんなにシックで素敵になるのかと、感心してしまいましす。
Img_5092














一時、かなりのマスコミを賑わした、大きなバカラのシャンデリアです。
Img_5078














何せ高価なせいでしょうか、回りがガラスで覆われているので、カメラに収めるのに四苦八苦sweat01
していたら、故意か偶然か、突然、ライトが点灯してくれてラッキーnote
Img_5083














わかりにくいのですが、左手の大きな樹木は、オリーブです。
足元には、マーガレットが植え込んでありました。
Img_5085














こちらの建物は、グランレストランのタイユバン・ロブションです。
美味しいらしいのですが、最近は、あまり料理雑誌などには登場しなくなっているかな(^^)
ここのストックの色も、よく考えられているように思えました。
こういう公共の植栽、随分と洗練されてきたな~、と思ったり。
Img_5094_2














講習会は二時間でしたが、あっという間に終わってしまったように感じる、楽しいものでした。
20人ほどに人数を絞っていたせいか、質問も気軽に飛び出して、皆さん、頷いたり笑ったりで、とても良い雰囲気、またここであるといいな。
写真は、実物を見られるようにと用意されたバラの数々。
手前から「シャンテ・ロゼ・ミサト」、「ナエマ」、赤は「ローズデ・キャトルヴァン」、素敵なレモンイエローの「スブニール・ドゥ・マルセルプルースト」、お隣は「シャルトルーズ・ドウ・パルム」。
Img_5095_2














粉粧楼との交配で誕生したと話題の、手前が「みやこ」、奥が「てまり」。
ガーデン用にも切花用にもなる、新しいカテゴリーのバラだそうです。
Img_1949












講習会終了後、上の写真のバラを2輪くらいで、小さな花束にして配ってくださいました。
写真は、今朝の我が家のベランダで写した、その花束のバラ。
左が「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」、右が「あおい」です。
モリナールは、今年、新しく購入予定のバラなんですhappy01
Img_1931












こんなミニバラ(パティオサイズ)の開花株も下さる、素敵な講習会でした。
その後、お買い物などをして帰宅したら、精魂尽き果ててしまい、早くに爆睡。
コメントを戴きながら、お返事が遅れてしまって、申し訳ないですsweat01

秋の終わりのナエマ バラの講習会に行ってきます

Img_1898












曇り空の朝でした。
川辺の桜も、随分、色づいてきました。
桜って、紅葉が比較的早くに始まるのですね。
イチョウなどは、まだ、緑の葉のまま頑張っています。
Img_1899












今日は、久しぶりにバラの講習会に出席するために、都心へ。
口内炎、ちょっと大きくなって思いっきり目立つので、それが気になっているんです。
は~、仕方がないけど(;´ー`)┌
Img_1912












ナエマが、綺麗に咲きました。
花弁が多すぎて、低温だと開きにくいですね。
日照量の少ないベランダでは難しいけれど、こんな花がたわわに咲いたら、いいなぁ~confident
Img_1914_2












引き続きで、モーリス・ユトリロ。
他の蕾は、殆どがまだまだ固そうで、果たして咲いてくれるかな、というところです。

久々に都心の外出、さてさて、美女製造工作いたしますか
rouge

最近のベランダ遠景 リンドウが咲いたのでしたが

Img_1859_2












今日も、良いお天気の一日になりそうですね。
トリさんのオブジェは、ガーデンピックの先についているものです。
ちょっとカワイイでしょう、気に入っているんです(^^)

昨夜は、香辛料たっぷり料理にしようと、カレーを作りました。
私のカレーは、シーフードや豚肉、牛肉、タイ風といろいろありますが、定番は、お手頃で材料が調達てきる豚肉、肩ロース使う一般的なカレーが多くなりますね、やっぱり。
以前は、すべて自分で作っていましたが、最近は朝岡香辛料(株)というところのカレーペーストに、好みでヴィンダルペースト、ガラムマサラ、気分で、手持ちの香辛料をさらに追加したりするので、漂ってくる香りは、あたかも漢方薬の世界だったり…coldsweats01
風邪気味のときなんかご利益のある感じがするのですが、最近、娘からは「たまには普通のカレーが食べたい!」と不評ですsweat02
さすがに、カレーは、画像映えしないのでアップしませんがsweat01
Img_1865












何か、みつけたのかな、ロイ。
リラックスすると、お耳の位置が、グ~ンと下がってきますhappy01
この写真、耳がないみたいですね(^^ゞ
Img_1869_2












今日のベランダを少し引いて撮ってみました。
この角度ですと、だた単なるジャングルで、少しも綺麗ではないのですが、まぁ、記録ですf(^-^; ポリポリ
バラは、ちらほら黄色の葉も見え始めているのですが、こうして撮ると、なんだか緑ワサワサに見えます(⌒o⌒;A
手前の蕾はレディ・エマ・ハミルトンです。
Img_1883_2












モーリス・ユトリロ、陽射しが出て、やっと咲き始めました。
Img_1888












実は、昨日、朝九時くらいに、リンドウが開花して、ブログにアップします、なんて言ったのに。
リンドウって、かなりしっかり開閉運動をするんですね。
今朝は、また閉じてしまっていました~(-"-;)

今日はもう週末で11月も半ばに近くなって…、早いですね。

久しぶりの朝日 植え替えを始めての感想

Img_1792












今朝は、本当に久しぶりに朝から青空が広がりましたsun
あ~、陽光がまぶしいです。
といいながら、最初の写真は日の出前に撮っているので、今ひとつ雰囲気は伝わってこないのですが(^-^;A
Img_1803












お天気がよくて、空気が冷たくて湿度が低い、ロイのお好みのお天気に上機嫌note
(注文が多いね~(;´ー`)┌)
Img_1822












昨日は、重い腰をあげてやとこバラの植え替えに着手しました。
まずは、小さめのコンテナに植えてあるバラから始めたのですが、抜いてみると、太くて真っ白い根がしっかりと回っていて、オ~ッと、すっかり上機嫌になってしまいました。
嬉しいな♪
なんだか合格マークを戴いたような気がしました(^^)/

写真は、アブラハム・ダービーです。
Img_1843_2












寒かったので、それほど長く作業は続けなかったのですが、ちょっと気分的に楽になって、弾みがついた感じです。
昨年から、大型コンテナ以外は、比較的肉厚のテラコッタを採用しています。
その結果、高温乾燥するベランダの真夏でも、土中温度が上がりにくくなるのか、天候不順の割りに生育は良くて、このスタイルは合っているように思えました。
ただ、肉厚のしっかりとした良質のコンテナは、お値段もしっかりとしているのが、泣き所でしょうか(⌒o⌒;A
私は、傷物などを、オークションなどで格安でゲットしたりして、今年はコンテナを手に入れました(^^ゞ

ピンクに染まったスノー・グースの蕾。
秋は、蕾を、ほとんど虫に食べられてしまいました(ーー;)
Img_1820












ベランダで、ひとり気炎を吐いて?生長しているモーリス・ユトリロの新梢。
太いステムと真っ赤な葉が、ひときわ目立っています。
Img_1818












で、こちらは相変わらず、止まったままの蕾dash

今見たら、陽射しの中で、リンドウが開いていました。
明日アップいたしま~す(^o^)/

風邪はよくなったのですが…

Img_1757












さすがに、澄み切った青空の広がる朝が、待ち遠しいです。
今年の南関東は、本当に日照が少なくて。
寒くて、コートを羽織るのに、ためらいがなくなってきました。
11月に入ったら、なんだかいきなり冬モード。
Img_1756












夏に減らしていたロイのフードの量も、少しずつ増やしていきます。
冬は、多少、体脂肪がついてもいいな、と思っています。
あ、自分の体脂肪は、いつも寒冷地仕様についてるんですがf(^-^; ポリポリ
Img_1779












色彩が少なくなってきたベランダで、ネメシアの色が綺麗です。
気が付いたら、結構、たくさん咲いていました。

今日は、喉の痛みもとれて、すっかり復活した私のはずでしたが…。
鏡を見て、ガ~ン!
出来そうだとは思っていたけれど、口内炎が出来ていましたsweat01
それも、下唇のすぐ際なので、口を動かすと丸見えです。
うわ~、かっこ悪いなぁ( ̄□ ̄;)
自分以外の人にも不快感をあたえそう~(ーー;)
私は、風邪気味だったり、疲れ過ぎたりして、体力が落ちてくると口内炎になりやすい体質なんです。
ひどくなると、しみるので食事を摂るのも痛みをこらえつつということに。
あ、でも食べますが(笑)
風邪を引いて、口内炎で、ご飯食べられなくて痩せたこと…、ハハハないなぁ(^^ゞ
Img_1774












リンドウの蕾。
開きそうで、なかなか開きません。
Img_1783












こちらは、バラのモーリス・ユトリロ。
こちらも、待機が長いです。

インフルエンザの予防接種も始まりましたね。
皆さまも、風邪に気をつけられてくださいね。

原種シクラメン、見元ビオラが到着しました

Img_1687












今日も陽射しがないですねcloud
朝は、寒くて窓を開けてはいられなくなりました。
風邪、昨日、比較的安静路線を選んだのですが、喉は痛くて症状は現状維持dash
それでも午前中は習い事の日なので、根性で行ってこようと思います。
Img_1675












昨日は、植え替えに供えて注文しておいた、用土、有機土壌改良剤、肥料、植物などが、どっと到着しました。
大きなダンボール2箱(^-^;A
いよいよ重い腰をあげないと、まずいことに~sweat02
やります、ガンバリマス(^^ゞ
Img_1715












ベランダのナエマです。
最近は、ボーリングしかかると、摘んで室内に飾るようになりました。
まだ蕾はいくつかあるのですが、もう綺麗に開いたお花は、我が家では望めないのかな。
Img_1730












そして、これが昨日到着した原種のシクラメン、プルプラセンスです。
右が定番の模様入りの葉のもの、左が銀葉のリモーネ・ファーム。
常緑の品種なので、花のない時は葉だけでも楽しめるのではと、銀葉も合わせて購入してみました。
園芸品種を見慣れた目には、なんとも可憐で、葉も花も愛らしいです。
Img_1726












そして、特筆すべきは、この花の香りです。
スズランにも似た繊細な香り、とホームページにも載っていましたが、まさにその通りで、甘く爽やかな香りがします。
花は、夏の終わりから秋にかけて咲くそうです。
ただ今、この原種シクラメンに合うコンテナを探しているんです。
どんなのにしようかな♪
Img_1708_4 Img_1701_4







そして、見元さんのビオラの一部が届きました。
右が「ニュー歌姫」、左が「ミッキー」という品種です。
この時期、どこのお宅もパンジーやビオラ一色なのに、なんとなく反発して、しばらく遠ざかっていましたが(ゼラニウムにしていました)、今シーズンから復活させてみました。
といっても、ポイント的に植えることになりそうですが。

みーさん流の表現を拝借いたしまして、黒ポット生活の苗が増殖中です<(;~▽~)

ちょっと、気をつけなければ

Img_1634












今年の東京は、すっきりとしたお天気の日が、本当に少なかったように思えます。
今日も陽射しがなくて、寒いです。
と、寒い寒いと重ね着をしていたら、ん?、なんだか喉が痛い…sweat02
ちょっと食欲が落ちてるかも…。
これは風邪の初期症状(ーー;)
悪化しないように気をつけますjapanesetea
Img_1637












道を歩けば、枯れたエノコログサに、秋の深まりを感じます(^-^;A

たいした鉢数ではないけれど、手付かずのバラのコンテナや黒ポットの苗、今日明日にはシクラメンや見元さんのビオラの一部が届くし、風邪なんて引いていられないのに~。
昨夜は、生姜やネギをたっぷり入れた深川丼でお夕飯にしました。
この体調、今日は何にしようかな。
Img_1659












モーリス・ユトリロが、大きな蕾を持ちました。
この時期は、咲くまでに待たされますね~dash
先日アップしたリンドウ(元、サワギキョウ^^;)も、なかなか咲かないんです。
Img_1662












この出来損ないのフォリッジコンテナ、中のギボウシは、来年まで、様子を見ることにしました。
ギボウシ(ホスタ)、少しばかりレアな品種でして。
それにしても、今が一番元気です、リグラリアと、その後ろブルネラ・ミスターモース。

庭仕事だけではないけれど、やることたくさんあるし…。
ガンガン食べて、悪化しないことにかけて、庭仕事などしてしまうか、安静路線で行くか、迷うところですcoldsweats01

秋の実り、ローズヒップの彩り ご近所の巨大バラ

Img_1571_3

















陽射しがないと、本当に寒く感じるようになりました。
つい最近まで、床を裸足で歩いても平気でしたが、今はスリッパやソックスがないと冷えてしまいます。
我が家は、床暖房がないんです(ーー;)
といってもまだ、室温は無加温で23~24℃あるので、文句は言えませんがcoldsweats01

我が家のすぐそばにある、巨大なノイバラのローズヒップが、真っ赤に色づきました。
たくさん実って、なんだか美味しそうです(^^ゞ
Img_1563_2












秋に実のなる植物もいいですね。
葉は、殆どなくなっているのに、なんだか暖かい感じがしました。
この辺の鳥さんたちのご飯になるのかなrestaurant
このノイバラが、ド~ンと咲いていた様子は、こちらから。
Img_1590












ロイは、今日も元気です。

昨日、フードを美味しそうに食べるロイを、いつになくじっと見ていました。
カワイイな~heart02
するとロイは、気になるのか、こちらをチラチラ伺いつつ食べていましたが…、ついに、「しょうがないなぁ」という顔をして、やおらくわえたフードの一部を、私の前にいくつかポトリと置いて「あげる、お腹空いてんでしょ」と(⌒o⌒;A
よっぽど惜しくて仕方がなかったのか、ヨダレがタラタラ落ちていましたが<(; ^ ー^)
ロイ、私が、お腹が空いているのかと思って、自分のご飯を分けてくれたのでしたsweat02
ハハ…、ロイ、ありがとうね(^^ゞ
Img_1628












ベランダです。
斑入りのランタナは、寒くても、本当によく咲きますね。
手前は、ネメシアです。
流通名は、インプレシアです。
Img_1605












コリウスを、こんな時期までも繁らせておいたことはなかったのですが、結構いつまでも元気なものですね。

追伸
最近、ココログのシステムの調子がおかしくて、コメントを戴いても、最後のところに正確にカウントされないことがあります。
ご不便をおかけしていて、申し訳ないですsweat01
なお、サイドバーには、表示はされているみたいです。

我が家の回りも、紅葉が始まりました

Img_1509












ベランダから見えるケヤキの大木です。
気づいたら、もう、こんなに葉の色が染まっていました。
Img_1546












少し左側を見ると、鬱蒼とした樹木の中に、マンションなどの集合住宅が建っています。
この辺りも、紅葉が始まっていました。
街の中を、少し散策したくなりました。

昨日は、留まることを知らないブツヨク(物欲)に、我ながら、呆れてしまいました(^-^;A
場所がないと言いつつ、小振りな苗であることと半日陰で管理できそうという言い訳をして、以前から気になっていた、香りのある常緑の原種のシクラメンを二株も取り置きお願いしてしまったのでした<(;~▽~)
品種名はプルプラセンス
定番の模様の入った葉のと銀葉のもの二種類です。
一年草を楽しむ計画は、徐々に腰くだけに(^^ゞ
またも変化の乏しいベランダになって、ブログネタに困りそう~~( ̄▽ ̄;)
届いたら、アップいたします。
Img_1514












そろそろ終わりに近づいてきたロース・デ・キャトル・ヴァン。
クォーターロゼット咲きになって、迫力です。
意外に辺りに香りを放ちます。
Img_1533












ちょっとだけ開いたナエマ。
気温が下がって、ベランダガーデンも、変化に乏しくなってきました。
植え替え…、一つでも黒ポットの植物を減らさなくてはcoldsweats01

間違いみたいでした

Img_1454












今朝は、陽射しのない曇り空の朝。
写真を撮ると、6時を過ぎているのに真っ暗で、これから夜になるんじゃないかって、イメージになってしまいます。
薄闇に、ぼんやり浮かんでいるバラは、レディ・エマ・ハミルトン。
カップがグッと深くなってきました、って、見えませんよね(^^ゞ
Img_1470












今日は、公園で遊んでいたら、お散歩中の若いご夫婦に出会って、たくさんたくさん可愛がってもらえました。
ロイは、この通り、最高に幸せそうです(^^♪
Img_1472












で、本題なのですが…。
この山野草は、サワギキョウ、ということで購入しました。
「もう、花は終わっているけど、来年咲いたら、可憐で綺麗ですよ」という触れ込みで、我が家にやってまいりました。
これから、種が出来るのかなと思わせていた緑の硬そうな先端は、ん?、何やらつぼみ風に。
再度調べ直してみると、どうやらこれは、リンドウのようですcoldsweats01
あら~、残念、とも思ったのですけれど、花の少ないこの時期に咲いてくれるなんて、これもなかなかいいな、ということで、引き続き居てもらうことにしました(^^)
それにしても、植物で、いよいよ飽和状態のベランダです。

秋の庭仕事、やらなくちゃ

Img_1418












ゆっくりと、いつもの川辺の風景から、緑の色あいが消えてゆくような感じがします。
穏やかな秋も、もうすぐおしまいですね。

毎年のことなのですが、昨日、懇意にしている日本画家の方から、日展の招待状が届きました。
もう、そんな季節なのですね。
日展も、乃木坂の方になってから我が家からは行きやすくなり、また、見終わった後に、六本木界隈で、食事が楽しめるようになったのも、鑑賞する側としては、嬉しいことです。
Img_1437












ノコンギク、花期が長いですね。
最近素敵な色も増えたし、秋のベランダに、菊もいいなぁ。
Img_1447












アブラハム・ダービーは、コロリと丸く、カップが深くなって、花は小さめでもなかなか魅力的です。

みなさんのブログを拝見していると、もう秋の庭仕事をせっせとなさっていて、プレッシャーを感じる今日この頃。
少しずつでいいから、進めておこうと誓いを新たにf(^-^; ポリポリ
Img_1452












昨日、私の背丈の半分ほどもある大きな箱が、ナーサリーから届きました。
おお、立派な苗木が入っているのではと、期待に燃えて、勇躍、開けてみたら…。
写真中央、4号ポットに植えられた、小さなのが、ちんまり(ーー;)
う、結構なお値段だったのにな(-_-)
八重の大きめな白い花が咲くバイカウツギ・マントーデルミヌです。

晩秋のベランダのバラ 食を求めて放浪しました

Img_1391












寒くなりました。
ロイは、真っ白な息を吐きながら、元気に走り回っております。
子供と犬は、まさに「風の子」ですね。
今年は、なんだか天候不順な南関東で、ベランダのバラや植物も悲喜こもごもです。
Img_1411












昨日は、健康診断なるものを受けるために、朝八時から絶食でした(ーー;)
いや~、食べないとお腹もへこんで、体重も減りますね♪、一時的にですが…sweat02

写真のバラは、ジュビリー・セレブレーションです。
銀葉は、ヘリクサム・コルマ、白い小花はユーフォルビア・ダイアモンドフロスト。
Img_1413












健診は、三時前にスタート。
予約が多いのか、婦人科系は別の日になり、意外に迅速に進み、四時くらいには終了でした。
が、これが逆にツライことに。

バラは、ナエマ。
蕾が真っ赤でカワイイです。
まだ、樹に力がないのか、花びらぎっしりなのですが、ボーリングしてしまいます。
Img_1396












8時間以上何も食べてなかったので、緊張から解放されると、猛烈にお腹が空いて、しっかりとした食事が摂りたくてたまらなくなりました。
「お腹空いた~、もう、動けない」
あ、そうそう、目のオートフォカス機能が衰えて(老眼といいいます^^;)、暗いところで新聞が読みづらくなっていた昨今、視力はどうなっているのだろうか、と思ったら、両眼ともに1.5dash
嬉しいやら、老眼を再認識したやら(^^ゞ

ローズ・デ・キャトル・ヴァンです。
ビロードのような質感、一輪でも満足できるばらですね。
花もちは、季節を通して抜群です。
Img_1400












健診を受けるための場所は、丸の内仲通り内にあったので、よろよろと、近隣のビルの地下街にいったのですが、ない、開いているお店がない~。
この中途半端な時間帯がネックで、お店はクローズしてるかお茶の時間(-_-;)
健診を受けるたびに、毎度の状況ではあるものの、慣れませんね(T-T ))(( T-T)

バラは、レディ・エマ・ハミルトンです。
Img_5053_2














ふと、地上に出てみたら、ハンギングバスケットが、通りで綺麗でした。
Img_5056














東京駅に近いオアゾの方にまで、足を伸ばす頃には、もう、フラフラでした。
さすがにこの辺までくると、軽食(スープストック東京)のコーナーがあって、とりあえずお腹を満たしましたrestaurantcafe
ふ~。
今思えば、近隣のホテルにでも飛び込めばよかったのかもしれないのですが、判断力ゼロ、それに、ここではあんまり食に関する土地勘もないし(;´ー`)┌
お腹が空ききると、胃に優しい食事が欲しくなりますね、この年になると(って、どの年coldsweats01
写真は、何気なく撮ったオアゾの中です。

寒い朝でした

Img_1352












11月に入ったら、急に冷え込みが強くなったような気がします。
寒いです。
バラは、かなり花もちがよくなりました。
Img_1363












ロイは、おかげさまで、今日も元気であります(^^)
Img_1376












何がなんだかわかりにくい写真ではありますが(^^ゞ
中央に、ひょろ長くたっている苗木は、新入りのビブラナム・フレンチホワイトです。
スイカズラ科常緑低木で、このフレンチホワイトは、花つくよく耐陰性がある、とのことで、購入しました。
ビブラナムは、魅力的な品種がいくつかあるのですが、秋と冬以外は明るい日陰のベランダでは、「耐陰性」、大事なんです(ーー;)

今日は、健康診断hospital
あ~、この年齢になりますと、ちょっと憂鬱です。

八ヶ岳倶楽部に行ってきました

Img_4981_2














11月2日、よく晴れた朝、中央高速を軽快に飛ばして、ロイと八ヶ岳倶楽部に向かいましたcar
奥に見えているのは南アルプスです。
ただ、出る時ちょっとのんびりしすぎて出遅れ、毎度ながら、猛烈な渋滞に引っかかってしまいました。
連休中ですし、覚悟はしていったのですけれど、予定より一時間も遅れて到着になりました(^-^;A
Img_5028














こちらに伺うのは、約10年ぶり。
以前は、この近くにある部屋が四つしかない素敵なホテルがお気に入りで、この甲斐大泉にも時折、訪れていたのですが。
度重なる子供の受験だなんだで、また、犬を飼ってしまうと泊まれるホテルも限られてしまって、こちらにも、すっかりご無沙汰でした。
Img_1129












空気は澄んでいてshine、紅葉は、ひときわ青空に映えていましたmaple
Img_4996














八ヶ岳倶楽部のレストランは、テラス席では犬もOKということでしたので、今日は、ロイと張り切ってやって来ました♪
Img_1125_2












連休中で、たくさんのお客様で賑わっていましたが、スタッフの方々は、てきぱきとお客様をさばいて、順番待ちでしたが、すぐに名前を呼ばれました。
レストランで、マンウォッチングするのが好きなロイ、もう期待で満面の笑顔(^^ゞ
Img_4997














お庭の見渡せる席を選びました。
ホームページでは、真っ赤に色づいた葉で覆われた木立が載っていたのですが、僅か4~5日の差で、すっかり散ってしまっていました。
山の秋は、過ぎていくのが早いのですね。
Img_1161












定番の、たぷりのフルーツの入ったお茶をいただいて。
サラダやオードブルなど、いろいろ頼んでしまいました。
Img_1153












メインは、ビーフシチューのパイ皮包み。
ベルギー産のビールで煮込んだというシチュー、美味しかったです。

グラスのところに、蜂がホバーリングしているのが、わかりますか?
テーブルに、注意書きもあるのですが、時折、大きな蜂が飛来するのです。
特に、ワインwineを頼むと、アルコールの香りに反応するのか、すぐにやってきますcoldsweats01
あ、もちろん、もう、運転はしませんでしたよpaper
Img_1139












椅子の下では、ロイは、のんびり辺りを観察。
空気が冷たいのが嬉しいのか、気持ちよさそうでしたheart01
Img_1266












ぶらぶらと、ショップを覗いてみました。

Img_5043














山野草や多肉植物、季節柄、ミニシクラメンなどが、たくさん並んでいました。
Img_1275a












子供好きのロイは、赤ちゃんのお相手も出来ることをアピール(^^)
「おりこうね、お行儀がいいわね、可愛いわね」
なんてお褒めの言葉を、たくさんのお客様から戴いて、ロイは、すっかり上機嫌。
気分はスターさん、だったらしい…(⌒o⌒;A
Img_1280












ゆっくりと植物やガーデニンググッヅを眺めて行って…。
なかなかお買い得の植物を、買うことができました(^o^)/

この日は、お父様の柳生さんも、またご子息の真吾さんもいらっしゃり、ファンタジスタでもある私は、彼と共にフリージアを見つけるために活躍なさっている竹下大学さんへの、伝言を、お頼みしてしまいました。
最初は何も知らずに、よくコメントしていたあるブログが、キリンアグリバイオで活躍なさっている世界的な育種家竹下大学氏の私的なブログであることを知ったのは、つい最近のことでした。
柳生さんや竹下さん、様々な方が協力している、フリージアをさがすロマンのお話は、こちらから。
Img_5017














初めて伺ったときに較べると、お庭はすっかり完成して、時間の積み重ねが、趣を与えていました。
Img_5015














時間の経つのを、忘れてしまいます。
Img_1166












見上げれば、紺碧の青空。

Img_1196












ロイ、過ぎ行く秋を想う…(ウソ^^;)
誰か、遊んでくれないかな(ロイ談)
Img_1297












暗くならないうちに帰路に着きました。
紅葉があまりに綺麗で、いったい何枚の写真を撮ったことでしょうか。
いや~、ブログに、どの写真を載せるか迷いました~(^-^)
Img_5051














美しいシルエットを見せる富士山を眺めながら、一路、東京へ。
といいたいところなんですが、帰りは、半端ではない渋滞にまきこまれ、わずか6キロ進むのに一時間もかかるていたらくsweat02
やっとインターに辿り着いと思ったら、今度は、そこから一般道に出るまで、車が繋がっているという始末でした。
トホホな帰り道でしたが、有難いのは、ロイがいつも、後部シートのチューブの中で、何も言わずにつきあってくれることです。
旅のいい相棒です(^^♪
Img_1341_2












八ヶ岳倶楽部からやってきた、トリフィラタイプのフクシア、ガルテンマイスター・ボンシュテットです。
実は、小さな苗を、夏にナーサリーから取り寄せしたのですが、枯らしてしまいましてsweat01
この開花株、かなり下葉を落としていましたが、8号くらいのコンテナに植えられた大きなものが、苗三つ分くらいのリーズナブルなお値段でしたので、思わず買ってしまいました。
フクシアにお詳しいYoYoさんのホームページを、改めて熟読。
こんどは、上手に育てたいな。

ロイと紅葉狩りに行ってきます

Img_1114












今日も良いお天気~sun
ちょっとボーリングしているナエマです。
Img_1103












野うさぎ(みたいでしょう^^;)ではなく、今日は、ロイと、これから紅葉狩りにいってきま~すcardash

追伸
昨日、Garden Schopのぽんさんのサイトに伺いましたら、10月いっぱいで、お休みをなさるということで、サイトを閉じられていました。
大変寂しく、また、もう、あの素晴らしいHPも拝見できないことを、大変残念に思いました。
ぽんさん、長い間、ありがとうございました。

苗の植え込みをしたら、またまた新しく到着^^;

Img_1034












川辺の桜が紅葉し始めて。
Img_1036












いつものお散歩道も落ち葉が目立つようになりました。
過去ログで確認しないとわからないですけれど、心なしか、今年は紅葉が早いような気がします。
Img_1091












少々風邪気味だったのですが、昨日、新しく来た苗を、いくつか植え込みました。
この取り合わせは、少し無理があるような気もしないでもないのですが。
カリオプテリス・サマーソルベットと、ミヤマホタルカズラの園芸品種、リソドラ・ホワイトスターです。
本当は、もっと小さなコンテナから始めるべきなのですが、余分なのがなくてこんな感じに(^^ゞ
頑張って大きくなってねsweat02
Img_1083_2












苗置き場になっていた、ガーデンテーブルがちょっと広々したら…、ピンポ~ンnote
ハハハ、また増えてしまいましたcoldsweats01
ダイアンサス・ソーティーや黄金葉のツユクサスイートケイト、タイツリソウ・ゴールドハートです。
春から夏の間の日照不足に耐えてくれるか、気がかりなのですが(ーー;)
Img_1018












最後は、デルバールのローズ・デ・キャトル・ヴァンが、秋らしい色で開き始めました。

今日は、朝から都心に用事がありまして、行ってまいります。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!