« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

今年一年、本当にありがとうございました

Img_3853













いよいよ大晦日となりました。
東京は、今日も、穏やかに晴れ上がりましたsun
富士山がよく見えますfuji
Img_3881













今年は、ずっと、家庭を中心に過ごしてきた私が、少し行動半径を広げた年でもありました。
関西で、ネットで、素敵な方々にたくさん出会い、園芸に対する興味も、大きく広がりました。
Img_3891_2













一年間、この拙いブログをご覧戴きまして本当に嬉しく、深く御礼申し上げます。
年末年始、何かとお忙しくていらっしゃるとは思いますが、ご自愛くださいね。
過ぎ行く今年を名残惜しく思いながら…、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
Img_3848_3 Img_3838







最後にちょっとsweat01
私が、おせち料理のための、出汁をひいている時のロイです(^^ゞ
出し殻のカツオ節目当てで、キッチンの入り口で、かなりsign01真剣に待っております(⌒o⌒;A
それでは、とアップしようとしたら、ピンポ~ンnote
Img_3899













ご主人さまが、いつもご自宅で、お手製の美味しいおそばを打たれる友人から、年越しそばが届きましたshine
嬉しいなhappy01
K.Iさま、本当にありがとうございました。

お年末の家事、最後の追い込み、ファイト~、ですね(^-^;A

来シーズンに向けて 大苗がすべて到着しました

Img_3815













今日は、陽射しが暖かくて、おせち料理作りや、お掃除にも、張り合いが出そうです。
お節料理は、結婚以来、もうずっと作り続けてどれくらいになるかな~、と(^^ゞ
人気のなかったお料理はメモしておいて、次の年は、また違ったメニューにしていきます。
まだ私も年齢が若くて、子供も食べ盛りの頃は、本当に、あらゆるものを、たくさん作っていました。
(体力と根性があったな~^^;)
このところ、多少縮小傾向にあるとはいえ、お年末は、フーフーいいながらも買出しやお料理に追われないと、一年の区切りがつかない、そんな感じになってしまいました(;´▽`A``

ナエマ、このところの陽射しで、なんだか開きそうです。
Img_3834













昨日、来シーズンに向けての、バラの大苗の最後の一種類が到着。
これで、すべて勢ぞろい(^^)、左からエモーション・ブルー、ラ・ローズ・ドゥ・モリナール、シャルトルーズ・ドゥ・パルムです。
最後のシャルトリューズは、、私には、バラというよりリキュールのイメージかなsweat01
カテゴリーも新設しましたshine
Img_3793













ロイ、長く伸びた陽射しの中で、蓄熱中ですspa
触ると、温っかいんです。
Img_3782













こんな霜の原っぱを、朝は暗いうちから走っております。
寒いのが大好き~note、だそうで(⌒o⌒;A

決戦!年末の買出しに行ってきました

Img_5536















毎年29日に、私の中では恒例になっている年末の買出しに行ってきました。
昨年も、アップしております^^;)
普段は9時半に開くいつものスーパーも、今日から三日間、アーリーバードセールと称して、一時間繰り上げの8時半開店。
9時半までは、大安売りタイムになるんです。
Img_5529















で、毎度、このように開店前から、ズラリと人が列をつくっていますsweat02
駅前にあるこのスーパー、駐車場がすぐいっぱいになるので、8時前には到着していないといけなくて、今日は、朝から気合でしたbomb
Img_3767 Img_5531







今年は、お天気が良くて助かりましたsun
雨の年は、傘をさしつつ、足踏みをして待つことも…。
お店側も配慮してくださって、並んでいるお客様に、毎回、熱いコーヒーを配ってくれますcafe
これで、ちょっと人心地~spa
Img_3769













ふと通りを見ると、クリスマス期間中、夜を彩ってくれた、イルミネーションのオブジェの取り外し作業が始まっていました。
このカワイイそりは…。
Img_5412















夜は、こんな感じでした。
Img_3773













思いっ切り、生活感丸出しですがf(^-^; ポリポリ
車のトランクは、暮れからお正月にかけての食料品で、満載dash
今日から、さらに気合だ~rock

冬の陽射しのベランダから

Img_3740













晴れていても気温の低い日が続く南関東です。
毎朝、やってくるメジロさんのお食事風景。
蜜柑半分が、一日で食べつくされてしまいます。
Img_3736













口ばしの先に、蜜柑の果肉がついているのが、カワイイです♪
Img_3749













花は咲いていませんが、12月くらいは、まだまだ、バラの葉はたくさん残っています。
Img_3712













スノーグースは、この時期、いつまでもこままの姿。
それにしても、今年は冬バラがないも同然で、ちょっと寂しいなぁ。
Img_3708













開かないかな、と思っていたナエマの蕾が、緩んできました。
Img_3743_2













ガーデンテーブルの上です。
銅葉のからし菜が、寄せ植えのバランスを崩す勢いで繁茂してきましたsweat02
う~む、これを機会に、葉を少し摘んで、食べてみようと思いますrestaurant
Img_3701













毎朝、霜柱で、真っ白な公園を走っています。
寒くて冷たいせいか、顔も、緊張気味dash

やることたくさんあるのに、気ばかり焦っておりますsweat01

本日、ブログおやすみします

Img_3683













今日は、ロイママが外出のため、朝のブログはお休みです。でも、朝のお散歩で、いつものお友達にあえてハッピー、ハッピーです(ロイ談)\(◎o◎)/!


Img_3688













昨晩の寒かったようで、公園の水のみは吹き出した形で凍っていました。本格的な冬到来ですね(+_+)

咲きそうで咲きません

Img_3644













クリスマスは、必ずと言っていいほど寒波がきて、冷え込みが厳しくなりますね。
今朝も、寒かったです。
クリスマスが終わると、いよいよ年の瀬、昨日の夕方、スーパーに行ったら、クリスマス用の食材やオードブル類、鶏のローストなどは、早々と半額になっていて♪、代わって次々とおせち料理の材料が運び込まれていました。
Img_3642










一日で変わるといえば、昔々、まだ、仕事をしていて出張でホテル泊まりが多かった頃、日本橋の本社に程近い、有楽町のホテルにクリスマスに泊まっていたことがありました。
24日にチェックインした時は華やかなクリスマスディスプレイだったのですが、25日の夜中、暦は26日にさしかかっていた頃、何気なくロビーに降り立ったら、オーライオーライと小型のクレーンのようなもので、巨大なクリスマスツリーを搬出していました。
朝行ってみたら、一夜にしてお正月飾りに変身、雰囲気を出すのも大変だなぁと感じた思い出があります。
Img_3670













ベランダでは、原種シクラメン達が蕾を結構あげているのですが、これがなかなか咲きませんsweat02
もう3週間くらい蕾のままの状態です。
写真はコウム・ピューターリーフ、ポットの縁で、丸まっている茎が立ち上がると蕾が見えてきます(^^♪
可憐なんですワ(*^-^)
Img_3667













蕾があちこち離れていて、一個しか写っていませんが(^^ゞ、こちらはコウム・タイルバーンエリザベスです。
もう花びらの巻き巻きまで見えるのですが、このままフリーズしております。
咲くのは、年明けかなぁ。
それにしても、この原種シクラメン、大株にしたら、カワイイでしょうねン~heart04
Img_3647_2













ついでにクリスマスローズの斑入りのニゲルです。
この根元のふくらんでるのが花芽だと伺ったのですが…。
あちらこちらのブログで開花宣言をきくのですが、我が家は、2鉢どちらもまだまだな感じです。
本当に咲くのか、いささか気がかりになってきました(ーー;)

今年はいつになく年の瀬準備をサボリ気味、いいかげんブーストかけないと、いよいよお尻に火が付きそうな今日この頃です~bomb

Merry X’mas 2008

Img_3596













Merry Christmas!
みなさま、クリスマスは、どのようにお過ごしでいらしゃいますか。
我が家は、シャンパンを開け、ケーキを少し戴いて、とっておきのチーズなんかを切ったくらいで、イヴの昨夜は普通に過ごしていました。
しかも、私は習い事まで行ったりして(^^ゞ
そうそう、NORADのサンタ追跡も、楽しんでいます。
Img_5518_2











フォトジェニックに撮れないのですけれど、毎年、知り合いのシェフに採算度外視で作っていただくケーキです。
厚く栗のクリームが敷き詰められ、マロングラッセやブランデーの香りが濃厚でしたcake
中も複雑な構造dash
Img_3631













良いクリスマスの一日になりますようにxmas

今日は、美味しいものを作ろうかな(^^)/

ドッグスクールのクリスマスパーティーに行ってきました

Img_3578













昨日、元気にドッグスクールの卒業生、在校生向けに、毎年開かれるクリスマスパーティーに参加してきました。
ロイ、家庭犬の躾けの学校、Can! Do!の成城本校にパピークラスから入学しました。
当時、犬を初めて飼った私は、仔犬だったロイのパワーに振り回されっぱなし(^^ゞでしたが、犬について多くを学ぶことができて、ロイについて理解を深めることができたのでした。

写真は、パーティーで行われたゲームで、ロイが獲得?した賞品です(^^)
今回は、チームを組んでの対抗戦でしたが、アンカーに選ばれたロイのチームは、運も幸いして堂々の一等賞でした~shine
Img_3548













ゲームの最中の一コマ。
輪の中で、フセかオスワリで待っていなければいけないのですが、私のコマンドよりも、目の前のオモチャが気になっているオマヌケなロイの図です(^-^;A
Img_5497_2















お菓子や食べ物は、持ち寄りやスタッフの方の手作り品もたくさん並びました。
Img_3546













スクールが大好きなロイは、インストラクターの先生方にお会いすると、嬉しくて目がキラキラグルグルeye
先生~、と甘えっぱなしでした(⌒o⌒;A
Img_3532













右側の怪しげな?^^;サンタさんが、代表の西川先生です。
こうして、二時間が、あっという間に過ぎていきました。

今日は、クリスマスイブですね(^o^)/
みなさま、どうぞ良いクリスマスをお過ごしくださいxmas

昨日の南風の影響で クリスマスパーティーに行ってきます

Img_3524













昨日は、お昼過ぎまでは、本当に暖かくて、ベランダの植物も、少し寒さに対するガードが緩んでしまったようでした。
全く開く気配のなかった斑入りのネメシアが、ポツポツ咲いたり…。
写真では、ポツ、ですが(^-^;A
Img_3516













一つだけ残っていた蕾のレディ・オブ・メギンチが開き始めたりしました。
このメギンチ、あまり条件の良い場所に植えられていないとはいえ、今年の夏の間は、化石のように生長が止まっていました。
大型コンテに植え替えた時も、根張りが悪く、その後を心配しましたが、枯れこむことはなかったようです。
ただ、殆ど咲きませんでした。
過酷な条件のベランダで、さらに日照の少ない場所となると、イングリッシュローズは苦しい感じになります。
でも、この華やかなバラ色としなやかな枝ぶりは好きで、時間をかけて育成していこうと思っています。
Img_3500













今日は、ドッグスクールのクリスマスパーティー。
会場で、嬉しさのあまり、本人(犬)のパワーを爆発させることになってはいかんと、今朝は、ガンガン走らせました<(; ^ ー^)
Img_3507













結果、もう走れません、態度で示されました(⌒o⌒;A
疲れすぎて、体が斜めにかしいでおります。
ちょっぴり念入りにブラッシングして、それでは行ってまいります(^o^)/

昨夜から強い南風が吹いています 冬を彩る赤い実

Img_3491













昨夜から、南関東では強い風が吹いています。
夜中に、ベランダに出てみたら、予想に反して暖かい\(◎o◎)/!
南風でした。一瞬、春一番みたい、とバカな考えが頭をよぎったりしまして(^-^;A
時折、猛烈な突風になって、あたかも台風が接近しているようなイメージ。
風は、今日の午後には収まるらしいのですが、この風のおかげで、最高気温の予想は20℃!
夕方には12℃になるという、冬と春が一日で味わえるようなお天気になるようですsweat02
Img_5469















野鳥が、冬に備えて忙しそうですね。
ご近所の赤い実のなっている植物を写してみました。
こちらは、巨大なノイバラのローズヒップ。
もう、無数になっていて、鳥さんも食べきれないのでは、という感じも(^^ゞ
Img_5473















鮮やかな赤い実が、たわわになっているマンリョウです。
縁起をかつぐ植物のせいか、センリョウと共にストレートなネーミングですね(⌒o⌒;A
こういう様子をみていると、花が地味でも、冬を彩ってくれる実のなる植物っていいなぁ、と思います。

マンリョウ(万両):ヤブコウジ科ヤブコウジ属常緑小低木
参考までに、センリョウ(千両):センリョウ科センリョウ属常緑小低木
マンリョウは下向き、枝の下方に、センリョウは上向きで枝の上のほうに実がつくのが違いますね。
葉もセンリョウは、フチにギザギザがあります。
Img_5476















ぎっしりと実がなっているのはピラカンサです。
なんだかつやつやして美味しそう御♪
赤い実も、木が大きくてたくさんなっていると、意外に華やかに見えました。

ピラカンサ:バラ科ピラカンサ属常緑小低木 和名トキワサンザシ
Img_3486













闇夜ではなく、朝のロイさん。
明日は、楽しいドッグスクールのクリスマスパーティーだね(^・^)

冬至の日の朝に遠出のお散歩に行きました 我が家のメジロさん

Img_3420













今日は冬至ですね。
東京は、真っ青な空が広がりました。
Img_3446













陽射しに誘われて、ちょっと遠い公園に向かいました。
爽やかな木陰の道は、深い落ち葉の道に変わっています。
ロイ、毎度、枯葉の中では、保護色してます(^・^)
Img_3438













斜めに射し込む長い日差し…。
公園は、誰もいませんでした。
まるで、夕方のようですね。
柔らかな冬の光、師走の忙しさを、一瞬、忘れてしまいそうになりましたdash
Img_3474













ベランダの冬から早春の風物詩?になりつつあるメジロさんですが、最近、時々、やってくるようになったので、定番のみかんをトネリコの木にぶら下げてみました。
写真のオレンジ色の物体です(^-^;A
Img_3456













すると、昨シーズンと同じメジロさんかなぁ、一羽しか写っていませんが、たいがい二羽連れ立ってやってきます。
いや~、さえずりが賑やかなんです♪♬♫
カワイイheart02
でも、虎の子のジュビリー・セレブレーションの花に、頭を突っ込むのは、止めてくないかなぁ(^^ゞ

今日は、ゆず湯ですねspa

サンタさん追跡のカウントダウンが始まりましたね 我が家の寄せ植えのその後など

Img_3317













今日も、良いお天気ですsun
我が家には、今年も引き続きメジロさんがやってくるようになって、今日、トネリコの木に、みかんをぶら下げました。
まだ、写真は撮っていないのですが、うまく撮れたらアップしようと思いますcamera

昨年も記事としてアップしているのですが、いよいよNorad(北米航空防衛司令部)が、サンタさんの追跡のためのカウントダウンを始めましたね。
世界中を回るサンタさんを衛星カメラで追跡してくれます。
もう、歴史も古くなって、比較的最近は日本語バージョンも作られてから、いっそう親しみやすくなりました。
子供がまだ小学生の頃は、これを見せると効果てきめん、娘はずっとサンタさんの存在を信じていたようでした(^^ゞ
子供も成長して小学校高学年くらいになると、サンタさんに会おうと寝ないで待っていたりしましてsweat02
で、ツリーの下にプレゼントを置く親も、だんだんと体力勝負present
眠りに落ちたのを見計らって、プレゼントを置いたのが、明け方なんてことも(⌒o⌒;A

サンタさん追跡の様子を見るNoradのサイトはこちらから。
Img_3369













ベランダのガーデンテーブルの上の寄せ植え。
かなり高さのあるテーブルなので、普段は横からしか撮っていなかったのですが、生長の様子が見たくて、上から撮ってみました。
小さくて貧弱な苗だった斑入りのネメシアが大きくなっていました。
この後ろ側が、見元さんのビオラとリソドラ・ホワイトスターが植え込んであります。
Img_3345_2













植物自由区で購入してきた苗で作った寄せ植え。
画像は上が切れてしまっているのですが、寒さの中、カレンデュラ・コーヒークリームが、次々と花を上げてくれるのに、ちょっと驚いています。
銅葉のからし菜、大きくなってきました。
昨日、みーさんのブログを拝見して、えぇsign03、こ、こんなに大きくなるものなのかと、びっくりしてしまいました(^-^;A
巨大からし菜の写真のあるみーさんの記事はこちらから。

明日は冬至、来週はクリスマスのある週ですね。
私は、飲みすぎ注意ですf(^-^; ポリポリ

ベランダの冬を彩るリーフなどを

Img_3302












昨日の南関東はとても暖かくて、日中は、コートなしでも平気なくらいでした。
今日も晴れ、斜めに長く陽射しが入り込んで、この時期の朝ベランダは眩しい~sun
11月に、植物自由区の陽介さんの個展を拝見しに行った時買ってきた、この紅葉が美しい植物、私は斑入りのモッコクだと勘違いをしていたのですが、良く見れば、葉の縁取りにギザギザがあるし、違うようでsweat02
ウウ、なんだろう?(ーー;)
よろしかったら、どなたか、教えていただけたらと思いますsweat01
お隣は、一緒に購入した銅葉のからし菜。
Img_3292












秋に小さな苗でやってきた裏紅秋海棠はすっかり大きくなり、今頃花を咲かせ始めました。
咲き始めは、うっすらとピンクが入り、白いお花が咲きます。
寒くても意外にタフ~eye
Img_3308












そして今年、ベランダで、二度目の冬を迎える黒法師、ブラックアエオニウム、夏越しした時は、憐れな姿になっていましたが、ようやく復活し始めました。
こういう多肉植物、多肉系だけの寄せ植えなどではなく、何か他の植物と混植できないものかな、と以前から思っていたのですが、ガーデナーの吉谷桂子先生が、ピンクのマーガレットと黒法師の寄せ植えを作っていらっしゃいました。
そんな組み合わせも、「可」なのですね\(◎o◎)/!
多肉植物が様々な植物とともに、素晴らしい魅力を放っていらっしゃるお庭に、020さんの「乙庭」が、あります。
現代的な、洗練された感性が漂う美しいお庭は、こちらからです。
Img_3283












落ち葉のじゅうたんの公園をバックに。
ロイ、23日のクリスマスパーティーに向けて、芸の練習に余念がない日々?
(飼い主より、本人(犬)が乗り気dash なかなか練習を終わらせてくれない(^-^;A)

追記
冒頭の写真の植物は、ツルマサキではないかと、020さまに教えていただきました。
添付していただいたURLの写真を拝見させていただいて、ツルマサキ・エメラルドゴールドだと思います。
020さま、本当に、ありがとうございました(^^)/
教えていただいたURLは、こちらから。

ベランダの冬のバラは、最後の輝きです

Img_3227












昨日は、冷たい雨一日中降っていました。
寒かったです~sweat01
今日は朝から陽射し、やれ嬉しやsunhappy01

今年のベランダのバラは、もう、殆ど蕾が残っていないので、今、咲いている花が、冬を彩る最後のピークのような気がします。
花弁の外側は、幾分傷んでいたりしますが、この時期の色が一番好きです。
Img_3230












まだ、小さな蕾は1~2個ありますが、綺麗に咲くのは、これがラストだと思います。
コロリとしたディープカップ咲きのナエマ、久しぶりにボーリングをせずに開いてくれました。
Img_3242












気温が下がると、イングリッシュローズは、とりわけ魅力的な色になりますね。
ジュビリー・セレブレーションですshine
花弁の蜂蜜色から始まるグラデーションに、ため息が出ます(^^)/
う~ん、さすがにエリザベス女王に捧げられたバラですね。
この品種は、本当に四季咲き性が高くて、我が家では、ハダニにやられやすい№1なのですが、それも許せてしまうほどの花つきと色です。
Img_3252












夏は、速攻、セミダブルの花に変身するレディ・エマ・ハミルトンですが(ーー;)、冬に見せてくれるこの微妙な色味は、やっぱり綺麗だな(*^o^*)

最近、ベランダで、夏の暑い時をカバーするならHTやデルバール、寒くなってきて頑張ってくれるのはイングリッシュローズ、と、こんな図式になってきているように思えます。
Img_3222












付け足しで。
狛犬のようなロイでした(^^ゞ

朝がいよいよ暗くなりました 園芸店からドンと到着

Img_3205












今日は、冷たい雨の降る寒い一日になるそうです。
冬至を目前に控えて、陽射しがないと、いやはや真っ暗dash
朝の六時半くらいですcoldsweats01
Img_3207












なんだか人気のない闇夜でお散歩しているように見えますがsweat02
やはり朝なので、急速に明るくなっていくのと、住宅地なので都心へ向かう早出の方が歩いていらしゃるので、それほど寂しい雰囲気ではないんです(^-^;A
Img_5459










昨日の午前中、届きました~、ドンと\(◎o◎)/!
バラの大苗、原種シクラメンを植え込むためのコンテナ、そして少しばかり?購入した葉物や、バラの肥料など等。
Img_5462














中から、丁寧に梱包された植物が出てきました。
欲しかったものが、結構みつかって嬉しかったお買い物です。
右の銅葉はコロキア・コトネアスター、お隣はエリシマム・コッツウォールドジェムかな。
左は斑入りのヤツデ、下は原種シクラメンコウムのピューター・リーフ。
斑入りのヤツデは、明るい日陰のベランダに、ぴったりではないかと思っている期待のフォリッジプランツです。
年末に向かって、ますます忙しくなりそうです(⌒o⌒;A

迷いっぱなしのガーデニングのスタイルについて考えたり…

Img_3189












今日も、陽射しが眩しいsun
冬は、短い時間で、一気に夜から朝になりますね。
写真は朝の6時です。
暗っ~いsweat01
Img_3193












公園の霜は、もう定番になりました。
我慢くらべをしているわけではないのすが、いまだ暖房をいれなくてすんでいる我が家\(◎o◎)/!
寒がりな私なのに、新記録~sweat01
Img_3196












一番新しく開き始めたジュビリー・セレブレーションの蕾。
これが最後かな。

色々な方のブログのお庭を拝見したり(含む、ベランダ)、実際に見せて戴いたり、ガーデナーの方の本を読んだりすると、素敵なお庭を作られている方は、それぞれ「スタイル」を確立しておられ、狭くても広くても、その場所に上手に生かしていらっしゃいます。
バラと宿根草、葉物の取り合わせの美しいお庭を見れば、そのスタイルに感化され、ユーフォルビアや多肉植物、造形的な葉物の洗練された現代的な感性のスタイルを見れば、バラという植物が一瞬、平凡に見えたりする私です。
Img_3200












園芸種より原種の野性味に、魅力を感じることが多いのですが、そういうお花は、広い面積を群植してこそ発揮される魅力だったりします。
極小ベランダの、コンテナ栽培には不向きだなぁ、とため息をついたりdash
欲望のままに植物を買ってはいけないと思いつつも、ジワジワと増えて、雑多な感じになってしまったり、また、好みが変わってしまったりと、迷いっぱなし、フラフラしている昨今です(⌒o⌒;A

バラはレディ・エマ・ハミルトンです。
ローメンテナンスというわけにはいきませんが、大きさ高さを自在に調整できるバラは、狭い空間を彩れる、やはり魅力のある低木なのかもしれません。
「スタイル」を確立しないと、購入する植物に、統一された感性が生まれませんね~(ーー;)
Img_3190












で、迷いのない笑顔のロイさん(^-^;A
今日は、バラの苗が到着です。

園芸店でお買い物してきました バラの大苗を購入

Img_5441














昨日、午前中は冷たい雨が降った寒い一日の東京でした。
ヘアカットで、久しぶりに都心に出たので、午後から、いつも行く園芸店に向かいました。
都会の真ん中、百貨店の屋上の園芸店にも、冬の季節が来ていました。
写真のビルは、三井タワーです。
Img_5438














モミジが真っ赤に色づいて。
Img_5434














足元のサンプルガーデンには、綺麗な落ち葉の模様が出来ていました。
Img_5448














冬を彩る植物が勢ぞろい。
クリスマスローズや多肉植物などもたくさん入荷していました。
Img_5445














なんといってもピークは、バラの大苗ですね。
ずらりとカテゴリー別に整然と並んだ大苗は、壮観~\(◎o◎)/!
この冬の、私が購入した大苗は、デルバールのラ・ローズ・ドゥ・モリナール、シャルトルーズ・ドゥ・パルムです。
で、少しだけですが、葉物類も購入<(;~▽~)
Img_5450














地下鉄のへの出入り口に飾られていたクリスマスツリーが華やかでゴージャスでしたxmas
もう12月も半ば、毎度のことですが、師走はいつも飛ぶように過ぎていきます。
この日のお買い物は、宅配にしていただき、到着は火曜日の予定だそうで、楽しみです。
Img_3175












今朝の公園は、霜で真っ白でした。
また一週間の始まり、ファイト~punch

雨の日は、脳内ガーデニングしています 街中のイルミネーション

Img_3150












今日の東京は、最高気温8℃くらいの予想、寒い一日になりそうです。
冷たい雨が降っていて、お散歩は中止。
ロイの顔…、無言で抗議していますsweat02
(カメラ、向けられません~^^;)
Img_3143_2












冬は、来春に向けての、脳内ガーデニングこと、計画の楽しい季節ですね。
最近、こんな本を買いました。
好きなガーデナーの書籍に偏る私ですが^^;、ポール・スミザーさんと吉谷桂子さんの著作です。
「街の中に四季をつくる」は、今年5月に訪れた宝塚ガーデンフィールズが出来るまでのお話です。
好きな街についてなので、迷わず買ってしまいました。
吉谷さんの作品は、葉物と花のバランスが好みで、都会的で洗練された雰囲気が好きです。
ベランダガーデニングの私には、参考になることも多いのですが、この度の著作に、
「家事や育児は、どんに頑張っても出来て当たり前。それを手放しで誉めてくれる人はめったにいません。でも、丹精込めて育てた花は、人の心を動かします…云々」
「子育てや、人生の航路は、なかなか思い通りにはいかないものですが、園芸は、体験を積むことで、徐々に、思い通りの結果をだすことができます。仲間もできます。」
なんて書かれていて、こんな彼女の言葉に、思わず頷いてしまったり、同じ思いを感じたりしてしまったのでした(;´▽`A``
でも、こういう本をみていると、またぞろ、欲しい植物が出てくるのは、困りものですsweat01
Img_5411














昨日、いつもの習い事で行く街のクリスマスイルミネーションを撮ってみましたflair
毎年、同じですが、それが、また一年が巡ったことを思い起こさせてくれます。
Img_5413














イチョウの木に絡ませてあるので、かなりの高さがありますxmas
Img_5412














定番のそり。
微笑ましい感じ(^^)
今日は、ヘアカットしたり、午後は園芸のお店に行ったりと、一日外出なんです。

行ってまいりま~す(^^)/

ベランダの寄せ植えのその後など

Img_3092












お休みの朝は、どうものんびりしてしまい、毎度、ブログアップも遅れがちになってしまいます(^^ゞ
のんびりロイとお散歩していたら、住宅街の中の畑のトウガラシが、真っ赤に色づいていました。
なかなか素敵な、畑のアクセントですね。
Img_3095












ロイは、落ち葉の中では、保護色してます(^^)
今月の23日は、恒例のドッグスクール主催のクリスマスパーティー。
家人は、簡単な芸をロイに仕込んで、遊んでおります。
昨年のクリスマスパーティーでの、ロイの活躍?を見ていただけたら嬉しいです(親バカ^^;)
そのときの様子は、こちらから。
Img_3137












ガーデンテーブルの上です。
銅葉のからし菜に、光が反射して、今ひとつの写りなのですが。
この後ろには、斑入りのモッコクが植え込んであるのですが、なかなか全体をうまくとれません。
こんど、真上から撮ってみようかな。
今日は、新葉がぼうぼうとしていたクリスマスローズ(右端に漠然と写っておりますsweat02)の葉を一部、もう硬くなっていたものを切りました。
古い葉は切っていたのですが、秋の始めからガンガン伸びていた^_^;、もう新葉というには、あまりにたくましい葉をどうするか、迷っていたのです。
株元に陽が当たるようになったので、遅ればせながら我が家のクリスマスローズも、なんとか咲いてくれるでしょうか。
何せ、まだクリスマスローズ一年生、通年育てた経験がなく、電話で園芸相談してしまいました。
Img_3115












ハンギングバスケットでは、ロペジアと斑入りのクリームホワイトのランタナが、寒さの中元気に咲いています。
ロペジアは、別名、モスキートフラワーと言うらしいのですが、リズミカルな枝に咲く細かいお花は、なんとなくわかる気がします。
この冬、最も気に入っている植物です。
Img_3127












ナエマです。
これは、ボーリングしそうな感じ。
バラの大苗の到着の連絡も戴いて、園芸店にも行かなくてと思っています。
ベランダの植え込みも、最近の寒さで停滞気味なので、なんとかしなければ~sweat01

新しいクリスマスローズの本が発売になりました 今年最後の苗が到着

Img_3090












12月10日に、新しいクリスマスローズの本が発売になりました。
初めて栽培をする人が誤解を招きやすい夏の「休眠期」という言葉を使わず、「安定期」という単語をあて、独自の考察で書かれていらっしゃいます。
この本には、クリスマスローズをこよなく愛し、栽培、育種に熱心な、ユッキーさんのお写真が、多数、載せられています。
ユッキーさんは、素敵な株をたくさんお育てになっていらして、また、私のようなものには、特に魅力的を感じる葉の美しいクリスマスローズも、数多くお持ちでいらっしゃいます。
明るくて素敵な方で、初めてクリスマスローズを選ぶとき、温かくいろいろ教えてくださいました。
ユッキーさんのところのクリスマスローズは、表紙・42Pの横向きのピンクのsd、45Pの可愛らしいピンクのリバーシブル、リーフコレクションのコーナーと、他にもたくさん載っていらっしゃいます。
ユッキーさんの、素敵なクリスマスローズ満載のブログはこちらから。
Img_3084












で、我が家のクリスマスローズはというと、ちょっと新葉がぼうぼうで、お見せできる状態ではないので、アップしないでおきます(/-\*)ハジュカチ...
写真は、昨日届いた新しい苗で、アガパンサス・ティンカーベルです。
アガパンサスは好きな花なのですが、何せあの草丈なので、ずっと諦めていたのですけれど、今年、改良園さんのところで、この小型の、しかも葉も斑入りのものを見つけて、さっそく注文したのでした♪
初夏は、ちょっと日当たりが悪くなる我が家ですが、なんとか花が咲いてくれるといいなと、思っています。
Img_3075












葉物は、ローメンテで、いつも綺麗な様子を見せてくれるので、大好きです。
この時期は、ベランダは、日当たりがいいので、メインのコンテナに植えられた葉物が元気なのが嬉しくなります。
左手前の、デザートスカイは、紅葉するとみーさんのブログなどで伺っているのですが、まだまだ先みたいです、待ち遠しいなぁ~。
Img_3070a












すっかりモノトーンになってきた公園の芝生の上を、今朝も元気に走るロイを、おまけの付け足しです(^^)

新しいポット苗が到着 戴いたバラが頑張っています

Img_3011












定点観測のように撮っているこの公園の風景も、どんどん彩りが寂しくなってきます。
寒いのは苦手なのですが、作り置きしたお惣菜などや大量に作ってしまった野菜スープなどが、傷みにくくなるのは嬉しいですね。
Img_3061












不発の冬バラですが、ジュビリー・セレブレーションがポツリポツリといったところを
f(^-^; ポリポリ
陽射しの関係で、どうも黄色味が強くでてしまいます。
このバラは、割りに夏も花弁を減らさずに、よく咲いてくれます。
で、少し大きくしようと思って、冬の剪定では、比較的細い枝も残そうかと思っています。
(コンテナも、気持ち大きくしました(^^)/)
思いっきり春に期待すると不発だったりするので(ーー;)、今年は、平常心で(^^ゞ
Img_3049_2












これは、先月のバラの講習会で戴いたパティオローズのアリカンテです。
さすがに終わりになってきましたが、ものすごい花もちで感動しましたshine
先日の強風typhoonでも花弁も散らさず、冬とはいえ、もう一ヶ月近く咲いております。
その代わりと言ってはなんですが、香り、殆どないです。
が、花もちがいいっていうのも、有難いものですね。
挿し木苗だと思いますが、順調に活着したようで一安心。
Img_3039












昨日、植物自由区の片山陽介さんのところから苗が二つ到着しました(;´▽`A``
これは、トレーリングタイプのクフェアです。
以前もアップしたロペジア(アカバナ科)とか、そしてこのクフェアとか、派手さはなくても、動きの面白い他のお花とも調和する植物を見つけてこられるプロの方の選定眼は、素晴らしいですね。
クフェア(この画像だと思うのですが…^^;):ミソハギ科クフェア属常緑小低木 15℃あれば、周年開花する、ようです。
Img_3029












これは、ベロニカ・ネスターです。
水色の綺麗な花穂があがるようです。
ブルーのお花が好きなので、ついつい今年は、このベロニカを、ベロニカ・ネスター、ベロニカ・ゴールドウェルと、二種類も頼んでしまいました。
ブルーのお花が大好きで、素敵なブログを書いていらっしゃる方に、ネモフィラブルーさんがいらっしゃいます。
よかったら、覗かれてみてくださいね(^^)
ネモフィラブルーさんのブログは、こちらから。

ベロニカ・ネスター:ゴマノハグサ科ベロニカ属 多年草 花期3月~5月だと思います^^;
ベロニカ・ゴールドウェル(すみません、Bloomsの画像、咲いていなくてsweat01本当は、濃いブルーなんです):ゴマノハグサ科ベロニカ属 多年草 花期3~5月
Img_5399a














最後に、昨日行ったホームセンターでのロイです。
ペット専用のカートにも、随分慣れました。
(最初は、自分が走らなくても進むのが、納得いかなかった、らしいsweat02

追記
どうも、クフェアの画像が違うような気がしまして、植物自由区の片山陽介氏にメールで伺ってみました。
すると、全く違う品種であることがわかりましたので、訂正いたしますsweat01
以下、戴いたメールの一部を抜粋させて戴こうと思います。

お送りしたものは、園芸品種となります。トレイリングパープルという名前が付けられており、アメリカで育種されました。
現在は育種元も販売しておりませんので、事実上の廃版品種ということになります。(俗に言うカタログ落ちです)
おそらく、私のところぐらいしか販売していないのではないかと思うぐらい、見かけない植物です。

とのことでした。
片山さん、本当にありがとうございました。

原種シクラメンコウムが咲きそうです

Img_2979












寒くなって、ベランダの変化が緩やかになってくると、水遣りの回数が減っていることも相まって、ゆっくりとベランダの植物を観察したりすることが、少なくなってきてしまっている今日この頃です(;´▽`A``
それにしても、気温が低い中動くと消耗するのか、最近、夜、早々と眠いことにまいっています。
(単に、年齢的に疲れやすくなっているだけかもしれないけど^^;)昨夜は、九時くらいにベッドに横になり、10時くらいには眠っていたような気がします\(◎o◎)/!
こういう健全なスケジュールも、たまにはいいのかなsweat02

忘年会の時期ですね。
昔は、お酒をたくさん飲んでも、あまり次の日に響くことはなくかったのですが、今は、習い事の時など、反射神経が鈍くなって筋肉疲労が早かったり、瞬間的に記憶する力が低下することを感じて、少し控えるようになりました。
Img_2991












今日も、上機嫌♪
おかげさまで元気です。
Img_3005












原種シクラメンのコウム・タイルバーン・エリザベスです。
購入したシクラメンの中で、一番元気。
噂どおり、丈夫なのですね。
Img_2998












以前から、丸まった茎が顔を覗かせていたのですが、最近、かわいい蕾が見えてきましたheart04
クリスマスローズも好きで、集めたくなるのですが、なにせ葉が大きく場所取りで(ーー;)、狭いベランダでは限度があって、なんとか諦められるのですが、この原種シクラメンは、生長もゆっくりな感じでミニサイズ、しかも、葉のバラエティーが多くてハートをくすぐります。
もう一種類くらい欲しいな、と思ったり…(⌒o⌒;A
Img_3000












以前咲いていた香りの良いプルプラセンスは、花が終わって、種が出来始めました。

今の住まいに移ってきて、4年が過ぎようとしています。
狭いベランダでも、わずか一メートルにも満たない距離を移動させただけで、植物が調子が良くなったり悪くなったり、微妙なものだなぁと感じています。
それにしても、カタログや海外のサイト、素敵なお庭を作られているかたのブログを拝見していたりすると、魅力的な植物が多くて、ベランダのバランスも考えずに欲しくなってしまうのは、困りものですね(^-^

我が家の今年の冬のバラは、ちょっと今ひとつ

Img_2954












風が本格的に冷たくなった東京ですが、我が家では、いまだ暖房を入れないで頑張っておりますpunch
新記録かもしれないです(^-^;A
Img_5348














バラは、今年の我が家は、年間を通して今ひとつの花つきでした。
このナエマは摘蕾を遅くまでやっていたせいもあって、いまだ、ポツポツと咲いてはいるのですが、先日吹いた強風のおかげで、花弁はクシュクシュ。
Img_2974












こちらのジュビリー・セレブレーションも、外弁が傷みつつ、ゆっくりと開き始めてはいるのですが…。
ジュビリーも、他にも蕾があるのですが、風で傷んであまり綺麗ではない状態。
う~ん、冬に咲くスーパーディープカップのバラ、今年は、本当に美しいものに、お目にかかれないで、終わってしまいそうです。
Img_2966_2












昨年は、遅くまでニュアンスのある色合いで楽しませてくれたレディ・エマハミルトンも、ボーリング気味が多くて、ちょっと、というところです(;´ー`)┌
わかってはいるのですけど、なかなか思うようには、いかないですね(;´▽`A``
Img_2971












付け足しシリーズ。
最近寒くなって、滞っている庭仕事。
未だ定植されず、タグまでついたままのビオラ、ピンクコアラが、オ~結構かわいい色でさいるではありませんかf(^-^; ポリポリ
早く植え込まないとsweat01

年内は、あと3品種の植物が届いて終了の予定。
これから到着のもの。
アガパンサス・ティンカーベル
トレーリングタイプのクフェア
ベロニカ・ネスター
最近、様々な宿根草を取り寄せるにあたって、自分のベランダのスタイルを、少し軌道修正したくなっています。
熱くなりやすいので、少しクールダウンして考えようっと(^^ゞ
Img_2960












付け足しシリーズパート2のロイさん。
気温が下がると、ちょっと疲れやすいのか、お散歩から帰ると、陽だまりで惰眠ですsleepy

ロイ、シャンプーに行ってきました 併設のドッグカフェでの一コマ

Img_2934












本格的な寒さの到来?。
昨日は、陽射しがあっても、外の気温は10℃ちょっと、今日の予報も、そんな感じでした。
公園や街路樹の木々が、裸になってしまうのも、もうすぐですね。
ブルブル。
Img_2931












昨日、ロイはシャンプーに行ってきました。
トリマーのお姉さんに、丹念にドライヤー&ブラッシングしてもらって、フワフワです。
コーギーの魅力?、真っ白なハート型のお尻も、逆毛をたててフンワリ感を強調しているようで(^^)
お尻、いつもより綺麗かな(*^o^*)
Img_5362














昨日の様子です。
シャンプー終わった直後、ピカピカになって出てきました~shine
本人(犬)、お散歩で、散々走り回った後のお風呂だったので、かなり疲れた様子でしたが、カメラを向けると、律儀に笑顔を(^-^;A
ロイ、アリガト。
Img_5365














このお店は、ドッグカフェが併設されているので、シャンプーの後、ロイはいつも、こんなご馳走で人心地ですrestaurant
茹でた野菜と馬肉のソーセージ。
Img_5367














ハグハグdash
いやはや、ものすごい勢いで食べるので、シャッターチャンスを狙っているうちに、食事が終わってしまいそうでした(⌒o⌒;A
Img_5379_2














一息つくと、お隣の席に女性6人グループのお客様が…。
「あら、可愛いわね」
なんて言っていただくと、もう嬉しくて、この通り(^-^;A
Img_5383














あたかも10年来の知り合いのように、お客様の皆様のテーブルの下でくつろぎsweat02
Img_5384














おしゃべりに加わること一時間余り…sweat01

帰りは夕方、でももう、真っ暗でした。
日が落ちるのが、本当に早くなりましたね。
久しぶりに、ロイとドッグカフェでのひとときを楽しめた日曜日でした。
お客様の皆様、ロイを可愛がってくださって、ありがとうございましたm(_ _)m

今日は、園芸ネタを載せないでしまいました~(⌒o⌒;A

快晴の日曜日♪ 新しい植物が届きました 

Img_2860












今朝は、コバルトブルーの空が広がる冬晴れsun
いや~、快晴とは、まさにこのこと(^o^)/
Img_2865












九時半くらいなのに、昨夜の冷え込みがきつかったのか、地面には、まだ霜柱が残っていました。
Img_2861












子供達もたくさん遊んでいて、毎度のことですが、一緒になって走り回りました。
ロイ、午後からは、シャンプーに行っておめかし?の予定です。
フサフサした毛の中に、顔をうずめるのが大好きなみんなのためにも、清潔にしないとね、ロイ(^^)
Img_2877












今年は、やたら宿根草を取り寄せてしまったので、ポインセチアを買うにも、少しばかり(かなり、かな^^;)お財布が寂しくなってしまいまして<(;~▽~)
で、小さなポット苗のヒイラギに、山帰来の実を挿し込んで、ちょっとだけクリスマスモードxmas
ささやか~~sweat01
Img_2910












で、こちらがニューフェイスの植物、ムラサキ科の多年草で、ワスレナグサ アンフォーゲッタブルと、名前がつけられていました。
この斑入りの葉に、カタログの写真での青い小花、この手に弱い私です。
課題は夏越しですね、ブルネラと同じような扱いかな、と思っています。
バイカウツギ マントーデルミヌの足元に植え込む予定です。
Img_2889












先日の嵐のような強風で、バラは花弁がかなり傷んだのですが、ぽつぽつ咲いております。
写真は、ジュビリー・セレブレーション。

どうも私は、バラのように、正統派?に美しいものに惹かれる心と、造形的に斬新で、やや異形な感じの、すこしばかりマニアックな植物を好むところと、両面あるような気がします(^-^;A
ブラックキャット(タッカ・シャンテリエリ)とか、ユーフォルビアとか、この手を増やしたい旨を家人に伝えたら、「バラは減らしてはダメ」のご宣託、ガクッ、やっぱり。
ああ、日当たりのスペースに、ダイナミックなフォルムの「葉壇」を作りたい~bud

今年のリーフシャワーの街は フクシアがよく咲いています

Img_5335














今日は、快晴の東京ですが、昨日は、湿った強い南風が吹いた、荒れたお天気でした。
気温は高くて、車の運転中に表示されている外気温はなんと19℃でしたeye
今朝は晴れて、ベランダはポカポカですが、風は冷たいです。

写真は、いつも買出しや習い事でお邪魔する街の昨日の様子です。
桜やイチョウの美しい並木道で知られるこの町も、今年の日照の少なさで街路樹も体力がなかったのでしょうか、まだ幾分、緑の色を残した葉も、次々と落葉していきました。
昨年のような鮮やかなイチョウの並木道は、今年はあまり拝めませんでした。

昨年の記事、「リーフシャワーの街へ」2007年12月5日
桜の頃や、新緑の記事は、こちらから「新緑の季節に、花を待ちながら」2008年4月26日
画像は、クリックすると大きくなります。
Img_5331














強い風は、残っていたイチョウの葉を、殆ど散らしてしまいました。
葉が敷き詰められたようになってしまった歩道です。
この後、商店街の方々が、総出で掃いていらっしゃいました。
風情を保つのも大変です(ーー;)
Img_5332














葉が落ちてしまったイチョウ。
こんな感じになると、最初の写真の手前の木のように、クリスマスのイルミネーションが、飾りつけられます。
Img_2842












我が家では、11月に八ヶ岳倶楽部で、買ってきたトリフィラタイプのフクシア、ガルテンマイスター・ボンシュテット(Gartenmeister Bonstedt)が、室内に入れているせいか花色は薄くなりましたが、よく咲いてくれて嬉しいです。
こうして写すと、なかなかフォトジェニック♪
フクシアにお詳しいYoYoさんは、室内越冬した場合、株にしまりがなくなるとおしゃっているのですが、開花が早くなるとも書かれているので、初心者は、念のため室内に入れております(^^ゞ

八ヶ岳倶楽部で購入した時の記事は、こちらから11月3日「八ヶ岳倶楽部へ行ってきました」
Img_2813












付け足しで今朝のロイです。
遊歩道の大きなローズマリーの植栽。
ロイは、この香りが好きなようです。

斑入りバコパが咲き始めました 年末のスケジュールを考えながら

Img_2795












朝が暗いですね~。
これでも6時くらいなのですが。
早朝にベランダの写真を撮るのは、曇りの日では、いよいよ難しくなってきました。
昨年の記事を見ると、それでも四苦八苦しながら真面目に撮っているのですが…
(^-^;A
Img_5309














今年の冬は、どちらかといえば、バラ以外は葉物中心のベランダに、このネメシア一株が、華やかな彩りを添え続けています。
奥に咲いているのは、カレンデュラ・コーヒークリームです。
同じような写真ですがsweat01
Img_5305_2














植え込んで、さほど経っていないのに、斑入りのバコパが結構咲き始めました。
花つきはよくないと聞いていましたが、まぁ、これくらい咲いてくれるなら充分かな(^^)
今年の後半からは、生育の良くない植物を少し整理したせいか、スペースに余裕ができて、ベランダに植えられそうな宿根草、葉物探しに、すっかり燃えてしまいました。
昨日も、ちょっと、誘惑に負けて、黒ポットが増える予定になってしまいました<(;~▽~)
Img_5321














そろそろ、年末年始、お節料理の献立を考えなくてはと、思うようになりました。
私も年齢を重ね、また、子供が食べ盛りの時期を過ぎますと、以前ほどは燃えないのですけれど、昨年評判の良かったお料理は継続、今ひとつ売れ行きがよくなかったものは別のものをと、あれこれ考えたりする作業は、年の区切りを感じて、それでも楽しかったりします。
一昔前は、好きな鎌倉のお店に、青竹の串やとり箸、器をオーダーすることから始まっていました。
写真は、昨日の午後の4時前くらい。
まだ子供達が遊びに来ていない公園です。
ケヤキの紅葉が、青空を背景に綺麗でした。
Img_5327














お節料理作りの大変なところは、並行して日常のお料理も作らなければいけないところですね。
しかも、家族は全員家にいるので、あまり手を抜くわけにもいかず(ーー;)
大量のお料理を冷蔵庫にストックすることになるので、毎度その時期は、ぎちぎちdash
ちょっとした冬ごもり気分です。
今年の私は体力根性低下気味で、少々お部屋の整理が行き届かないところもあるので、少しずつ、プレ大掃除をしないとと、思ってオリマス(⌒o⌒;A

国立新美術館に行ってきました

Img_5297














抜けるような青空に恵まれた昨日、今年も、国立新美術館へ日展を見にいってきました。
本当によく晴れていました。
Img_5288














いつも招待状を送ってくださる先生は、日本画ですので、まずは、日本画のブースから。
このほかに、洋画、彫刻、工芸品と様々な部門があるので、全部を丹念に拝見しようとすると、時間がいくらあっても足りないのと、コンクール作品なので、制作者のほとばしるエネルギーに押されて、グッタリと疲れてしまいます(^^ゞ
ということで、全部を未だ見た年がない私ですsweat01
Img_5290














黒川紀章氏の設計のこの建物、毎度の迫力です。
この上にカフェテリアやレストランがあります。
上野の時に較べて、駅とほぼ直結しているので、寒い思いをすることもなく、大変行きやすい作りになっています。
Img_2775












付け足しでベランダです(^^)
レディ・エマ・ハミルトンの蕾が膨らんできました。
寒くなって、バラのステムが真っ赤になってきました。
今日は、なんと、ロイを撮り忘れていました~(^-^;A

ベランダの新しく咲きそうな花をぽつぽつと 日展へ行って来ます

Img_2750












今日の南関東は、一日、良いお天気になりそうです。
朝から眩しい陽射し~sun
本日は、お出かけの予定。
終了間近の日展を見てこようと思います。
昨年から、六本木の国立新美術館に開催場所が移ったので(以前は上野)、我が家からは電車で一本、とても行きやすくなりました(^^)/
あのあたりは、好きなレストランも近いので、見終わった後のお楽しみがあるのも嬉しいところ。
Img_2743












ロイ、走ると、真っ白な息が、蒸気機関車のようです。
Img_2755












ベランダでは…、ハンギングバスケットに入れたロペジアが、ピンクの蕾をたくさんあげて元気。
植物自由区の片山陽介さんの個展に伺った時に買いました。
Img_2758












小さな苗でやって来た裏紅秋海棠は、今頃、蕾がでてきました。
和の雰囲気のあるものは、何やら、しっとりとした趣…。
Img_2759












いくつか蕾のあるジュビリー・セレブレーションが咲きそうです。
さすがにバラも寒そうですね~。
それでもベランダは、霜もおりずに、お天気がいいと日中はポカポカ陽気。
そうそう、以前、気になる球根があると書いたのですが、やっぱり注文してしまいました。
一球だけsweat01
タロイモ科のタッカ・シャンテリエリ(ブラック・キャット)です。
ちょっと楽しみ~。   

我が家のモミジが紅葉しました

Img_2727












朝の撮影が、少しずつ大変になってくる今日この頃、曇りだと、なんだか一層季節が進んだ気がします。
Img_2726












冬至も近くなる今時分、なんとなくクリスマスイルミネーションなんかで、明るく飾りたくなる気分、わかりますねflair(^^)
LEDになって、電気代もかからなくなったから、我が家も飾ってみたいけど、手摺より外に出してはいけないので(植物も、布団も)、コンクリートフェンスのベランダ内側は、飾っても殆ど外からは見えないだろうな~。
リビングは、もっと寒くなれば、カーテン閉めてしまうし(ーー;)
ということを考えているうちに、毎度、クリスマスシーズンは過ぎていくのですが(^^ゞ
Img_2738












原種シクラメンのプルプラセンス、まだ、お花が咲いたままです。
花もちがいい~。
さすがに香りは、殆どしなくなりましたが。
Img_2733












我が家の枝垂れモミジです。
今年は、かなり早く紅葉し始めました。
昨年は、12月15日にアップしています。
朝が暗いので、今ひとつ映えませんが…。
Img_5282














昨日、陽射しのあるときに撮るとこんな感じです。
このモミジ、今年は、ちょっと置き場所を変えたら、日照がいっそう少なくなったせいか、ちょっと調子が悪いのです。
昨年の写真に較べると、葉の数も減りました。
以前の場所には、バラを置いてしまっていて、このモミジには、ちょっと気の毒してしまいました(-_-;)

昨日、早々と来春以降の植物が載った種苗会社のカタログを見つつ、もう、二つも申し込んでしまいました<(;~▽~)
ちょっと楽しみなんです。

今日から師走 ハンギングバスケットを作り変えました

Img_2706












朝の六時ちょうどくらい、夜明けです。
随分冷え込むようになりましたが、我が家は、まだ暖房を入れずに頑張っております(^^)
Img_2716












寒くなってくると、庭仕事などしてると、疲れやすくなるような気がしますが、ロイは絶好調のようで疲れ知らず(^-^;A
寒風の中のお付き合いも、なかなか大変になってきました。
Img_2720












ベランダでは、バラの講習に参加した時、おみやげに戴いたパティオローズのアリカンテですが、よく咲きます。
挿し木苗で、植え替えをしてあまり経っていないのに、タフなバラだと思います。
Img_5278














ナエマ、新しい蕾が膨らみはじめました♪
上の方に、ちょっと葉に隠れてしまっていますが、以前アップした花も、変わらず咲いています(^^ゞ
Img_5258














昨日は、ハンギングバスケットを作り直しました。
バスケットの底には、以前はずっとヤシガラシートを使っていましたが、今回は、勧められてこのモスライナーを使ってみました。
ヴァラリスモスライナーです。
オベリスクの立った直径55センチもある大型コンテナがいくつかあるベランダでは、土のリサイクルが重要な課題なのですが、この会社から出しているバイオポストを使うようになってから、随分、楽になりました。
少々値が張りますが、確かなご利益dash
ヴァラリス関係のホームページは、こちらから。
Img_5261_2











ライナーは、内側は、写真右側のように、ビニールコーティングされています。
外側は、左のようにちょっと起毛したような感じ。
ヤシガラシートのように乾き過ぎないくて、植物は、よく育つそうです。
(と、売り場で熱っぽく説明されて購入を決めたのですが、帰りの電車が一緒で、なんとお店のスタッフと思っていた方は、ヴァラリス商会の社長のご子息でした。
勧めるはずですね(^^ゞ
でも、初めて使うので、ちょっと期待♪で、新鮮です。)
Img_5262














で、こんな風に出来上がり。
ハンギングバスケットは、ずっとゼラニウムを植えていたのですが、今回、久しぶりに変えてみました。
ゲラニウムやダイアンサスなどを植え込んだのですが、もしかしたら、予想より草丈が伸びて、暴れてしまいそうな感じもしています。
まぁ、どうなることやらです(⌒o⌒;A

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!