« メジロさん、毎日やってきます クリスマスローズ、ちょっと変化 | トップページ | 我が家のジゴペタラム、香りがありました »

蘭の苗を、また買ってしまいました

Img_4441











気温が10℃を切るのが当たり前になってきました。
今まで順調そうに見えた植物が、突然、冬越しは無理とばかりにダメになってしまうのも、この時期あたりからですね。
ベランダでは、昨年購入した、夜香木(ナイトジャスミン)を少々心配しています。
Img_4449











こうして見ていると、青々とした芝生だったなんて夢のような気がします。
Img_4472











さて(^^ゞ、ジゴペタラムを買った後も、私の蘭熱は冷めることがなく(理性では、アブナイと言っている^^;)、あちらこちらのサイト、さまざまな蘭の写真などを、時間をみつけては見まくっておりました。
蘭は近縁交配が進み、魅惑的お花の品種が山のようにあって、見ているだけで幻惑されてしまいそうです。
そんな中、たまさかみつけたナーサリーの奥深くに、お目当てだったジゴペタラム・レッドペイルプリティアンの小さな苗を売っているのを発見。
当然、私が購入した大鉢よりお値段が安く、あ~失敗down
何事も焦ってはいけないなぁ、と少々苦い思いで反省しつつ、ちょっとあと小さいのが少しだけ欲しいな、などと、またぞろ凝り性がない性格が頭をもたげてしまいました(⌒o⌒;A

で、買ってしまったのが、写真の風ラン系の小さな苗二鉢です(^-^;A
花のない苗の予定でしたが、到着してみると、一鉢にはたくさん咲いていました。
左がヨネザワラ・ブルースター、右がアスコフィネティア・チェリーブロッサムという名前だそうです。
Img_4456











この風ラン系の青い花が咲く品種には、この他にダーウィナラ・チャーム・ブルスターとダーウィナラ・チャーム・ブルームーンと計三種類が流通しているようですが、写真だけでは、違いが殆どわかりません(@_@)
Img_4457











爽やかな香りがあります。
small gardenのみーさんが、ブルースターをお持ちで、綺麗に咲かせていらしゃいますので、どうぞご覧ください。
みーさんのダーウィナラ・チャーム・ブルースターの記事はこちらから。
Img_4461











こちらがアスコフィネティア・チェリーブロッサム(Neof.falcata×Asctm.ampullaceum)。
交配の中味を読んでも、なんのことやらという感じなのですが(ーー;)
こちらは、同じような花形で、ピンクのお花が咲くそうです。
ちょっと葉が傷んでいるような気もしないではなかったのですが、まずは、頑張って育ててみよう、とf(^-^; ポリポリ

さすがにいくらヒートアップしていても、温室もない狭い我が家、実際に買うとなると蘭の中でも耐寒性の高いものを選びました。
(理性、ちょっとあり^^;)
でも、華やかな品種はこれでもかとあり、原種や小型のカトレア、ファレノプシス、パフィオヘデラムなどため息が出る美しさ。
で、頭の中で、まてよ、この寒い季節でも、夜中エアコンを切っても20℃を下回ることはない我が家、これは、寒さに強くない品種でも結構イケルのでは…、と思い始めて警戒信号発令。
まずは頭を冷却させねばと、蘭に関してはひとまず強制終了させてしまいました。
(華やかな品種は、苗のお代も高かったし^^;)
Img_4455











ところで、1月6日の記事で、切花品種のバラの花もちについて書きましたが、その後、この最後の一輪は、一緒に活けこまれていた蘭よりももって、今までこうして咲いていました~shine
もしかして、ドライフラワーになってしまっているのではないか^^;と思うほど、形がかわりません。
今朝になって、さすがに傷みが目立ってきましたので、処分することに。
なんと三週間近く咲き続けていたことになります\(◎o◎)/!
延命剤も入れていなかったのに、このバラには本当に感動してしまいました。
これで、お正月の名残りも、本当におしまいとなりました。

« メジロさん、毎日やってきます クリスマスローズ、ちょっと変化 | トップページ | 我が家のジゴペタラム、香りがありました »

ラン類」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissiさん、ご無沙汰して。
何時からランにお熱なんですか・・(笑)
らしいな~~、キレイどころのランではなく、ジゴペタラムだなんて。
アスコフィネティア属は60年代初めに登録さてた人工属で、属間交配で出来たチェリーブロッサムが最初の登録された品種で有名です。
そのころは属間交配が流行で、人工属が増えたころです。

ランは水をやって枯らすのが95%、水を切らせて枯らすのが5%。
せいぜい水をやろうかなって思ってから2~3日後ぐらいで丁度良いですよ。

小型のカトレアやファレノプシスが育てやすいと思いますよ。

フレグランス さま。
こ、これはフレグランスさま、蘭にヒートアップしている現場にsweat01、お恥ずかしい~(⌒o⌒;A
そうなんです、昨年あたりから気になり始めて、一株買ったら、雪崩を打ったように欲しくなってしまいました(^^ゞ
アスコフィネティア属は、そんなに古いものなのですね。
私、生まれているかな~(笑)
これから、蘭について、きちんと勉強してみようと思います。
何か新たに購入するにしても、やはり香りのある品種が欲しいなと(^^)

水遣り、気をつけます。
そんなに乾いていることに堪えるのですね。
そうそう、最近、まめに葉水していますdash
元気になって香りが強く漂うようになりました。

カトレア、ファレノプシス…、また、熱が上がりそうです<(;~▽~)

わぉ!
sissiさん、またまた、ブルーチャームの立派な苗をゲットされましたね~ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
お花、たくさん咲いてすごいです~(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
いつもながら、わたしの記事をリンクしていただき
ありがとうございます。
わたしも、最初は恐る恐る育てていたのですが、
ブルーチャームは、結構丈夫なようですよ。
きっとsissiさんなら、難なく育てられると思います。

わぁ・・・。
>ランは水をやって枯らすのが95%、水を切らせて枯らすのが5%。
心しなければいけませんねcoldsweats01

切花のバラ、驚異的な花持ちでしたね。
ランより持ったとは、すごいです。

みー さま。
こんばんは~、寒いですね、お風呂上りだったりしますhappy01spa

みーさんのランの記事で、おかげさまで身近に感じられ、育ててみようかな、と思うようになりました。
この風ラン系の品種は、丈夫そうで、よさそうですね。
様々な色がありましたが、やはりブルー系は外せないですね。
そして、どうも、ブルー系以外は、香りがないようでした。
リンク、毎度、お世話になっておりますcoldsweats01
お言葉に甘えて、毎度リンクさせていただいて、ありがとうございます。

ランの育て方、先生に伺ってみたりしています(^^ゞ
バラのイメージが強いですが、ランは、さらに筋金入りのマニアで、コンクール入賞常連でいらっしゃり、アドバイスも説得力があります~。
私も、水遣りは心しなければと思いました。

バラ、プリザーブドフラワーになってしまったのかと思うほど、変わらなくて、最後は時々、触ってみたりしていました(;´▽`A``
これだけもてば、お買い得感ありますね(^・^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メジロさん、毎日やってきます クリスマスローズ、ちょっと変化 | トップページ | 我が家のジゴペタラム、香りがありました »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!