« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

イベントに出会いました

Img_4877











昨日から、結構、激しい雨が降り続いている南関東、天気予報では、今日も一日雨ということでしたので、朝も寝坊気味、のんびりしていました。
おさまらないのはロイです。
リビングの窓から、気合を入れて空を眺めていましたが、さすがに厚く空を覆った雲は晴れそうに晴れそうにありませんでしたcloud
ま、いくらロイのパワーをもってしても、さすがにこの雨を晴れさせるのは、無理だね、と遅いブランチを楽しんでいたら…。
Img_4881











おお、陽射しが出てきたんです\(◎o◎)/!
ロイが散歩に行きたいパワーを込めて空眺めていると、晴れる、雨が上がる、というジンクスが我が家にはあるのですが、この度も晴れました(⌒o⌒;A
雨で川は増水していましたが、念願かなって、ロイ、足取り軽やか~♪
今日も、走って走って、走りまくりました(^^ゞ
Img_6003













昨日は、買い物があって、いつもの百貨店屋上の園芸店にお出かけでした。
ペットショップもお隣にあるので、いつもまとめ買いしてしまします。
なんだかざわざわしているので、ちょいと覗いたら、何やらイベントが始まっていました。
写真は、撮影のために用意されていたバラ。
手前のアプリコットのバラは、切花用に育てられたイングリッシュローズのアンブリッジ・ローズだそうです!Σ(◎o◎;)
ステムがっしり、花びらはフリルが入っているようにも見えます。
良い香り~shine
プロが育てると、こんな風に面代わりするのですね~、びっくりしました。

Img_4937











で、見学者にくださった先ほどのバラのおすそ分けです。
手前のクリムゾンのバラは、ザ・ダークレディです。
う、美しい~heart04
一気にリビングが華やぎました~(^o^)/

可愛いバードフィーダーを作ってもらいました

Img_4864











早朝、お散歩に出掛けたら、いきなり雨が降ってきて、慌てて帰ってきましたrain
ロイは、「雨でも平気ですワdash」と、おおいに不満そうではありましたが(^^ゞ

さて、最近のベランダでは、メジロさんが可愛いさえずりと共に蜜柑を食べに来ていて微笑ましかったのですが、このところ、クェ~ッという雄叫びを上げながらヒヨドリさんが襲来。
メジロさんを追い払い蜜柑を蹴散らす(ーー;)という状態が続いていまして…、ついにバードフィーダーを買おうと決心しました。(昨シーズンもそう思った^^;)
ところが、シジュウカラさんなど食性が穀物用のはたくさん売っているのですが、蜜柑が置けるくらいとなるとサイズが大き過ぎたりで、なかなかいいのがありませんでした。
昨シーズンも結局買わず仕舞いだったのですが、ふと、ラティスやベランダの室外機作成でお世話になっているベルツモアさんにお願いしてみようと思いつき、作っていただいたのが、こちらです(^^)
Img_4850_2











蜜柑半分がぴったり置けるミニサイズ。
吊り下げると、ベランダのトネリコの樹が、なんだかとってもファンタスティックなイメージになりましたnote
昨日到着、張り切って夜のうちにから蜜柑をセットしておりました(⌒o⌒;A
Img_4853











これは、スタンドもついていているので、木の枝がなくても、ぶら下げられるようになっています。
朝、そ~っと覗くと。
お~、食べてる食べてる(^o^)/
Img_4866











夢中で撮っていたら、ファインダー越しに目が合って、睨まれてしまいました(^-^;A
「食べるの邪魔しないで」と言っていたのかな<(; ^ ー^)
Img_4826











朝の公園は雨降りで、薄暗くて、こんな写真しか撮れませんでしたが…(^^ゞ

Img_4827_2








雨がたくさん降ってきても、なかなか帰ろうとしないロイの図でした(;´▽`A``

今日は、ブログ、お休みいたします

今日は、ちょっと取り込んでおりまして、ブログ、お休みいたしますcloud
画像を貼る時間もなくて、ごめんなさいsweat01

京都へ、まつおえんげいへ

Img_5719












1月24日から25日にかけて、一泊二日の京都旅行へ行って来ました(^^)/
本当に久しぶり。
京都の街を散策して、好きな器も少し見てみたかったのでした。
そして何より、昨年5月にお伺いして以来、大好きな場所、心のオアシスになった「まつおえんげい」に、再び訪れてみたいと思っていました。
そんな私も思いを乗せて、新幹線は一路京都へ~bullettrain
東京はよく晴れていたのに、関が原のあたりは雪が舞っていてびっくりnote
上は、そのときの写真です。
Img_5766












冬の京都は、初めてでした。
駅に降り立った時、冷たい風が強くて、風花がひらひらと舞っていました。
寒さは予め予測していてpunch、完全武装?臨んだのですが、最初は、「う、寒い、歩き回る根性でるかなsweat02」、な~んておののいてオリマシタ(^^ゞ

写真は、東山の高台寺です。
Img_5793_3












高台寺は、豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために、秀吉の夫人、北政所(ねね、出家して高台院湖月尼)が慶長11年(1606)に、開創したのだそうです。
写真手前は開山堂、奥が霊屋です。
夫婦二人三脚で戦国の世を生き抜きのしあがってきた出世ストーリー。
晩年、ここで何を思い、何を見ていらしたのかと…。
戦国武将たちからも一目を置かれる、聡明な女性だったそうですね。
Img_5810












そんな思いにふけりつつ歩いていくと、夕刻の斜めの陽射しが眩しく、風はいつまにか止んでいました。
響き渡る鐘の音、ああ、京都に私は確かにいるのだなぁと、感慨もひとしお(^・^)
Img_5828












器が好きな私は、京都に来たら、必ず寄ろうと決めているお店は、楽只苑、そして六々堂というお店です。
華やいだ京焼のご飯茶碗と、シンプルでやや現代的な感じの箸置きを買って、お買い物は終了することに(⌒o⌒;A
先斗町をぶらついた後、京都らしいお食事を戴いて、真っ暗な中、宿へ到着。
Img_5842_2












宿は風光明媚な嵐山にあるホテルでした。
写真は、お部屋からの朝の景色です。
いいお天気で、観光気分満々sun
昨夜も朝も、温泉に入ってspa、お肌も絶好調?(^^)/
Img_5902












入り口のたたずまい。
元々は財界人の別荘だったそうで、何度か増改築がなされたようですが、明治32年に建ったのが最初のようです。
趣あふれる建物とお庭に、また訪れてみたいと思いました。
Img_5852












宿を出て、少し歩くと、もう桂川、渡月橋。
昔、修学旅行で来た時は、こんなしみじみとした思いで眺めることは、なかったなぁ~と(^^ゞ
年齢を重ねて、初めてわかることって、ありますね。
当時は、銀閣や詩仙堂が心に残りました。
Img_5864












橋脚は、さすがにコンクリートでしたが、欄干部分は木製で、周囲の景色になじむ配慮がしてありました。
お手入れ、大変でしょうね。
Img_5878



 

 
 





時を遡ったような錯覚が起きる嵯峨野竹林。
この道が、朝の空気の中で、最も印象に残りました。

Img_5920












嵐山から、いよいよ待望の「まつおえんげい」へ。
ここに降り立った瞬間、「わ~い、着いた~、ついに来た~(^o^)/」と感無量!
昨年、5月に伺ったときの様子は、こちらにリポートしてあります。
よろしかった読んでみてくださいませ(^-^;A
Img_5913












素敵な木陰を作ってくれていたキーウィは、葉が落ちて、クリスマスローズにお日様の光をあげていました。
昨日から、クリスマスローズフェアが始まっていました。
ここでまた、物欲と理性が戦ってしまいましたが…(^^ゞ
Img_5923












テラスで、風に吹かれながらランチをしたログハウスも、この日はさすがに寒そうで、暖かな室内で一息つきました。
クラムチャウダー、美味しかったですrestaurant
Img_5924












整然と並ぶバラの大苗。
その種類たるや素晴らしく豊富で、ああ、もっと広いお庭が欲しい~、と雄叫びは上げなかったけれど、心の中で叫んでいました(⌒o⌒;A
どの場所も懐かしくて、私は園内をウロウロと歩き回り、似たような写真をたくさん撮っていました(笑)
Img_5946












昨年伺った時、とても親切にしていただいた、懐かしいスタッフの方々のお顔、社長の松尾さん。
私はすっかりのぼせてしまいspa(笑)、大胆にも松尾さんと富永さんにサインまで戴いてしまったのでした。(隠れファンだったりします^^;)
(おお、私としては、破格の?行動力~~^^;)

写真は、まつおえんげいさんのアイドル、かわいいトイプードルのヨークくん。
フワフワムクムク~heart04
かわいい~notes
またもや嬉しくて長居をしてしまったのでしたが、時間はやっぱり流れていって、旅は終わってしまいました。
まつおえんげいのみなさま、温かなお心遣い、楽しい時間を本当にありがとうございました。
お名刺をくださったE・Hさま、そしてみなさま、東京にいらしたら是非お会いしたいです。
飲みましょうね、なんて^^;winebottle
Img_4821











「まつおえんげい」の思い出。
斑入りの植物はペペロミア。
ペペロミア・グラベラだと思われます。
まだ殆ど地上部がないのはユーフォルビア・カメレオン、そして多肉のエケベリア紅司。

また、伺いたいなと思いながら。
また、日常を頑張らなくてはsweat01

初めてバトンを受け取りました

Img_4906












25日の日曜日に、みーさんから、初バトンを受け取りました。
五人のお友達ブロガーの方をを選んで、イメージカラーを決めるというものだそうです。
質問は、以下の四つです。

Q1 貴方の名前
Q2 バトンをまわす5人は?
Q3 これからその人達とどうしていきたい?
Q4 バツゲームは?

Img_0582











Q1 貴方の名前
名前は、sissiです。
ハプスブルグ家のフランツ・ヨーゼフ1世の皇后エリザベートの愛称から、不遜にもいただきました(⌒o⌒;A
モーリス・ベジャールの作品「sissi」にも惹かれたせいもあります。
後に、バラ、ブルームーンの別名が「Sissi」と知りました。
母がとても好きなバラで、バラを育てている今、こちらの名前を戴いたということもいいかなと、少しだけ縁を感じました。
ともあれ、かなり名前負けしておりますが(*v.v)ハズイ...
みーさんは、私のイメージカラーに、ピンクを選んでくださいました。
優しい色味に、嬉しいやら恥ずかしいやらです。
そういえば、育てているバラもピンクが多いのです(^^)
Img_8092











Q2 バトンをまわす5人は?
ごめんなさい。
こちらは、選ぶことができなさそうです。

Q3 これからその人達とどうしていきたい?
五人を選ぶことは出来ませんでしたが、ネットで素敵な方とたくさんお知り合いになれたことを、大切に思っています。
これからも、末永くお付き合いさせていただきたいな、と(^^)/
みなさま、いつもありがとうございます。

Q4 バツゲームは?
みーさんのくださったバツゲームは、「去年お庭で写した写真の中で、一番好きな写真を見せてください。」というものでした。
上から三枚の写真が、昨年のベランダの様子です。
一番上は、秋のベランダの遠景、二枚目はやはり秋に咲いたバラで、品種はデルバールのナエマです。
三枚目は、昨年、山野草の世界に入り込むきっかけとなったキイジョウロウホトトギス。
ただ今地上部がすっかり枯れて、来年にこんな風に咲いてくれればいいなぁと、写真をアップするにあたって思いました。

こうして昨年の写真を見ると、輝く緑の季節が眩しく、春が待ち遠しくもあります。
みーさんのおかげで、昨夜は、昨年の写真を見直すきっかけになりました(^^)/
(ちょっと、思い出に浸ってしまったり^^;)

以上です。
みーさん、バトンを回すことができなくて、ごめんなさいsweat01
Img_4788











こちらは、おまけのロイです。
京都から帰ってきた夜は、私にぴったりと寄り添い甘えて、大変でした(本音は、嬉しい~^^;)
昨日も、ずっと私のそばを離れませんでした(^-^;A
留守にした理由を説明してあげられないのが、ちょっぴりかわいそうになってしまいます。
でも、今朝は元気元気です(^o^)/

京都から帰ってきました

Img_4770











ブログもお休みして、24、25日と一泊二日で京都に行っていました。
昨夜帰宅したら、なんだか長い間家を空けてしまっていた感じもして、ロイをギュ~ッdash
少しでも離れていると、あのフワフワ感、無性に恋しくなりますね(^^ゞ
ちょっとばかり家を空けたくらいでは、冬のベランダは、さしたる変化もなかったのですが、それでも昨年購入したセミダブルのクリスマスローズが、僅かに開きかけていました。
昨年は、花弁(ガクですが^^;)7~8枚shineの花が咲いていたのですが、私が初めて咲かせる今シーズンは、どうも一般的な5枚に戻りそうな気配も…(ーー;)
形質が固定しにくいクリスマスローズ、この不安定さが魅力なのかもしれませんがsweat02
Img_4765











初開花になる斑入りのニゲルは、多花性の謳い文句通りに、小さな体で、たくさんのお花が咲きそうです。
Img_4757











昨日、帰宅してブログを開けたら、みーさんからバトンがきていました。
みーさん、すみません、いただいたバトンのお返事、もう少ししたら書きますね(^^)
Img_5793_2













京都は、初日は、東山の高台寺や五条通りの好きな焼き物のお店楽只苑に伺ったり、先斗町を歩いたりしていました。
(写真は、高台寺です。)
Img_5919_2













二日目、25日は、昨年5月に伺って以来、すっかりお気に入りの場所になった、まつおえんげいへnote
懐かしい方々とお会いでき、本当に心温まる楽しい時間をいただきました。

旅の様子は、明日以降にアップしたいと思います。
おつきあいいただけましたら、嬉しいです(^^)/

今日もブログはお休みです

Img_4749 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日は雪が降りましたが、今日はいい天気!
当然、ボクも大奮闘しました。この勇姿を見てください。
今日、ご主人さまが帰ってくるので、お土産話をお待ちください。
忠犬・ロイでした!

今日はブログお休みです

Img_4736















Img_4727









ご主人様がおでかけなので今日はブログはお休みします。
留守は、このぼくにお任せください(ロイ談。大丈夫かああ!?)



 

フクシアが、今もポツポツと咲いています

Img_4722











昨日は、雨でお散歩が中止だったので、今朝は、まだ小雨の降る中、えいやっと決行です(ロイさんのために^^;)
雨の日は、濡れたくないのか、蜜柑を食べに来るメジロさん夫婦は、日暮れ近くまで、我が家のベランダの中で遊んでいることが多くなりました、あ、雨ではなくてもそうかな(^^)
Img_4692_3











ロイのお尻をご覧ください^^;
キラキラと光るものが付いているのが、わかりますでしょうか。(さすがの撥水効果^^;)
雨の滴です(⌒o⌒;A
ロイは、「今日のお散歩は譲れない!」ってな感じで、帰ろうとしません。
もうこうなると雨だろうが、風だろうがへっちゃらです(^^ゞ
Img_4716











お天気のいい日中は外に出すのですが、室内ではトリフィラタイプのフクシア、ガルテンマイスター ボンシュテット(Gartenmeister Bonstedt)が、いまだ、ぽつぽつ咲いております。
意外に花期が長いのだなぁと、初めて育てる私は驚き\(◎o◎)/!
品種名の部分をクリックすると、品種についての説明があるYoYoさんのホームページへ飛びます。
Img_4703_3











この紫がかった、ビロードのような質感と光沢をもつ葉に、一目惚れしたのでした。
陽射しのない今朝の撮影なので、今ひとつクリアに写っていないのですがsweat01

なんだかんだで、一月も、もうすぐ終わりなのですね。
早いな~。

カレンデュラ コーヒークリームがよく咲きます 最近の家電メンテナンス事情

Img_4674











今日は、朝から雨降りrain、久々、お散歩は中止でした。
遠くに見えているのは、冬枯れのメタセコイア、前にも書いているのですが、この巨木が、個人宅に植えてあるんです、すごいな~(^^ゞ

昨日、洗濯乾燥機の総合メンテナンスのために担当の方がいらしたのですが、今時の機械の診断てすごいのですね~、洗濯機にはアップデイトに備えてプログラミングを組み込むためのジャックを刺し込むところがあるのですが、PCとそこをつなぎpc、なにやらキーを叩くと、ディスプレィには様々項目が浮かび上がって…。
項目ごとにエラーとか正常とか、ゆっくり表示されていっていました。
熱心なお仕事振りに感動して、写真cameraを撮るのを忘れたのに気づいたのは、お帰りになった後でしたsweat01
いや~、何だか未来チックでした(⌒o⌒;A
でも、中の排水ホースに付着した水垢とかは、当然手で取るしかなく、最後は直接の人手ですね。
ちなみに我が家の洗濯機は10年選手、あと10年くらい働いてもらう予定です(;´▽`A``
Img_4686











「で、ワタシのお散歩はどうなったの?」
ず、ずいとカメラに迫ってくるロイさん。
ごめんね、今日は中止なのよ(^^ゞ
Img_5712












ベランダでは、カレンデュラ  コーヒークリームが、この寒いのに、温かい色味でよく咲いています。
Img_5710












銅葉のからし菜は、根が張ってきたのか、一枚の葉のサイズが大きくなり、なかなか食べがいが出てきました。
写真は、結構葉を摘んだ後です。
ツルマサキの綺麗な紅葉がお気に入りです。

我が家のクリスマスローズ、あと一息かな

Img_4611











曇り空の朝だと日の出が、かなり遅く感じます。
写真を撮ったのは、朝の六時半くらいです、いやもう、思いっきり夜ですね(ーー;)
Img_4610











先日、習い事で使うウォームアップ用のアウターやニット製品を買うために、お気に入りのお店に入ったら、セールで、早々と半額!
嬉しくて、あれこれまとめ買いをしてしまいました。
景気がよくないせいでしょうか、今までにない大盤振る舞いのセールになっていましたdollar
Img_4653











ダークネクタリーのお花が咲く(はず^^;)のガーデンハイブリッドのクリスマスローズは、花茎が伸びてきて、何やら開花間近の様子で期待しています。
この蕾が、今シーズンのトップを切るのかなmotorsports
あちこちから新しい蕾も見えてきて、ちょっと嬉しい今日この頃note
冬に生長してくれるクリスマスローズは、ありがたい冬の貴重なブログネタです、な~んて(⌒o⌒;A
Img_5684













こちらの斑入りのニゲルは、気をもたせたまま、あまり変わらずというところです。
花が咲きそうな時って、何やら、その植物から目を離せなくなりますね(^^ゞ

冬のベランダはネメシアとビオラの香り

Img_5673












昨日の東京地方は、三月下旬の陽気だったそうです。
暖かな一日でしたsun
陽射しに誘われて(というか水遣りのため^^;)ベランダに出てみたら、何やら良い香りが…。
バラは咲いていないし、ヒヤシンスもまだ固い蕾のまま、どこからかなと思ったら、この斑入りのネメシアからでした。
花は地味ですが、パウダリーな甘い香りを放っておりますheart04
Img_5677












見元ビオラのニュー歌姫も香りがありましたshine
見元さんのところのは、我が家では小輪系のビオラに香りがあるようです。
この薄紫のネメシアは、斑入りの葉の美しさだけで購入したのですが、こんな嬉しいサプライズがあるとは思いませんでした。
(光のせいで、斑がわいかりにくいですが…^^;)
Img_5694












華やかなネメシアの園芸品種、こちらのインプレシアは、残念ながら香りはないようです。
園芸化が進むと、香りを失ってしまうのは、よくあることのようですね(;´▽`A``
でも、うまく撮れませんでしたが、中に蜂蜜色が混じった花色は複雑で、寒くても咲き続ける優秀な品種だと思います。
11月あたりから、休みなく咲き続けているのはすごい(^^)/
Img_5687












で、こちらはジャックフロストの白花種、ブルネラ・ミスターモース。
ジャックフロストが、夏のダメージから回復しないまま冬になった我が家ですが、このミスターモースは、この場所が気に入ったのか、60センチのプランターで大きくなり続けていますsweat02
春に、ギボウシが出る場所は、残しておいて欲しい~sweat01

お散歩、行きましたが、今日はロイの出番は、なしとしました(^^ゞ

銅葉のからし菜に外食で出会う?

Img_4592











今朝は曇りのせいか、久しぶりに暖かく感じる朝でしたcloud
この冬、毎度登場しておりますこの寄せ植え^^;
銅葉のからし菜は、相変わらず、ちょくちょく食卓の彩りになっています。
Img_4597











寒くなった今が、いわゆる旬なのでしょうか、小さなコンテナの寄せ植えながら、艶やかな葉を見せて、生育旺盛です。
Img_5672












で、私事で恐縮ですが、先日、久しぶりにランチを外食いたしましたrestaurant
最初のお皿が運ばれてきて、お腹ぺこぺこだったので、わ~い♪と一気に戴こうとしたのですが、ん、あれ?
Img_5669_2













付け合せのサラダ仕立ての野菜になんだか、我が家のからし菜くんとちょっと似ているものが…。
食べると爽やかで、軽い苦味と僅かな辛味。
葉の大きさはかなり違いましたが、銅葉のからし菜のようでした(^^)
ちょっと写し方の角度が良くなくて、細い葉の広がりがわかりづらくて申し訳ないのですが。
(さすがに立って真上から撮る勇気は、なかったのでした^^;)
レストランでのこういうサラダ仕立てのお野菜は、一時は京都の水菜などが流行った時期があったようにも感じましたが、カラフルで美味しいお野菜の出現は、当たり前かもしれませんが、園芸だけではなく外食産業の世界でもポピュラーになっていきているのですね。
Img_4582









今日の早朝は、陽射しがなかったので、六時半くらいでも真っ暗でしたeye
なんだか夜のお散歩状態のロイです(^-^;A

原種シクラメンのコウムが咲き揃ってきました

Img_4521











寒い寒いといいながらも、少しずつ春に近づいているのか、川辺の遊歩道では、日本水仙が咲き始めていました。
Img_4526











日曜日の今日は、ちょっと遅い時間にお散歩に出掛けたせいか、カモさんたちがのんびりとお食事中?、みたいでした。
ロイと、ちょっとぼんやりと見ていると、ん…。
何やら一羽のカモさんが、ヨタヨタとロイに近づいてくるではありませんか\(◎o◎)/!
Img_4532











どんどんやってきて、またまたしばらく見合っておりました(^-^;A
ネコちゃんの次は、カモさんとお友達のなるのかと…、交際範囲の広い犬のロイさんsweat02
Img_4540











公園に行ったら、今度は、人間のお友達にたくさん会って、みんなでサッカーをして遊びました。
傍で立って見ている方は寒さで震えておりましたが、本人(犬)は大満足note
お散歩を切り上げるのが大変でしたsweat01
Img_4547











ベランダでは、原種シクラメンのコウムが咲き揃い始めました。
昨日、一日留守にしてベランダを見ていなかったせいか、ちょっと水切れ気味(^^ゞ
この後、慌ててお水をあげました~bud
Img_4566











ピュターリーフは、お隣のタイルバーンエリザベスより葉が小さく、花も小振りのようです。
花弁も、なんだかプロペラのように今のところ、ねじれたまま。
葉が大きい方が、やはり大きなお花が咲くのでしょうかf(^-^; ポリポリ
ピューターリーフは、葉の上がりが良いようで、もう小さな葉が2~3枚出始めています。
Img_5655













15日の撮影ですが、下から見ると、こんな感じです。
暗くて申し訳ないです^^;

1月も気がつけば半ばを過ぎて、そろそろやり残しの庭仕事にいい加減に着手しないと、という感じです(⌒o⌒;A

今日は、ブログお休みです

Img_4506











明け方の公園ですが、
オヤ!?
Img_4507

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ん。何か画面中央に近づくものが…。見えない方はクリックして拡大して見てください。
Img_4512











ボクが見えました?
だまし絵ロイでした。

我が家のジゴペタラム、香りがありました

Img_4493_5






















我が家に、このジゴペタラムというお初のランがきて、一週間が経ちました。
とにかく下調べも勉強も何もしないで買ったので、育て方も雲をつかむような感じでしたが、やはりランは湿度が大切と伺い、葉水を欠かさずするようにしました。
すると…、昨日の午前中あたり、何ともいえない良い香りが漂っているのに気がつきました。
おお、香りがある~shine
そして根元に灌水するよりも、葉水が嬉しかったのか、株もとの葉が、僅かの間に俄然、大きくなってきました、フサフサ\(◎o◎)/!
こんなに一気に大きくなるなら、比較のため、来た当初の葉の様子も写しておけばよかったと思いました。
Img_4495_2











最初に香りがなかったのは、輸送によるストレスと我が家の湿度が低かったためだろうと思いました。
残りの蕾の花も、次々と咲き始め、改めて、ランに関して湿度の重要性を学びました。
Img_4485











で、このいまま手探りで育てていくだけではいけないと、昨日、スーパーにお買い物に行った際、お隣の書店で、ジゴペタラムやフウラン系の交配種について書いてある書籍や、基礎知識をわかりやすそうに書いてある感じのものを、三冊も購入してしまいました(^^ゞ
偶然買ってあった今月号の趣味の園芸もランについて書いてあったので、一緒に写してみました~camera
ジゴペタラムペタラムに関して、ざっと読んでみたら、湿度とある程度の温度がないと、香りを発散しないと書いてあり、ウ~ンとやっぱりと。
ちなみに、香りは、花粉を運んでもらうために虫をおびき寄せる手段なので、虫の活動時間外の夕方には香らなくなるようです。
Img_4479









つけたしロイさん、今朝も、寒い中元気に走り回りました。
それにしても、寒いですsnowpenguin

蘭の苗を、また買ってしまいました

Img_4441











気温が10℃を切るのが当たり前になってきました。
今まで順調そうに見えた植物が、突然、冬越しは無理とばかりにダメになってしまうのも、この時期あたりからですね。
ベランダでは、昨年購入した、夜香木(ナイトジャスミン)を少々心配しています。
Img_4449











こうして見ていると、青々とした芝生だったなんて夢のような気がします。
Img_4472











さて(^^ゞ、ジゴペタラムを買った後も、私の蘭熱は冷めることがなく(理性では、アブナイと言っている^^;)、あちらこちらのサイト、さまざまな蘭の写真などを、時間をみつけては見まくっておりました。
蘭は近縁交配が進み、魅惑的お花の品種が山のようにあって、見ているだけで幻惑されてしまいそうです。
そんな中、たまさかみつけたナーサリーの奥深くに、お目当てだったジゴペタラム・レッドペイルプリティアンの小さな苗を売っているのを発見。
当然、私が購入した大鉢よりお値段が安く、あ~失敗down
何事も焦ってはいけないなぁ、と少々苦い思いで反省しつつ、ちょっとあと小さいのが少しだけ欲しいな、などと、またぞろ凝り性がない性格が頭をもたげてしまいました(⌒o⌒;A

で、買ってしまったのが、写真の風ラン系の小さな苗二鉢です(^-^;A
花のない苗の予定でしたが、到着してみると、一鉢にはたくさん咲いていました。
左がヨネザワラ・ブルースター、右がアスコフィネティア・チェリーブロッサムという名前だそうです。
Img_4456











この風ラン系の青い花が咲く品種には、この他にダーウィナラ・チャーム・ブルスターとダーウィナラ・チャーム・ブルームーンと計三種類が流通しているようですが、写真だけでは、違いが殆どわかりません(@_@)
Img_4457











爽やかな香りがあります。
small gardenのみーさんが、ブルースターをお持ちで、綺麗に咲かせていらしゃいますので、どうぞご覧ください。
みーさんのダーウィナラ・チャーム・ブルースターの記事はこちらから。
Img_4461











こちらがアスコフィネティア・チェリーブロッサム(Neof.falcata×Asctm.ampullaceum)。
交配の中味を読んでも、なんのことやらという感じなのですが(ーー;)
こちらは、同じような花形で、ピンクのお花が咲くそうです。
ちょっと葉が傷んでいるような気もしないではなかったのですが、まずは、頑張って育ててみよう、とf(^-^; ポリポリ

さすがにいくらヒートアップしていても、温室もない狭い我が家、実際に買うとなると蘭の中でも耐寒性の高いものを選びました。
(理性、ちょっとあり^^;)
でも、華やかな品種はこれでもかとあり、原種や小型のカトレア、ファレノプシス、パフィオヘデラムなどため息が出る美しさ。
で、頭の中で、まてよ、この寒い季節でも、夜中エアコンを切っても20℃を下回ることはない我が家、これは、寒さに強くない品種でも結構イケルのでは…、と思い始めて警戒信号発令。
まずは頭を冷却させねばと、蘭に関してはひとまず強制終了させてしまいました。
(華やかな品種は、苗のお代も高かったし^^;)
Img_4455











ところで、1月6日の記事で、切花品種のバラの花もちについて書きましたが、その後、この最後の一輪は、一緒に活けこまれていた蘭よりももって、今までこうして咲いていました~shine
もしかして、ドライフラワーになってしまっているのではないか^^;と思うほど、形がかわりません。
今朝になって、さすがに傷みが目立ってきましたので、処分することに。
なんと三週間近く咲き続けていたことになります\(◎o◎)/!
延命剤も入れていなかったのに、このバラには本当に感動してしまいました。
これで、お正月の名残りも、本当におしまいとなりました。

メジロさん、毎日やってきます クリスマスローズ、ちょっと変化

Img_4437











明け方は、零下になる日々が続いていますpenguin
といっても、実際に測ってみたわけではなく、予報の数値をそのまま言っているだけなのですが(^^ゞ
とにもかくにも、この寒さを越えないと、春は来ないのですね。
これから二月くらいまで、春がとりわけ待ち遠しい季節になりそうです。

こんな中、毎朝、メジロさん夫婦が元気にやってきますnote
室内から望遠レンズを使って写したので、逆光で申し訳ないのですが。
これが、本当に賑やかで愛らしくて、ついつい見とれてしまいます。
Img_4428











この蜜柑半分を、一日経たずに、綺麗に食べつくすのですsweat02
小さな体で、旺盛な食欲restaurant
でも、鳥は食べ溜め、いわゆる蓄積ができず、しかも体温を高温に保たなければいけないので、冬越えは本当に大変だろうと思います。
だから、弱っている鳥を保護したら、食べ物より、まずは暖めて、体温を保ってやることが大切のようですね。
Img_5644













ただ今の我が家のクリスマスローズ、前回に較べて、ちょっとだけ変化が。
昨年買った、ダークネクタリーの株は、蕾が僅かに色づいてきました。
クリスマスローズは、このコロリとした蕾も愛らしいのですね。
Img_5641













斑入りのニゲルは、どうにか蕾らしくなってきました。
それにしても、悠長だな~~sweat01

庭というものは、季節ごとに見所を迎える植物を植え込んでおくことが大切とわかりながらも、毎度ブログをアップする、ということをしていなかったら、そのことをこれほど真面目には考えなかったろうなと思います。
冬に変化のある丈夫な植物って、貴重です(⌒o⌒;A
Img_5638













寒い寒いといいながらも、冬至が過ぎて、僅かながらも日が長くなっているのでしょうか。
モミジの足元で、地上部がなくなっていた丹後サラシナショウマが芽吹き始めていました。
ちょっと寒そうですね(^^)
Img_4418











散々走った後のロイ。
「今日は、この辺で帰りましょうか」
昨日は、ロイのブリーダーの方と、電話で久しぶりにお話をしました。
ロイ、今年の三月がくれば5歳。
お話を伺って、食事も、シニア用に変えていくタイミングを、注意深く観察しておかなければと思いました。

原種シクラメン コウム・ピューターリーフが咲き始めました

Img_4394_2











今朝は、切れるような冷たい空気でした。
Img_4389











ロイが立っている公園の芝生は、霜の縁取り。
犬種にもよるとは思うのですが、コーギーは本当に、寒さに強いなぁと思います。
Img_5629













昨日、原種シクラメンのコウム・ピューターリーフが、ようやく一つ咲き始めました(^^)/
花弁は、お隣のタイルバーンエリザベスより濃いローズピンクに近いような色で、個体差かもしれませんが、大きさはやや小振りな感じです。
こうして見ると、葉の色も随分違いますね。
Img_4398











今朝見たら、気温が下がったせいか、花弁が丸まってしまっていましたsweat02
お花は、タイルバーンエリザベスの方が、華やかな感じがしないでもないような。
もう少ししたら咲き揃うかな、そうしたら、またアップしたいと思います(^^)
Img_4410











昨日、スーパーに買出しに行った時、併設の花屋さんで思わず買いも求めてしまった芽だし球根、ヒヤシンスです。
これでさらに、冬が楽しく過ごせるかな♪

バラに、石灰硫黄合剤を塗りました ベランダの小さな花盛り2

Img_4377











今日は、成人式ですね。
日にちが定まらなくなってから、どうもイメージが薄くなりました。
連休は嬉しいのですけれど。
道行く人にカメラを向けると、着物を着た女性がチラホラ。
親の転勤の関係で、成人式は生まれ育ったところで迎えられなかったことと、若い頃は儀式めいたことに興味がなくて、成人式には行かないでしまったことを、今は、小さな後悔と共に思い出します。
二十歳という時期は、その時だけなのに、人生の区切りというものを、もっと大切にしておけばよかったな、と。
考えてみれば、結婚式を迎える時も、目の前の山のような仕事優先で、ドレスもヘアスタイルも、殆どお任せで、興味があまりなかったことを思い出します。
とにかく疲れていて忙しく、スケジュールの一つとしてこなしていったような気も(^^ゞ
その後子供が生まれて、ことさらお正月や桃の節句、お彼岸や冬至と、季節の区切りを、割りに大切にしてイベント化したのは、そういうことの反省だったような気がしますsweat01(⌒o⌒;A
Img_5620












今日は、バラに石灰硫黄合剤を塗りました。
バラも最初の頃に較べると、結構な数に増えて、この作業も、以前より格段に時間がかかるようになりました。
といっても、ベランダなので、たかだか知れたものですがf(^-^; ポリポリ
空気が乾燥しているせいか、たちまち乾いていきました。
Img_5625












パンジーは、冬の花材として食傷気味で、しばらく買っていなかったのですが、今シーズン久しぶりに登場させました。
さすがに、冬枯れのベランダが、その一画だけ華やぎます。
品種名は忘れましたが、これも見元さんのところのパンジーです、このフリルがなかなか優雅な感じdash
銅葉のからし菜が、また暴れ始めました。
サラダにしなくっちゃ(^-^;A
パンジー以外で冬もよく咲いてお気に入りになったのは、ネメシア、そしてカレンデュラ・コーヒークリームでした。
いや~、寒くてもよく咲きます。
Img_5630













別の角度から。
手前は、見元さんのビオラで、「金のコアラ」。
考えて見ると、今年のパンジー、ビオラはなかなかゴージャスで、全て見元さんからのでした。
寄せ植えに使っただけなので、株数がそれほど必要なかったせいもあります。
ブランドビオラは、やはり、結構なお値段ですね(^^ゞ
Img_4371











ロイは、寒くても、朝のお散歩の時間は、元気よくついてきます。
ロイは、今、自分専用のベッドがないので(リビングの一画に厚手のタオルが敷いてあるだけ^^;)、そろそろ作ってもらわなくては、と思っています(小型犬用はたくさん売っているのですが…)、あ、やっぱり壊れかけている電子レンジを新しくする方が先かな
<(; ^ ー^)

ベランダの小さな花盛り

Img_5606













日に日に、寒さの記録が更新されていくような気がする今日この頃です。
昨夜は、氷点下になり、今朝は道路が凍りついていました\(◎o◎)/!
う~ん、冬まっさかりsnow
寒くても、もうすぐ冬も折り返し地点、陽射しにはいくばくかの変化があるのを感じているのか、パンジーやビオラが、最近、たくさん咲き揃うようになりました。
手前は、黒葉ビオラのラブラドリカ、奥は見元さんのパンジーで、エンペラーEXシリーズのソフィアです。
Img_5612













原種シクラメンのコウム・ピューターリーフも、蕾が緩んできて、開花までもう一息dash
Img_5619













ポットのままになっている(^^ゞ見元さんのビオラ、ピンクコアラも色が綺麗で、花が少し大振りになってきました。
やっぱりちょっと春が近づいたのかな。
Img_4353












朝の光に向かって…。
連休も半ば。
慌しく過ぎていく12月と較べて、1月はゆっくりと過ぎていくような気がします。

ジゴペタラムを買ってしまいました

Img_4316













昨日は、みぞれの混じった冷たい雨の一日でしたが、今朝は寒いですが、爽やかに晴れ上がりましたsun
Img_4305













公園は、霜でびっしり。
今まで乾燥しきっていたので、いくら冬とはいえ、植物も一息ついた感じだったのでしょうか。
Img_4310













昨日は、一日外に出られなかったので、いつにもましてパワー全開で走りましたdash
Img_4331













昨年あたりから、small gardenのみーさんのブログで、ランがとても綺麗だな、と拝見していました。
それまでは、別世界、高嶺の花というのでしょうか、まずは育てられないというイメージがあったのですが。
コメントした際にみーさんから、「意外に丈夫で、一般的な品種なら、それほど手間をかけなくてもお花も咲くようです」というよう励ましの言葉を頂き、それ以来、なんとなくこのジゴペタラムに焦点を絞って探してきたのでしたが…。
ない、ない、園芸店にもホームセンターにもなっかたのでした(ーー;)
お店の方に伺うと、東京では、ランは贈答用の品種の鉢物しか殆ど流通がないそうで、ジゴペタラムなどは、ないだろうということでした、ガ~ン\(◎o◎)/!

それではと、種苗会社のカタログで探していましたが、花芽もない小さな苗が、結構なお値段、ウ~ンどうしたものかと。
で、今度は、ナーサリーを探して見つけたのが、写真の花です。
三重県鈴鹿市の、サノオーキッドさんというところから買いました。
正式な名前は、「ジゴペタラム 一寸法師」(名前、イマイチですね^^;)というようです。
5本立ちということでしたが、数えたら6本以上ありました。
お値段も、かなりリーズナブル。
私としては、もっと小さな株でもよかったのですが、オンライン通販ですと、思うようにいきませんね。
Img_4327













香りが欲しかったのですが、原種ではないので、香りは、ありませんでした、またまたガ~ン(-_-;)
ジゴペタラムは、吉谷桂子先生も育てやすいランということで、著作にも載せていらして、そちらの記事もまた励みに(というかいっそう欲しくなった?^^;)なりました。
お花が終わったら、一回り大きなコンテナに、ホンコンシュスランと共に寄せ植えする予定でいます。
果たして我が家の環境で、うまくまた咲いてくれるか、少々、ドキドキもの(^^ゞ

ところで、みーさんは、ランをとても上手に咲かせていらしゃいます。
是非、ご覧になってみてください。
みーさんのジゴペタラムに関する記事は、こちらから。

ロイのカレンダーを作ってもらいました

Img_4298













今日は、雪が降るsnowのではないかとの予報が出ている冷たい小雨の東京ですmist
朝から気合の入った寒さ、ブルブルdespair
お散歩に行けずつまらなそうにしているロイですが、昨日、ドッグスクールのクリスマスパーティーでの、笑顔のロイの様子を撮った写真とカレンダーが届きましたnote
毎年、クリスマスパーティーのとき、プロの動物カメラマンの方がお手頃価格で撮ってくれるので、いい記念になっています。
以下、親バカに写真をアップしておりますが、おつきあいくださいcoldsweats01
017













スクール内に、仮設のスタジオを作って、クリスマスモードの記念撮影の時。
何枚も何枚も様々なポーズで撮るので、ロイは、だんだん集中力が落ちてきて、いやはや大変でした。
「こんなことより、インストラクターの先生と遊んでいたい~!」(ロイ談)
ロイも頑張りましたが、集中をとるこちらも疲れました~sweat01
007













他のみんながゲームをやっているのを、見ている時の様子です。
今年のお隣は、かわいいチワワのお嬢さん。
ロイの定位置、いつも椅子の下です。
035c















ボールを使って、芸を披露中dash
ロイ、新しいことを覚えたり、ゲーム性の高いことをするのが大好きなので、今年は、何かスクールのプログラムをとってあげようかなぁ、と思いつつ、毎度年が過ぎていっております(⌒o⌒;A

これから車で外出するので、雪がたくさん降らないことを祈ってしまいます。
冬も、これから一ヶ月くらいがピークですね。

寒さが厳しくなって ベランダの植物は、ささやかな紅葉です

Img_5592















今朝は、冷え込みました~penguin
鳥さんたちは、無事、夜を越えられたかな、と少し心配していたのですが、賑やかな鳴き声が聞こえてきて、ほっとしましたsunchick

ベランダは、露地よりも日中の温度較差が小さいせいか、植物はあまり紅葉しないのですが、夜の冷え込みが続いたせいか、いくつかは色づき始めましたmaple
写真は、ケラトスティグマ・デザートスカイ。
動きのある草姿がとても面白いお気に入りなのですが、やっと、僅かながら(本当にわずか^^;)紅葉していましたcoldsweats01
このデザートスカイは、地植えですと、非常に美しく紅葉するようです。
鮮やかな紅葉の写真は、みーさんのブログのこちらから。
Img_5595















バラも、枯れてそのまま葉を落としてしまうもの、葉を染めるもの、様々ですね。
これは、イングリッシュローズのレディ・エマ・ハミルトンです。
寒くなると、我が家では、最後はボルドーカラーになっていきます。
Img_5597















意外に綺麗な紅葉で驚いたのは、ハンギングバスケットで咲いているロペジアです。
花を咲かせながら紅葉している、なかなかのツワモノ。
これは、前にも書きましたが、植物自由区の陽介さんの個展に伺った際に持ち帰ったものなのですが、小さな花が絶え間なく咲いて、すっかりお気に入りです。
Img_4279










今朝のロイ、ボール遊びに疲れて一息ついてオリマス。
もっと顔を違う角度から撮りたくて腹ばいになったら…。
Img_4280













いきなりず、ずぃっと迫ってきて「どうしたの?、具合悪い?」
ちょっとピンボケ、顔面ドアップにsweat02
ロイ、ものすごい心配性なんですcoldsweats01

原種シクラメン、コウム・タイルバーンエリザベスの花の変化

Img_4241













今日は、七草ですね。
日の出は、まだまだ遅いなぁと感じる朝、曇りですcloud
Img_4237













以前から気にはなっていたものの、なかなか踏み込めないでいた原種シクラメンでしたが、昨年、いくつか苗を買ってしまいましたbud
バラエティーに富んだ葉の種類、可憐なお花、ちょっと集めたくなってしまいます。
クリスマスローズより、お値段も、遥かにお手頃なのも嬉しいです(^^)
写真は、昨日6日のコウム・タイルバーンエリザベスの様子です。
結構、咲き揃ってきました。
最初は、一般的な花型のものが、下向きに咲いているようなイメージなのですが…。
Img_4260













7日の今日は、ちゃんと花弁が反り返って、シクラメンらしくなりました(^-^;A
やや濃いグリーンの縁取りの黄緑がかった銀葉と、鮮やかなピンクの花色の対比が、なかなか綺麗です。
花弁の形が、一般的なイメージのシクラメンより丸みがあって、ちょっと変わった感じ。
コウムは、もう一種類、ピューターリーフが、あと一息で開花なので、そちらの花とも較べて見たいと思います。
Img_4247










おまけのロイさん、今朝もゴキゲンです♪
ロイとうたた寝をして、毎度、風邪を引きかけてしまう昨今でした(^・^)

お正月のバラが頑張っています 切花品種の実力

Img_4207













今朝は、朝焼けが綺麗でした。
Img_4223













これは、先月の30日にお花屋さんから送られてきた、お正月用のアレンジの今朝の写真です。
到着した時、バラはすでに殆ど全開だったのですが、一週間以上たった今でも、まったく美しさが損なわれていないんです。
配送されてきたので、実質、10日くらい経っているはずなのですが。
これには驚かされ、切花品種のバラに対するイメージが、コスト的感覚が変わりました(⌒o⌒;A

私は、普段、お花を飾る時は、メインのお花は、バラを飾るよりはユリ派でした。
一本にたくさん蕾がついていて花もちよく、また香りがあるのも好ましくてと、これが理由でした。
一方、華やかでも、バラは、ボリュームを出すにはお値段が張る(ーー;)、花もちが、あまり良くない、こんなイメージがあって、まず、買ったことがありませんでした。
ボリュームの点はともかく、最近の切花品種のバラを、見直してしまいました。
Img_4228













写真ではうまく出ていないのですが、かなりアンティークな感じのくすんだピンクです。
最近、FGローズといって、切花でもガーデンでも楽しめる、という品種が流行ってきていますが、わかるような気がします。
あ、ついに我が家もエアコンがはいったのですが(^^ゞ、それでも、このように、アップに堪える美しさを保っております~shine
品種名は…、すみません、お花屋さんに確認してないです(;´▽`A``
Img_4216













今日も、付け足しですが(^^ゞ
愛犬のロイです。
冬のコートで、いっそうフサフサしております。
ロイと丸くなってうたた寝するのが、最近の楽しみです(^^)

日常が戻ってきますね クリスマスローズの魅力に心惑って

Img_5590















今日は、週の初めの月曜日、仕事始めという方も多くていらっしゃると思います。
かくいう我が家も、本格的な日常が戻ってまいりました。
写真は、昨日伺った都心の百貨店屋上の園芸店です。
さすがに百貨店は二日から初売り、営業を開始しているだけあって、既に普段の賑わいを取り戻していました。
新春に向けての、お洒落なコンテナに入った寄せ植えの数々、華やかで真冬であることを忘れてしまいそうでした。
Img_5580















冬、といえばクリスマスローズ。
売り場には、もう様々な開花株が並び始めていましたが、葉物好きの私が目が行ってしまうのは、美しい斑入りの葉を持つ個体です。
この度は、結構、たくさん入荷していました。
Img_5582















中でも、とりわけ心惹かれたのが、こちら(^^)/
大振りの美しい葉に、オーレアともいえる大きな斑が美しい株ですshine
これ、大株にしたら、花がなくてもお庭の素敵なアクセントになりそう~heart02
ということで、お値段を確認したら…、キャ~~\(◎o◎)/!
と、とても手が、いや、足も出ない~sweat01
でも、やっぱり…、滅多に出会わない美しい個体に、後ろ髪を引かれる思いでした、は~dash

いいお値段なので、売れ残ってお値引きにならないかしらん、などと、お店の方にとっては、新年そうそう縁起でもないことを考えてしまった私でした(^^ゞ
蕾もついていたのデス(未練…^^;)
Img_4203













頭を切り替えてと(^^)
今朝のロイです。
子供達の忘れ物のボールを見つけて、匂いをかいでゴキゲン♪
ロイにとって、また、みんなと遊べる日常の開始かな。
ブログも、冬は、ネタに困ったりするのですけれど^^;、ゆっくりと、自然体で綴っていこうと思います。
よろしくお願いいたします。

クリスマスローズの蕾、やっと見えてきました

Img_4156













今日も穏やか冬晴れです。
長く伸びた影が、なんだか夕方みたいですね。
Img_4160_2













お気に入りの黄金葉のりーフプランツ、デザートスカイが、長く伸びる陽射しを受けて、上部は本当にゴールドに、根元はライムグリーンにと綺麗なグラデーションになりました。
反時計回りにデザートスカイの隣が、ダークな葉色になっているトレーリングタイプのクフェア、アガパンサス・ティンカーベル、カリオプテリス・ウォーセスターゴールド、ベロニカ・ネスター、ビオラのラブラドリカ。
冬なので、一部は、まだ株張りが小さいですが。
ベランダは暖かいせいか、デザート・スカイが紅葉してくれそうな兆しがないのが、ちょっと残念。
Img_4194













我が家のクリスマスローズ、やっと小さな蕾が見えてきました(^^)/
やっぱり拙ベランダは、日照が少ないのだなぁと感じます。
Img_4179













斑入りニゲルは、ちょっと変化が。
気長に待っております(^^ゞ
Img_4141b













昨夜は、24時に少し、今日の午前3時、5時と起きて観測、眠いです(-_-;)
写真は、まさか写っているとは思わずカメラを向けていて、たまさか撮れたもので、5時撮影の写真です。
とにかく寒かったです~sweat01

夜空に天体ショー、しぶんぎ座流星群がやってきます 原種シクラメン咲きました

Img_4099













今日も寒いですけれど、良いお天気ですsun
そろそろ、伸びきった生活に張りを持たせるためのも、やり残した庭仕事でも再開しようかな、とf(^-^; ポリポリ

さて、今年は、ガリレオが夜空に望遠鏡を向けてから400年だそうで、このことを記念して「世界天文年」となっています。
Img_4097













そんな年をまずは彩ってくれるのは、今夜のしぶんぎ座流星群のようですnight
「しぶんぎ座?」、と耳慣れない単語に??だったのですが、調べてみると、三大流星群(しぶんぎ座流星群、ペルセウス流星群、ふたご座流星群)のひとつとして、毎度注目されているとのことでした(^-^;A
ピークは、今夜の22時くらいらしいのですが、放射点がまだ低いそうで、観測のベストタイムは、24時過ぎから翌朝の午前3時くらいまでとなっているようです。
詳しい情報は、国立天文台のこちらからどうぞ。
Img_5565















ベランダでは、原種シクラメンの、コウム・タイルバーンエリザベスの花が開き始めました♪
ちょっとシクラメンのイメージとは違う花型です。
下を向いて咲いているので、見上げるような角度で撮ったのですが、一般的にイメージするお花が下向きに咲いているような、そんな感じです。
これからいくつか咲きそうなので、また、観察してみようと思います。
Img_5570















黒葉ビオラのラブラドリカも、小振りながら鮮やかなすみれ色で咲き始めました。

おせち料理もあらかたなくなり、メニューもゆっくりと日常にソフトランディングです。
毎年のことなのに、お正月は、毎度新鮮な気持ちになりますね。

銅葉のからし菜、食べてみました

Img_4056













お正月の二日目、今日もよく晴れそうです。
Img_4064_2













が、気温は低くて、公園の原っぱは、この通りの大きな霜柱が立っていました。
Img_4068













カレンデュラ・コーヒークリーム、ツルマサキなどと寄せ植えしている銅葉のからし菜、う~ん、やっぱりヒジキみたいですね。
このからし菜についての全景は、みーさんのブログのこちらから。
で、このからし菜、先日、ついに食べてみましたrestaurant
Img_5553















まずはそのまま、洗っただけで戴いてみると…、思ったほど辛味はきつくなく、爽やかな風味shine
これは、生食もイケルかも、と、こんな風に、マリナードした魚介類、ベビーリーフと取り混ぜて、サラダ仕立てにしてみました。
結果、美味しかったですgood
やはり取れたて新鮮は最高。
なんだか、こういう美しい野菜を園芸植物の中に取り混ぜて、ささやかながら鮮度の良い収穫を楽しむことにに、目覚めてしまいそうです。
Img_4081_2












まだ薄暗い早朝から走り回って帰ってきて、爆睡しているロイですsleepy
目を覚ましたら、ご飯の時間なんですflair

あけましておめでとうございます

Img_5540_2


















明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Img_3974













ロイ共々、また、楽しくブログを作っていきたいと思います。 

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!