« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

いろいろ咲き揃いました、我家のビオラ

Img_6381













今朝は、久しぶりにチラチラと陽射しが出ましたcloudsun
嬉しいな~、なにせこのところ日照ゼロ状態の東京でした(-_-;)
そんな陽気に誘われて、川沿いの遊歩道を歩いてちょっと違う公園へ行ってきました。
ゴキゲンのロイさんですnote
Img_6371













途中にある小学校の校庭からは、子供達の声が…。
仲間に入れてもらえないかなぁ、未練たらしく振り返ります(^-^;A
Img_6425













二月に入ると、我家のビオラも随分、咲きそろってきました。
前にも書いたのですが、冬の彩り→ビオラというパターン化した感じに飽きがきて、しばらく買わなかったのですが、植物自由区の陽介さんのホームページなどを見ていて、最近のビオラの、表情豊かなことにちょっと惹かれて、今シーズン、久しぶりに復活させたのでした。
そういえば、まとめてアップしたことがなかったなぁと。
以下、一部を除いて、殆どが、見元さんのところのビオラです。
Img_6423













これは、陽介さんの個展を拝見しにいった時に買ったものの一つです。
多分、「くれないロンド」だと思いますが…。
フリルが優雅、深みのある色で、とても気に入りました。
Img_6441_2 Img_6429_2







左が「ニュー歌姫」、右が、退色してしまっていますが「チェルシー」です。
Img_6433













最初は、花も小さいし、色も地味目かな、と思っていたのですが…。
盛りになったら、どうしてどうして複雑な表情見せてくれて好きになった「金のコアラ」。
来シーズンは、もっと渋めの素敵な寄せ植えを作りたいな~、と。
Img_6448













一輪一輪が、微妙に違っていて楽しい「ミッキー」。
Img_6457










こちらは「ピンクコアラ」。
咲き進んで、色が褪せてしまってしまっていますがsweat01
このアンティークな色味も、好きだったりします。
Img_6460













華やかな表情を見せる、エンペラーEXシリーズの「ソフィア」です。
我家のようなコンクリートフェンスに囲まれた人工空間は、これくらいくっきりしているほうが、葉物も多いせいか映えるようです。
立ち上がるより、枝垂れた感じになります。
Img_6467_2










こちらも時間が経って色が抜け気味(画面左すみっこあたりの色が、定番かな^^;)ですが、こちらは見元さんではなく、植田ストレインの「いとしのジュリエット」。

こうしてアップすると、結構、色々な品種を買ったのだなぁと6(⌒~⌒ι)
二月も気づけば今日でおしまい、昨日は雪まで降って、日中でも気温が3℃くらいと、かなり寒い一日でした。
それでももうすぐ桃の節句、三寒四温の季節の始まりですね。
毎度、着る物に悩むシーズンでもあります(⌒o⌒;A

お日様の光が欲しい~!

Img_6336














小雨の降る鈍よりとした空は、今朝も続いております。
カラカラに乾いていた冬のお天気から、一転、小雨の降る日々rain
でも、これが芽出しのための雨なのかも。
寒いけど、春が近い証拠、と前向きに捉えて…と(⌒o⌒;A
Img_6343














軽やかに階段を駆け上るロイを写すと、静止画ではこうなります(^-^;A
小雨は、ロイにとっては晴れマーク、この辺の感覚は、私と違うんだなぁ~6(⌒~⌒ι)
Img_6352














剪定したバラの、ちょっとフライング気味の芽吹きのみなさま。
バレンタインあたりが、異様に暖かかったせいだと思います。
ただ、ベランダは、遅霜の心配がないので、こんな芽も大丈夫のようです。
これはレディエマ・ハミルトン。
Img_6359














スノー・グースは、オベリスクのてっぺんから、枝垂れるような感じに剪定してあります。
それにしても、この割り箸か針金のオブジェの時期が、早く終わってくれないかな。
曇っていると、いっそう寒々とした雰囲気になるんです(^-^;A
Img_6363














で、たまりかねて毎度ですが、華やか一画を(^^)/
ヒヤシンスは、まだ綺麗に咲いていて、これは来年はもっとたくさん買おうと思っています。
花もちよし香りの良しの、冬の彩りですshine

今シーズンは、これで打ち止めにします^^; ラン類

Img_6341















今朝もはきりしないお天気ですcloud
あ~、さすがに青空が恋しくなってきました。

さて、東京ドームの世界らん展を見に行ってから、一時下火だった(にしていた^^;)私のラン熱はまたぞろぶり返してしまい、新しく広がったランのカテゴリー、ちょっと個性的な感じのリカステ(Lycaste)に新たな興味が移ってしまいました。
(初心者の目には、新鮮に写ったのでした^^;)
困ったものです(⌒o⌒;A
リカステは、本来クールタイプのランで暑さに弱いらしいのですが、品種改良で、随分、耐暑性があがってきているとのことsweat02
それを当てにして(^-^;A、カタログの中でも、耐暑性あり強健、且つ、なんといっても香りの良いものを探したら、うってつけの品種が新しく登場していました。
写真の株です。
Fruity Orange(フルーティオレンジ)
(cruenta'LYG3'×cochleata)
内容は、理解しないで転記しております、ハイsweat01
初夏咲きですが、不定期に何度も咲くそうです。
株が充実すれば…、だと思いますが(^^ゞ
なんといっても惹かれたのは、「甘い柑橘系の香り」がある、とのことで、これに「強健」の文字shine
いやいや、まだ育てられるかもわからないのに、これ以上増やしてはいけない、と心は大揺れに揺れたのですが(一応…)、あっさり陥落σ(^_^;)
ナーサリーの方に、初心者でも大丈夫、なんて勇気付けられて?、即刻決心したのでしたf(^-^; ポリポリ
Img_6335















京都のナーサリーから、小さな株が、大きな箱に入って、丁寧に梱包されて送られてきました。
あ~、また、思いが関西に飛んでしまいます。
Img_6338















恐る恐る梱包を解くと、リカステ特有の芭蕉みたいに大きな葉の苗が出てきました。
先に購入したアロマティカが落葉性だったので、ちょっとびっくりです。
Img_6345















新しいバルブが、顔を覗かせていました。
かわいいなheart02

初めてバラを育てようとした時、まずは一株から地道に…、と思ったのですが、バラのコンテナ栽培に関する本に「一株では過保護になって、かえって失敗するので、同じ種類を二株くらいからが良いです」とかなんとか書いてあったのを思い出して、ランも同じよね~、と今回の自分を納得させたりもしたのでした(笑)
あ、花は、あのアロマティカと、似ているようです。
何せ、新しい品種なので、これは、という写真がなくてリンクできなくてすみません。
とにもかくにも、小さいとはいえ今シーズンで6株目…、さすがにもう本当に終わりにすることにします6(⌒~⌒ι)
Img_6323_2













今朝、ロイは公園で、子供達の忘れ物を見つけました。
グローブです。
いつものように匂いを嗅いで…。
Img_6326













私を見上げて笑う顔には、もう、誰の物か、わかっているみたいでした。
ロイは、この公園に遊びに来る子供達、殆ど全員と知り合いなのでした。
言葉が通じたら、ロイに聞くのですが。

我家のニゲル、アブラムシに好かれています

Img_6266













今日も鈍よりとした冷たい空気の空模様。
週間天気予報を見ると、曇りマークcloudばかりで、ちょっと気持ちも浮き立たないかな、というところ。
Img_6263














寒さ大好き♪、曇りでも雨でもお散歩があれば、やたら人生(犬生?)明るい、バラ色のロイです(^-^;A
「今日も最高だね!」
あ~、ハイハイ( ̄▽ ̄;)
Img_6268













以前、クリスマスローズのニゲルに、アブラムシが発生していたことを、写真なしで記事にしましたが…。
嬉しくないけど、また、いました(ーー;)
今度は、落ち着いて?カメラに収めましたcamera
見えますか、花弁(ガク)の付け根の、黒い点々sweat02
なかなか開かないニゲルの花の中は暖かいのでしょうかannoy
Img_6273a














丸々と太っていたりしますbomb
他の植物には、発生していないのになぁ~{{{{(;+_+)}}}}
アブラムシのせいか、大きくなれない蕾もあって、それはもう取り除いてしまうしかなさそうでした。
我家のニゲルは、アブラムシに人気です(⌒~⌒;A
Img_6295













昨年の買ったガーデンハイブリッドのこの株は、無傷で元気note
次々と花茎が上がって、まだまだ咲きそうです。
こう見ると、ちょっとピコティのような感じも…。
この勢いだと大株になる日も遠くないのではshine、とトラタヌしています(⌒o⌒;A

春が近いのかな

Img_6249













昨日から、はっきりしないお天気cloudが続いていますが、雨が降ったおかげで空気が湿っていて、なんだか木の芽が動く音が聞こえるような気がしますbud
バラは、こんな風に剪定した枝先から、雫を見せるようになってきました。
暖かいベランダは、毎年、樹液が動くのが早いような感じで、今年は剪定を早めたので、昨年よりはこんな状態が少なくなりましたが。
あ、癒合剤、塗ってますよ(^^ゞ
水圧?が高いみたいなんです。
バラは、レディ・エマ・ハミルトンです。
Img_6246













地上部がなくなって、僅かに芽をだしていた丹後サラシナショウマも、こんなに青々とした葉を見せ始めました。
なかなか渋い色です(^^)
Img_6229













足元の地面が、柔らかく湿っているので、ロイはゴキゲンです。
しかし、こういうアングルって、足が短いのが強調されるね、ロイ(^-^;A
Img_6231













園芸店からは、春に向けての植物満載のカタログが届き始めました。
植栽に、一年草を混ぜて季節感を出す予定だったのに、葉の美しい小低木や宿根草にばかり目がいって、その計画がどんどん腰砕けになってしまっています(⌒o⌒;A
あ、写真撮り忘れましたが、フクシア、昨日剪定を終わらせました。
Img_6331











家人が、ブログ載せろと言うので( ̄▽ ̄;)
昨日、大阪日帰り出張で買ってきてくれた柿の葉鮨です。
美味しく戴きました、ハイbottle

今日は、ブログをお休みします

Img_6190













朝から雨の南関東ですrain
写真は、昨日の上機嫌のロイです。
今朝は、上がりそうにない雨だと知っているみたいで、ハウスからでてきません(^-^;A
今日は事情があって、ちょっとブログをお休みいたします。

行ってきました,世界らん展2009

Img_6124
















昨日21日、最終日の前日に、東京ドームで開かれている「世界らん展2009」に行ってきました。
なにせ初めて!、このプレートを見ただけで、期待で心拍数増加で~す(^-^;A
Img_6129















入っていくと、眼前に広がる会場の全景\(◎o◎)/!
お天気は良くても、気温は低かったので、当初、暖かい恰好で行こうと思ったのですが、思いなおして軽装に変更しての外出でしたが、正解でした~sweat01
国際ばらとガーデニングショウと違い、完全に室内のドームなことに加えて、ランは温度が必要なので、会場は暖かいのでしたspa
(昨年の西武ドームのガーデニングショウは、異様に寒かったんです^^;)
Img_6141















入るとすぐに広がる、オーキッドロード。
人の背丈よりも高い位置にディスプレイされたたくさんのランに圧倒されました。
Img_6138















下から見上げると、降るようなオンシジューム。
お花屋さんで、小さな開花株を見たときは、それほど魅力を感じませんでしたが、こうなると迫力です。
Img_6139















足元は、パフィオペディラムの植栽。
こういう色味、いいなぁと思いました。
Img_6182















様々なカテゴリーごとのブースへ。
ここは中輪くらいのカトレアが並びます。
Img_6181







この株は、NHKの趣味の園芸などでもお馴染みの江尻先生の作品。
ひときわ魅力のある色でした。
Img_6196















カテゴリーごとの賞を受賞した作品が、並ぶコーナー。
さすがに見事な美花ぞろい。
Img_6203













               

で、栄えある大賞はこちらでしたshine
高いところにあるので、望遠機能がついていないコンパクトデジタルでは、ここまでが限界でしたが…(^^ゞ
葉の形まで造形的で美しいです(^^)/
Img_6204















こちらが、次点の作品。
個体名はL. superbiens ‘Kawano’(レリア スーパービエンス `カワノ’)だそうです。
ものすごい大株sign01
迫力dash
Img_6213















一口にラン科植物といっても自生地も花の形も色も様々な上に、数限りない交配品種があって、その豊かさ、植物としての奥深さに、すっかり圧倒され、ランの魅力の虜になってしまいそうな気がしました。

こんなラン、デンドロキラムの草姿に心惹かれたり…。
Img_6234















ちょっと引いてしまいそうなランに驚かされたりしました(⌒o⌒;A
Img_6235








名前にも納得ですf(^-^; ポリポリ 
Img_6241















フレグランス部門は、香りをお届け出来ないのが残念です。
いつか買いたいなと思っているワルケリアナ。
Img_6275















このブルーの色には、はっとして立ちすくんでしまいました。
本当に、そこだけライトがあたったような鮮やかなブルーでした。
欲しいなぁ~<(; ^ ー^)
Img_6298















これは、ディスプレイ部門です。
ランのディスプレイは、高低差が少なくて、質感の違いが伝わりにくい雰囲気、カメラに収めにくい感じでした。
そんな中でも、こちらの作品が、個人的には、一番気に入りました。
Img_6291







神奈川県の横浜蘭友会の方々の作品。
Img_6314

















ひととおり見終わると、もちろん、お買い物です(*^o^*)
人ごみの中、あちらこちら見て回りましたが、とにかくたくさんあって、何か目標を定めていないと、初心者には、なかなか焦点を絞りきれない感じですσ(^_^;)
Img_6310















リカステの専門のお店。
この花は、ぺタル(花弁)の先端が傷みやすいので、持ち運ぶ時は、こんな風に大きめのポリウレタンのキャップをかけるのだそうです。
なんだか、ワンコやニャンコのエリザベスカラーみたいですね。
Img_6219













で、こちらが、昨日の私のお買い物です。
夏咲きリカステの原種、アロマティカです。
香りがとても良く、また初心者でもなんとかなる、と教えて戴いて決めました。
華やかな開花株が並ぶ中で、なんとも愛想がない感じではありますが^^;。
咲くと、お花は、こんな感じになるそうです。
画像は、こちらから。
Img_6213_2













お散歩の後、リビングの定位置でくつろぐロイです。
いや~、ロイ、ランの似合わない犬ですな(⌒o⌒;A

世界らん展2009にいってきます

Img_6182

















今日は、朝から陽射しの眩しい南関東です。
今日は、初めて、東京ドームで開催されている「世界らん展2009」に行ってこようと思います。
カメラのバッテリーを充電してcamera…、いざ、行ってまいります(^^)/
Img_6131_3 Img_6133

















左は、まだまだ固い桜の蕾です。
今日は、さすがにロイはお留守番。
いい子で待っててね~sun

雨でもお散歩 フクシアが咲き続けています

Img_6096













昨夜から、お天気は下り坂でしたが、今朝は、しっかり雨rain
てっきりお散歩は中止の予定にしていましたが…。
毎度のことですが、ロイに強く促されて決行しました(^-^;A
Img_6097













(飼い主は)傘をさしながら…。
三度のご飯より(実際は一日一回^^;)お散歩が好き、なせいか、ロイが空を見上げ、しばらくすると小雨になってきました\(◎o◎)/!
雨でもへっちゃら(ロイ談)(ロイさん、飼い主はへっちゃらじゃないのよ~^^;)
Img_6128













花期の長い植物は多いですけれど、室内の弱光の下で、これだけ長く咲き続けてくれる植物もそうはないように思えます。
トリフィラタイプのフクシアGartenmeister Bonstedt(ガルテンマイスター・ボンシュテット)です。
YoYoさんのホームページに詳しいですので、ご覧ください(^^)/
Img_6126













たしか11月初めに八ヶ岳倶楽部から連れてきてから(八ヶ岳倶楽部の記事はこちらから、ご覧いただければ嬉しいです)、満開状態ではありませんが、一日も休まず咲いています。
観葉植物にもなるくらいの美しい葉。
日本の暖地の気候では、育てるのはなかなか大変ですが、もっとポピュラーになってもいいのではないか、と感じています。

やっと完了、大苗の植え付け

Img_6061













冬に逆戻りしているような気がするお天気が続きますが(-_-;)、夕方、日の暮れるのは、確実に遅くなりましたね(^^)/
以前は、午後も四時近くなると、急いでお散歩にでないと五時前には薄暗くなってしまうという感じだったのですが(ボール遊びをするので、暗いと困るんです^^;)、最近は、その時間でも、随分と明るくなりました。
写真は、朝ごはんに忙しい川辺の鳩さん。
Img_6062













そろそろ滞りがちなの庭仕事(ベランダ仕事)も、再開しなければと、並んだ黒ポットの苗を見て、少々焦る日々です(^^ゞ
Img_6084













まずは緊急性の高いものからと、昨日は、やっとこ重い腰を上げて、室外機の上のラティスのコンテナに、デルバールのシャルトルーズ・ドゥ・パルムとエモーションブルーを植えつけました。
ここは、夏至前後は直射光が全くなくなる、いわば過酷な場所なので、果たしてどうなるか、というところです。
一番花の蕾がついたとしても、あらかた摘蕾して、まずは樹作りに励もうかと思っています。
毎度の事ながら、この鉛筆か割り箸のオブジェ状態、寒々しいなぁsweat02
Img_6092













昨年開花株で購入したクリスマスローズは、次々と咲いて、やれ嬉しやです(^^)
この裏側にも蕾が結構あって、「はじめてのクリスマスローズ」は、なんとか無事、咲かせられた感じ(^-^;A
昨年購入した時、私にとっては、結構なお値段だったので、ダメにしたらどうしようと、かなりビクビクものだったのでしたσ(^_^;)
次は、目指せ大株~shine
(すぐ気が大きくなるのでした^^;)

せっかくたくさん蕾がついたのに

Img_6033













暖かい日々から、思いっきり冬の寒いお天気になっていますが、気がつけば二月も後半、あと一息で春の入り口三月なのですねbud
写真は、花茎がたくさん立ち上がってきた、しかし、未だ黒ポットのまま(コラコラ^^;)のプリムラマラコイディス ウィンティーですf(^-^; ポリポリ
Img_6040_2













ヒヤシンスは、ひとつの球根から花が三本くらい出ていて、花もちよく香りよく、すっかりお気に入りになりました。
これは、冬の定番にしようかな(^^)/
Img_6032













花茎が伸びなくて、花が接地して咲いている斑入りのニゲルです。
昨シーズンの小さな苗からの初開花なのに、蕾をたくさんつけてくれて、よしよしだったのですが、どうも蕾についているシミの様なものが気になって、開きかけの蕾の中を、覗いてみました(^-^;A
Img_6055













そうしたら、ガ~ンsign01
中には、丸々と太ったアブラムシが何匹もご滞在でしたannoy
カメラに収めず、反射的にテデトールしてしまったしてしまったのが失敗。
きちんと記録しておくべきでした。
先日、バラの剪定をした時、残った葉の裏をみたら、しっかりと葉ダニが活動していたし(ーー;)、暖かいのも良し悪しですね~( ̄▽ ̄;)
Img_6024













「早くボール投げて~♪」
相変わらず、今日も元気いっぱいのロイです。
このパワーをもらっております(^^ゞ

一気に冬に逆戻り 剪定を終わらせました

Img_5988













昨夜は冷え込んで(氷点下まで下がったらしい^^;)、一気に真冬に逆戻りした関東地方です。
風が、冷たいsign03
なまじっか暖かい日が続いて、楽に慣れた身には、いっそうこたえます(-_-;)
Img_5998













昨日は、頑張って、バラの剪定を終わらせました。
マンション6階、脚立に上がって作業をするのは、高所恐怖症の私には最初、少しばかり足が震えたのですが、今は、なんとか慣れました(⌒o⌒;A
この時期が、一番、ベランダが寒々しい時期になります。
それにしても、葉がないと、アラが目立ちます(ーー;)
お恥ずかしい~sweat01
Img_5993













ちらほら見える緑は、デュランタ宝塚とナイトジャスミンです。
枯れかかった勢いのない葉でも、それなりにベランダの賑わいだったのですが、今日の気温の低さと重なって、冬本腰、みたいな景観になりました。
Img_5127













つい先日の、立春の頃は、こんな感じ。
夏のジャングルの名残りですf(^-^; ポリポリ
Img_5996













朝日が眩しい東方向。
ガーデンテーブルの上、こう写すと、てんこ盛りですdash
Img_5983













寒ければ、寒いほど元気になるロイに付き合って、指先が凍ってしまった朝でした(^-^;A

日曜日は、公園に春を見つけにお散歩でした

Img_5831













昨日も、暖かい一日でした~sun
このところ、ロイと遠い公園に行っていなかったので、この日は、車で都立の公園までやってきましたcardash
車でお出かけ→遠出→長いお散歩か外出、というパターンがわかっているロイは、毎度、いそいそと車に飛び込まんばかりの勢いで乗ってきます(^^)
Img_6090_2















公園は、さすがにまだまだ冬模様でしたが…。
Img_5860_2













もう足元には、オオイヌノフグリがたくさん咲いていましたbud
ご迷惑かとカメラには収めなかったのですが、バードウォッチングをしてる方が、たくさんいらっしゃいました。
この方々がお持ちのカメラや、特にレンズが、みなさん半端ではない懲りようで(^-^;A、
ゴージャスな望遠レンズはカール・ツァイスなど、どうみてもお値段7桁クラス\(◎o◎)/!
しかも迷彩の入ったカバーまでなさっていたりします。
もしかしたら、プロカメラマンかな、という雰囲気の方も…。
どうやらここは、バードウォッチングの名所のようでした。
美しいルリビタキなどもくるそうです(^^)/
Img_6110















ニホンスイセンは、もう花の盛りが過ぎていました。
この日は、昨日アップしたように、お決まりのボール遊びに燃えて、それからロイのお気に入りの自宅近くのビストロに寄って、それからトリミングと、ロイにとっては盛りだくさんで、おかげさまで上機嫌note
キラ~ンshineとした目で、「休日は、毎度、こうありたいですね」と(⌒o⌒;A
Img_5944













ベランダは、黒葉ビオラのラブラドリカがたくさん咲いてきて、一時は葉だけだったステラ(バコパ)が、暖かくなって、またポツポツ咲き始めました。
Img_5927_2













全開した斑入りのニゲルは、意外にも大きな花で、測ったら、直径9センチもありました。
花茎が伸びず、地上部すれすれで咲いているのに、なんだか不釣合いに大きい感じです。
そのせいか、少々、花弁(ガク)が傷み気味(ーー;)

今日から、また一週間の開始。
頑張るぞ~punch

今日は、ブログのアップが遅くなってしまいました

Img_5778














今日は、朝から、ちょっと離れた公園へお散歩の行ってきました。
今日も、関東地方は、昨日ほどではありませんでしたが、暖かでしたsun
こんな風に張りきっって走り…。
Img_5801a













泥んこになりました。

Img_090215














で、そのままシャンプーに直行dash
死海の温浴とかいうトリートメントもしてもらってフワフワピカピカにshine(^^ゞ
この写真は、トリマーさんが撮ってくれましたcamera

今日は、家人が、「アップルⅡのドキュメント」なるものを探して、ネットで世界中を駆け巡っていたせいか、パソコンが使えませでした~(ーー;)
ブログのアップも、こんな時間に。(22時過ぎsweat01
今日のことは、明日、アップしようと思います(^^)

神秘的なランの魅力、カトレアを初購入

Img_5633_2













昨日の夕方、春一番が吹いた関東地方、今朝の空気は、暖かくて湿っていて、なんだか、もう春が来た様に感じました。
Img_5630_3













枯れ草色オンリーだった遊歩道の風景も、芝に緑が戻り始めましたbud
ベランダの陽射しは暖かくて、セーターでは、暑いくらいですsun
ロイは、窓際で蓄熱中spa
Img_5674













今日から、東京ドームで、恒例の世界らん展ですね。
今までは、綺麗だなぁ~、ゴージャス~、という感じでテレビの中継を見ていましたが…。
ランの世界に少しばかり足を踏み入れてしまった今年は、シーズン中、勇躍、東京ドームに見に行こうと意気込んでいたりしますdash

ランも増えれば置き場所や管理が大変と自粛していたのですが^^;、先日、いつも注意して見ているナーサリーのオンラインショップに、心惹かれる株を見つけてしまいましたf(^-^; ポリポリ
この色に、ハートを持って行かれてしまいました~( ̄▽ ̄;)
たくさんの蕾とバルブがあってリーズナブルな価格、今度は、割と冷静に購入sweat01

Gsl. Tutankamen ‘Pop’ SM/JGP
グアリソフレヤ ツタンカーメン ‘ポップ’
別称Slc. Tutankamen ‘Pop’ SM/JGP
(Ctt. Chocolate Drop×Sc. Mae Hawkins)
(RHSによるカトレア系原種属移行ががあって、分類が変わったせいでしょうか)
株立ち極良な強健種、栽培容易、という説明も、心強かったりします。
でも、交配のデータを見ても、何のことやらと、イメージわき難いです、はい(^-^;A
Img_5754













この品種は、ドームのラン展で、年度はわかりませんが、シルバーメダル受賞花shineと説明がありました。
これは、そのメリクロン苗だそうです。
ナーサリーからは、本当に丁寧に梱包されて送られてきましたrvcar
新聞紙が幾重にも重なって、中にはホッカイロまで。
なんで?、と一瞬思ったのですが、カトレアは低温に弱いので、運搬中の温度が低くなることを気遣っていらっしゃるのですね。
ナーサリーの思いを感じて、ちょっと緊張。
果たして、来年、咲かせられるかなぁ…sweat02
Img_5696_2














アップで。
この極濃のチョコレートレッドとリップの付け根の鮮やかな黄色の対比に、息をのんでしまいました。
多肉的な雰囲気…。
ランは、どこか蠱惑的な感じがします。
僅かですが、濃密な感じの香りがありました。

今日は、バレンタインデーなのですね。
まずは、チョコレート色のランで(^o^)/

嬉しい初開花♪クリスマスローズ斑入りのニゲル

Img_5595











自宅近くの小さな梅の畑?が、満開になりました。
今年の梅は、なんだかひときわ香りが強い気がします。
つんと立ち上がる梅の枝ぶりって、気品がありますね。
Img_5597











花の香りが好きなロイは、いつまでもここに居たそうでした(^^)
今日はもう週末、中にお休みが入ると、過ぎていくのが早いですねsandclock
Img_5619











蕾の時期が長くて、ジリジリさせられ、家人からその様子を「大根」とまで言われてしまったニゲルsweat02、やっと一輪が初開花bell
原種の清楚な美しさは、しっくりとまわりの植物の中に溶け込みますね。
これに粉を吹いたようなブルーブラック系、チベタヌスのような淡い透明感があるピンク系、そしてグリーン系の花をを合わせてみたいのですが(脳内ガーデニング^^;)、なかなかままならないです(^-^;A
昨シーズン初めてクリスマスローズの道に踏み入れましたが、どちらかというとガーデンハイブリッドよりも、原種や原種交配の魅力に惹かれてしまいます(^^)/
Img_5610











今朝見たら、エリシマムにも蕾が付いていました。
この葉の感じ、好きです(^^)
Img_5623











ガーデンハイブリッドのクリスマスローズは、花茎が6本立ち上がっていて、ただ今次々開花中。
2月に入ると、パンジーやヒヤシンス(芽だし球根)、カレンデュラなどが満開になってきて、なんだかそれだけで嬉しくなります。
今年は、冬の彩りを勉強したような気がします。

園芸店へ行ってきましたが…

Img_5564











昨日は、かなり冷え込んだ夜でした。
公園の階段を上がって行くと…。
Img_5569_2











一面に真っ白な霜。
ちょっと画面では、判りづらいのですが^^;
でも、日の出も、ほんの少し早くなって来たし、ここまでくれば、春まであと一息dash
Img_6055












昨日は、用事があって、都心に出たついでに、いつもの園芸店に寄って来ました。
そう、やはり、クリスマスローズが気になったのです<(;~▽~)

延々と並ぶクリスマスローズのコンテナの海。
様々な美花が、私を誘う…(⌒o⌒;A、のでしたが、見るだけ見て、誘惑を振り切って帰ってきました~sweat01
Img_6051













以前から、欲しいと思いつつ買っていないリヴィダス。
小豆色の花、魅力的な葉、今年も、どうしようかな~と思いつつ、我慢我慢(^^)

ところで、最近、圧力鍋の購入を考えています。
祖母も母も、昔から圧力鍋派でしたが、狭いキッチンの場所取りなるので、私はずっと購入を控えてきました。
初期投資も、結構、大きかったりするので(⌒o⌒;A
持っていらっしゃる方は、やはり、毎日、圧力鍋は、フルに活躍してくれる便利なものになっているのでしょうか。
昨日の外出の目的の一つも、この圧力鍋の各メーカーの実物を見たかったからでした。
あ~、オーブンレンジもガタがきているし、何を優先させるか、悩ましいところなのでした(ーー;)

ちょっと嬉しかった小さな戴き物

Img_5462











昨日とは打って変わって、寒い朝でしたcloud
こんな時のロイは、いつにも増して元気で…(^-^;A
そのパワーに圧倒されてしまいます。
Img_5465











寒いと嬉しくて、この笑顔note
「みなさん、おはようございます」
Img_5473











ベランダはまだまだ、陽射しがないと、寒々とした感じです。
トリのオブジェのガーデンピックに絡まっているのは、ピンクのジャスミン、ジャスミナム・ステファネンセです。
Img_5478











黒葉ビオラのラブラドリカは、結構、花をつけてくれましたが、冬は、葉物は地面に這うようだったり、落葉低木は剪定したりするので、この大きなボールも、地味な感じです。
Img_4780











先日、半端ではない頻度で海外旅行をする(使い切れない程の天文学的数字のマイル\(◎o◎)/!)友人が、バラが好きだという私に、滞在先のマンダリンオリエンタル香港から、バラの花びらのジャムを買ってきてくれました。
香港行かれる方の間では、有名なのだそうですね。
Img_5510











早速、戴くと、バラの香りが華やかでした~。
優雅なアフタヌーンティーの気分shine
しかし、バラに全く興味のない、その本人の口には合わなかったそうでσ(^_^;)
う~ん、味覚は、みなさまそれぞれのようです。
ともあれ、私は、少しばかりバラの季節の気分を味わいました(^^)/

冬の小さな彩り、ロペジア

Img_5444











今日は、気温が13℃くらいまで上がる予報、ポカポカ陽気になりそうですsun

ハンギングバスケットで、秋の終わりからずっと花を咲かせ続けているのが、ロペジアです。
昨年、植物自由区の片山さんのところで購入、育てるのは初めてになります。

ロペジア
アカバナ科非耐寒性多年草(5℃以上) 別名モースキートフラワー 原産地メキシコ
開花期11月~5月 草丈40~80センチ

露地では越冬は難しいとのことですが、東京の我家のベランダでは、花を咲かせながら、どうやら無事、冬を越せる様子です。
Img_5434











最近、こんな丸い実がなっていました。
葉も茎も寒さで真っ赤。
蕾、花、実(種?)、紅葉が、一緒に楽しめる不思議な植物です。
Img_5421











小さな花が絶え間なく咲いて、派手ではないのですが、お庭に可憐な彩りを添えてくれています。
こうして赤い実がつくと、さらに可愛らしい感じです。
Img_5452











この赤い実、中はどうなっているのか開いてみました。
が、細かい種がパラパラと出るのかと思いきや、中はみっしりと詰まっていて、まだ水分を含み、未熟の様子。
いくつか開いてみたのですが、どれも同じ感じでした。
Img_5449











一生懸命ファイダーを覗いていると、熊のヌイグルミではなく、ロイが、突然、視界に入ってきました。
「な~に?、食べ物?」

今回は、メジロさんのお食事処の近くで写真を撮っていたせいか、トネリコの木のてっぺんから、「早く終わらせろannoy、食べるに邪魔」とばかり、ピーピー非難のさえずりdash
最近、態度が大きいメジロさんです(⌒o⌒;A

つい勢いで、ゲンコツ剪定にトライしてしまいました

Img_5378











昨日は、春が近いことを思わせる暖かな朝でしたが、今日は、寒かったですpenguin
Img_5402











ベランダのバラは、ショートクライマー以外は、6日(金曜日)には剪定を終わらせて、まずは一息dash
写真は、リビングから見たベランダ右側です。
手前は、我家では、冬になると俄然元気に生長するアエオニウムの黒法師。
右はアブラハム・ダービーとスノーグースのオベリスク。
左はデュランタ宝塚です、今の季節は、剪定を控えるのでちょっと樹形の乱れがお恥ずかしい(⌒o⌒;A
真ん中のコンテナは…、デルバールのモーリス・ユトリロなんですが。

昨日、家人の仰天した声で、ベランダに呼ばれました。
口をパクパクさせて、「ユ、ユトリロくんが~~sweat01、化石みたいになってるsweat02sign01」と。
家人は、我家のあまたあるバラの中で、モーリス・ユトリロがご贔屓なのでした。
輸入苗だったモーリス・ユトリロは、樹形の悪さが気になっていました。
今年は、細い枝も少し残して、枝数を増やそうかな、などと思いながら剪定していたのですが、今ひとつ納得いかなくて。
つい勢いで、エ~イと…。
Img_5393











こんな風に、知る人ぞ知る?^^;、いわゆる「げんこつ剪定」にしてしまったのでした(^-^;A
本当は、1月も半ばにするのがベターなのは、わかっていたのですが6(⌒~⌒ι)

家人からは「大丈夫なの?、無事、花が咲くの?」と責め立てられσ(^_^;)、「大丈夫sign03(だと思う…sweat02)」と、大見得を切ってしまったのでしたf(^-^; ポリポリ
ユトリロくん、頑張ってくれ(^^)
Img_5384








斑入りのニゲル、ただ今、「大根」のネーミング返上中。
蕾、膨らんできています^^

梅の香りに包まれて、ちょっと遠出のお散歩へ

Img_5259











暖かな陽射しの中、今日は、ちょっと足を伸ばして、少し遠い公園に行ってきました。
公園に向かう道すがら、梅の林の中を通って早春の気分を満喫note
この季節、時にシャンパンとグラス、軽いおつまみを持ち込んで、一杯やることもあるんです^^;
Img_5249











あたりは、ふくいくたる梅の香りで一杯。
ただ今、満開という感じでした。
あまりに空が青くて撮りにくかったのですが、お食事中のメジロさん、わかりますか?chick

季節の移り変わりを感じる時って、いいですね。
Img_5264











この場所は、小高い丘の上にあります。
この下は、大きな中央分離帯のある片側ニ車線の幹線道路。
気分は、雑木林か梅林の中なんですが…(⌒o⌒;A
Img_5272











広い公園は、誰もいなくて貸切状態でした。
この芝生が緑色になってくるのには、まだ少しかかりそうですね。
それでも、東京に住み始めたばかりの頃、二月に花が咲いているなんて、驚いたことを思い出します。
Img_5288











公園から出ると、歩行者専用の橋、この道をどこまでも行くと、駅に出ます。
Img_5289











下を覗き込むと、大きな池のある緑地なんです。
こうして駅に出て、パンを買って家に到着でした。
ロイ的には、途中のコーヒーショップで、一休みしたい感じでしたが(^^)cafe
Img_5360











ベランダは、暖かい陽射しで気分は春。
最近、コンテナの乾きが早くなってきました。
リビングの陽だまりの中にいたロイは、こちらが心配になるほど熱くなってオリマシテ(^-^;A
ホットドッグかな、なんて定番の駄洒落がσ(^_^;)
Img_5301











クリスマスローズは、たくさん咲いてきました。
これから、買出しにいってきま~すcardash

お天気がいいと春の匂いです

Img_5183











日の出fujiが、少しだけ早くなった感じがしませんか?
陽射しには、力強さが出てきて、気温が上がってくると、外気の中に、様々な植物の匂い花の香りが混じるようになってきましたsun
Img_5190











我家の近くの遊歩道には、以前のアップしましたが、滝のように流れる、巨大化したローズマリーの植栽があります。
淡い水色の花が咲いていました。
通年、青々としていて、まさに常緑小低木という雰囲気。
この匂い、ロイは大好きらしいですnote
Img_5191_2











ウットリheart01
日当たりのいいところに地植えすると、私の住む街はハーブに合っているらしく、あちこちのお宅で、ラベンダーなどが大きく育っているのが見受けられます。
夏は、かなり暑いのですが…。
Img_5206








ベランダに出ると、辺り一杯にヒヤシンスの香りが漂い、むせ返るようです。
Img_5208








ただ今、満開です。

Img_5209_2








斑入りのニゲル、一番右の蕾が、開花までもう一息!
家人が、この写真を見て「大根みたいだね~」とannoybomb
Img_5230











今朝も元気にメジロさん。
朝、蜜柑か置いていないと、催促される今日この頃(⌒o⌒;A

輝く日本海の海の幸を戴きました

Img_5177











今朝は、なんだか、空気がやや霞んで、寒いけれど、なんだか春めいた感じでした。
外に出ると、梅の香りが流れてきます。
昨日から、バラの剪定を始めましたhairsalon
Img_5161











ロイも春を感じて?匂いかぎに余念がありません(^^)

Img_6013













昨日、「ベランダ便り」のkaoriさんから、豪華に、日本海の海の幸を送っていただきましたfishshine
ド~ンとこの迫力sign01
kaoriさんは秋田にお住まいで、ベランダで、バラやクリスマスローズを始め、たくさんの植物を育てていらしゃいます。
ブログでの「地の味」についての記事でコメントさせていただいたとき、「ギバサ(海藻)が懐かしいです」と書いたら、な、なんと送ってくださるとのこと\(◎o◎)/!
お言葉に、思いっきり甘えてしまうことにして^^;、到着した箱を開けると、中にはギバサだけでなく、日本海の海の幸がいっぱい詰まっていました~、お~(^o^)/

私は、父の仕事の都合で、秋田と新潟のほぼ中間にある酒田という街で、小学校から高校までを過ごしました。
生まれた街ではないけれど、酒田は、私の心の故郷になっています。
坂の多い、変化に富んだ景観のこの港町が、私は好きでした。
でも、もう、家もなく、まして東京に住んでいると、なかなか行くことも叶わず「遠くにありて想うもの」という感じになっていました。
懐かしい日本海の香りの中で、まだお会いしたことのないkaoriさんや、年賀状のやり取りだけになってしまっている友人を思い出したり(Tちゃん、不義理してます^^;)、担任の先生の顔が思い出されたりして、一気に望郷モード(⌒o⌒;A
Img_6026













まずは、ギバサを新鮮なうちに戴こうと、調理開始です。
ギバサとは地元の呼び名で、kaoriさんに教えていただいたのですが、正式な名称は、ホンダワラ科アカモク、というのだそうです。
強い磯の香りと野趣溢れる旨味があって、私は一般的になっているメカブやモズクより、このギバサの方が大好きです。
といっても、幼い頃は、それほど好きでもなかったんですよね~f(^-^; ポリポリ
生の頃は、ダークな茶色なのですが…。
Img_6030













熱湯を通すと、瞬時に、このような鮮やかな緑色になりますshine
海の香りが漂いますwave
これを、まな板の上で細かく叩いていくと、かなり強い粘りが出てきます。
Img_6044













針生姜をのせて、お醤油少々で、戴きま~すnote

あまりの美味しさに、一パックは、あっという間に食べてしまい、一緒に入っていたホタテも、その日のうちに戴いてしまったという、この食欲(^-^;A
今日は、ハタハタを楽しむ予定です。
kaoriさん、本当にありがとうございました。
感動と嬉しさを、私の拙い文章で伝えきれていないのですが、kaoriさんのお心遣いがしみじみと伝わってきて、温かい気持ちにさせてもらっております(^^)

文章中でもリンクしていますが、優しい雰囲気が漂うkaoriさんのブログはこちらからです。

マーガレットチェルシーガールが復活してきました

Img_5153











このところ、パンジーが盛りを迎えている我家です。
一時は、パンジーとすっかり縁を切ったつもりでしたが、久々植えてみると、次々と新しい品種が生み出されているだけに、以前とは少し違った魅力を感じるようになりました。
時々、この小さなポットの真ん中に、メジロちゃんが顔だけをちょこんと出して、花粉をつついている時があるのですが、そのなんとも愛らしい姿を未だカメラに収められないでいるのが、残念です。
パンジーは、見元さんのところのEXシリーズのソフィアです。
Img_9571











ところで、左に写っているのは、マーガレットチェルシーガールの昨年、買ったばかりの頃の姿です。
(2008年4月21日 撮影)
Img_5124











こちらが現在の様子。
この青みがかった緑の繊細な葉に惹かれて買ったのですが、多分、購入直後以外その後一度もブログにアップしていないと思います(^-^;A
なぜなら、夏の暑さspaに弱い品種らしく、あたかも休眠状態のように生長を止め、それどころか先端から枯れ込み、秋の終わりまで、ひどい姿でした(-_-;)
今にし思えば記録のために、そういう姿もきちんとカメラに収めておくべきだったですね、ちょっと反省してますcamera
今でも、この写真をよくみると、枯れ込んだ名残りが、新しく出た葉の下に見え隠れしています。
枯れた部分は、意外にしっかりしていてハサミでないと、取りにくい感じでした。
ただ、先端が枯れ込んでも、新しい葉は、株の付け根や下部からも伸びてくるので、見た目は悪くならないようですbud
花が終わっても、葉の美しさを楽しめると思っていたのですが、我家では、ちょっと難有りでした(ーー;)
今年からは、花後は、もっと日照の少ない場所に移動させようと思っています。
無事、咲いてくれるといいのですが。
この植物、植物自由区の片山陽介さんが、以前、「ヨウスケのアカデミック園芸ワールド」でも取り上げていらしたと思います。
Img_5143











付け足しで、今朝のロイ。
冬はいつも、元気いっぱいです。

今日は立春

Img_5105











今日は立春、暦の上では一応、春ですね(^^ゞ
二月になれば、さすがに冬も後半戦、街路樹や公園の木々は丸裸ですけれど、あと一息という気がしてきます。
と言いつつ、早くブログネタに困らない時期が、待ち遠しいというのも本音なんですが
(^-^;A
Img_5104











昨日は節分、豆まきをなさいましたか?
子供が小さい頃は、かなり景気良くまいていたのですが、さすがに最近はささやかになりました(^^)
それでもイベント好きなロイだけは、各部屋に豆をまく私たちに何やら嬉しそうについて来て、微笑ましかったです(⌒o⌒;A
かわいいなぁ~heart02、今やノッてくれるのは、ロイだけです^^;
Img_5096_2











節分に恵方巻きを食べることも、すっかり全国的に?定着してきたみたいですね。
私も今年の方角、東北東に向かって、無言でいただきました、パクパクdash
写真の恵方巻き、お手軽選択で、なじみのスーパーで作ってもらったものですがf(^-^; ポリポリ
Img_5111











陽射しに、僅かな力強さが感じられるようになって、パンジーやビオラは満開になってきました。
花一杯、春の近いことを感じさせるガーデンテーブルの上ですが…。
Img_5126











ベランダ奥は、さすがに葉を落とし始めたバラで、冬真っ盛り。
今年の春はどうなるかなぁ。
最近の我家は、タフなバラ、デルバールの品種が増えてきました。

クリスマスローズニゲルはスローペース シクラメンの災難

Img_5072











二月に入って、このところ、なんだか寒さが緩んだような気がします。
今日は、曇りの朝cloud
Img_5075











メジロさん、今朝も元気に朝ごはんですnote
尖ったくちばしを、蜜柑にプスッdash
今日は、節分ですね。
Img_5041











ロイとお散歩していたら、川辺の遊歩道に、こんなユーモラスないたずらがしてありました(^^)
Img_5082











ガーデンハイブリッドの方のクリスマスローズは咲き始めましたが、こちらの斑入りのニゲルは、じれったいほど咲かなくて、超スローペース。
咲きそうで咲かないなぁ~(^-^;A
園芸雑誌を見ていると、ニゲルもバリエーションが色々増えてきたのですね。
最近は、原種や原種交配に惹かれてるのですが…、置き場所とお財布の関係で、かなり自粛中(^^ゞmoneybag
Img_5094











コウム・タイルバーンエリザベスです。
なんだか、葉もお花も乱れ気味に見えませんか?
これでもかなり復活したのですが(-_-;)
こなる前の姿はこちらから。
先日、悲劇が…ρ(。 。、 )
朝、ベランダに出たら、下になんだか用土が散らばっていました。
「あれ、どうしたんだろう」と、ガーデンテーブルの下を覗き込むと、ガーン
\(◎o◎)/!
虎の子のタイルバーンエリザベスが、見るも憐れなことに。
すでに乾き気味になり、グッタリとしていました。
朝、出勤前にベランダに出た家人が落っことし、急いでいたので、そのまま会社に行ってしまったのでしたbombannoy
そのときの写真を撮っておけばよかったと、後で思ったのですが、もう瀕死のエリザベスに、そんなことも忘れて、慌てて用土を詰め直し、お水をあげたのでした(ーー;)
とりあえず持ち直したようなので、ヤレヤレ(^-^;A
家人に抗議したことは、言うまでもありません(-d-)# プンプン!

今年もサクラソウのウィンティーを買いました

Img_5014











今日もお天気が良さそうですsun
朝、日常の仕事に追われていると、メジロさんが鳴いて蜜柑を催促するようになりましたchickrestaurant
昨年もそうでしたが、ベランダにやって来て最初の頃は、近づくとすぐ逃げてしまうのですが、シーズンも半ばになってくると、私がベランダに出てもへっちゃらで食事をするようになってしまうんです(^-^;A
Img_5016











先日、園芸店に行ったとき、この時期の定番、サクラソウ(プリムラマラコイディス)のウィンティーを買ってきました。
このプリムラマラコイディスも、随分、カラーバリエーションが増えましたね。
今年は、ラベンダー色のが出たら、それも買えたらなと思っています。
Img_5019











ヒヤシンスが随分開いてきて、気温が上がってくると、甘い香りを漂わせるようになってきました。
Img_5026











この輝くような濃青紫色が好きです。
後ろのブルネラミスターモースといいコラボかな(^^ゞ
Img_5012








ちょっと失礼、カカカカdash
犬は、猫と違って自分でグルーミングはしないんです。
これはカーミングシグナルといって、「今は、ちょっと放っておいて、触らないで」というサインなんです^_^;

ガ~ン!我家のクリスマスローズ、思いっきり面変わりです 公園の梅が満開に

Img_4980_2











今日は、風は強いものの、青空が広がって、朝から良いお天気ですsun
ロイと、少し離れた公園に行ってきました。
写真は、自治体がわざわざ残している里山風の風景です。
この向こうに、大きな駅ビルが立っている大通りなんて、ちょっと住んでいてもイメージがわかないんです(^^)
Img_4967_2











あたり一杯にふくいくとした香りが漂い、公園は梅が満開でした。
今日から二月、春がまた一歩近づいたのですねnote
Img_4946











ロイは、遠出のお散歩に、大満足でした。
コーギーは、食欲旺盛で太りやすく、ロイも例外ではないのですが、ことお散歩やボール遊びとなると目がなくて、食べることより遊ぶことの方が、重要みたいです(^^ゞ
Img_4991











我家のクリスマスローズ、先日、シーズン初開花いたしました。
写真は、今朝の様子です。
咲き始めより、やや退色しています。
待ちに待った開花だったのですが、少々、がっかり、というか気落ちしております(-_-;)
Img_5954













2009年1月25日の咲いたばかりの頃。
かなり鮮やかなピンクでした。
このクリスマスローズは、私が初めて昨年購入したガーデンハイブリッドなのですが、ちょっと他と違う自慢がありました<(;~▽~)
それは…。
Img_6216











こんな風に、花弁(ガク)が、最高8枚から6~7枚の花が咲いていたからです。
こちらは、昨年の3月10日の画像。
ダークネクタリーが、変化して驚かされました。
花弁も丸みがあって、今年と雰囲気が違いますね(ーー;)
Img_4041











購入して初めて撮った写真、2008年2月11日のことです。
ちょっとフリルが入ったような花弁とライムグリーンのブラッシュ、くっきりとしたダークネクタリーに、心を奪われたものでした、トホホ(-_-;)
それが、上の写真のように、モロに面変わり。
花弁もなぜか丸みがなくなってしまいました。
クリスマスローズに詳しい方に伺ったら、花弁の多い個体は、99パーセントの確率で、次の年一般的な5枚花弁に戻るのだそうです。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...
でも、この不安定さが、クリスマスローズの魅力、なんでしょうね…(^-^;A

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!