« 時期外れ?、原種シクラメンプルプラセンスが咲きました | トップページ | ダイアンサス・ソーティーの花茎が伸びてきました »

柔らかな緑が美しい季節、ベランダも新緑の時期を迎えて

Img_8413













今日は、久しぶりの雨の一日になる予報のようです。
公園の木々も、柔らかな淡い緑の葉を見せ始めて、私の最も好きな季節になりました。
Img_8416













バラも、咲き乱れる小さなお花も大好きなのですけれど、心が落ち着き、吸い込まれるように緑と一体化できるような気分になれるのは、この繊細で透ける様な新緑の季節なんです。
Img_8428













枝垂れモミジは、芽吹きの時期の紅い葉が、この時期のベランダのアクセント。
優雅な枝振りが好きで、今の住まいに越してきてから、ずっと我家にいます。
ハンギングバスケットの中で緑を主張しているのは、黒花のダイアンサス・ソーティー。
こんなに増えるんだったら、一株でもよかったかな、と(^^ゞ
一緒に植えてあるゲラニウム・ロザンネイが、隠れてしまっているのです。
手前左側の黄金葉は、ツユクサのブルー&ゴールドです。
Img_7262















この新枝の付け根の真っ赤なもの、なんというのでしょうか。
ご存知の方がいらしたら、教えていただけたら嬉しいです。
この鮮やかな色が、ほんのひと時の季節の楽しみです。
Img_7273















昨年、我家にやってきたウリカエデ系の白冠紫錦(ハッカンシキン:登録品種)です。
かなりデリケートなカエデらしいのですけれど、葉の美しさに惹かれて、わざわざナーサリーまで行って、購入してきました。
あらら、ちょっと枝先が枯れこんでいるいるところが…(⌒o⌒;A
Img_7216















変わって我家の多肉植物。
我家の多肉さんは、ベランダの奥、リビングとの境に置いているので、夏至前後は、殆ど陽が射し込まなくなります。
のせいか、みんな、光を求めて斜めになってしまうんです(^^ゞ
おまけに通路がせまいので、時々、私が通った時、葉っぱがもげ落ちてしまったりします( ̄▽ ̄;)
なかなか大変な多肉さんなのですが、中のマツバギク?になるのかな、カワイイ花を咲かせてくれました。
Img_7233















これも真夏は、かなり水を切ってしまうせいか、暑さのせいか、散々な様子になるのですが、春は、なんとか、復活してくれます。
なかなか可愛らしいお花がさきます(^-^)

今日は、スポットで受講しているビジネスセミナーの二回目。
講師は東京大学大学院教授の藤原帰一氏、お題は「オバマのアメリカ」、頑張って眠らないように聴かなくては6(⌒~⌒ι)

« 時期外れ?、原種シクラメンプルプラセンスが咲きました | トップページ | ダイアンサス・ソーティーの花茎が伸びてきました »

ベランダ遠景」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

樹木類」カテゴリの記事

コメント

ゆっくり見せて下さいましたね。
sissiさんと同じ目線でベランダに立っているようです。
以前から葉ものが好きと仰ってましたものね。
緑のグラデーションが美しく葉の形もそれぞれあって
この場所はまさにsissiさんの世界ですね。

自宅のアプローチにあたる斜面にピンクの松葉牡丹が植っていた時があります。
あまりに増え過ぎて他の植物を痛めてしまったので今はもうありませんがこちらの薄ピンクなら残しておいたかもしれません。

sissiさん、
多肉植物につられて出てきてしまいました。
ベランダ園芸は、より限られたスペースと環境で工夫して自分の空間を作る楽しさがあります。

とはいえ、sissiさんのところと反対に、わが家のベランダはすでに灼熱のベランダになりつつあり、それもまた多肉植物はじめ他の花々を育てる上で悩みです。熱すぎてバラが枯れてしまいますsweat02

こちらで、もみじやバラの成長を見せていただくのが楽しみです。

コメントを、ありがとうござます。
すみません、ちょっとバタバタしていて、お返事が遅れますね。

shizumama さま。
お返事が大変遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。

そうなんです、こんな様々な緑の重なりが、もっとも好きなシーンです。
もっと葉物使いもセンスがよくなりたいのですけれど、なかなか思うようにいかないです(苦笑)

松葉牡丹、懐かしい花です。
夏の太陽の光を、そのまま受けたような鮮やかな色ですののね。
このマツバギクは、多肉植物の植物のナーサリーで、偶然、手に入れたものでした。
気に入っていただけて、うれしいです。
なかなか上手に育てられないのですけれど、大切にしようと思っています。

pigachulchul さま。
お返事が遅くなってしまって、本当に、ごめんなさい。
>ベランダ園芸は、より限られたスペースと環境で工夫して自分の空間を作る楽しさがあります。
本当ですね~。
私も、今のベランダが二件目なのですが、スぺースはもちろん、同じ南向きでも、風通しや日当たりが違って、育つ植物が違うことに、感心したり、驚いたりです。

灼熱地帯になるのは、ベランダ園芸の皆様共通の悩みですよね。
我が家も、初夏からは、朝晩二回の葉水、打ち水で、気温や土中温度が上昇するのをしのいでいます。
それでも、バラは、半休眠状態になるものもsweat02
今年の夏も、がんばりますねrock
pigachulchulさんのところも、これからますます大変になると思いますが、頑張って夏を、乗り切りましょうね~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時期外れ?、原種シクラメンプルプラセンスが咲きました | トップページ | ダイアンサス・ソーティーの花茎が伸びてきました »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!