« 第11回国際バラとガーデニングショウリポート 前編 | トップページ | 一年で、一番華やかな季節になってきました »

第11回国際バラとガーデニングショウリポート 後編

Img_8116














今朝の東京は、雨混じりの風が強くて気温も低め、最近、気候が安定しないです。
もう5月も半ば過ぎているのになぁ~(ーー;)

本日は、ガーデニングショウリポート後編です(^^)/

さて、シンボルガーデンのメインは、深野俊幸氏による「色彩の庭 ~城壁と運河に囲まれた街~」題されたものでした。
深野氏は、青山でCOUNTRY HARVESTという素敵なフラワーショップを開かれていっらしゃいますね。
もう10年以上も前、日本経済新聞にお店が取り上げられていたのが、印象的でした。

このメインガーデンは、さすがにスペースが広くて、様々なカラーバリエーションがあり、まさに植物が絵の具のように色を重ねて、庭が描き出されているような感じでした。
上の写真の椅子の前で、みなさん、記念撮影をなさっていました(^^)
Img_8119














プロテアやアーティーチョークかな、ここのゾーンは、クラクラするくらい華やかでした。
間に入る白いジギタリスなどの花々が、緩衝役になっている感じです。
Img_8122














「城壁」、にあたる部分は、高いところから溢れるようにツルバラが枝垂れていました。
ショウなので、バーチャルな世界とはわかっているのですけれど…、物語に引き込まれそうです。
こういう夢の世界を演出できるって、すごいなぁ~。
Img_8126














ふらりと迷い込んでしまいそうな小道。
ここは黄色がメインですね。
Img_8130














入り込むと、そこにはブルー系のグラデーションの花々のレイズベッドがありました。
石組の道にも、あたかもこぼれ種で増えたような植物が顔を覗かせていて、凝った演出ですね、ハ~dash
Img_8137














色が、ゆっくりと移り変わっていきます。
Img_8141














こんな街に、迷い込んでみたいです(^^♪
Img_8147














街の入り口、になるのかな。
昨年、ガーデンフィールズに行った時も思ったのですが、ツルバラを這わせるのって、石組の壁や、こういう木の感じが、もっとも美しく自然に見えますね。
Img_8150














右手中ほどに、チラリと見えているのが、先ほどデルフィニュームなどブルー系の花々が植えられていたレイズベッドです。
Img_8153














逆側からも覗けるような構成。
街の住人になって、中を歩いてみたかったです。
Img_8158














ゴージャスなエキウムが、何本も咲いてました(^o^)/
美し~shine
Img_8168














カラーバリエーションは、ブラック系へ。
このカラーとダイアンサスの組み合わせが、カッコイイナと(^^)
Img_8178














こちらは、街を流れる運河、という設定。
ホテイアオイことウォーターヒヤシンスが浮いていて、ジャーマンアイリスとクレマチスが咲き乱れる、なんとも素敵な水辺でした(^-^;A
Img_8187














このゾーンは、とにかく広くて大きくて、もう、違う方のエリアに入ったかな、と思うとまだ続いていたりで、本当に大規模でした。
Img_8197














当たり前ですが、ずっと立ちっ放しで、さすがに自分の体重の重さがひしひしと感じられてきていた後半^^;、バラの鉢植え部門なども覗こうと思ったのですが、外周する力と根性が尽きてしまい、お近場のハンギング部門へ(⌒o⌒;A
(切花部門や鉢植え部門のコンテストエントリー作品は、会場の外周に並べられていたのでした^^;)

ちょっと気に入ったのが、上の写真の作品。
いったい、何種類、何株の植物がセットされているのでしょうか!Σ(◎o◎;)
全般に、この吊りタイプ部門は、葉物の組み合わせが非常に綺麗な作品が多かったです。
Img_8199














ハンギングの器、バスケットも、こんな風に凝ったものがあったり。
Img_8205














壮観でした。
Img_8219














最後に、おおそうだ、バラクライングリッシュガーデンのケイ山田氏の作品がまだだ、と向かいました。
タイトルは、「Rose Garden with Vegetables」
基本的には、いつもの雰囲気でしたが、今回は、ポタジェ(畑ですね^^;)が組み合わせられているのが、新しかったです。
Img_8223














ルピナスの奥にワサワサ葉が繁っているのが、ポタジェです。
パワー切れで、集中力がなくなって^^;、どうにも絵にならなくて、花越しに撮りました~(ーー;)
Img_8230














最後に、お世話になっている肥料の会社のブースが、ちょっと素敵な植え込みでしたので。
トラフアナナスが銅葉を引き立てていますね。

これで、ガーデニングショウのレポートは、終わりです。
たくさんの写真、長い記事に最後までおつきあいいただき、本当にありがとうございました。

そして、私事ですが、今年も初日に伺って、懐かしい京都のまつおえんげいさんのオーナーの方にお会いでき、お話することが出来たり、普段なかなか会えない方々と会えたりで、嬉しい一日でした。
S社のB部門のHさん、今回も本当にお世話になりました(^o^)/、ありがとうございました。
T社のAさん、お話できて良かったです(^^♪

こうして、五月の大きなイベントが、終わってしまいました。
(会期は、明日、18日までですが)
一日目は歯医者で横浜、二日目が丸の内でビジネスセミナー、三日目がガーデニングショウと、私にしては、珍しく、外出の続いた週でしたσ(^_^;)
木曜日から今日まで、体制建て直しで、家事雑事に追われておりますf(^-^; ポリポリ
遊んだあとは、ファイト~です<(;~▽~)

« 第11回国際バラとガーデニングショウリポート 前編 | トップページ | 一年で、一番華やかな季節になってきました »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

sissiさん、本当に、本当にお疲れ様でした。
足がくたびれてくると写真の集中力も途切れがち …
なのにそれを感じさせないのは、やはり写すセンスがあるからに違いありません。
あ、普段レッスンで鍛えているせいもあるのでは?

> ツルバラを這わせるのって、石組の壁や、こういう木の感じが、もっとも美しく自然に見えますね。

そう、そうなんです!
宝塚で私もそう思いました。植物だけじゃなくて全体の景観なんだと。

はじめまして。
前からよく拝見してましたピカママです。

国際バラのガーデニングショーのレポート、大変面白かったです。幼い子供が三人いるので今はまだ無理ですが、いつか行ってみたいですね。

こちらのローズ・デ・キャトルヴァン、本当に素敵です。

YoYo さま。
前後編にわたってご覧戴き、かつコメントをありがとうございました。
写すセンスがあるなんて、お恥ずかしいやら、嬉しいやらなのですがσ(^_^;)
そう感じていただけたなんて、励みになります。
なるべく画面に奥行きをもたせるようには、気をつけています。
(口の悪い夫は、絵葉書的だ、などと申しておりますが(-_-;))

足の耐久性、レッスンのご利益は、少しはあるのかな(笑)

その植物が似合う場所って、ありますよね。
時々、原種に近いバラの自然な感じがいいとなと欲しくなるのですが、あれも、広いところで、大きく育ててこその魅力ですもんね~(ーー;)

ピカママ さま。
いらしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
前からご覧くださっていたなんて、本当に嬉しいです(^^♪

ガーデニングショウリポート、面白く読んでいただけたなんて、感激です。
写真は多いわ、記事は長いわでしたが、お付き合いくださって、ありがとうございます。
まだ、お子様が小さくていらっしゃるのですね。
私も、園芸は、子供に手がかかる内は、15年近くも中断していました。
時間も、精神的な余裕もなくて(⌒o⌒;A
国際バラとガーデニングショウ、近い将来、おいでになるチャンスがありますように。

ローズ・デ・キャトルヴァンを気に入っていただけて嬉しいです。
たくましくて、丈夫で、華やかなバラですよね(^^)
一つの蕾が、あと一息で咲きそうなんです。
咲いたらアップいたしますので、ご覧いただけたら嬉しいです(^^)/

コメントが、なかなか出来なくてごめんなさい。
パソコンをしようとすると、おちびさんがじゃまをして、なかなか思うように出来ません。
今も、さっきまで寝ていたのに、目を覚まして、チュッパスイッチが入ってしまいました。
片手を独占され、キーボード片手打ちです(ーー;)

国バラのレポート、ありがとうございます。
とても嬉しく綺麗な写真を見せていただきました。
会場の雰囲気、ほんとうにどこもかしこも素晴らしいですね。
鍛えていないわたしなど、足がガクガクになりそうですが、いつか、是非ご一緒したいものです。

みー さま。
わ~、こちらにも、ありがとうございます。
白黒ちゃん、甘えたい盛りですものね。
一人になっちゃったしsweat01
ご様子を、思い描いてしまいます(;´▽`A``
おお、キーボード片手打ちですか、本当に、大変な中嬉しいです(^^)/

国際バラとガーデニングショウ、毎回大規模で、すごいな~と思います。
景気が良くなくても、出店のお店も多くて、お客様もたくさんで、認知度が高いのだなぁ~と思いました。
みーさん、なるべく遠くない将来、是非、ご一緒したいですね(^^♪
足、昔から、長時間立っているのが、苦手なんですワ(⌒o⌒;A

初めまして。
私も小さな庭でバラを育てている初心者です。
バラとガーデニングショーも一度行ってみたいと思いながら
少し遠いのと人ごみの中で果たしてゆっくり見られるのかしら
と思ってまだ一度も行ったことがありません^^;
レポ、とっても興味深く楽しく見せていただきました。
どれもとっても素敵。
本当に町並みやお庭にいるような雰囲気を味わえるんですねー。
来年こそは行ってみようかな。

MIKU さま。
初めまして、ようこそです。
ちょっと旅行にいってまして、お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。
「国際バラとガーデニングショウ」のリポートを見てくださって、ありがとうございます。
楽しくご覧くださったなんて、本当に嬉しいです(^^)/
会期中は、確かに混みますが、なにせ広いので、結構ゆっくり見られますよ(^^)
歩き回るので、疲れますが^^;
場所は、ちょっと不便なところですよねsweat01
それでも実物は、やはり素晴らしいので、来年、ご都合がよろしっかたら、お出でになってみてくださいね~train

かわいいワンちゃんたちですね。
我家は、一頭しかいないので、びっくり、そして、楽しく拝見しました(^^♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第11回国際バラとガーデニングショウリポート 前編 | トップページ | 一年で、一番華やかな季節になってきました »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!