« 気温が低いので葉物が元気です  | トップページ | 朝から雨降りです »

蒸し暑い日 フレグラント ヒル二番花が咲き始め

Img_1007













今日は、久しぶりに気温が上昇して、かなり蒸し暑い一日になりそうです。
昨日の、ローソンのCEOでいらっしゃる新浪氏のセミナーは、パワフルで前向きな姿勢に感動、時間の使い方を考えさせられました。
サントリーの方々ともすっかり顔なじみになったこの三ヶ月間のビジネスセミナー、忙しかったですけれど、有意義(^^)/
楽しかったな~♪
Img_1011













ロイ、いい香りなの?
私は、キバナコスモスは、そんなに香りがあるとは思えないなぁ~(^^ゞ
盛んに花に鼻を近づけるロイさん、なんちゃって(^^;)☆\バキ

ロイ、花の香りが好きです。
Img_1008













道端の四季。
ゼニアオイ? ウスベニアオイ?
私は、どうも正確に見分けられないです(⌒o⌒;A
Img_1005













子供の頃は、野草だと思っていたリクニス・コロナリアσ(^_^;)
Img_1025













蕾がふくらみ始めていますが、どうも小さくて、今ひとつのフレグラント・ヒルです。
Img_1033













葉っぱは元気だけど、全く咲く気配のない我家のフクシア。
う~ん、やっぱり育て方が、何か悪かったのでしょうね。
剪定が遅かったからかなぁ。
とりあえず、本日の予想最高気温が34℃なので、エアコンの効いた室内に避難です。
さすがに、下葉が落ち始めました(ーー;)

これからまた用事があって外出~sweat01

« 気温が低いので葉物が元気です  | トップページ | 朝から雨降りです »

愛犬」カテゴリの記事

コメント

う~ん、G. Bonstedt まだ開花しないのですね(--;

こちら、今年の写真とbbsへの書き込みから判断して、1月の終わりか2月の初め頃に剪定したはずなんです。そして5月の後半に開花しました。ピンチはいっさいなし。

昔は確か、マゲラニカ・タイプのようにピンチをしていました。3月に最終ピンチをしてそのまま放置。写真の日付から判断して6月の20日前後には開花しています。

ですので、sissi さんの株の場合、2月中に剪定してその後何もしていなければ、もうそろそろ咲くはずなのですが … (「でも咲かないんだもん!」と叱られそうです--;)。

ところで、株の写真を初めて拝見しましたが、G. Bonstedt にしては、葉のベルベット感が少ないような気がします。撮影条件の関係かな。実物は写真よりもベルベット感のある厚めの葉ですよね?

sissi様こんにちは。


いつもご無沙汰してしまい、ごめんなさい。セミナー、有意義なものだったご様子ですね♪
ローソンCEOの話…面白そうです。
企業のトップの方は流されない信念を持っておられますね。


今日はいきなり暑くて、ロイ君は大丈夫かな?と心配になってしまいます。
スタジオの方も温度設定に迷いますね(汗)。

YoYo さま。
YoYoさん、詳しい分析を、ありがとうございます。
ただ、剪定は、三月に入ってからだった記憶いしているんです。
花が咲かないのは、もしやして、剪定の時期が遅かったせいでしょうか(ーー;)
その後のピンチはしてないです。

>G. Bonstedt にしては、葉のベルベット感が少ないような気がします
そうなんですよ~、YoYoさんのbbsを拝見していて、あまりにそっくりさん、似て非なる株が多いのを見て、この株は、本当にG. Bonstedなのだろうか、と、疑念を強くしています。
ナーサリーから取り寄せたのもではないですもんねsweat02

しかし、とにかく開花して欲しいと願う昨今なのでした~(⌒o⌒;A
あ、YoYoさん、フクシアって花を咲かせるのに、比較的、多肥を好みますか?
それとも、まぁ、普通で大丈夫なのでしょうか(^^ゞ

バレエインペリアル さま。
今日のこちらは猛暑でした(-_-;)
まだ、体が暑さに慣れていないせいか、レッスンが終わったら、かなり疲れてしまいました。
ただ、快適なエアコンに慣れると、暑さに弱い体になりますね。
難しいです。
我家は、ロイがいるので、外出中も、エアコンはつけっ放しです(⌒o⌒;A
今日は、ロイもグッタリでした。

新浪さんは、私と年齢がかなり近いのですが、若々しくて、大変に魅力的な方でした。
そして、強い意志の力を感じました。
ビジネスセミナーを終えて、これをどう生かしていくか、模索しています。

sissiさん、3月に剪定されたのでしたら、よほどに特殊な一部の品種以外はまず開花する時期です。

となりますと、剪定以外の原因を探った方が良さそうです。

フクシアは肥料食いと言われますが、開花までは普通の施肥でOKです。

しかも -- 話がずれて恐縮ですが -- 自身の経験では、トリフィラ・タイプのなかには開花後もそんなに肥料を与えないほうが良い品種があります。

B. Bonstedt の場合、調子に乗って施肥すると、葉に栄養が回るのかベローンとしただらしない葉になるのです (特に窒素の割合が高い肥料でなくても)。

脱線から戻ります。
こうなりますと、可能性のある原因は気温と光量でしょうか …。気温はこちらとさほどに変わらないと思いますので、残りは光量かも。
私が想像している以上に暗いのかも。う~ん …。

YoYo さま。
う~ん、剪定の時期とは関係なさそうですかsweat01
残りの原因は光量…、考えられますsweat02
ただ、冬、室内で、細々ながら咲いてくれたんだから、今は、その時期よりは(たぶん)明るいと思うし、ちょっとくらい咲いてくれてもいいのにな~ρ(。 。、 )

YoYoさん、施肥についての、貴重な情報をありがとうございます。
B. Bonstedtの場合、そんなことになるのですね。

話は戻りますが、置き場所を変えるしかなさそうですね。
しかし、もはや、直射光はダメだし、ちょっと場所を作ってみます。

> 冬、室内で、細々ながら咲いてくれたんだから、今は、その時期よりは(たぶん)明るいと思うし、ちょっとくらい咲いてくれてもいいのにな~ρ(。 。、 )

そう思いますよね~。
実は G. Bonstedt の場合、一度花芽が付くと、やや条件が悪くなってもその枝の先端からはず~っと咲き続けるのですよねσ(^^;
(酷暑時はさすがに花穂が伸びなくなってきますが、それでも咲こうとします)

購入されたときにすでに花芽が付いていたのではないでしょうか。室内で光量が不足気味でも連続開花した理由はおそらくそれかと思います。

今回のsissiさんのケース、私もどうしたものかと … σ(--;

YoYo さま。
YoYoさん、丁寧なコメント、何度も痛み入ります。
うう、花芽形成にこぎつけてしまえば、多少暗くてもいいんですね。
昨年購入した時は、そこそこ花が付いていたので、おっしゃる通りだと思います。
う~ん、我家は、というか、コンクリートフェンスのベランダは、「暗い」の一言ですね(ーー;)
実は、昨年、ナーサリーから取り寄せてダメにしてしまったフクシアの写真をもう一度じっくり見たのですが、やはり、現在の我家の子は、G. Bonstedtではないと、判断せざるをえないな、と感じています。
YoYoさんのおっしゃるように、ベルベッド感が、やはり少ないんですよsweat02
ただ今、エアコンの室外機の上を、無理やり空けてスペースを作って、光を浴びてもらっております、って雨降りなんですがσ(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気温が低いので葉物が元気です  | トップページ | 朝から雨降りです »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!