« 今日は、ブログをお休みいたします | トップページ | カラスバマンリョウが届きました »

行ってきました「世界ラン展日本大賞」2010

Img_6207
先日(17日水曜日)、世界らん展を見に、東京ドームまで行って参りました。
なんだかんだと家事雑事をこなしていたら、到着したのは三時過ぎsweat02
イブニングチケットが売り出され始めておりました。

Img_6211
同じ日の早い時刻に行かれたritsuさん(世界らん展の記事を書いておられます)のお話によると、かなりの人出で、大変でいらしたようですが、さすがに夕刻近くなると、幾分、空いてきているようでした。
Img_6215
今回で二度目ですが、同じ品種のランが滝のようにディスプレイされているのは、毎回の定番のようですね。
Img_6218_2
ひときわ人だかりができていましたのは、もちろん「日本大賞」ですshine
昨年もそうでしたが、望遠で撮らないと、花の細部まで撮るのは難しいでした。
ハ〜〜、さすがにランの素人の私が見ましても、とにかく見事で美しいことは、わかりました〜。
Img_6221_2
優秀賞に輝いた作品です。
イダ ジメンジー‘ワカクサ’と書いてありましたが、どんな品種なのかさっぱりですsweat01
Img_6224_2
こちらは優良賞。
Img_6229_2
お隣、東洋蘭のコーナーは、コンテナからして渋い感じです。
こういうのは、何か解説を付けていただかないと、素人にはどこがすばらしいのか、具体的にわからないですね(^_^;A
Img_6234_2
ここからは、ちょっと気になった作品をいくつか・・。
素晴らしい大株で、お花にも惹かれた、シンビジューム トラシアナム‘ツバサ’。
Img_6246
シックなイメージのあるパフィオですが、こんなカラフルなのもあるのですね。
パフィオペデェラム ミスティックナイト‘センセーション’というもだそうです。
パフィオは、葉っぱも迷彩模様のようなのもあっていいな、と。

それから、なにせ光量が足りないのと、本人腕が悪いのとで、かなりぼけぼけの写真ばかりですが、ご容赦を<(_ _)>

Img_6256
そして、驚いたのが、このデンドロビウム。
これがデンドロ〜sign02
と、ラン初心者の私は、思いっきり驚きました。
このキクのようなマンサクのようなお花が・・、とランの多様性にしばし感動してしまいました。
う〜ん、確かにバルブなんか、それっぽいですね・・。

Img_6262
昨年もいいなぁと思ったデンドロキラム、良い香りもあるし、グラスのような繊細な葉も思いっきり好みだったりします。
欲しいなぁ、でも、ここにあるのは、バラでいうところのタグの写真のようなもの、自分で育てては、こうはならないだろうなぁ(遠い目・・)
Img_6267
わ〜、枝垂れたネジバナみたい、と思ったラン。
これもデンドロキラムだそうです。
ネジバナもラン科、もしかしたら、なんか遺伝子が入っているのかなhappy01
Img_6275
あまりに渋い色味のものばかり撮っていたので、ちょっとカトレアを。
香りがあります。
Img_6295
そして、やはりフレグランス部門のこちら、デンドロビウム テトラゴナム‘ミッチ’という名前がついていました。
デンドロビウムって、本当に色々なお花があるのですね。
ちなみに香りは「あたたか味のあるジャスミン様のフローラルノートに、バニラ、チョコレートなどのパウダリーな甘さが調和した、心華やぐ優しい香り」とありました。
でも、身を乗り出しても、なかなか花まで鼻が届かなかったですcoldsweats01
Img_6310
‘香織’という名前の優しい色合いのエビネ、やはりフレグランス部門の作品です。
ちょっと地植えしたくなりますね。
Img_6313
これより、ディスプレイ部門。
写真は、「蘭友会」の方々の作品です。
Img_6318
う〜ん、やはし、極彩色ですね。
大変に華やかでした。
Img_6320
こちらはモダンディスプレイ部門、同じような胡蝶蘭の植え込みの何がすごいのかな〜と思ったら、寸分違わぬとは言わないまでも、ここまで同じ形のお花を大量に揃えるところに素晴らしさがあるそうです。
メリクロン苗でも、僅かに変異がでるそうで(花弁がわずかに湾曲するとか)、ここまで均質に同じような花が揃うのは、見事なことなのだそうです。
関係者の方に教えて戴きました<(_ _)>
Img_6326
教えていただいて、よくよく目を凝らすと、おお、確かに違いが・・。
しかし、説明を受けないと、ベタな胡蝶蘭のディスプレイとしか思えないですsweat01
Img_6335
でもって、最後は、これです。
うう、ちょっと引いてしまったのですが、遊び心といえば、そうなのかもしれません。
これ、手前のお花には模様が入ってませんが、(枝垂れさせているので)お花は上から咲くので(咲くそうで)、(手前の)下のお花は、展示されてから咲いたので模様なしとなったようで・・。
Img_6342
この凝った模様art、一輪一輪、手間ひまがかかっていると思いました。
Img_6353
出店されているお店の華やかなカトレアの株。
予算もない、育てる場所もない、と自分に言い聞かせ、あまたの誘惑を振り切って、今回は手ぶらで帰ってきました。
Img_6253
デンドロキラム、バンダセルレッセンス・・、欲しかったけど、我慢しました。
今回、注文した樹木の費用が、ちょっとかかってしまったんです。
ラン、でも、もっと上手に育てられるようになったら、ちょっと危ないかなぁ(^_^;A











« 今日は、ブログをお休みいたします | トップページ | カラスバマンリョウが届きました »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

らん展レポートありがとうございます。
少し空いてきていたのですか?いいなぁ。
たくさんの写真もどれもとても綺麗に撮れていて、
私が行ったらん展とは別物みたい(^-^;
(リンクしていただいてありがとうございます)

奨励賞のデンドロはバルブがごっつくてすごいですね。
これナマで見てみたかったなぁ。
デンドロキラムは、私も1月に行ったらん展でも買いたくてウズウズして
見ていたんですよ。
sissiさんもお好きでいらっしゃいましたか(o^-^o)
この葉も、良いですよねheart04花が無い時も楽しめそうです。
ネジバナのデンドロキラムは、葉っぱの形状が違うのですね。

ベタ胡蝶蘭の解説とても勉強になりました。
たしかに、寄植でも感じたのですが、このタイミングに
あわせてどのランも綺麗に丈夫に咲かせる栽培テクニックが
素晴らしいなぁ、と。
べタ胡蝶蘭は、それに加えて「同じ形のお花を大量に揃えるところ」が
ポイントだったとは! 知りませんでした。
そのあたりが単なるフラワーアレンジメントの発表会と異なる視点ポイント
でしょうか。

それにしても手ぶらでお帰りとは・・・。私にその意志の力を
わけていただきたいです!

ritsu さま
長いレポートをお読みくださって、ありがとうございます。
写真、お誉め戴き、お恥ずかしい〜〜sweat01
もっとISOを目いっぱい上げて撮ればよかったなぁと、ちょっと反省しているんですdespair
でも、綺麗って言っていただけるなんて、嬉しいなhappy02

人出は、意図したわけではないのですが、三時を過ぎた当たりから、やや空いて来た感じでした。

あのデンドロくん、迫力でした〜。
デンドロビウムは、本当に色々なタイプがあるのですね。
今回も、ランの多様性に、驚かされました。
わ〜いhappy01note、ritsuさんもデンドロキラムがお好きでしたか!
デンドロキラムは、百種以上の原種が確認されていて、販売されているのも、やはり交配されていない原種なのだそうですね。
まだまだ可能性のありそうなランですよね。

胡蝶蘭、そうなんですよね、漫然と見ていた頃は、白い胡蝶蘭は、みな同じに見えていたのですが、マニアやプロの目から見ると、違うお花に見えるみたいでしたsweat02
「国際ばらとガーデニングショー」もそうらしいですが、タイミングを合わせて咲かせるのが、本当に大変らしいですね。

いやはやランは、昨年、暴走?したので、今年は抑えたんですよ〜coldsweats01
デンドロキラムも、涙をのんで、くくっ。
バンダセルレッセンス(香りがあって、コバルトブルーの小さなお花が咲くんです)、欲しかったのですが、値段が高くて、しばらく(多分、かなりしばらくcoldsweats01)諦めなんですweep

SISSIさんは素直なかただな~と!解説?よみながらかんじました。ユーモアの素質も多分にあり!

あんまり人工的に手をかけた花はすきじゃない!欄の名前はデンドロとカトレアとシンビヂューム位しかわかりませんが、、、、!日吉に住んでいた義兄(死んじゃったけど・・・・)温室で育ててました。(曲がったらんでした。きっと素人が咲かせるのは難しいのでしょうね!)

margaretto さま
コメントをたくさん、ありがとうございます。
いや〜、お誉め戴き、嬉しいやら照れるやらですhappy01
私も、ランの名前は、殆ど知らないのですが、交配が進み、バラとは比較にならないほど種類も増えているので、大雑把にしか覚えられないですよね。
私も、あまりに人工的に作り込まれた雰囲気のお花は好きではないのですが、ランって、原種そのものが、なんだか非日常って感じがしたりします。
(見慣れないからかな)

ラン、育てるのはそれほど難しくないけれど、咲かせるのは大変そうですね。
それから、ランは、花茎が曲がらないように蕾が上がったら、品種によっては支柱をたてるみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は、ブログをお休みいたします | トップページ | カラスバマンリョウが届きました »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!