« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

園芸関係の新年会に出て

Img_4803
28日(金曜日)、園芸関係の方々が集う新年会(青山にて)に出席してきました。
一年ぶりでお会いする方や、嬉しかったのは京都のまつおえんげいの松尾さん、富永さん、そしてばらの家のキムタク店長さん、T編集長とは昨年の10月以来に、カメラマンの丸山さん(久しぶり)、グラフィックデザイナーの山内さんご夫妻(年末以来)にお会いできたことかな〜。
それから、なんといっていつもお世話になっている020さん、乙庭スタッフさまにもお会いできて、三人でざっくばらんなリラックスした三次会をご一緒できて、楽しい夜となりましたnotewine

写真は、明け方の月です。

Img_4809
普段はなかなかお目にかかれない方、初めてお会いする方、世界が広がるってとても素敵で充実した気分。
今年は参加なさった方が多かったです、会場が一階と二階2カ所になってましたdash

Img_4813
ケラトスティグマ・デザートスカイは、紅葉が進んで。

Img_4814
今日のさし色。

今月半ばから、自宅にホームセキュリティを、結構手厚く設置しました。
ロイを残しての外出が、とても安心になりました。
もっと早く入っていればよかったかな。

同じ株のはずなのに

Img_4790
晴れて寒い日が続きますsun
メジロさんたちから朝ご飯を催促されてベランダに出ると、「小さな体でよくこの冷え込みに耐えたね」と思わざるを得ないほどの冷たい空気を吸い込みながら、毎度感動するわたくしめなのでした。

Img_4789
もうすぐ立春ですね。

Img_4792
ところで、ムーランルージュは、花の色が不安定なのが魅力の一つではありますが、
この写真の手前左側二輪は、同じ株の花なんです。
ま、左側のライトパープルのお花は幾分退色が始まってはいるのですが。
いくら花色が不安定でも、ここまで違う花が出現するものなのだろうかと、要経過観察。
でも本当に休みなく咲きます、こまめに液肥をあげることを忘れないようにしないといけないsweat01

Img_4796
寝込んでいる間に、ヒヤシンスは蕾に色が僅かに見え始めていました。
この写真では、わかりませんね<(_ _)>

風邪を引いて、園芸作業はすっかり中断していたけれど、またぼちぼちと始めないと。
春が恋しいけれど、この冬ももっと楽しまなくては、ねo(*^▽^*)o

すっかりご無沙汰でした<(_ _)>

Img_4766
いやはや、一週間もお休みしていました。
コメントのお返事もすっかりご無礼で、本当にすみません。
実は、先週の水曜日から風邪を引いて寝込んでおりましたhospital
いきなり高い熱が出て、それはわりに早く微熱程度近くまで下がったのですが、だるさと、呼吸困難になりそうなほどひどい咳になやまされ、風邪が長期化してしまいました。
食欲はないし、平熱にはならないしと、こんなにスカッと治らなかったのはウン十年ぶり?、です。

写真は公園の霜eye

Img_4762
今は、咳は多少残っていますが、なんとか復活。
で、食欲も復活で、体重は一時減ったけど、今はそれを上回って増えましたΣ( ̄□ ̄; ) ガーン
でも、体力落ちますね。
何をするのもしんどいdash(体重が」増えたせいか!)
こんな時、洗濯乾燥機とか食洗器とか、オーブンやガスのタイマーとかとにかくセットすれば放っておける文明の利器が、本当に有り難いです。

Img_4775
冬と春が混在しているようなベランダ。
寝込んでいる間、冬だったので水やりの心配があまり要らなかったのが幸いでした。

Img_4769
気がついたら、姫サザンカのエリナの蕾が色づいていました。

体調を崩すと、健康の有り難みを痛感しますね。
明日は、食料買い出しに行かないと、物資が底をついてしまったです(^-^;

晴天続きで

Img_4681
東京は、雨も雪も降らない日々ですっかりカラカラの乾燥した空気の日々です。
加えて室内は、エアコンが入るので湿度計をみると22%などという数字が示されています。

Img_4685
ま、じめじめしているよりカラッとしている乾燥系の方が私は合っているけれど、それにしても、なんだか鼻腔の奥まで乾いているような気がしますsweat02
ああ熱いお茶が美味しいjapanesetea

昨日しおれてしまったパンジーは、無事に復活していました(o^-^o)

Img_4690
アップする目新しいお花がないので、またまたチューリップをsweat01
もう終わりかけのものだったけれど、この寒さでまだしばらく大丈夫そう。

昨日、久しぶりに都心に出たせいか、なんなのか今朝はちょっと喉が痛かったりします。
う〜ん、用心しなくては。
水分とビタミンCを多めにとって、早く寝ようっと。

冷え込みました!

Img_4644
毎度のように天気予報も「この冬一番の冷え込みに」と言っているような気がする昨今だけれど、今朝はダントツ冷え込んだようでした。

Img_4658
公園の水飲み場penguinsnow

Img_4655
寒冷地仕様のロイさんは別格としてsweat02

Img_4664
ベランダも、リビングの窓際のパンジーはいつも通りだけれど。

Img_4669
手すりに近い方のパンジーは、こんな風にしおれてしまっています。
手すり際のコンテナの用土は、ガチガチになっていました。
こんなことは初めてかも。
それでも写真はアップしなかったけれど、ゼラニウムなどは平気でいつも通り咲いていて、さすが暑さには弱いけれど寒さには強いですね。
当方では路地でも花を咲かせながら楽々越冬しているのを見かけますが、実感でした。
しかしながら、猛暑の次は極寒のようで・・。

Img_4662
そんな中、リビングでは、ランのヨネザワラ・ブルースターが蕾を持ち始めましたo(*^▽^*)o
昨年は、手入れらしい手入れもしなかったのに(一部はお嫁入りsweat01)、お花が咲こうとしてくれることのけなげさに、感動です<(_ _)>
うう、いい加減なガーデナーで、ごめんなさい。

また一週間の始まりですね。
張り切ってスタートsun

目を凝らして・・

Img_4616
全国的に大荒れのお天気とのことですが、東京は申し訳ないくらいの青空が広がりました。

Img_4622
外の空気は切れるように冷たくて、木の芽はじっと寒さを堪えているよう。

Img_4619
「最高気温が5℃、最高ですねnote
  とロイは絶好調でありますがdash

Img_4634
そんな中、今朝、原種シクラメンのコームに蕾が出始めたのを見つけましたshine
新しく花が咲くなんて、パンジー&ゼラニウム以外久しぶりです(感動〜bell
え〜、画面の中央にちょっと丸まった茎がありますが、確認できますでしょうか<(_ _)>
コームの中のタイルバーン・エリザベスという品種です。
コームは葉のバリエーションが楽しいですね。
この冬はどちらかというと籠りがちなせいか、あんまり寒さが辛くない私ですが(^^;)☆\バキ、こうして季節の移り変わりを感じられるって、やっぱりいいなnote

Img_4625
毎度のゼラニウムです<(_ _)>
画面に色彩が欲しいので、大目にみてください。

明日は、ウン十年ぶりに学生時代の友人に会うのですが、うう、変わり果てた私がわかるだろうかと心配しています(;´▽`A``

ベランダにいきなり春が♪

Img_4600
いきなりカラフルな画像の本日です<(_ _)>
昨日(14日)、スーパーで華やかな雰囲気を放っていたこの鉢植えのチューリップが、お花が終わりに近づいたのでセール価格になっていました。
加えて半額クーポンを持っていたので、切り花感覚で購入。
ベランダに、いきなり場違いな?春〜note 

Img_4594
赤は「バイキング」、黄は「モンテカルロ」という品種名のようです。
もっとくすんだアプリコット系のチューリップもあって、配色の好みとしてはそちらだったのですが、何ぶん冬枯れのベランダ、思い切って鮮やかな色にshine 

Img_4585
「あらよっと」
本日は、朝から室内に工事がはいっているので、二時過ぎくらいまではハウスの中に滞在してもらっているロイさんでした。
(「邪魔はしないのにannoy」、と不満そうな様子です(^_^;A) 

この冬一番の冷え込み

Img_4556
晴れの日が続いて、夜は放射冷却のせいで今朝はとりわけ冷え込んだみたいです。
関東は、大晦日からずっと雨が降っていないとかでカラカラに乾燥。
ホント、火の用心です。
朝六時過ぎの日の出前はこんな寒々とした様子でしたが。

Img_4580
八時近くには陽射しが射し込んで、ベランダも室内も一気に暖かくなりました。

Img_4570
多肉(金のなる木、かな?)さんが、この寒さで、鮮やかなバラ色の縁取りが出ていました。
自然界の色って、時に極彩色ですね。
(熱帯は、あらかたそうかな(*^.^*))

Img_4578
本日のさし色は、ジェネラシオン・ジャルダン。
もう新しく咲く花は、ゼラニウムかパンジーしかないベランダになっていて、ブログネタに事欠くシーズンです(^_^;A

冬は黒法師が元気 硬水のご利益?

Img_4526
空気が乾燥していますね。
巷ではインフルエンザも流行っていて、手洗いを特に気をつけて、早寝早起き体調には気をつけている(つもり・・)なのです。  

Img_4534
喉が渇くせいか、ミネラルウォーターの減りが早いです。
でもってお茶やコーヒーも、やたら飲みたくなるのでしたjapaneseteacafe
(余談ですが、紅茶やコーヒーをたくさん飲み続けると、歯に色素沈着がおきやすくなりますね。歯医者さんで磨いてもらうと虫歯でなかったと、ほっとしたり。)

ロイ、何を見つけたのかな。 

Img_4535
私は、どちらかというと軟水より硬水が好きな方で、Amazonの送料が無料になったことに気をよくして、コントレックスをしょっちゅう頼んで飲んでいるのですが。
最近、あまりお酒が飲みたくなくなったのです・・。
飲んだとしても、たくさん飲まずに満足感があるのでした、これは硬水をたくさん飲んでることによるものなのかなぁ・・sweat02

ロイの鼻先には、霜柱がpenguin 

Img_4548
ベランダの冬は、長く伸びてくる陽射しが暖かいせいか、夏にへたっていた黒法師が、ぐんぐん復活し始めます。
ただ、最近、背が高くなってきたせいか、はたまたわたしが一度コンテナを傾かせたせいか、斜めにかしいでしまいましたdash
しばらく支柱のお世話になりそうです。
雨が当たらなくて夏の陽射しが入って来ず、冬温暖なベランダは黒法師には居心地がよいようで、なかなかよく成長するのです。 

Img_4553
さし色は、パンジーとゼラニウム。
葉が寒さにあたるとダークな色になる品種。
この冬は、これらの植物は本当によく咲きます。

真冬の紅葉

Img_4501
夜明けが少し早くなってきたような感じがします。
写真は午前6時くらい。

Img_4510
霜が降りるような公園で、相変わらず元気dash

Img_4514
切るような冷たい風が吹くようになると、暖かいベランダも紅葉する植物が増えてきます。
ケラトスティグマ・デザートスカイです。
お庭ですともっと綺麗に紅葉するみたいなのですけれど。
植物では、青色といっても紫に近いことが多いけど、このデザートスカイを、その名の通りコバルトブルーも鮮やかな小さなお花が咲きます。(花つきは、あまりよくないです<(_ _)>)
丈夫で手間要らず、暑さ寒さにも強く、葉も花も綺麗で、葉を楽しむ植物としては最高にお薦め。

Img_4522
そして寒くても相赤割らずたくさん咲くゼラニウムです。
花の間にオレンジ色に染まっている葉があるのが、わかりますでしょうか。
なにせ手すり際の寒いところしか紅葉しなくて、大きく写せなかったのですがsweat01
寒さに頬を染めるように色が出ます。

連休も終わって、完璧日常モードdash
今日も頑張ろうrock

寒いけど

Img_4485
朝晩の冷え込みが厳しいですねブルブル…{{{{(;>_<)}}}}…サムイ…
六時には、エアコンが設定温度に達するようにタイマーをセットしているのですが、今日(11日)のように曇りで陽射しのない朝は、いつもよりリビングが冷え込んでいるようで、早速に熱いコーヒーを戴いたりするのでした。
でもね・・o(*^▽^*)o
凍るようなベランダで、こんな蕾を覗かせているのを見ると、ファイトですね〜。 

Img_4487
球根は植え付けの時期によって、まだ全く芽がでていないものがあるかと思えば、上の写真のヒヤシンスやスイセンみたいに、もうかなり先が楽しみなものもあって、いろいろです。 

Img_4492
昨年の猛暑で、原種シクラメンはヘデリフォリウムもプルプラセンスも、殆ど花が咲かなかったようですが、秋からめきめき復活して、コームと共に皆元気ですbud
これからコームが咲いてくれるのを楽しみに水やり (*^.^*)
なんだか葉がたくさん出て、球根が大きくなったような・・気がするんですnote

Img_4494
花期が初夏がメインのゲラニウム パープルビロゥがまた咲きました。
本日のさし色です<(_ _)>
このゲラニウムは、本当に鮮やかな色で、冬の空気の中で輝くようshine 

Img_4478
今日は、週の始まり〜。
今週も、頑張るぞ、と気合いですdash

バラとバラのような多肉植物と

Img_4462
今日も良いお天気。
今朝は、午前中にお客様が見えたのですが、射し込む陽射しで、じっとしていると熱さを感じるくらい。
今年は我が家のセキュリティを全面的に見直そうと、いろいろバタバタしています。

Img_4465
私の小さな頃なんて、日中は家のドアには鍵もかけないような時代だったのですが・・。
まぁ、備えあれば憂いなしですもんね(^-^;

Img_4468
日当り悪いところなので、生育はそこそこなのですけれど、名前を忘れてしまった多肉さんが、伸びた冬の陽射しのせいか、ベランダとしてはちょっといい色。
花のよう。

Img_4470
お花続きで、ジェネラシオン・ジャルダンを。
ローズ・ペイサージュと呼ばれる修景バラのカテゴリーのせいか、パワフルに大きくなって、丈夫で病気知らずです。
今年の猛暑でも、枯れ込むどころかベーサルシュートを三本も出して意気軒昂dash
いや、あっぱれ<(_ _)>
花弁の数は少ないですけれど、こういうたくましいバラは、園芸に対するテンションと体力が落ち気味のときは、誠に頼もしいです。
やっぱりね〜、夏に丸坊主になったり、ウドンコまみれになったりすると、あんまり心穏やかとはいえないですものね。
やっぱりバラは丈夫が一番(あ、美しかったら、さらに最高(^^;)☆\バキ)

梅が咲き始めていました

Img_4450
昨日(8日)は、モノトーンと書いた街の風景でしたけれど、今日は少し遠出した公園で、小さな春の兆しに出会いましたo(*^▽^*)o 

Img_4439
紺碧の空の下、梅が咲き始めていましたnote   

Img_4447
わ〜、小さい秋ならぬ小さい春だ〜shine
ブラッシュピンクの梅、なかなかお洒落。
寒い中、外で花が咲いているのを見つけると、感動もひとしお。 

Img_4429
冬は、作り置きしたお総菜も傷みにくいし、煮込み料理なんかがとりわけ美味しく感じられて、多湿が苦手な私にとっては乾燥しているのも有り難いのだけれど。 

Img_4459
春がやっぱり待ち遠しい、゚(¨)(. .)(¨)(. .) ウンウン。

写真は、深い落ち葉の木立の中のロイさん。
柔らかい落ち葉の中を走るのが大好きheart04
散歩から帰ると、リビングの日だまりの中で蓄熱ですspa

街の景色は、いよいよモノトーン

Img_4396_2
陽射しがあると暖かいけれど、夜になると本当に寒くなりました。
木々の葉は完全に落ちて、山々は寂しい疎林の世界。
あ〜、生命力溢れる春が待ち遠しいなぁ。
これから二月までが、最も冬を感じる時期ではないかと思います。

Img_4399_2
寒ければ寒いほど元気な人(犬)もいますが・・sweat02

Img_4405_3
でも、こうやって球根の芽だしなんかを見ていると、春までの折り返し地点に来たかな、と思ったりもします。
これは020さんの球根頒布企画で購入した原種チューリップたちの芽です。
後ろでだらしなく伸びているのは、ご存知ムスカリ(;´▽`A``
でも、あの冴えたブルーが欲しくて、やっぱり植えてしまうのでした。

Img_4413
一転明るいピンクをflair
寒さで、葉が赤く染まっているやや小型のゼラニウムです。
茎も細くてダークな色味。

今日は、習い事の開始の日でした。
体を動かす習い事なのですが、いやはや人間って、すぐ楽になれるものですね。
毎度のことですが、毎回そう思います。
脂肪ののった体も重かった〜(*^.^*)

小寒を迎えて さ、寒い!

Img_4394
小寒を迎えた昨日6日晩は、今までで一番冷え込んだようで寒の入りを思いっきり感じました((((;-`д-)))penguin
今朝は、さぞや寒い夜を過ごしたであろうメジロさんのために、朝一番でベランダのバードフィーダーにミカンを。
この時期は、ミカンを大量にストックです。
なにせよく食べる、Lサイズのミカン半分が、あっという間に皮だけにsweat02
画像の中にメジロさんがいます、わかりますかeye

Img_4387
さし色のためにアップしたローズ・デ・キャトルヴァン。
もともと花保ちが良い品種だけど、この寒さで作り物のように同じ様子を保っています。
う〜む、素晴らしい。
お天気はいいけれど、こう風が冷たいと、ベランダで作業する気力と根性が、ますます出なくなります(;´▽`A``
(根っから根性なし(^^;)☆\バキ)

Img_4384 
本日、シャンプーに行った帰りのロイさんです、キリリッshine
綺麗になると、本人(犬)もわかるのか、表情が自信たっぷりになるのが笑えます。
Img_4394_2
最後に、一番最初の写真の拡大です。
メジロさんは、画面中央斜め左下におります。
毎年のつきあいか(多分同じ鳥では、と)、ベランダにでても逃げないのでした。
今日は、もう外に出ないと決めた私です<(_ _)>

健診を受けて

Img_4374
東京は穏やかなお天気が続きます。
陽射しがあって風がないと、実際の気温より暖かに感じますね。
張り切って空を切るロイさんを見てくださいませんか。

Img_4377
手足が見えないバックスタイルもsweat02

Img_7326
パンジー、よく咲きます。
このフリルが今年はお気に入りです。 

Img_7335
ムーランルージュは、株による個体差の大きいところが魅力ですね。

Img_7323_2
前にもアップしましが、これが一番実物の色に近いかな、水色の個体です。
Img_7340
ぷっくりピンクのスキミア・マジックマルローです。
早く、コンテナに植え替えないとsweat01

Img_7332
パーティードレスです。
少し紅葉してきました。
どうも私は多肉を育てるのが下手だななぁ。

昨日(5日)、一年に一度の健診を受けてきました。
パーフェクトに健康な項目もあるけれど、年齢を重ねるとガタが来始める部分も。
以前は軽い気持ちで受けられた健診が、年々気の重いものになってきました。
視力がいいのに、老眼の傾向で物が見辛いっていうもの、なかなかやるせないです。
明るく受け止めていくしかない、ですね(^-^;
今の年齢で良いこと・・、それは素敵な方々とご縁がたくさんできたこと。
今夜は(今夜もdash)ワイン飲もうっとwine
今日の夕食は、豚肉のローストのローズマリー風味restaurant



 



今日はブログおやすみです

Img_4362 

今日は、ロイママが外出なのでブログはお休みです。
ロイがお伝えしました。

日常モードに入り始め

Img_4343
冬、この葉の落ちてしまった木々を見ると、あの緑に囲まれた季節が夢のような気もするのですが、寒いということは、春が近いということでもあるのですよね。
今日は、仕事始めの方も多くていらっしゃると思います。 

Img_4345
本日から行きつけのスーパーも営業開始、やはりお正月は和がメインなので、昨日あたりから早くもスパイスの利いたお料理やハーブの香りが恋しくなっていました。
何を作ろうかなnote 

Img_4347_2
葉が紅葉しているロサ・グラウカ。
例年通りミカンをバードフィーダーに置いているので、ヒヨちゃん(ヒヨドリ)も実は食べなくなりました。
ヒヨちゃんの困ったところは、平和についばんでいるメジロさん夫婦を蹴散らすこと。
あの鳴き声が、すごい威嚇dash 
あ、「とりぱん」という漫画をご存知ですか?
野鳥を独特の視線で捉えている、笑ってしまうような、そして繊細な情緒も感じる作品です。
よろしかったら是非o(*^▽^*)o

Img_4351
今シーズン最後のジェネラシオン・ジャルダンの蕾。

陽射しが長くリビングに入り込む季節。
冬の朝のそんな光景、好きです。 

のんびり、お正月三日目

Img_4310
今朝も穏やかな陽射しが降り注ぐ、お正月三日目の朝sun

Img_4322
植物達は、華々しい変化は当然のごとくないのですが、球根たちの芽は随分大きくなりました。
これは香りが大好きなヒヤシンス。
今年はたくさん(ベランダとしては<(_ _)>)植えました。
球根も大きいせいか、芽もたくましいdash

Img_4325
こちらはクロッカスの芽だし。
クロッカスジャーから、ちょこんと顔をだしているのが可愛いでしょうbud
このポット、本当に楽しいnote

Img_4335
ベランダは、なかなか気温が下がらないので、黄金葉のカシワバアジサイ、リトルハニーも今頃紅葉ですmaple

Img_4328
最後は、少しさし色で、この時期ゴージャスに花保ちのいいシャルトリューズ・ドゥ・パルムです。

おせち料理もあらかたなくなって、明日はスーパーに食料補充に行ってこなくては。
今年は、ワインよりお料理の減りが早かったなぁ〜。
ロイと寝椅子の上で、惰眠をむさぼっておりますsleepy

ロイと初詣

 Img_4277_2

穏やかなお天気に恵まれた午前中に、例年通りロイと近所の神社に初詣に行ってきました。
神社のある方向はロイの苦手な病院があるので、最初は思いっきり足取り重かったロイも、鳥居をくぐり初詣とわかると足取り軽やか〜note
写真は鳥居の側で、狛犬ロイさんでした。

Img_4285
お神酒をいただいて(除、ロイさん)、みんなに可愛がっていただいてご機嫌です。

Img_4302
ベランダでは、ローズ・デ・キャトルヴァンが開き切りました。
さすがにこの季節だけあって、花びらぎっしりのスーパーディープカップshine
一輪咲いただけで無敵の迫力dash

Img_4303_2 お正月に赤いバラ、目出たさ倍増?
あまりの花弁ぼ多さに、あのしっかりした枝のキャトルヴァンが、枝垂れております。
今年は、パンジーもよく咲き、バラもぽつりぽつりと咲いて、いつもより色彩のあるお正月のベランダです。

明けましておめでとうございます 2011

Img_4269
みなさま、良き新年を迎えていらっしゃることと思います。

2011nengaroy 
本年も「愛犬ロイとベランダガーデニング」をよろしくお願いいたします。

すでにお屠蘇&ワインで出来上がっております(*^.^*)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!