« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

行ってきました、世界らん展2011

Img_7383
23日(水曜日)に、今年も東京ドームで開かれている「世界らん展2011」に行ってきました。

Img_7388_2今回、素敵だなと感動したのは、この細かなオンシジュームが、柔らかにたくさん枝垂れている様子です。
気持ちが浮き立つような黄色shine 
Img_7392
今までは、あまり魅力を感じなかったオンシジュームなのですが、これを見て気持ちが変わってしまいました(*^.^*)
育てやすいと聞いて、大株を夢見て、帰り際に買ってしまったのでした(^-^;
(また増えてしまった・・sweat02

Img_7404
さて、ちょっと変わったランを一点。
このダークなラン、華やかな色彩の洪水の中で目立っていました。
この光沢がまた迫力dash
ポイントにいいですね〜。

Img_7401
作出は、言わずと知れたこちらのナーサリーでした。
NHKの「趣味の園芸」でもおなじみですね。

Img_7407_2
そしてこちらは、素晴らしい力作。
ランでお庭的な風景を作るディスプレイ部門は、個人的にはちょっと今ひとつだな、と感じていたのですけれど、こちらの、木にウチョウランやシダを植え付けたこの作品は圧巻でした。
ランが、山野草的な魅力を見せていて、とても風情がありました。
いやはや、魂を奪われるよう感じです。

Img_7408
私はランのド素人なので知らなかったのですが、作者のこちらの方は、出品なさるたびに最優秀賞を受賞なさることで有名な方なのだそうです。 

Img_7420_2 そしてこちらはウエディングにでも使えそうなディスプレイ。
華やかなランは、ガーデンの雰囲気を無理に作るより、こうして徹底して人工的なあしらいの方が似合うのでは、なんて思ったりしたのでした。 
Img_7430
でもってまた、珍しいな面白いなと思ったランを。
こちらは紫色のパフィオだそうで。
長年ランをお育てになっていらっしゃる達人の方も、こんな色は初めてとおっしゃっていました。

追記
尊敬するコージさんから、ご指摘戴きました。
これはパフィオではなく、近年発見されたパフィオの近縁属‘プラグミペディウム コバチー’という品種だそうです。
洋ランの世界では、久しぶりの大型新人で、また大変高価なもののようです。
それにしても、花ばかりに目を奪われていないで、プレートをきちんと読むことは、大切ですねsweat01
コージさん、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします<(_ _)>

Img_7431
確か、賞を取られていました。

Img_7432
でもって次はこれです。
やはりパフィオなのですが、このヒラヒラが面白いnote

Img_7437
個体名はこちら。
天使の髪の毛というよりは、なんだかもうちょっとおどろおどろしい感じもしたのですが(*´v゚*)ゞ

Img_0644
最後に付け足し、本日のロイさん。

Img_0648
子供達の仲間に入りたくてうずうずしているのですが、私から常に「お砂場に入ってダメ」と言われているので、かろうじて我慢なのでしたdash

今日も、暖かいですね。
二月最後の日曜日、これから外出してきますnote

予告編 世界らん展2011にいってきました

Img_7386
先日、東京ドームで開催されている、世界らん展2011に行ってきましたo(*^▽^*)o

Img_7442
毎度のことながら、色彩の乱舞shine 

Img_0610
もうすぐ、記事にいたします<(_ _)>

写真は、付け足しのロイさんでしたsweat01

今日は、ぽかぽか陽気 減量必須状態

Img_0583
朝日が昇るのが早くなってきましたねsun
光が、なんとなく春っぽいです。
(しかし、誘引の終わってない株が三つほど残ってましてsweat01sweat01
日中は、気温が12℃くらいまで上がって、ぽかぽか陽気でした。

今日は、きついプログラムの習い事の日で、ヘロヘロになって帰ってきました。
体重が三キロpigも増えたので減量を志しているのですが、禁を破ってスパークリングワインを買って、グラスで3杯も飲んでしまった〜sweat02
シャンパンを始めとするスパークリングワインは、普通のワインより糖度が高いそうで、ボトルで購入することは控えていたのですが、買ってしまった・・。

Img_0601
魚介類のサラダを作って、弾ける泡と共に一杯。
ク〜!美味しい〜note
今のわたくしめには禁断の美味、そう、今日消費したカロリーを速やかに補ってくれるのでした。
とかなんとか悩んでいる風に見えて、三杯も(*^.^*)

Img_0597
本日のロイさんです。
自分の体重管理に甘い飼い主のくせに、ロイさんの体重管理は、かなりしっかりしてたりします。
すっかり中年になりましたが、ベスト体重shine
しかも、ロイさんは食べることが大好きなのに、決してフードのお代わりなどねだらない真面目な性格dash
うう、見習わねば<(_ _)>

写真は、ベランダの様子でした。

いろいろ咲きました♪

Img_0564
みなさん! ロイ談
(保護色しておりますが、ロイを視認できますでしょうか<(_ _)>)

Img_0565
今日からまた一週間の始まりですねnote

Img_0566
張り切って行きましょう。
とでも言っているように、今朝もパワフルなロイさんでしたup
毎度ロイには、元気をもらいます。

Img_0578
暖かくなって来て、少し前でから室内では、ヨネザワラブルースターが咲いて、微かに甘い香りを漂わせております。
たいした手入れもしていなにのに、本当にエライものです(/ ^^)/アリガトネ

Img_0580
今年は、花数が激減なのですが、それでもかなりの美花が咲いてくれました。
今年は、植え替えしなくてはsweat01
これは樋口交配です。
本当は、もう一株、アプリコットが鮮やかな黄色が欲しいのですが、置き場所もないので、必死に堪えておりますsweat01
脱物欲&煩悩dash

Img_0581
あれれ、ヒヤシンスが、なんだかポンポンのように咲いてしまいました。
これから花茎が伸びるのか、はたまた水が足りなかったか、う〜んsweat02
奥に見える銅葉は、ゲラニウムのボブ スプレンダーです。
昨年の酷暑を生き抜いてくれました。
常緑で、ベランダでは陽射しが伸びる秋冬が、最も美しい葉色です。
その奥は、スキミアのマジックマルロー。

昨日は、都心まで出て、いつものお店でヘアカットでした。
その後、ドイツのシステムキッチンのトップブランド、poggen pohlのショールームで、社長の川島さまのお話を伺える機会に恵まれました。
川島さん、長い時間おつきあい頂き、ありがとうございました。
本当に光栄でした。

ショッキングビューティーなお庭へ ディナーの部

Img_7367
020さん邸ディナーは、毎回、ワクワクするお楽しみでありまして、今回も舌鼓を打ち、かつワインの威力で(アルコールのせいにする(^-^;)舌が滑りまくったのでした。
最近すっかり嬉しい定番になった020さんセレクトのチーズプレートnote
三年熟成のゴーダチーズや、ロッシーニというすでに名前からして美味しそうな青カビタイプなどなど、少しずつ変化に富んだ味を楽しみました。
あ、ディナーの部にかんする020さんの記事は、こちらからです。
皮付きのジャガイモをローストした物が大好きなのですが、今回はラクレットやゴーダチーズがのって、ワインにぴったり。
パワジオ倶楽部さんのオリーブのピクルス(酸っぱいわけではなく、漬け物という意味で)も、毎回のお楽しみo(*^▽^*)o 

Img_7373
そして、乙庭スタッフさまのアクアパッツアrestaurant
様々な魚介類の旨味、ハーブの香りなどが渾然一体となって、いつも感動ものなのです。
ワインが進む進む。 

Img_7376
待ってましたぁ、大好きな玄米ご飯と野菜のグリル!
野菜のシンプルな美味しさが、味わい深い玄米とポルティーにの炊き込みご飯とぴったりなのです。 

Img_7377
実は、このブログで初告白<(_ _)>
このデザートの辺りから、私の記憶は、かなり怪しいのでしたsweat02
というのは、味の記憶はあるのですが、写真に撮った記憶が・・、ない・・。
新幹線にも乗って、無事帰宅して次の日、撮った画像データを見て蒼くなってしまったです~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
こんな写真、いつ撮ったのだろう・・( ̄◆ ̄;)
もしかして、バカやって、大切な趣味総合友達お二人を失ってしまったのではなかろーかとsweat01
怖くて、未だにメールで伺うことも出来ない小心者でした。
020さん、乙庭スタッフさま、ご迷惑をおかけしていましたら、平に申し訳ないですm(_ _)m
途中から、お水を飲みながら飲む、という鉄則を、怠っていたような気がする〜ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

建築とお料理に誘われて ショッキングビューティーなお庭へ

Img_7362
2月13日(日曜日)、020さん邸の定例飲み会&生物建築舎さんの建築ツアーに行って参りました。
020さん、乙庭スタッフさま、その節はありがとうございました。
藤野さん、時の経つのを忘れるほど印象深いひとときでした<(_ _)>
こちらは天神山事務所、青空を背景に、建物の外観がひときわ目を奪います。

Img_7347
内部です。
白いパーテーションの向こうは、プライベートゾーンになっています。
床に直接植えられたオリーブが、コンクリートの壁、そしてガラス張りの天井から見える青空と素晴らしいコラボレーションですね。
息をを飲むような一瞬でした。

Img_7350
切り取られた空がひときわ美しくて、ちょっとマグリット的世界。

Img_7355
外から覗いた感じです。
こちらの建物の内部、エクステリアの植栽は、全て020さんのデザイン。
建築は、言うまでもなくド素人ですが、昔から間取り図を書いたり、建築家の作品の写真を見るのが好きでした。
以前、NHKで「二十世紀の名住宅」という番組があったのですが、好きだったなぁ。
020さんの記事に、植栽の様子などももっと詳しくセンスよく、写真と説明があります。
こちらからです(^_^)

Img_0550
実は、この記事、写真だけは少し前に貼付けてフォーマットは出来ていたのですが、ずっと文章を書いていなかったんです。
でもって、ロイさんの写真に、まだ溶け残りの雪が写っていたりいたします(^^;)☆\バキ

大雪だったけれど

Img_0530
バレンタインデーの夕方から降り始めた雪は、夜半にはピークになって、次の日の朝(15日)は、一面雪に覆われていました。

Img_0537
昨夜、ベランダから見える光景は雪国状態だったのですが、それでも子供達が学校へ行く時刻になってくると、道路の雪は溶け始めていました。

Img_0540
学校へ行く前の子供達に「ロイ、おはようnote」と声をかけられて。

Img_0541
みんな元気だなぁ〜。
登校前に大はしゃぎ。
こうして見ると、子供と犬って風の子ですね、本当に。
大人はブルブル…{{{{(;>_<)}}}}…サムイ…でした。

寒かった一日

Img_0495_2  
今日(12日)も、朝から小雪がちらつく寒い一日でした
Img_0494_2
「どっこいしょdash

Img_0506
夜、習い事の帰りに、車の外気温の表示は2〜3℃penguin、シートヒーターを最強にしてしまいました。
お尻が暖かいっていいですよねspa

この雪で、今日もメジロさんは来なくて、写真のようにヒヨさんが我が物顔にベランダに来ております。
戸を開けたくらいでは逃げない大胆さannoy
メジロさん、大丈夫かなぁ。

Img_0507
気温は低くても、ベランダは雪が積もらないので植物達はいつも通りです。
冴えた色味は、春を感じさせますよね。
ヒヤシンスです、香りも出始めました。

Img_0512
チューリッップも。

明日は、趣味総合友達の020さん邸で定例飲み会なので、一日外出です。
寝坊しないようにしなくてはsweat01

今日は、大雪

Img_0438
朝早く外を見たときは、粉雪がちらつく程度で、たいしたことなさそうとタカをくくっていたら、その後どんどん激しく降るようになって、お昼過ぎは牡丹雪に。
雪が積もり始めました。
わ〜ん、明日、夕方、車で習い事に行きたいのだけれど大丈夫かなぁsweat01

Img_0484
心配して、早めにメジロさんのご飯も置いておいたのですが、雪のせいかやってきません。
その後、羽がぽしょぽしょした貧弱なヒヨドリがやって来て、ミカンをつつき始めました。
ちょっと哀れになって、雪の本日はお目こぼし。
その後しばらく我が家のベランダで、じっとうずくまっていました。

Img_0440
散歩に出たら、朝は、こんな粉雪snow

Img_0446
寒冷地仕様のロイさんは、雪もへっちゃら、ノープロブレムdash

Img_0462
いつも以上に燃えました(^-^;

Img_0481
これ、なんだかわかりますか?
寒さで真っ赤になったゼラニウムの葉です。
まるで花のように鮮やかsign01
このゼラニウムは大型で、真冬でもがんがん花を咲かせるようです。

原種シクラメンのコームが咲き始めました

Img_0419
本日は、夜半は雪の予想ですsnow
そのせいか、朝は寒かったブルブル…{{{{(;>_<)}}}}…サムイ…
お昼近くになって陽射しが出て来たら。ようやく暖かさを感じるようになりました。

Img_0425
でも、冬って暖かいお料理を作るのが、なんともここちよくないですか?
煮込み料理やお肉のローストなどが美味しく感じられるこの季節、キッチンに暖かさと良い匂いが漂ってくると、なんだかそれだけで幸せな気分になったりするおめでたい私めです(*^.^*)
(つまるところ食べることが好きnote

Img_0434
ベランダでは、ようやく原種シクラメンのコームが咲き始めました。
これはタイルバーン・エリザベスという品種。
昨年の猛暑でプルプラセンスを一株ダメにしてしまったのが残念。
原種シクラメンの本当の魅力は、広いお庭に群植して咲かせてこそ映えるのだろうと思うのですが、この寒い季節に可憐な花を咲かせてくれる健気さに参って、もう育てて3〜4年目、かなbud
未だ植え替えしていないくて、誠、シクラメンには申し訳ないのですが(^^;)☆\バキ

Img_0436
ラナンキュラスが綺麗だったので、さし色にart

明日はお休み、朝は寝坊するぞ〜(^-^;

球根苗のチューリップが咲きそう

Img_0403
今朝は冷え込んだようです。
今までは三月中旬の陽気だったそうで、本日から平年並みということでcloud
なぜか公園の広場にネコちゃんが・・。
逃げないですsweat02

Img_0405
お友達に会いました。
黒いコーギーの男の子です。
ロイはどちらかというと飼い主のパパの方がお目当て。

Img_0417
ベランダでは、球根苗のチューリップがもうすぐ咲きそうです。
あわわ、まだ定植していないのですがsweat01
いや、バラの剪定とか誘引を優先してやっているので(言い訳です<(_ _)>)。

少し暖かい日が続いています

Img_0387
今日の最高気温の予想は13℃sun
風は冷たいのですが陽射しがあるので暖かくて、午前中からお昼過ぎまで、ずっと窓を開けていました。 

Img_0385
「ベランダを見ていると、メジロさんが賑やかなんです」といっているのかいないのか、ずっと窓際で日向ぼっこのロイさんでした。 

Img_0389
この暖かさで、ヒヤシンスの蕾が、こんなに開いてきました。
この色は、やや成長が早いようです。
う〜ん、こんな蛍光ピンクではなかったはずだけど・・。
まぁ、様子を見てみよう。 

Img_0393
花茎まで赤く染まりながら、果たして開くのかどうか。
シャルトリューズ・ドゥ・パルムです。

今週は三連休ですね。
一日早くお休みが来るので、嬉しいなnote
最近の私めの傾向、ニュース以外は、殆どオンデマンドで番組を見るようになってしまった。
その方が、夕食の後片付けが終わった後、好きな番組を選んでゆっくり見られるのです。

クロッカスジャーの様子

Img_4936
今日も暖かい一日でした。

Img_4940
日中、ルーティンワークを終わらせた後、ロイをカイロ代わりに抱きながら寝椅子の上で、ひととき爆睡してしまいました(*^.^*)

Img_4956
心なしか、ベランダも少〜し季節が進んだようで、蕾だったラナンキュラスはあっという間に開いて。

Img_4958
クロッカスジャーの球根の皆さんは、随分と賑やかに顔を覗かせてくれるようになりました。
バックヤードがあったらないいのにな、と。
そうしたらクロッカスジャーを(花の)色別にいくつか用意して、花の季節はさぞかし楽しくなりそう。
問題は花後ですね、ベランダでは旬を過ぎたコンテナを置くためのバックヤードのスペースがないのです。

Img_4964
こちらはもう、蕾も大きくなってきました。
形も楽しいこのクロッカスジャー、来シーズンにもうひとポット増やしたい気持ちを抑えるのに苦労しそうです(o^-^o)

写真は撮れなかったのですが

Img_4906
ご近所の庭先で、梅がほころび始めましたshine
薄曇りの背景なのが残念です。

Img_4910
立春ですが、この時期は鳥達にとって最も食べる物が少ない時期のようで、あちらこちらお宅のピラカンサなどの赤い実が、あっという間になくなっていきます。

ロイ、軽やかに飛び乗っているのですが、やっぱり「あらどっこいしょ」という感じですね(*^.^*)

Img_4927
我が家も、グラウカがこの通りですdash
先日、朝、ふと異様な気配を感じてベランダを見ました、すると・・。
ベランダに、ヒチコックの映画「鳥」が再現されていた ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
ヒヨドリが、トネリコの木に10羽以上、手すりにはずらりと10羽余り、そしてこの小さなグラウカに5羽くらいが鈴なりにとまって、皆でローズヒップを食べていたようでした。
ヒヨドリは、比較的体が大きめなので、薄暗い朝に鳥の黒いシルエットが、ベランダを覆っている様子は、もう可愛いを通り越して恐怖sweat02
ちょっと怖かった・・。
わが街は、ヤマモモの街路樹など、比較的鳥のご飯になる樹木が多くて、先に書いたピラカンサやローズヒップを食べるのは、余程の時です。
で、あっという間に写真のように丸裸に、でした。

Img_4928
もう終わりかけ(終わってる?)球根苗、もともと処分品だったけど、なかなかよく保ってくれました。

球根苗、また買ってしまいました

Img_4883
今日の東京は、三月上旬の暖かさ、12℃まで気温が上昇するという予報。
このブログを作成中のリビングでも、室内温度が上がって来てエアコンが泊まってしまっています。

写真は、早朝のハトさん。
寒そうですね。 

Img_4872
こちらさんは、毎度軽やかな足取りnote 

Img_4900
以前購入したチューリップの球根苗の花が終わりかけなので、ちょうど安かったせいもあって、また買ってしまいました。
これはクリームホワイトのラナンキュラス。 

Img_4895
こんなのを三つほど。
色はピンク。
今回は、コンテナに植え付けようと思っています。
そろそろウィンティーやジュリアンなどサクラソウの花苗も店先に姿を見せるようになってきて、春の近さを感じます。
今日は節分、恵方巻きって、食べますか?o(*^▽^*)o

今日から二月

Img_4861
いよいよ冬も終盤、でもきっと、この二月が一番長く感じるのかな。
街の風景は、どこを切り取っても色彩に乏しいなぁ。

Img_4864
え〜、毎度同じような写真ですが、本日の見所は宙に浮いているロイさんの前足です。
かわいいな、と(親バカ(^^;)☆\バキ)
Img_4867
この寒い時期、球根の生命力溢れる芽出しは、家族からすこぶる評判が良くて、来年も球根のためのスペースを取っておこう(植物を増やしすぎない!)と、心に誓う。

Img_4869
さし色は、パステルカラーのパンジー。
ベランダに出るたびに、ネタになるようなシーンがなくて困ってしまうけど、後から眺めると、日常を綴った記事が以外に懐かしく感じたりします。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!