« 予告編 世界らん展2011にいってきました | トップページ | 世界らん展でのお買い物 »

行ってきました、世界らん展2011

Img_7383
23日(水曜日)に、今年も東京ドームで開かれている「世界らん展2011」に行ってきました。

Img_7388_2今回、素敵だなと感動したのは、この細かなオンシジュームが、柔らかにたくさん枝垂れている様子です。
気持ちが浮き立つような黄色shine 
Img_7392
今までは、あまり魅力を感じなかったオンシジュームなのですが、これを見て気持ちが変わってしまいました(*^.^*)
育てやすいと聞いて、大株を夢見て、帰り際に買ってしまったのでした(^-^;
(また増えてしまった・・sweat02

Img_7404
さて、ちょっと変わったランを一点。
このダークなラン、華やかな色彩の洪水の中で目立っていました。
この光沢がまた迫力dash
ポイントにいいですね〜。

Img_7401
作出は、言わずと知れたこちらのナーサリーでした。
NHKの「趣味の園芸」でもおなじみですね。

Img_7407_2
そしてこちらは、素晴らしい力作。
ランでお庭的な風景を作るディスプレイ部門は、個人的にはちょっと今ひとつだな、と感じていたのですけれど、こちらの、木にウチョウランやシダを植え付けたこの作品は圧巻でした。
ランが、山野草的な魅力を見せていて、とても風情がありました。
いやはや、魂を奪われるよう感じです。

Img_7408
私はランのド素人なので知らなかったのですが、作者のこちらの方は、出品なさるたびに最優秀賞を受賞なさることで有名な方なのだそうです。 

Img_7420_2 そしてこちらはウエディングにでも使えそうなディスプレイ。
華やかなランは、ガーデンの雰囲気を無理に作るより、こうして徹底して人工的なあしらいの方が似合うのでは、なんて思ったりしたのでした。 
Img_7430
でもってまた、珍しいな面白いなと思ったランを。
こちらは紫色のパフィオだそうで。
長年ランをお育てになっていらっしゃる達人の方も、こんな色は初めてとおっしゃっていました。

追記
尊敬するコージさんから、ご指摘戴きました。
これはパフィオではなく、近年発見されたパフィオの近縁属‘プラグミペディウム コバチー’という品種だそうです。
洋ランの世界では、久しぶりの大型新人で、また大変高価なもののようです。
それにしても、花ばかりに目を奪われていないで、プレートをきちんと読むことは、大切ですねsweat01
コージさん、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします<(_ _)>

Img_7431
確か、賞を取られていました。

Img_7432
でもって次はこれです。
やはりパフィオなのですが、このヒラヒラが面白いnote

Img_7437
個体名はこちら。
天使の髪の毛というよりは、なんだかもうちょっとおどろおどろしい感じもしたのですが(*´v゚*)ゞ

Img_0644
最後に付け足し、本日のロイさん。

Img_0648
子供達の仲間に入りたくてうずうずしているのですが、私から常に「お砂場に入ってダメ」と言われているので、かろうじて我慢なのでしたdash

今日も、暖かいですね。
二月最後の日曜日、これから外出してきますnote

« 予告編 世界らん展2011にいってきました | トップページ | 世界らん展でのお買い物 »

お出かけ」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissiさん、オンシジウムですが、私もミニタイプで香りの良いのを持っております。
昨年の1月に沿線の小規模な洋ラン展で購入したものです。

その後適当に世話をしていたら、同じ年の12月から咲き始めました。育てるのは容易だと思いました。

しかし夏の間にときどき水切れさせたせいか、葉焼けをたくさん作ってブチになってしまいました。うう。
今年は気を付けねば。

YoYo さま
今日のこちらは、いきなり真冬になって、午後の気温は2℃penguin
雪までちらつきましたsnow
昨日が19℃ですので、いやはやジェットコースターのような激しい寒暖の差です。

YoYoさんのお買いになったオンシジューム、以前、bbsに写真をアップなさいませんでしたか?
私が買ったのも香りがあるタイプで、フレグランス ファンタジー レモンハートという黄色の品種です。
レモンハート、お酒のイメージ(^^;)☆\バキ

おお、YoYoさん、昨年は酷暑でしたから、ランもたいへんだったと思います。
ランの御大A先生によりますと、オンシジュームは根が細いので根腐れしやすく、水の与え過ぎは厳禁とか。
ブチは、もしかして、太陽光が強すぎたからでは?
いやいや、夏のベランダは、それほど日光が射し込みませんので、わたくしめの勝手な想像ですが。
お聞き流しくださいませm(_ _)m
ブチ、新しい葉がたくさん出て目立たなくなりますように。

 こんばんは!
 紫のパフィオじゃなくて、プラグミペディウム・コバチーという近年に発見された南米産のパフィオの近縁属の花です。たしか去年に初導入されて、ガラスケースに入れられて展示されていました。
 洋ラン業界では久しぶりの大型新人(笑)と話題でした。まだ、恐ろしく高価なもののはずです。

 今年は割と欲しいものが多かったので、いろいろ買い込んでしまいました。

コージ@日陰の管理人 さま
コージさん、教えて戴いて、ありがとうございます。
早速、記事の方に追記させていただきましたo(*^▽^*)o

今年初めて、トリリウム・クネアツムを育てています。
「みんなの趣味の園芸」のコージさんのエンレイソウのコーナー、熟読いたしました(^_^)
詳しい説明に、本当に心強く思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予告編 世界らん展2011にいってきました | トップページ | 世界らん展でのお買い物 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!