« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

長もちします

Img_1709
昨日(30日)の画像です。
豊富な雨で、遊歩道の芝生はご覧の通りですdash

Img_1701
五月だというのに、梅雨入り、台風、今年の季節はどうなっているかと、少しばかり懸念。
Img_1717_2
でも、ひんやりとした空気のの日々が続くおかげで、バラはすこぶる花もち良好です。
ブルー・フォー・ユーとピンク・グリーンアイス。
う、花がらを摘み忘れてるsweat01

Img_1721_2
エモーション・ブルー(デルバール)。
今年の花は、本当に香り高く大きかったです。
当たり年bell

Img_1729
アマンディーヌ・シャネル(ギヨー)です。
やっぱり基本的に半日陰のベランダでは、フランボワーズピンクには、ならないなぁ〜(ノ_-。)

明日から六月、青空が恋しい気もするのですが、ひんやりとした空気は、植物のトラブルの少なさ、空気の心地よさがあって、真夏を前にしたひとときの憩いの時期です。

台風、でもバラ満開の季節

Img_5401_3
台風2号が近づいているということで、昨日から雨降りですrain
手すりを越えて伸びて雨にあたっているのは、ロサ・グラウカ。

Img_5370
ベランダは、バラの色彩の乱舞状態になってきました。
右は退色し始めたシャルトリューズ・ドゥ・パルム、オベリスクはラ・ローズ・ドゥ・モリナールです。

Img_5379
昨日の画像比べると咲き進んで、際立って明るいピンクになりました。
香りは、極上でございます<(_ _)>

Img_5384
いつも最後に咲き始めるローズ・デ・キャトル・ヴァン。
花数を楽しめるタイプではないのですが、丈夫で夏も花弁を減らさずにしっかりと咲いてくれます。

Img_5365
今年は、たくさん咲いているエモーション・ブルーです。
香りが素晴らしい。
気温が低いせいか、例年春はピンクを帯びる事もあるのですが、今年は素敵な色で咲いています。
病気知らずのブルー系のバラ。
曇りや雨の日のブルー系のバラの魅力は、特に秀逸です。
物憂げな雰囲気が、家事を放棄したくなる気分にさせてくれます(^^;)☆\バキ

Img_5428
陽気なピンク・グリーンアイス、よく咲くなぁ〜。

Img_5398
房咲きのせいか、少し花弁を減らして咲くジェネラシオン・ジャルダンです。
ローズペイサージュに分類されるせいか、丈夫で繁殖力旺盛ですsweat02
いつも心安らかに見ていられます(^_^;A

Img_1692
「雨で濡れても、プルプルッとすれば、へっちゃらです」 ロイ談
と言っているらしい。
ダブルコートのロイは、雨をものともしません。
ただし、飼い主はつきあい切れないのでした<(_ _)>


わ〜い、たくさん咲いて来た

Img_5316_2
今日で、関東地方も梅雨入りしたそうですね。
は、早いdash

Img_5322
なんだか、晴れ渡って穏やかな暖かさの日が少なかったような気がします。 

Img_5332
ベランダは、やっと満開が近づいてきましたnote
今回は、ホント咲きそろうのが遅かったです。
画像は、ピンクグリーンアイス。 

Img_5338
ショートクライマーにする予定のフェッツアー・サイラ・ロゼ(ハークネス)です。
丈夫で、扱いやすい樹形で、そして極上の香り。
このルビーピンクの色、初開花なのですが、すっかり気に入りました。
早く大きくなってくれないかな、とo(*^▽^*)o
ハークネス、初めて育てます(^_^) 

Img_5344  
エモーション・ブルー。
日照が少ないのに(と言うか、殆どないのにsweat02)、良く咲いてくれます。
Img_1683_3
もう、ベランダに出ると、バラの香りで満ち満ちております<(_ _)>
ああ、こんな時を待っていました。
右手が、シャルトリューズ・ドゥ・パルムとエモーション・ブルー、左手前がアマンディーヌ・シャネルとオベリスクがラ・ローズ・ドゥ・モリナールです。
奥のラティスのレディ・オブ・メギンチが咲いてくれれば、ほぼ満開。
写真に撮ると、イマイチの感じだなぁとも。
なかなか脳内ガーデニングのイメージに近くならないです。
Img_5353
モリナール、パルフェ・タムールとのコラボをねらったのですが、どうも咲く時期がずれるようで、失敗です。
う〜ん、来年もダメだったら、何か考えなければ。
こうしてバラの香りに浸りつつ、すでに来年に向けてあれこれ考えるのでした(^_^;A

もうすぐテイカカズラが咲きそうです、香りがさらにすごいことになりそう。

ゆっくりと咲き進みます

Img_5216_2
今年は梅雨入りが早そうです。

Img_5223_2
我が家のバラは、比較的気温の低い日が続いているので、花もちよくゆっくりと咲き進んでいます。

Img_5225
右上のラ・パリジェンヌと咲き終わりに近いストロベリー・ヒルです。

Img_5230
濃い目のピンクの覆輪は、時間が経つと淡くなってきます。
樹形はまとまりがよくて、とても扱いやすいです。

Img_5229
オレンジが続くと、目がチカチカしますね(^_^;A
ガーデンダリアのシャインというシリーズ、よく咲きます。

Img_5239
アマンディーヌ・シャネル。

最近、自分のバラの好みが二転三転します。
ベランダに合う色を、色の組み合わせを求め続けているのかな。
それにしても、ひんやりした空気、薄曇りの空、そしてバラの香り。
ベランダの側で、お気に入りの寝椅子で読書するには最高の季節、なんて思ったりします(*^.^*)

気温が急降下

Img_5188_2
緑したたる季節になってきましたね。 

Img_5187_2
昨日(22日)は暑くて、今シーズン初めてアイスコーヒーを作ったのに、本日は最高気温の予想が17℃とかΣ( ̄□ ̄; ) ガーン
また長袖に逆戻りdash 

Img_5198
たくさん咲いているバラを中心にアップです。
ラ・パリジェンヌ。 

Img_5201
全体に終わりかけですが、ストロベリー・ヒルです。 

Img_5206
本当にたくさん房咲きになってくれたブルー・フォー・ユー。

今年は、一斉開花とはなりませんでした。
ワーナーローゼズは、少し早咲きなのかな、ラプソディ・イン・ブルーもパルフェ・タムール、そしてブルー・フォー・ユーも既に盛りを過ぎています。

今日は、二日分のブログ記事のアップでした<(_ _)>

我が家もバラの季節

Img_5097
今日(22日日曜日)は、午前中は真夏の暑さでしたが、午後からは雨が降り始めて、気温が急降下でした。

Img_5106
お散歩を満喫しているロイです(^_^;A

すっかりコメントのお返事、ブログの更新をご無沙汰で、汗顔のいたりです<(_ _)>
私用で東京を離れていたり、拙ベランダに撮影にお越し戴いたりと、バタバタしていました。

Img_5116
撮影クルーの皆様、いろいろお気遣い戴き、ありがとうございました<(_ _)>

Img_5111
カフェやレストランが大好きなロイさん。
お散歩の後は、テラス席で一休み。
(行きましょうよ、とねだられます(^_^;A)
秘技?! コップの飲み。
倒さずに、上手に飲みます(*^.^*)

Img_5126
拙ベランダも、やっと本格的なバラの季節。
午前中の暑さで、あれこれ開花してきました。
画像はアマンディーヌ・シャネル。
このバラは、もっと日射がないといわゆるフランボワーズピンクにはならないようですね。

Img_5147
陽射しが殆どなくても、立派な花を咲かせるシャルトリューズ・ドゥ・パルム。

Img_5153
今年初開花の、ジェネラシオン・ジャルダンです。
肥培したせいか、花弁数がやや多め(^_^)

Img_5163
そして、ペッシュ・ボンボン。
ピエール・ドゥ・ロンサールと間違えていただくほど、ディープカップで咲きました。

Img_5179
少し退色しましたが、ラ・パリジェンヌです。
オレンジにピンクが入りますが、非常に軽やかな雰囲気。

五月も早や、後半ですね。
沖縄や九州地方は梅雨入りしたとか。
我が家も、カシワバアジサイのリトルハニーとレモンウェーブに、蕾が見えてきました。

記録です 5月18日のベランダ

Img_5068 

Img_5077  

Img_1617  

Img_5080  

Img_1613  

Img_1607

満開です!

Img_1567
満開!
といってもベランダのバラではなくて、自宅近く毎年、迫力で咲くノイバラです。
今年も滝のように枝垂れて咲き、辺りには香りが漂っております。
ミツバチが忙しげに動き回り、道端なのですがまるで別世界dash 

Img_1562
何年ものなんだろう‥。
見上げると、頭上に降り注ぐようです。 

Img_1565
原種のバラを、こんな風に殆ど無剪定でお庭に植えられたらダイナミックでしょうね〜shine
端正な園芸品種とは違う生命力を感じます。
お花が終わると、秋はローズヒップがたわわ、そして冬は鳥達のレストランです。
(2月の寒さが厳しくなる頃は、一粒残らず食べられてしまいますsweat02) 

Img_5018
ロイ、本日もこの通りでございます<(_ _)> 

Img_5030
ベランダは、華やかな品種は、まだ咲いていないのが殆どでしてsweat01
本日やっと、シャルトリューズ・ドゥ・パルムが咲きました。
今年は一斉に咲かないのかなぁ、困るポリ…σ(-''-;) 

Img_5052
こちらも初開花、同じくデルバールのラ・パリジェンヌ。
もう少し花弁がピンクのバイカラーっぽくなるのかと思ったのですが、意外にオレンジが強いです。
これから色が変化するのかな。
透明感のある軽やかな雰囲気。 

Img_5061
こちらはベランダ奥の、ラプソディ・イン・ブルー(右)と、ドリーム・ラバー。
この辺りは、香りが満ち満ちております<(_ _)>
上にはレディ・オブ・メギンチが咲くはずなのに、未だに一輪も咲いていないですクスン…(/_<。).:゚+
ブルー系だけだと、色が少し寂しいですね。
しかし、ピンク系はまだどのバラもさっぱりdash
なんか、ここだけ咲き進んでしまって、色彩のコラボは無理かもしれない、うう(ρ_;)

国際バラとガーデニングショウ2011に行ってきました

Img_7839
え〜、12日の木曜日、肌寒く小雨の降る中、国際バラとガーデニングショウに行って参りました。
今年のテーマは「心に残るバラの香り」となっていて、香りのバラのコーナーなどがありまして、ただ加温して咲かせているせいか、はたまた気温が低かったせいかあまり香りを感じる事ができないのもあったのが残念。

こちらはメインガーデンの「モネの庭」。
片岡鶴太郎さんの絵を元に阿部容子さんがデザインしたそうで、圧倒的な色の洪水と迫力に、クラクラしました。
これだけの多色使いながら統一感を出せることに、いつもながらプロはすごいなぁと思ってしまうのです。

広いスペースを存分に生かしたデザイン。 

Img_7834
右側のこのダリアが素敵なアクセント。
品種は何なのだろうかと、「黒蝶」? 

Img_7846
定番的とはいえ、このデルフィニュームの色と大きさの林立には、目を奪われます。 

Img_7851
さて、広いスペースを使って美しい景観を作り上げるイングリッシュガーデン的なデザインも好きですが、こちらの小山内健さんの作品の削ぎ落とされた凝縮の美には、強く心惹かれました。 

Img_7852
アガべと、バラは何の品種かなぁ。
ともすると甘すぎる雰囲気になるバラ、でもこんなあしらい方は思いっきり好みです(^_^) 

Img_7856
クレマチスの効果的な使い方を模索していたのですが、ああなんて素敵なんだろう。
そのセンスに、たくさん感動です。 

Img_7864
吉谷桂子さんのガーデン。
白の背景にピンクの藤のフォルムが美しい。
すっきりとした引き算の美。

Img_7860
お庭の前面に配置されていたハートを射抜かれた色彩。 

Img_7859
背景の白が効果的ですね。
黒いペチュニア、いいなぁ。
(この後、020さんのオンラインショップでブラックベルベッドを購入したのでした(*^.^*)) 

Img_7830
そして最後に、気になったバラは、ばらの家の木村店長作出の「ティザンヌ」です。
柔らかなレモンイエローに、株の下部にまで花をつける花付きの良さ、ティーの香り。
ベランダでオベリスクに巻いてみたいな〜、とheart02 

Img_1581
こちらは物欲の結果シリーズでございます<(_ _)>
植物自由区で買ったコンドロペタルム・テクトルム(サンアソウ科 南アフリカ原産)。
まるでトクサのような雰囲気、ガーデンのいいアクセントになります。
ご一緒させていただいた020さんが奥の方から見つけていらっしゃって、私もゲットo(*^▽^*)o 

Img_1591
そして黄金葉のナツヅタ、「フェンウェイパーク」。
結構いいお値段でした〜sweat02
でも、オーレア好きにはたまりません。 

Img_1587
そしてペレニアルで購入、アンバーイエローの河合さん作出のパティオローズ「チャーリー・アンバー」です。
ステムは小豆色で花との対比が大変美しく、思わず衝動買い(^_^;A
尊敬するブリーダーの河合さん相手に、値切ってしまった、ハハハ‥sweat02

この日は、020さん、乙庭スタッフさまとご一緒させていただきました。
そしていつもお世話になるB社のHさん、共にありがとうございました。
あ、まつおえんげいの皆様にお会いできたのも、最高に嬉しかったです。
来月いきま〜すnote

Img_1572
バラがいっせいに咲きそろうのはいつかと、やきもきしております。
祈願! 一気咲き!

 


美葉です!

Img_1540
昨日(12日)は、肌寒い一日でしたが、今日は気温が25℃近くまで上がりました。

Img_1549
暑くなると、窓際にいることが多くなるロイです。

Img_1551
ベランダでは、期待のアリサエマ・ブラックジャックが、順調に大きくなっております。
まさに黒葉、鮮やかな緑の葉脈、美葉ですshine
これがもっと増えてくれたら‥(妄想dash
ここまでインパクトのある葉は、なかなかないのでは、と。
ちょっと光があたって見辛くて申し訳ないです<(_ _)>
何度見ても美葉でしょうnote(自己満足)

Img_1556
ラプソディ・イン・ブルーが咲き始めました。
スパイス香が漂います。
バラは、来週あたりは満開になりそうです。

昨日行った国際バラとガーデニングショゥで、つい物欲に負けて場所もないのにバラを衝動買いしてしまいました。
買ったのがパティオローズなのが、ギリギリの制御心だったりいたします(^^;)☆\バキ
しかも色は、ベランダのバラ達とは脈絡のないアンバーイエロー(^_^;A
明日、アップいたします<(_ _)>
ガーデニングショウでバラを買ったのは、初めてでした。
(しかも値切った(^_^;A)

パルフェ・タムール、色の移ろい

Img_1509_3
今日もお天気はぐずつき気味cloudsprinkle

Img_1507_2
気温の変動が激しいですね。
明日はまた暑くなるみたいで、うう、体がついていきません。

Img_1527
ベランダは、相変わらずぽつりぽつりとバラが開花しています。
これはパルフェ・タムールの咲き始めの色です。

Img_1533
咲き切ると意外に鮮やかな濃桃へ。

Img_1524
そしてまもなく褪色していきます。

房咲きなので、本来はひとつの房の中でこの色の変化が楽しめるはずなのですが、まだ殆ど咲いていないので、その魅力をお伝えすることが出来ないのが残念。
これは、ワーナー・ローゼズからの作出ですが、このナーサリーはラプソディ・イン・ブルーを始め、色の変化が美しいバラが多いですね。
このパルフェ・タムールはオベリスクに巻いているのですが、枝はしなやかで扱いやすく、また耐病性もかなり高そうです。

Img_1520
ストロベリー・ヒルです。

Img_1532
デルバールのペッシュ・ボンボン。

バラが咲きそろうのは、もう少し先になりそうです。
それでも、久しぶりのバラに、飽かず眺めております(*^.^*)

本日は、国際バラとガーデニングショーにいってきま〜すnote

初開花!

Img_1484
昨日の最高気温より10℃以上も気温が下がる予想の今日、朝からぽつりぽつりの雨も、すぐに本降りになりましたrain

Img_1497
「お散歩の時は、気力で雨を降らせませんdash」 ロイ談
お散歩前に空が怪しいと、ベランダから空をじっと見詰めるロイさんです。
「降るな!」と、念を送っている、らしいsweat02

Img_1498
そして本題。
拙ベランダも、やっとバラが初開花ですshine
例年通り最初は、イングリッシュローズのストロベリー・ヒルでした。
他の蕾はまだまだ固いのですが、このバラはいくつかが色づいてきて、あ
と少し気温の高い日が続いたらたくさん咲きそうnote
今年は少しピンクが強いなぁ、例年ですともう少しアプリコットがかるのですが。
ミルラの香りが漂います(^_^)

Img_1501
イングリッシュローズは、概して暑さには弱いですが、寒さには強くて冬まで結構咲いたりしますね。

Img_1505
そして、朝起きたら、オリエンタルポピーのブリリアントが、突如として咲いていました。
大きい! 目立ちますですfuji
背景は肌寒い雨のお天気なのに、ここだけ初夏みたいな雰囲気ですsun
久しぶりに植えてみたポピー、懐かしいな。
(実家でたくさんポピーを群植していました(^_^))

画像がやっとこカラフルになってまいりました(^_^;A


まだかなぁ〜

Img_1469
公園や街路樹の緑が濃くなってきて、陽射しがでると初夏の雰囲気ですね。

Img_1471
気温が20℃前後の日々が続いて、おかげさまでロイもこの通りです。

Img_1473
昨日は、少し遅れたのですが狂犬病の予防接種と健康診断を兼ねた血液検査をしてきました(^_^)

Img_1479
え〜、気温んが上がらず爽やかな日々は悪くないのですが、おかげでバラは蕾が緑のままですsweat02
写真はようやく見つけたストロベリー・ヒルの開花が近い蕾dash

Img_1482
似たような色ですが、こちらはドリーム・ラバー。
色が出始めたのは、ベランダ全体でこれだけ。
いやはや、やきもきいたします(^_^;A

もうすぐ国際ばらとガーデニングショーですね。
わたくしめは、今年も行く予定です<(_ _)>
今回は、実物を見ておきたいバラがいくつかあって、楽しみにしています(^_^)

早く咲かないかなぁ〜♪

Img_1398
風が爽やかで、お散歩が楽しい季節ですね。 

Img_1382
昨日(5日)は、ロイと駅裏の公園まで足を伸ばしました、って徒歩10分なのですが(*^.^*)
ロイは、公園の中を縦横無尽に駆け回り・・。 

Img_1394
「気持ちイイ〜note
大変満足した様子でした<(_ _)> 

Img_1403
数少ない拙ベランダの彩りの一つになっているゼラニウム。 

Img_1404
バラの蕾は‥といえば、これがなかなか膨らまなくて_ト ̄|○
シャルトリューズ・ドゥ・パルムです。
これが一番に咲きそうかな。 

Img_1406
でも、お隣のエモーション・ブルーはまだこんな感じだし。

Img_1407
ミニチュアローズのドリーム・ラヴァー。 

Img_1411
ラプソディ・イン・ブルーです。
どれも似たようなものですが(^_^;A

まだ開花までしばらくかかりそうです┐(´-`)┌
あまり一年草は育てないせいか、現在、殆ど緑一色の拙ベランダです。
バラの季節、カモ〜ンsweat01

アリウム・ネプスキアヌムが開花 滝のようなノイバラ開花間近に

Img_1340
GW後半二日目、ウグイスの鳴く声が聞こえる爽やかなお天気になりました。
いい季節ですねsun
自宅の側の阿弥陀堂のノイバラが、今年もたくさん花を咲かせそうです。
(とても駅前とは思えない光景(^_^;A) 

Img_1342
満開になると、ミツバチがたくさんやってきて、忙しそうに飛び回っている様子が爛漫の春を感じさせてくれまして。
毎年花後はローズヒップがたわわに実って、冬は鳥さんたちのご馳走になっております。
早く咲かないかなnote 

Img_1347
陽射しがあると緑が輝くようですねshine 

Img_1363
今年の我が家のバラはどうなるかなぁ。
毎年の如くこの季節は、期待と小さな不安でドキドキワクワクでございます<(_ _)>
本日、デュランタタカラヅカに、今期初のアブラムシを発見しました。
バラに発生するのも時間の問題かとsweat02
また虫との戦いが始まるのですね(´。`;)ゞ トホホ… 

Img_1362
先日、020さんのところで購入させてもらったカレンデュラ・コーヒークリームです。
花の端境期の拙ベランダの素敵な彩り。 

Img_1372
そして、アリウム・ネプスキアヌムが、ちょっと茎を捻って開花いたしましたo(*^▽^*)o
ユーモラスな雰囲気が楽しい、お庭に何株か植えてみたいなぁ。

最近、ほぼ一日おきにに水やりの日々です。
気温も上がって来て、わさわさと繁った葉からの水分の蒸散も増えたのか、よく乾きます。
水やりに追われる日々が、もう間近なんですね。
コンテナ園芸の宿命です(^_^;A

新居にお邪魔いたしました ショッキングビューティーなお庭へ

Img_7800
5月1日(日曜日)、020さんの新しいお住まいであるQuarryにお邪魔してまいりました<(_ _)>
まずは生物建築舎さんにご訪問させて戴き、植栽が瑞々しく育っているのを拝見して(植物の組み合わせが本当に‘美’でした)、その後チューリップが咲き乱れるボタニックガーデンへと連れていって戴いたのですが、ゆっくりぼんやり眺めていたくて、写真は撮らないでしましました(^_^;A
ボタニックガーデンでは、見た事がない品種のチューリップがたくさんあって、今年の秋の品種選定の参考にもなりましたです。

さて、日が暮れ始めてGuarryの中庭がライトアップされる頃、楽しいディナータイムの始まりでした(^_^)

Img_7802
階段の踊り場に下がっている、造形的なランプシェードの明かりが素敵です。
美しいですねnote
CGではございません(^^;)☆\バキ

Img_7806
初めて020さん邸にお邪魔したのもゴールデンウィークでしたが、奇しくもこの度も同じ時期にリニューアルスタートということで、このメモリアルに相応しいシャンパンを。
ルイ・ロデレール 2004、ヴィンテージシャンパンでございます<(_ _)>

Img_7807
きめ細やかな泡立ち、華やかなブーケは、やはりハレの場にはぴったりですね。

Img_7809
暮れなずむ空、テラスの植物を眺めながら、お話も弾んで。
020さんと乙庭スタッフさまが作られた美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、温かに時が流れてまいりました<(_ _)>

020さん、乙庭スタッフさま、本当にありがとうございました。

Img_1321
最後に、本日のロイさんです。
ボールを追って、後足が持ち上がっているのがわかりますでしょうか。
おかげさまで、元気ですo(*^▽^*)o

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!