« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

ベランダの植物整理に励んでおります<(_ _)>

Img_8068

園芸作業のはかどる季節ですね。
ゲラニウムなど、最近やっと元気を取り戻して美しい草姿になってきました。

Img_8121
拙ベランダは、来春に向けてリニューアル作業(土木作業とも言うsweat02)励んでおります<(_ _)>
カシワバアジサイの‘リトルハニー’など樹木類の寄せ植えを解体、移植したり、増え過ぎた植物を整理したり等など。

Img_8080_2
それにしても、室内のインテリア、キッチンなどは、基本的にすっきりしているのが好きで、何か購入する時は非常に熟慮吟味するのに‥。
なにゆえにベランダガーデンは、このように物欲と興味を抑え切れず、統制と調和のとれた美しさとは、ほど遠くなってしまうのか( ̄◆ ̄;)
(注:拙宅インテリアが、それほど統制が取れているかと言えば、甚だ疑問でありますが(^_^;A)

写真は、ダイアンサス・ポメグラネイトキッス(from 乙庭オンラインショプ)です。

Img_8085

今回整理しながら決心したことdash
それは、本を購入する時の私のルール、一冊購入したら一冊処分して本棚を膨張&乱雑にしない、これを植物を購入する時にも適用して、よくよく考えてから買おうとbud
深く深く、心に誓うのでした(*^.^*)

写真は、咲き始めたセダムバートラムアンダーソン(from 乙庭オンラインショプ)のお花です。

ついに咲きました、アキギボウシ♪

Img_8014
ただいまの拙ベランダは、リニューアルがスタート。
植物を整理したり植え替えたりと、咲いているのはゼラニウムくらいという体たらくです<(_ _)>
必然、ブログネタも切れがちではありますが(いつものことかsweat01

日曜日は、ロイと少し遠い公園に行って参りました。

Img_8023
道端には秋深まる風情が‥、萩ですね。

と、話はベランダに戻りますが。
花が咲いたという話題のない中、待っていたアキギボウシがついに開花しましたbell

Img_8050
美しい薄紫色、葉は小さいのに花は意外に大きめです。

Img_8053
筋のある濃緑の葉との対比がとても風情があって、名前の通り「秋」の雰囲気を漂わせておりますshine
海外で品種改良されたギボウシとは、また違う魅力を感じます。
葉がメインで花は添え物的な品種が一般的だと言えると思いますが、この品種は葉と花のバランスがとても美しいと思いました。
どちらかというと人工空間のベランダ、華やかな西洋的園芸品種がメインとなりますが、このアキギボウシと、数年前からいるキイジョウロウホトトギスは、いつまでもいて欲しい「和」を感じさせる植物です。
コージさん、ありがとうございました。

アキギボウシに蕾が‥

Img_7974
昨年(2010年)、コージさんから、以前より私が憧れていた希少なギボウシの一つである、‘アキギボウシ’の苗を譲っていただきましたnote
ツヤのある美しい葉なのですが、9月になると夏の暑さの残る陽射しがベランダの奥に入り込むようになるので、現在、少々葉焼けしておりますが(^_^;A

Img_7957_3 そのアキギボウシ、譲っていただいた時は、「花は来年のお楽しみ」と伺っていたのですが、嬉しいことに花茎が上がって来て、蕾が見られるようになりました、ワ〜イ。
今日は、10月10日、咲いてくれるのがいつか楽しみですnote

Img_7907
ロイ、お散歩の途中にある遊歩道のローズマリーの香りが好きheart01

Img_7909
「いい香り」、と言っているらしいdash


実のなる&芸術の季節 

Img_7864
川沿いの遊歩道の桜の葉も、薄らと色づいてきました。
今年の秋は深まるのが早いですね。 

Img_7873
普段は素足でフローリングの床を歩き回るわたくしめも、最近はソックスを時折履くようになりました。
まぁ、習い事してまして、その関係上あんまり足は冷やしたくないというのもあるのですが。
暖かくてお値段もリーズナブルで愛用している冬用ソックス(室内用)は、FALKE(ファルケ)というドイツのメーカーのもの(生産はスロヴァキア)でして、右、左が決まっている作りで、履き心地の良いウールソックスです(^_^)
お洗濯も洗濯機を《ウール洗いモード》で洗えば、縮んだりもしなくてお手入れ楽々でございます<(_ _)>

Img_7883
今年は台風で枝が揺れて、葉っぱがあらかた飛んでしまったジェネラシオン・ジャルダン( ̄◆ ̄;)

Img_7885
でもお隣で、風鈴ガマズミの実がたくさんなっています。
今年は豊作note

金曜日(7日)、趣味総合友達の020さんと乙庭スタッフさまと、ボリス・ヴェレゾフスキーのピアノコンサートにご一緒させて戴きました。
一言、「凄かった‥sign01
ラフマニノフを、力強くしかも軽やかに、時に甘やかに弾いて。
最後のリストの超絶技巧練習曲集(このもの凄い雰囲気の漢字が並ぶのを見ただけで引いてしまうワタシsweat02)では、あまりに速い指の動きに、彼の手が二重にぶれてみえました。
あっという間の時間でした。
終わった後は、CDにサインを戴けましたワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ ワーイ♪

キンモクセイの季節 冷たい甘い香り

Img_7831
窓を開けていると、風に乗ってキンモクセイの香りが部屋の中に流れ込んで来る季節になったのですね。
冷たく感じる乾いた空気の中に、この香りが混じると季節の移り変わりを強く感じるのです。
気温が、目に見えて下がり始める時期の到来。

Img_7838
冬が近づく感じになるのでした。

Img_7808
ま、冬っていえば、このロイさんの季節shine
これから寒冷地仕様の本領発揮dash
そして、暖かなフワフワカイロ代わりに、家族から大人気?になる季節です(^-^;
(迷惑ですなdash ロイ談)

Img_7848
ベランダのハンギングバスケットは、切り戻したゼラニウムやグリーン・アイスにちらほらお花が見える程度。
今年はバラの調子が今ひとつ、暑さでお手入れ踏ん張れなかったからなぁthink
来年こそは、来年こそはと思いつつ、季節が過ぎて行く気がいたします<(_ _)>

彼岸花が咲いていますね

Img_7745_2
もう夜は、薄着をしていると寒いくらいですね。 

Img_7746
日に日に室内に入り込む陽射しが長くなって来て、我が家の観葉植物に日が当るようになって、秋の方が元気に生長したりします。
ロイは、気温が下がってゴキゲンnote 

Img_7765
ベランダは、遅れていた樹木の剪定や、元気のないバラの点検などしています。
(ウウッ…、コガネムシの幼虫にやられてしまったものがありました(ノ_-。))
写真は、実りの秋を思わせるロサ・グラウカのローズヒップです。
冬の終わり、食べ物が乏しくなる頃、一気にヒヨちゃん(ヒヨドリ)に食べられてしまうのがお決まりです(^_^;A

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!