« 大雪でした! | トップページ | 爛漫の春はまだ少し先だけど »

ちょっと素敵なラナンキュラスと可愛いパンジー

Img_8003_2
桃の節句も終わって、空気が湿った感じになって、まさに早春。
早く暖かくなって欲しいものの、まだ作業途中のものもあって、もう少し気温が低いままでも‥、なんてムシのいいこと言っております(^_^;A

Img_7994
先日、まつおえんげいさんに行った時に、素敵なラナンキュラスに出会いました。
咲き始めは幾分ピンクがかって見えるかな‥、しばらくするとブルーイングしてきて神秘的note
どちらかというとボルドーがかった色なのですが、この写真はピンクが強くでてしまいました。
透明感があって、かっちりとした早春の花の中では繊細で頼りなげな風情です。

ぽんさんが、とても素敵なラナンキュラスをお買いになっていらして、それが印象的でした。
ぽんさんの素敵な画像と記事はこちらからです。

Img_7998
こちらもまつおさんで購入したもの。
パンジーのフェアリーチュールというシリーズで、シックな雰囲気のものから、この写真のように可愛らしいものまで、一株一株に個性があってとても素敵。
徒長しづらいそうで、それもありがたいです(o^-^o)
なんだか明るい花色が欲しくなって、一株だけ戴きました。
曇っていると、もう少し沈んだ感じの色です。
象牙色とも言える株もあって、とても魅力的でした。
来シーズンはお願いしようかな、と。

Img_9121
ロイさん、春の匂いかぎ中bud

昨日まで何もなかったところから、球根の芽が出ていたりするのを発見すると、無性に嬉しい季節ですね。
今年は新しく植え込んだものが多いので、どんな一年になるか期待と少しの不安とがないまじった感じで春の盛りを待っています。

« 大雪でした! | トップページ | 爛漫の春はまだ少し先だけど »

その他の植物」カテゴリの記事

ベランダ遠景」カテゴリの記事

愛犬」カテゴリの記事

コメント

sissi さん、ぽんさんのラナンキュラス、私も拝見しました。
まつおえんげいさんのも繊細な風情ですてきですね(^-^)

しかし、じつはさらに注目しているのは、元気に咲いているC. コウム!!
もう何年も前のことですが、試したところ見事玉砕。うう~。
sissi さんのようにはうまく行きませんでした。

私も、どんなガーデニング・イヤーになるかドキドキの今日この頃。
先日のスレッドですが、ロイさんといっしょに雪中行軍されていたのは、ご夫君だったのですね。

YoYo さま
あの繊細な色の等なキュラスは、元々、切り花用の品種がガーデンにおりて来たそうです。
どちらかといrば、ヴィヴィッドは色合いが思い浮かびますから新鮮でした。

原種シクラメンは、香りが好きで常緑のプルプラセンスも育てていたのですが、昨年の暑さでご他界なさってしまいましたsweat02
このコウムのタイルバーン・エリザベスとピューターリーフだけは屈強で、その健気さにほだされて?、長年放置していたのですが、昨年めでたく定植と相成りました(^_^;A
もう4年目くらいになりますでしょうか、今年はいつになくたくさん咲いてくれました。
自分でも謎です(笑)
ただ、やや乾燥気味に育てています。

そうなんですよ。
朝の散歩は、結構、ダンナがやってくれます。
これをやらないと、ロイとの心の交流の機会がなくなり、ロイが冷たくなってしまう、という危機感からのようです。
ちなみにロイがパピーの頃、一番大変な時期に何も子育て(犬育て?)に参加しなかったので、そのせいかロイが基本的に私寄りなのが悔しいようで^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雪でした! | トップページ | 爛漫の春はまだ少し先だけど »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!