« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

四月の終わりのベランダの様子

Img_8116
ようやく緑溢れるベランダになってきたところです。
今年はバラを減らして植物を多様化、そして樹木を減らして風通しと日照を確保できたせいかな、バラは今のところトラブル知らず、そしてこの時期あたりから猛烈に悩まされるアブラムシの発生が激減しています。
やれありがたやヽ(´▽`)/

Img_8108_2
ディセントラ・ゴールドハートは、我が家に来て初めて花茎が2本立ち上がりました。
昨年植え替えして、場所も変えたのが良かったと見えて今年は絶好調note
嬉しいな。

Img_8124
今日は陽射しが強かったので、居室側から撮ってみました。
様々な形や色の、葉の重なり。
私が最も好きな感じです。

Img_8118
斑入り野ブドウのエレガンスもこんな新葉が。
クレマチスの葉の間の素敵なアクセント。

Img_9663
最後に、飛び上がってボールをキャッチするロイさんです。
空中に滞在中の一コマ(^_^;A

蕾の季節

Img_8093_2
13日(金曜日)に、国立市の大学通りを建物の5階から撮ってみました。
桜は盛りを過ぎていましたがまだまだ綺麗で、芽吹き始めたイチョウの淡いグリーンとの対比がなかなかでした。

Img_9581
拙宅のベランダは、蕾を持つものがでてきました。
写真の左側は芍薬です。
昨年は購入したばかりで、うまく咲かせることができませんでしたが、秋から肥培して、今年は蕾が6〜7個確認できました。
華やかな品種なので、今から楽しみnote
天花だけ残して摘蕾、万全をきしております<(_ _)>
Img_9592
こちらはチューリップの「ブラック・ヒーロー」の蕾です。
球根は6個埋め込んだ気がするのですが、蕾は7個あがってきて、春のワクワクを味わっております(^_^)

Img_9596
京都のまつおえんげいさんで購入した斑入り葉のオステオスペルマムは、次々と蕾があがって来て、この時期絶え間なく咲きますね。
ここだけ華やいだ感じがします。

Img_9552
今日は少し遠出をしてもらったので、ゴキゲンです。

葉が展開してきて少しずつ緑が多くなってきます。
でも、アブラムシなんかも見つけてしまったりしてsweat02
植物や人間にとって快適ということは、虫さんも同じなのですね( ̄▽ ̄)


桜が満開

Img_9438
昨日、一昨日と風が冷たかったですが、平日とはいえ今日は気温も上がって、絶好のお花見日和になりそう。

Img_9446
少し気温が高くなると、めきめきと植物が変化していって旺盛な生命力に感動です。

Img_9405
コルディリネやブルビネラの植えてあるコンテナですが、似たような葉が多くなり過ぎたかな。
ブルビネラの一部は、花穂が出て来て開花が楽しみであります。

Img_8086
今、我が家で一番色鮮やかな植物です。
多肉植物のパーティードレスの花。
やっと咲き始めました。

Img_9406
冬の間、殆ど変化がなかった植物たち、今年はどんなベランダになるのかなぁ。
ちょっと実験的な部分もあるので、期待しつつ、あまり皮算用をしてはいけないと、自制しつつ…(^_^;A

今日から四月♪

Img_8055_2
春らしい良いお天気で四月スタートsun
桜の見頃は、まだ少し先の東京です。

Img_9307
ベランダでは斑入り葉のオステェオスペルマムの花がたくさん咲いています(^_^)

Img_8045
咲いている花はまだまだ限られておりますが、こんな様子も見え始めました。
真っ赤な芍薬の新芽。
昨年は咲かせられなかったので、今年こそは見事な花を見ようとお世話に励んでおりますo(*^▽^*)o
この生命力溢れる雰囲気が好きだなぁ。

Img_9309
液肥を欠かさず施して満開が続くパンジーですが、さすがに間に植えてあるアネモネは、葉は展開してもお花はまだまだ見られそうもありませんで…。
冬の定番植物になったけど、寒い間の偉大な彩りですね、やっぱり。

Img_9291
四月から、また池袋のコミュニティカレッジで、園芸英語の講座を受けることにしました。
それにしても英単語のボキャブラリーが、貧弱な私です(* ̄ー ̄*)
やはり高校、大学時代一夜漬けで覚えた英単語、表現は、すぐ忘れてしまいますですsweat01

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!