バラが咲き始めました

Img_0593_3
連休も過ぎて、拙宅でも比較的早咲きのバラが咲き始めました。
徐々にジャングル化進行中(*^.^*)
写真左の中程に見えるダークな色のバラは「真夜」です。
ダマスク系の素晴らしい香りshine
Img_8156_2
今年は気温の低めの日が続いているせいか、ブルー・フォー・ユーの発色が綺麗です。
気温があがったり直射光がきつかったりすると、すぐピンクがかってしまいますが、今年はカタログ通りの色がでました。
まだ咲き始め、オベリスク全体が咲いたら再度アップしようと思っています。

Img_0580
片親に上のブルー・フォー・ユーをもつハイブリッドペルシカ系のアイズ・フォー・ユー。
大きな房咲きになりそうですが、花数がある分香りがすごい。
窓を開けていると、風とともに室内に香りが流れ込むほどです。

Img_0492
でもってド迫力で咲いている芍薬のヴィクトワール・ドゥ・ラマルヌ。
本当はもっと濃い赤紫に近いピンクですが、うまく色がでなかった・・。
バックに隠れていますが、小振りのキャベツほどもあろうかという花が現在三つ、咲き始めているのがあと三つあります。
あまりのボリュームに、バラがあっさりした花に見える〜sweat02

Img_0597
ちょっと爽やかに。
ギボウシのサム&サブスタンス、ディセントラ・ゴールドハートの間から窮屈そうにリリウム・ミヤビが小さな蕾を見せながら顔を出しております(^_^;A

Img_0578
お散歩をしていると、ロイはいつも子供やお年寄りの方に撫でられ放題。
そんなときは彼は、本当に幸せそうです。

四月の終わりのベランダの様子

Img_8116
ようやく緑溢れるベランダになってきたところです。
今年はバラを減らして植物を多様化、そして樹木を減らして風通しと日照を確保できたせいかな、バラは今のところトラブル知らず、そしてこの時期あたりから猛烈に悩まされるアブラムシの発生が激減しています。
やれありがたやヽ(´▽`)/

Img_8108_2
ディセントラ・ゴールドハートは、我が家に来て初めて花茎が2本立ち上がりました。
昨年植え替えして、場所も変えたのが良かったと見えて今年は絶好調note
嬉しいな。

Img_8124
今日は陽射しが強かったので、居室側から撮ってみました。
様々な形や色の、葉の重なり。
私が最も好きな感じです。

Img_8118
斑入り野ブドウのエレガンスもこんな新葉が。
クレマチスの葉の間の素敵なアクセント。

Img_9663
最後に、飛び上がってボールをキャッチするロイさんです。
空中に滞在中の一コマ(^_^;A

ちょっと素敵なラナンキュラスと可愛いパンジー

Img_8003_2
桃の節句も終わって、空気が湿った感じになって、まさに早春。
早く暖かくなって欲しいものの、まだ作業途中のものもあって、もう少し気温が低いままでも‥、なんてムシのいいこと言っております(^_^;A

Img_7994
先日、まつおえんげいさんに行った時に、素敵なラナンキュラスに出会いました。
咲き始めは幾分ピンクがかって見えるかな‥、しばらくするとブルーイングしてきて神秘的note
どちらかというとボルドーがかった色なのですが、この写真はピンクが強くでてしまいました。
透明感があって、かっちりとした早春の花の中では繊細で頼りなげな風情です。

ぽんさんが、とても素敵なラナンキュラスをお買いになっていらして、それが印象的でした。
ぽんさんの素敵な画像と記事はこちらからです。

Img_7998
こちらもまつおさんで購入したもの。
パンジーのフェアリーチュールというシリーズで、シックな雰囲気のものから、この写真のように可愛らしいものまで、一株一株に個性があってとても素敵。
徒長しづらいそうで、それもありがたいです(o^-^o)
なんだか明るい花色が欲しくなって、一株だけ戴きました。
曇っていると、もう少し沈んだ感じの色です。
象牙色とも言える株もあって、とても魅力的でした。
来シーズンはお願いしようかな、と。

Img_9121
ロイさん、春の匂いかぎ中bud

昨日まで何もなかったところから、球根の芽が出ていたりするのを発見すると、無性に嬉しい季節ですね。
今年は新しく植え込んだものが多いので、どんな一年になるか期待と少しの不安とがないまじった感じで春の盛りを待っています。

台風、でもバラ満開の季節

Img_5401_3
台風2号が近づいているということで、昨日から雨降りですrain
手すりを越えて伸びて雨にあたっているのは、ロサ・グラウカ。

Img_5370
ベランダは、バラの色彩の乱舞状態になってきました。
右は退色し始めたシャルトリューズ・ドゥ・パルム、オベリスクはラ・ローズ・ドゥ・モリナールです。

Img_5379
昨日の画像比べると咲き進んで、際立って明るいピンクになりました。
香りは、極上でございます<(_ _)>

Img_5384
いつも最後に咲き始めるローズ・デ・キャトル・ヴァン。
花数を楽しめるタイプではないのですが、丈夫で夏も花弁を減らさずにしっかりと咲いてくれます。

Img_5365
今年は、たくさん咲いているエモーション・ブルーです。
香りが素晴らしい。
気温が低いせいか、例年春はピンクを帯びる事もあるのですが、今年は素敵な色で咲いています。
病気知らずのブルー系のバラ。
曇りや雨の日のブルー系のバラの魅力は、特に秀逸です。
物憂げな雰囲気が、家事を放棄したくなる気分にさせてくれます(^^;)☆\バキ

Img_5428
陽気なピンク・グリーンアイス、よく咲くなぁ〜。

Img_5398
房咲きのせいか、少し花弁を減らして咲くジェネラシオン・ジャルダンです。
ローズペイサージュに分類されるせいか、丈夫で繁殖力旺盛ですsweat02
いつも心安らかに見ていられます(^_^;A

Img_1692
「雨で濡れても、プルプルッとすれば、へっちゃらです」 ロイ談
と言っているらしい。
ダブルコートのロイは、雨をものともしません。
ただし、飼い主はつきあい切れないのでした<(_ _)>


わ〜い、たくさん咲いて来た

Img_5316_2
今日で、関東地方も梅雨入りしたそうですね。
は、早いdash

Img_5322
なんだか、晴れ渡って穏やかな暖かさの日が少なかったような気がします。 

Img_5332
ベランダは、やっと満開が近づいてきましたnote
今回は、ホント咲きそろうのが遅かったです。
画像は、ピンクグリーンアイス。 

Img_5338
ショートクライマーにする予定のフェッツアー・サイラ・ロゼ(ハークネス)です。
丈夫で、扱いやすい樹形で、そして極上の香り。
このルビーピンクの色、初開花なのですが、すっかり気に入りました。
早く大きくなってくれないかな、とo(*^▽^*)o
ハークネス、初めて育てます(^_^) 

Img_5344  
エモーション・ブルー。
日照が少ないのに(と言うか、殆どないのにsweat02)、良く咲いてくれます。
Img_1683_3
もう、ベランダに出ると、バラの香りで満ち満ちております<(_ _)>
ああ、こんな時を待っていました。
右手が、シャルトリューズ・ドゥ・パルムとエモーション・ブルー、左手前がアマンディーヌ・シャネルとオベリスクがラ・ローズ・ドゥ・モリナールです。
奥のラティスのレディ・オブ・メギンチが咲いてくれれば、ほぼ満開。
写真に撮ると、イマイチの感じだなぁとも。
なかなか脳内ガーデニングのイメージに近くならないです。
Img_5353
モリナール、パルフェ・タムールとのコラボをねらったのですが、どうも咲く時期がずれるようで、失敗です。
う〜ん、来年もダメだったら、何か考えなければ。
こうしてバラの香りに浸りつつ、すでに来年に向けてあれこれ考えるのでした(^_^;A

もうすぐテイカカズラが咲きそうです、香りがさらにすごいことになりそう。

アリウム・ネプスキアヌムが開花 滝のようなノイバラ開花間近に

Img_1340
GW後半二日目、ウグイスの鳴く声が聞こえる爽やかなお天気になりました。
いい季節ですねsun
自宅の側の阿弥陀堂のノイバラが、今年もたくさん花を咲かせそうです。
(とても駅前とは思えない光景(^_^;A) 

Img_1342
満開になると、ミツバチがたくさんやってきて、忙しそうに飛び回っている様子が爛漫の春を感じさせてくれまして。
毎年花後はローズヒップがたわわに実って、冬は鳥さんたちのご馳走になっております。
早く咲かないかなnote 

Img_1347
陽射しがあると緑が輝くようですねshine 

Img_1363
今年の我が家のバラはどうなるかなぁ。
毎年の如くこの季節は、期待と小さな不安でドキドキワクワクでございます<(_ _)>
本日、デュランタタカラヅカに、今期初のアブラムシを発見しました。
バラに発生するのも時間の問題かとsweat02
また虫との戦いが始まるのですね(´。`;)ゞ トホホ… 

Img_1362
先日、020さんのところで購入させてもらったカレンデュラ・コーヒークリームです。
花の端境期の拙ベランダの素敵な彩り。 

Img_1372
そして、アリウム・ネプスキアヌムが、ちょっと茎を捻って開花いたしましたo(*^▽^*)o
ユーモラスな雰囲気が楽しい、お庭に何株か植えてみたいなぁ。

最近、ほぼ一日おきにに水やりの日々です。
気温も上がって来て、わさわさと繁った葉からの水分の蒸散も増えたのか、よく乾きます。
水やりに追われる日々が、もう間近なんですね。
コンテナ園芸の宿命です(^_^;A

ベランダ遠景など

Img_7724
このところ、からりとした青空が広がるお天気に恵まれない東京ですcloudrain
バラやユリなどが咲くまでは、あまりぱっとしないベランダなのですが、日々の生長をや青々とした葉の様子を見るのが楽しい今日この頃ですo(*^▽^*)o

え〜、コンパクトデジタルで写しておりますので、実際何が何やらという感じではありますが、リビングを背にして向かって右手の様子です。
もう緑一色であります。
左手前にはガーデンテーブルがあって、そこにも植物が所狭しと置いてあるのですが、画面に入りませんでした<(_ _)>

Img_7722
向かって左手です。
手前に直径65センチくらの大きなローボールのコンテナがあって、様々な葉物を植えているのですが、やはり入れる事ができませんでsweat01
奥にはトネリコがチラリと、その隣にはハンギングバスケットがあるんです。
ミニオベリスクの横にも、バラのラ・パリジェンヌがおります。
とにかくベランダ全体を写そうとすると、常に逆光になるのでなかなかうまく撮れないです。
(撮る技術もなかったりします(^_^;A)

Img_7697
ただ今咲いている可愛らしい小花などを。
ブルネラの青いお花がたくさん咲いておりまして、ほのぼのした感じです(*^.^*)
これはキングスランサムです。

Img_7701
アシュガのささやかな開花。

Img_7704
コリダリス・ジョージベイカーは、花が終わったらこんなに葉が茂ってきました(*^-^)
三月の終わりはこんな感じでした。(最後の写真です)

Img_7705
今、我が家で一番大きなバラの蕾。
ペッシュ・ボンボンだと‥思うsweat02
オベリスクに枝が巻いてあるので、よくわからなかったりします。
相方はジェネラシオン・ジャルダンです。

Img_7736
で、ようやく咲き始めた姫サザンンカのエリナです。
樹形が柔らかに枝垂れて、早春から赤い実のような蕾を付け始めるのが気に入っています。
花がない時は、まあ、あまり鑑賞価値はないのかもしれないのですが、細くてしなやかな枝振りが好きです。
丈夫で、チャドクガもつきにくく、大変育てやすい花木だと思います。

Img_1197
久々登場、本日のロイさん。
雨でもへっちゃらで公園を疾走いたします。
つきあう方も大変です(^_^;A

新緑の季節の訪れ 植物生長中

Img_1164
街路樹や公園の木々が芽吹き始めて、新緑の季節の始まりですね。
爽やかな風、輝く日の光、ひととき幸せな気分になれるのでした(*^.^*)

Img_1162
ロイは、一足早く《夏への扉》(ロバート・A・ハインライン)のような雰囲気で。

Img_7650
ベランダです。
どちらの皆様もそうだと思うのですが、日に日に生長する植物を眺めるのが楽しい時期ですね(^_^)
拙ベランダでは、今年はアジサイのレモンウェーブが大きくなりました。
3号ポットで、三年前の国際バラとガーデニングショーで購入して来た小さな苗でした。

Img_7639
ビクトワール・ドゥ・ラマルヌも葉が展開してきて、芍薬らしくなってきましたnote

Img_7642
でもって、ここは、夏至前後は、一日のうち午前中三時間ほどしか日照がないという過酷な場所なのですが…sweat02
昨年秋から住んでもらっているラプソディ・イン・ブルーは、それなりの数の蕾を持ち始めて、旺盛に育っております。
樹勢は強いですね〜bud あっという間に大きくなりました。
今年の四月は、午前中に晴れの日が多かったことが幸いしているのだと思います。
一番花の季節はどうなるのか、実験に近いです。

Img_7646
ヒヤシンスの花穂が、あまりの大きさに重みで枝垂れてしまった先に、燃えるような赤のゼラニウムがありました。 

Img_7649
リリウム・ケルヌウム、この株が最も早く蕾を持ち上げ始めましたshine
一番日当りがいいからかな。
奥にあるのは、戴いたユーフォルビア・ダルシス・カメレオンです。
右隣は、野草のごとく暴草中のアカネ科のフォブシス・スティローサ。
これで花があまり拙ベランダに似合わなかったら、出て行っていただこうかと思っております<(_ _)>
伸びた茎の先からも次々と発根して、破竹の勢いで勢力拡大中なので、しょっちゅうカットしたり一部抜いたりしているのでしたsweat02

最近、水やりが頻繁になってきました、ふ〜dash

芍薬やチューリップの様子等々

Img_7572
桜の花びらが風に舞って、過ぎ行く時間が、視覚にも感覚にも訴えかけてきますね。
時間の流れに、思いを馳せてしまう時…cherryblossom
なんてね(*^.^*)

写真は、ベランダの右手の一部です。
今年はいくつかミニチュアローズも含めて、小輪のバラを導入してみたのですが、右手前のドリーム・ラバー(コリン・ピアース作)がベランダのバラの中で一番元気で、早々と蕾をたくさん見せてくれています。
香りが沈丁花に似ているとかで、満開を楽しみに待っております(^_^)
そして右奥は、今年の新人、芍薬のビクトワール・ドゥ・ラマルヌ。
草丈が随分伸びました。

Img_7597
そして、先の方には、早々と小さな蕾も見えたりしてnote
(ま、ここから開花までが長いようなのですが)
とにもかくにも順調で、バラとのコラボが楽しみな今日この頃です<(_ _)>

Img_7604
今年は、球根の名前を控えたタグを、お掃除の時誤って処分してしまうという情けない失敗をしたので、品種名はわからなくなったのですが、今回一番気に入ったブルー系のチューリップ(中央)shine
渋谷園芸さんで購入したのですが、店長イチオシというものでした。
咲いてみたらまったくその通りで、花弁の多い柔らかな花容は、本当に優雅そのものであります。

Img_7601
アップでもう一枚note
バラのような、と言ったらチューリップに失礼なような気もするのですが、(チューリップの)私の中でのイメージが、ちょっと変わったかなという気がします。

今シーズンは、チューリップは品種の選定と購入に遅れてしまったので、来シーズンこそは(って、今年の秋ですが)早めに取りかかろう、来春のプランニングdash
(この場では、いつもそう思う(^-^;)

すっかりご無沙汰でした<(_ _)>

Img_4766
いやはや、一週間もお休みしていました。
コメントのお返事もすっかりご無礼で、本当にすみません。
実は、先週の水曜日から風邪を引いて寝込んでおりましたhospital
いきなり高い熱が出て、それはわりに早く微熱程度近くまで下がったのですが、だるさと、呼吸困難になりそうなほどひどい咳になやまされ、風邪が長期化してしまいました。
食欲はないし、平熱にはならないしと、こんなにスカッと治らなかったのはウン十年ぶり?、です。

写真は公園の霜eye

Img_4762
今は、咳は多少残っていますが、なんとか復活。
で、食欲も復活で、体重は一時減ったけど、今はそれを上回って増えましたΣ( ̄□ ̄; ) ガーン
でも、体力落ちますね。
何をするのもしんどいdash(体重が」増えたせいか!)
こんな時、洗濯乾燥機とか食洗器とか、オーブンやガスのタイマーとかとにかくセットすれば放っておける文明の利器が、本当に有り難いです。

Img_4775
冬と春が混在しているようなベランダ。
寝込んでいる間、冬だったので水やりの心配があまり要らなかったのが幸いでした。

Img_4769
気がついたら、姫サザンカのエリナの蕾が色づいていました。

体調を崩すと、健康の有り難みを痛感しますね。
明日は、食料買い出しに行かないと、物資が底をついてしまったです(^-^;

より以前の記事一覧

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!