バラが咲き始めました

Img_0593_3
連休も過ぎて、拙宅でも比較的早咲きのバラが咲き始めました。
徐々にジャングル化進行中(*^.^*)
写真左の中程に見えるダークな色のバラは「真夜」です。
ダマスク系の素晴らしい香りshine
Img_8156_2
今年は気温の低めの日が続いているせいか、ブルー・フォー・ユーの発色が綺麗です。
気温があがったり直射光がきつかったりすると、すぐピンクがかってしまいますが、今年はカタログ通りの色がでました。
まだ咲き始め、オベリスク全体が咲いたら再度アップしようと思っています。

Img_0580
片親に上のブルー・フォー・ユーをもつハイブリッドペルシカ系のアイズ・フォー・ユー。
大きな房咲きになりそうですが、花数がある分香りがすごい。
窓を開けていると、風とともに室内に香りが流れ込むほどです。

Img_0492
でもってド迫力で咲いている芍薬のヴィクトワール・ドゥ・ラマルヌ。
本当はもっと濃い赤紫に近いピンクですが、うまく色がでなかった・・。
バックに隠れていますが、小振りのキャベツほどもあろうかという花が現在三つ、咲き始めているのがあと三つあります。
あまりのボリュームに、バラがあっさりした花に見える〜sweat02

Img_0597
ちょっと爽やかに。
ギボウシのサム&サブスタンス、ディセントラ・ゴールドハートの間から窮屈そうにリリウム・ミヤビが小さな蕾を見せながら顔を出しております(^_^;A

Img_0578
お散歩をしていると、ロイはいつも子供やお年寄りの方に撫でられ放題。
そんなときは彼は、本当に幸せそうです。

蕾の季節

Img_8093_2
13日(金曜日)に、国立市の大学通りを建物の5階から撮ってみました。
桜は盛りを過ぎていましたがまだまだ綺麗で、芽吹き始めたイチョウの淡いグリーンとの対比がなかなかでした。

Img_9581
拙宅のベランダは、蕾を持つものがでてきました。
写真の左側は芍薬です。
昨年は購入したばかりで、うまく咲かせることができませんでしたが、秋から肥培して、今年は蕾が6〜7個確認できました。
華やかな品種なので、今から楽しみnote
天花だけ残して摘蕾、万全をきしております<(_ _)>
Img_9592
こちらはチューリップの「ブラック・ヒーロー」の蕾です。
球根は6個埋め込んだ気がするのですが、蕾は7個あがってきて、春のワクワクを味わっております(^_^)

Img_9596
京都のまつおえんげいさんで購入した斑入り葉のオステオスペルマムは、次々と蕾があがって来て、この時期絶え間なく咲きますね。
ここだけ華やいだ感じがします。

Img_9552
今日は少し遠出をしてもらったので、ゴキゲンです。

葉が展開してきて少しずつ緑が多くなってきます。
でも、アブラムシなんかも見つけてしまったりしてsweat02
植物や人間にとって快適ということは、虫さんも同じなのですね( ̄▽ ̄)


桜が満開

Img_9438
昨日、一昨日と風が冷たかったですが、平日とはいえ今日は気温も上がって、絶好のお花見日和になりそう。

Img_9446
少し気温が高くなると、めきめきと植物が変化していって旺盛な生命力に感動です。

Img_9405
コルディリネやブルビネラの植えてあるコンテナですが、似たような葉が多くなり過ぎたかな。
ブルビネラの一部は、花穂が出て来て開花が楽しみであります。

Img_8086
今、我が家で一番色鮮やかな植物です。
多肉植物のパーティードレスの花。
やっと咲き始めました。

Img_9406
冬の間、殆ど変化がなかった植物たち、今年はどんなベランダになるのかなぁ。
ちょっと実験的な部分もあるので、期待しつつ、あまり皮算用をしてはいけないと、自制しつつ…(^_^;A

今日から四月♪

Img_8055_2
春らしい良いお天気で四月スタートsun
桜の見頃は、まだ少し先の東京です。

Img_9307
ベランダでは斑入り葉のオステェオスペルマムの花がたくさん咲いています(^_^)

Img_8045
咲いている花はまだまだ限られておりますが、こんな様子も見え始めました。
真っ赤な芍薬の新芽。
昨年は咲かせられなかったので、今年こそは見事な花を見ようとお世話に励んでおりますo(*^▽^*)o
この生命力溢れる雰囲気が好きだなぁ。

Img_9309
液肥を欠かさず施して満開が続くパンジーですが、さすがに間に植えてあるアネモネは、葉は展開してもお花はまだまだ見られそうもありませんで…。
冬の定番植物になったけど、寒い間の偉大な彩りですね、やっぱり。

Img_9291
四月から、また池袋のコミュニティカレッジで、園芸英語の講座を受けることにしました。
それにしても英単語のボキャブラリーが、貧弱な私です(* ̄ー ̄*)
やはり高校、大学時代一夜漬けで覚えた英単語、表現は、すぐ忘れてしまいますですsweat01

新緑の季節の訪れ 植物生長中

Img_1164
街路樹や公園の木々が芽吹き始めて、新緑の季節の始まりですね。
爽やかな風、輝く日の光、ひととき幸せな気分になれるのでした(*^.^*)

Img_1162
ロイは、一足早く《夏への扉》(ロバート・A・ハインライン)のような雰囲気で。

Img_7650
ベランダです。
どちらの皆様もそうだと思うのですが、日に日に生長する植物を眺めるのが楽しい時期ですね(^_^)
拙ベランダでは、今年はアジサイのレモンウェーブが大きくなりました。
3号ポットで、三年前の国際バラとガーデニングショーで購入して来た小さな苗でした。

Img_7639
ビクトワール・ドゥ・ラマルヌも葉が展開してきて、芍薬らしくなってきましたnote

Img_7642
でもって、ここは、夏至前後は、一日のうち午前中三時間ほどしか日照がないという過酷な場所なのですが…sweat02
昨年秋から住んでもらっているラプソディ・イン・ブルーは、それなりの数の蕾を持ち始めて、旺盛に育っております。
樹勢は強いですね〜bud あっという間に大きくなりました。
今年の四月は、午前中に晴れの日が多かったことが幸いしているのだと思います。
一番花の季節はどうなるのか、実験に近いです。

Img_7646
ヒヤシンスの花穂が、あまりの大きさに重みで枝垂れてしまった先に、燃えるような赤のゼラニウムがありました。 

Img_7649
リリウム・ケルヌウム、この株が最も早く蕾を持ち上げ始めましたshine
一番日当りがいいからかな。
奥にあるのは、戴いたユーフォルビア・ダルシス・カメレオンです。
右隣は、野草のごとく暴草中のアカネ科のフォブシス・スティローサ。
これで花があまり拙ベランダに似合わなかったら、出て行っていただこうかと思っております<(_ _)>
伸びた茎の先からも次々と発根して、破竹の勢いで勢力拡大中なので、しょっちゅうカットしたり一部抜いたりしているのでしたsweat02

最近、水やりが頻繁になってきました、ふ〜dash

芍薬やチューリップの様子等々

Img_7572
桜の花びらが風に舞って、過ぎ行く時間が、視覚にも感覚にも訴えかけてきますね。
時間の流れに、思いを馳せてしまう時…cherryblossom
なんてね(*^.^*)

写真は、ベランダの右手の一部です。
今年はいくつかミニチュアローズも含めて、小輪のバラを導入してみたのですが、右手前のドリーム・ラバー(コリン・ピアース作)がベランダのバラの中で一番元気で、早々と蕾をたくさん見せてくれています。
香りが沈丁花に似ているとかで、満開を楽しみに待っております(^_^)
そして右奥は、今年の新人、芍薬のビクトワール・ドゥ・ラマルヌ。
草丈が随分伸びました。

Img_7597
そして、先の方には、早々と小さな蕾も見えたりしてnote
(ま、ここから開花までが長いようなのですが)
とにもかくにも順調で、バラとのコラボが楽しみな今日この頃です<(_ _)>

Img_7604
今年は、球根の名前を控えたタグを、お掃除の時誤って処分してしまうという情けない失敗をしたので、品種名はわからなくなったのですが、今回一番気に入ったブルー系のチューリップ(中央)shine
渋谷園芸さんで購入したのですが、店長イチオシというものでした。
咲いてみたらまったくその通りで、花弁の多い柔らかな花容は、本当に優雅そのものであります。

Img_7601
アップでもう一枚note
バラのような、と言ったらチューリップに失礼なような気もするのですが、(チューリップの)私の中でのイメージが、ちょっと変わったかなという気がします。

今シーズンは、チューリップは品種の選定と購入に遅れてしまったので、来シーズンこそは(って、今年の秋ですが)早めに取りかかろう、来春のプランニングdash
(この場では、いつもそう思う(^-^;)

お花見シーズンの到来♪

Img_1114
昨日(7日)は、夜の気温が下がらなかったせいか、桜があっというまに咲きそろいました。
自宅の近くの遊歩道沿いのこの桜並木は、隣の駅まで数キロ続いています。
今が一番華やかな季節cherryblossomcherryblossom
風が吹くと花びらが舞って、風情がある花のトンネルのようです。
毎年のことですが、毎年感動しますね。

Img_1116
ロイもお花見?
いえいえお友達のワンちゃんを見つけたんです(*^-^)

Img_7537
ベランダではブルネラが花を見せ始めて、葉っぱも増えてきました。
ビオラのラブラドリカ、まだまだ元気に咲いています。

Img_7543
フォリッジコンテナではヒューケラのジョージア・ピーチが綺麗に発色をして、アジサイのレモンウェーブの葉が大きく開いてきました。
今年はレモン色が比較的多く出ているようで、なかなか春らしい彩りになってきましたo(*^▽^*)o

Img_7547
春らしいと言えば、芍薬、ビクトワール・ドゥ・ラマルヌの真っ赤な芽が伸びて、毎日見るのが楽しいです。
芍薬類は今年からの初トライで、上手に咲かせられるか期待と不安の交錯だったりdash
ともあれ、葉が展開してくるのを想像しては目を細めておりますnote

Img_7550
そして芍薬といえば、こちらもまた020さんのところから購入した激レア、糸葉山芍薬のパエオニア テヌイフォリア フローレプレノ。
糸葉山芍薬は一重は国内でも見かけますが、なんとこれは八重咲きshine
小さな体に、もう蕾を持ってくれていてこれからが楽しみnote
それにしても繊細で美しいこの葉に、すっかりまいってしまっております<(_ _)>
うまく夏越しさせて、りっぱに成長させたいなぁ、と。
拙ベランダのVIPなのでした(*^.^*)

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!