蕾の季節

Img_8093_2
13日(金曜日)に、国立市の大学通りを建物の5階から撮ってみました。
桜は盛りを過ぎていましたがまだまだ綺麗で、芽吹き始めたイチョウの淡いグリーンとの対比がなかなかでした。

Img_9581
拙宅のベランダは、蕾を持つものがでてきました。
写真の左側は芍薬です。
昨年は購入したばかりで、うまく咲かせることができませんでしたが、秋から肥培して、今年は蕾が6〜7個確認できました。
華やかな品種なので、今から楽しみnote
天花だけ残して摘蕾、万全をきしております<(_ _)>
Img_9592
こちらはチューリップの「ブラック・ヒーロー」の蕾です。
球根は6個埋め込んだ気がするのですが、蕾は7個あがってきて、春のワクワクを味わっております(^_^)

Img_9596
京都のまつおえんげいさんで購入した斑入り葉のオステオスペルマムは、次々と蕾があがって来て、この時期絶え間なく咲きますね。
ここだけ華やいだ感じがします。

Img_9552
今日は少し遠出をしてもらったので、ゴキゲンです。

葉が展開してきて少しずつ緑が多くなってきます。
でも、アブラムシなんかも見つけてしまったりしてsweat02
植物や人間にとって快適ということは、虫さんも同じなのですね( ̄▽ ̄)


桜が満開

Img_9438
昨日、一昨日と風が冷たかったですが、平日とはいえ今日は気温も上がって、絶好のお花見日和になりそう。

Img_9446
少し気温が高くなると、めきめきと植物が変化していって旺盛な生命力に感動です。

Img_9405
コルディリネやブルビネラの植えてあるコンテナですが、似たような葉が多くなり過ぎたかな。
ブルビネラの一部は、花穂が出て来て開花が楽しみであります。

Img_8086
今、我が家で一番色鮮やかな植物です。
多肉植物のパーティードレスの花。
やっと咲き始めました。

Img_9406
冬の間、殆ど変化がなかった植物たち、今年はどんなベランダになるのかなぁ。
ちょっと実験的な部分もあるので、期待しつつ、あまり皮算用をしてはいけないと、自制しつつ…(^_^;A

爛漫の春はまだ少し先だけど

Img_8033
満開を過ぎた梅が散り始めている拙宅近辺ですが、今年の桜はいつごろになるのでしょうね。
そういえば、天気予報でも開花予想の発表がでないような気も‥。
写真は昨年から植えっぱなしのクロッカスポットに最初に咲いた花、満開までは、やっぱりもう少し先のようです。
はっとするようなシベと花びらの対比の美しさに生命力を感じてしまう。

Img_8011
ずっとベランダに春らしい香りを漂わせていれくれたヒヤシンスも、そろそろ終わりになってきました。
この鮮やかな色がなくなると、まだまだ華やかな彩りには乏しいベランダだなぁ。

Img_8021
春の黄色っていいですね。
セダムの「薄化粧」が咲き始めています。

Img_9271
球根類、ユリは芽が大きく出始めたもの、まったく音沙汰のないものsweat02いろいろ。
アネモネは開花までもうニ息くらいで、ラナンキュラスはまったくでていないので、ダメにしてしまったのかもしれないです。
一応、いきなり植えないで湿らせて埋め込んだのですが(ノ_-。)
今年の春は、気長に待つのがいいかな(^_^;A


すっかりご無沙汰してしまいました<(_ _)>

Img_8520_3
明日はクリスマスイヴ、そしてもう年の瀬ですね。
すっかりご無沙汰、もといブログをサボってしまいました<(_ _)>
ベランダは、新しくクレマチスを入れたり、多肉植物を増やしたり、バラを減らしたりとかなり変更中dash
などなど、プライベートも含めて忙しさにかまけておりました(^-^;

Img_7883
11月末にはこんな感じだったカシワバアジサイも‥。

Img_7894_2
今はこんなに真っ赤です。
寒い〜penguin

Img_7896
しかし拙ベランダでは、この寒さの中咲こうとしている多肉のパーティードレスや。

Img_7899
なんと、カンナのピンクサンヴァーストが咲いているのでしたsign01
いやはや、蕾を持ち始めた時から果たして咲くかどうか危ぶんでおりました上に、なんとベランダリニューアルに伴って、植え替えまでさせられたカンナでありましたが、素晴らしいshine
まだいくつか蕾が控えております。

Img_7893
そして、全く地上部がなくなる気配がなく、やる気満々のホスタ、ファイアーアイランドでした。

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!