バラが咲き始めました

Img_0593_3
連休も過ぎて、拙宅でも比較的早咲きのバラが咲き始めました。
徐々にジャングル化進行中(*^.^*)
写真左の中程に見えるダークな色のバラは「真夜」です。
ダマスク系の素晴らしい香りshine
Img_8156_2
今年は気温の低めの日が続いているせいか、ブルー・フォー・ユーの発色が綺麗です。
気温があがったり直射光がきつかったりすると、すぐピンクがかってしまいますが、今年はカタログ通りの色がでました。
まだ咲き始め、オベリスク全体が咲いたら再度アップしようと思っています。

Img_0580
片親に上のブルー・フォー・ユーをもつハイブリッドペルシカ系のアイズ・フォー・ユー。
大きな房咲きになりそうですが、花数がある分香りがすごい。
窓を開けていると、風とともに室内に香りが流れ込むほどです。

Img_0492
でもってド迫力で咲いている芍薬のヴィクトワール・ドゥ・ラマルヌ。
本当はもっと濃い赤紫に近いピンクですが、うまく色がでなかった・・。
バックに隠れていますが、小振りのキャベツほどもあろうかという花が現在三つ、咲き始めているのがあと三つあります。
あまりのボリュームに、バラがあっさりした花に見える〜sweat02

Img_0597
ちょっと爽やかに。
ギボウシのサム&サブスタンス、ディセントラ・ゴールドハートの間から窮屈そうにリリウム・ミヤビが小さな蕾を見せながら顔を出しております(^_^;A

Img_0578
お散歩をしていると、ロイはいつも子供やお年寄りの方に撫でられ放題。
そんなときは彼は、本当に幸せそうです。

四月の終わりのベランダの様子

Img_8116
ようやく緑溢れるベランダになってきたところです。
今年はバラを減らして植物を多様化、そして樹木を減らして風通しと日照を確保できたせいかな、バラは今のところトラブル知らず、そしてこの時期あたりから猛烈に悩まされるアブラムシの発生が激減しています。
やれありがたやヽ(´▽`)/

Img_8108_2
ディセントラ・ゴールドハートは、我が家に来て初めて花茎が2本立ち上がりました。
昨年植え替えして、場所も変えたのが良かったと見えて今年は絶好調note
嬉しいな。

Img_8124
今日は陽射しが強かったので、居室側から撮ってみました。
様々な形や色の、葉の重なり。
私が最も好きな感じです。

Img_8118
斑入り野ブドウのエレガンスもこんな新葉が。
クレマチスの葉の間の素敵なアクセント。

Img_9663
最後に、飛び上がってボールをキャッチするロイさんです。
空中に滞在中の一コマ(^_^;A

今日から四月♪

Img_8055_2
春らしい良いお天気で四月スタートsun
桜の見頃は、まだ少し先の東京です。

Img_9307
ベランダでは斑入り葉のオステェオスペルマムの花がたくさん咲いています(^_^)

Img_8045
咲いている花はまだまだ限られておりますが、こんな様子も見え始めました。
真っ赤な芍薬の新芽。
昨年は咲かせられなかったので、今年こそは見事な花を見ようとお世話に励んでおりますo(*^▽^*)o
この生命力溢れる雰囲気が好きだなぁ。

Img_9309
液肥を欠かさず施して満開が続くパンジーですが、さすがに間に植えてあるアネモネは、葉は展開してもお花はまだまだ見られそうもありませんで…。
冬の定番植物になったけど、寒い間の偉大な彩りですね、やっぱり。

Img_9291
四月から、また池袋のコミュニティカレッジで、園芸英語の講座を受けることにしました。
それにしても英単語のボキャブラリーが、貧弱な私です(* ̄ー ̄*)
やはり高校、大学時代一夜漬けで覚えた英単語、表現は、すぐ忘れてしまいますですsweat01

爛漫の春はまだ少し先だけど

Img_8033
満開を過ぎた梅が散り始めている拙宅近辺ですが、今年の桜はいつごろになるのでしょうね。
そういえば、天気予報でも開花予想の発表がでないような気も‥。
写真は昨年から植えっぱなしのクロッカスポットに最初に咲いた花、満開までは、やっぱりもう少し先のようです。
はっとするようなシベと花びらの対比の美しさに生命力を感じてしまう。

Img_8011
ずっとベランダに春らしい香りを漂わせていれくれたヒヤシンスも、そろそろ終わりになってきました。
この鮮やかな色がなくなると、まだまだ華やかな彩りには乏しいベランダだなぁ。

Img_8021
春の黄色っていいですね。
セダムの「薄化粧」が咲き始めています。

Img_9271
球根類、ユリは芽が大きく出始めたもの、まったく音沙汰のないものsweat02いろいろ。
アネモネは開花までもうニ息くらいで、ラナンキュラスはまったくでていないので、ダメにしてしまったのかもしれないです。
一応、いきなり植えないで湿らせて埋め込んだのですが(ノ_-。)
今年の春は、気長に待つのがいいかな(^_^;A


ちょっと素敵なラナンキュラスと可愛いパンジー

Img_8003_2
桃の節句も終わって、空気が湿った感じになって、まさに早春。
早く暖かくなって欲しいものの、まだ作業途中のものもあって、もう少し気温が低いままでも‥、なんてムシのいいこと言っております(^_^;A

Img_7994
先日、まつおえんげいさんに行った時に、素敵なラナンキュラスに出会いました。
咲き始めは幾分ピンクがかって見えるかな‥、しばらくするとブルーイングしてきて神秘的note
どちらかというとボルドーがかった色なのですが、この写真はピンクが強くでてしまいました。
透明感があって、かっちりとした早春の花の中では繊細で頼りなげな風情です。

ぽんさんが、とても素敵なラナンキュラスをお買いになっていらして、それが印象的でした。
ぽんさんの素敵な画像と記事はこちらからです。

Img_7998
こちらもまつおさんで購入したもの。
パンジーのフェアリーチュールというシリーズで、シックな雰囲気のものから、この写真のように可愛らしいものまで、一株一株に個性があってとても素敵。
徒長しづらいそうで、それもありがたいです(o^-^o)
なんだか明るい花色が欲しくなって、一株だけ戴きました。
曇っていると、もう少し沈んだ感じの色です。
象牙色とも言える株もあって、とても魅力的でした。
来シーズンはお願いしようかな、と。

Img_9121
ロイさん、春の匂いかぎ中bud

昨日まで何もなかったところから、球根の芽が出ていたりするのを発見すると、無性に嬉しい季節ですね。
今年は新しく植え込んだものが多いので、どんな一年になるか期待と少しの不安とがないまじった感じで春の盛りを待っています。

大雪でした!

Img_9070
明日から3月だというのに、朝起きたら一面の雪景色になっていて、驚きでしたsnow
昨夜は遅くまで都心にいたのですが、自宅近くの駅に降りてもそんな気配も感じられませんでした。

Img_9078
真冬大好き犬ロイは大喜びnote
雪が積もった公園を、ラッセルしながら走り回ってました。

Img_9081
こうみると凄い積雪のようですが、まぁ、ロイの足の長さから判定してくださいo(*^▽^*)o

Img_9083
ベランダでは、先日まつおえんげいさんにお伺いしたとき購入した、ヒヤシンスの芽出し球根が春気分なのですけど。
赤いコンテナが、色彩に乏しいベランダでちょっと楽しげな雰囲気を出してくれています。

Img_9090
こちらの斑入り葉のオステオスペルマムも、まつおさんのところで買いました。
早春は、やっぱり黄色系が欲しくなりますね。
明るい感じになりました。
コンテナの色が渋いでしょう^^

Img_9089
そして以前からある原種シクラメンのコーム。
二株寄せ植えして、今年は特にたくさん花をつけてくれました。
この原種シクラメン、いつまでも定植しないでポット生活が長かったのですが、昨年晴れて定住でした(^_^;A

明日は一転、東京は気温が15〜16℃まで上昇するようです。
溶け残りの雪が、凍結しなさそうなのでホッとしております。
これからしばらくは、三寒四温の季節ですね。

一月末のベランダの様子などなど

Img_8926
なんだかんだしているうちに、一月も終わりになってきて、さぼっていたブログの重すぎる腰を上げたりしてみました(*^.^*) 

Img_8911
毎年のことですが、冬になるとメジロさん夫婦がやってきます。
いつも同じつがいらしく、もうこのベランダにはこの季節必ずミカンが置いてあるものだと思っているようで。
例年は、大きなトネリコの木にぶら下げていたバードフィーダーやカゴも、今年はお庭改造でストレリチアに変わる予定なので、ちょっと位置が低くなりました。
でもね、ヒヨちゃん(ヒヨドリ)の攻撃が受けにくいせいか、なかなか好評で毎度長居をしていきます。

Img_7916
この季節、ご多分にもれず植物ネタは少ないのですが、昨年、乙庭オンラインショップで購入したこのビオラは、絶えず咲いているだけではなく、アリッサムのような甘い香りがあります。
小型でバランスが良くて、これからチューリップやアネモネが出て来る時が楽しみ。
でも、まだ先の話〜dash

Img_7918
ただ、昨年から芽が出ているブルビネラは順調に大きくなっています。
これは早めに花が見られそうかなnote

今、メジロさんからミカンを催促されてベランダに出た時、ちょっと上の写真のパンジーのコンテナを覗いてみたら、あれ?、この小さな芽は‥。
なんとアネモネが芽出しを始めていました。

Img_8925
なんだか急に嬉しくなったり。

こちらはリビングの観葉植物のエバーフレッシュにぶら下げているラン、‘ヨネザワラブルースター’が開花している様子です。
今年もたいしたお手入れもしないのに、健気に咲いてくれましたsweat01
Img_8898
27日(金曜日)は、青山で植物関係の新年会に参加。
新しいご縁に巡り会ったり、この会でしかお会いできない方にご挨拶したり、楽しかったです。
ありがとうございました。

先日受けた健診の結果が返ってきました。
体重がじりじりと増えていてもう赤信号bomb
お酒も控えているし、過食もイチオウ気をつけているのに。
年齢を重ねると代謝が落ちるんですねsweat02
運動はしているので、脂肪も筋肉も増えている困った状態です、トホホ(ノ_-。)

新年、あけましておめでとうございます

Img_8632
昨日までの嵐のような忙しさから打って変わって、穏やかな元旦を迎えております。
写真は、京都のまつおえんげいさんで購入したプラチナリーフシクラメンのパープルですshine
室内で光量が足りなかったので、発色があまりよくなく、花弁はピンクに近くなってしまいましたが、葉も、本来はかなりの銀葉(プラチナか!)です。
葉の美しさに惹かれて、冬の室内向けのシクラメンを初めて買いました。
次々と花が上がります。

Img_8616
本日のロイさん。
「今年もヨロシクです」 ロイ談

今年が、穏やかな一年でありますように。


すっかりご無沙汰してしまいました<(_ _)>

Img_8520_3
明日はクリスマスイヴ、そしてもう年の瀬ですね。
すっかりご無沙汰、もといブログをサボってしまいました<(_ _)>
ベランダは、新しくクレマチスを入れたり、多肉植物を増やしたり、バラを減らしたりとかなり変更中dash
などなど、プライベートも含めて忙しさにかまけておりました(^-^;

Img_7883
11月末にはこんな感じだったカシワバアジサイも‥。

Img_7894_2
今はこんなに真っ赤です。
寒い〜penguin

Img_7896
しかし拙ベランダでは、この寒さの中咲こうとしている多肉のパーティードレスや。

Img_7899
なんと、カンナのピンクサンヴァーストが咲いているのでしたsign01
いやはや、蕾を持ち始めた時から果たして咲くかどうか危ぶんでおりました上に、なんとベランダリニューアルに伴って、植え替えまでさせられたカンナでありましたが、素晴らしいshine
まだいくつか蕾が控えております。

Img_7893
そして、全く地上部がなくなる気配がなく、やる気満々のホスタ、ファイアーアイランドでした。

ベランダの植物整理に励んでおります<(_ _)>

Img_8068

園芸作業のはかどる季節ですね。
ゲラニウムなど、最近やっと元気を取り戻して美しい草姿になってきました。

Img_8121
拙ベランダは、来春に向けてリニューアル作業(土木作業とも言うsweat02)励んでおります<(_ _)>
カシワバアジサイの‘リトルハニー’など樹木類の寄せ植えを解体、移植したり、増え過ぎた植物を整理したり等など。

Img_8080_2
それにしても、室内のインテリア、キッチンなどは、基本的にすっきりしているのが好きで、何か購入する時は非常に熟慮吟味するのに‥。
なにゆえにベランダガーデンは、このように物欲と興味を抑え切れず、統制と調和のとれた美しさとは、ほど遠くなってしまうのか( ̄◆ ̄;)
(注:拙宅インテリアが、それほど統制が取れているかと言えば、甚だ疑問でありますが(^_^;A)

写真は、ダイアンサス・ポメグラネイトキッス(from 乙庭オンラインショプ)です。

Img_8085

今回整理しながら決心したことdash
それは、本を購入する時の私のルール、一冊購入したら一冊処分して本棚を膨張&乱雑にしない、これを植物を購入する時にも適用して、よくよく考えてから買おうとbud
深く深く、心に誓うのでした(*^.^*)

写真は、咲き始めたセダムバートラムアンダーソン(from 乙庭オンラインショプ)のお花です。

より以前の記事一覧

秋の面影

  • Img_0500
    去年の秋から冬にかけての記録です ロイがお届けします

愛犬ロイ、初めてのキャンプ

  • Img_3197
    sissiママたちと、山にキャンプに行ってきたよ。 初めてのことなので、どきどき。 川にいったり、がけをのぼったり、そして、夜まで、とっても楽しかったよ。 また、つれていってね!